内閣府の障害者週間イベントが開催されます(お知らせ) | あおいさんの部屋

あおいさんの部屋

matamura aoi blog


テーマ:

そんなわけない。又村です。

ダイエットを効果的に進めるためには、思い切り食べる日も必要・・という記事を発見。まさか、と思ったら、案の定「順調に痩せていた人がそれ以上減らなくなった時」のことだそうで。

・・という、そりゃそうだというネタはさておき、今日は、毎年の恒例ですが内閣府が主催する「障害者週間」イベントが開催されます、というお知らせです。

【障害者週間】
http://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/index-kk.html
(障害者週間とは)
平成16年6月に障害者基本法が改正され、それまで12月9日を「障害者の日」と定めていた規定から、12月3日から12月9日までを「障害者週間」と定める規定へと改められました。
12月9日は、昭和50年(1975年)に「障害者の権利宣言」が国連総会で採択された日であり、国際障害者年を記念して、昭和56年11月28日に国際障害者年推進本部が12月9日を「障害者の日」とすることに決定しました。その後、平成5年11月に心身障害者対策基本法が障害者基本法に改められた際に、12月9日を「障害者の日」とすることが法律にも規定されました。
一方、12月3日は、昭和57年(1982年)に「障害者に関する世界行動計画」が国連総会で採択された日であり、これを記念して平成4年(1992年)の第47回国連総会において、12月3日を「国際障害者デー」とすることが宣言されています。
「国際障害者デー」である12月3日から我が国の「障害者の日」である12月9日までの1週間については、平成7年6月27日に障害者施策推進本部が「障害者週間」とすることを決定しています。

(今年の障害者週間行事)
「障害者週間」作品展
日時:
平成30年12月3日(月)~9日(日) 10時00分 ~ 18時00分
会場:
有楽町駅前地下広場
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目7番1号先
参加方法:
入場無料(どなたでも入場可)
内容:
平成30年度に全国から公募した「障害者週間のポスター」の全推薦作品の原画及び「心の輪を広げる体験

作文」の最優秀賞作品等を展示するもの。

「障害者週間」連続セミナー
日時:
平成30年12月6日(木)~7日(金)9時30分 ~ 18時20分
会場:
有楽町朝日スクエア
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン11F
参加者:
一般(無料) 100名程度
内容:
障害者関係団体と連携し、障害及び障害者に対する国民の理解を促進するため、一般国民を対象に「障害者週間」の趣旨にふさわしいセミナーを実施するもの。
参加方法:
入場無料(各主催団体に連絡)

6日(木)
9:30~11:20 
プログラム:
見逃されてきた色覚障害者への社会の対応 ~わかりやすいはずの色使いが混乱や危険を誘発する~

「色覚障害」は軽度の障害とされ、生活上困難は少ないとして、理解も対応も十分になされてきませんでした。色があふれる社会で当事者たちにどのようなことが起きているか。困難な事例や対処がなされた事例を多く提示しつつ、あるべき社会について議論を行います。
主催:
特定非営利活動法人 カラーユニバーサルデザイン機構
電話:
03-6206-0678
FAX:
03-6206-0678
URL:
http:/ /cudo.jp/

11:50~13:40 
プログラム:
障害のある子供の教育 ~特別支援教育に関するQ&A紹介~

当研究所は、障害のある子供と障害のない子供が共に学ぶインクルーシブ教育システムの構築に貢献するために、特別支援教育の推進に取り組んでいます。本セミナーでは一般の方々に向けた、障害のミニ体験、教材・支援機器の展示、特別支援教育に関するQ&Aを通じて障害のある子供の教育について紹介します。
主催:
独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所
電話:
046-839-6803
FAX:
046-839-6919
URL:
http://nc.nise.go.jp/

14:10~16:00 
プログラム:
読み書き障害児の教育支援 ~デジタル教科書(デイジー教科書)の取組と今後の課題~

当協会では、平成20年度から発達障害など読みの困難がある児童生徒にデイジー教科書を製作・提供しています。当初80名だった利用者は、昨年度8千名を超えましたが、未だ一部に限られています。そこで更なる普及を目指し、学校現場での成果や課題等について、行政、特別支援教育の専門家、製作者等による意見交換を行います。
主催:
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
電話:
03-5273-0601
FAX:
03-5273-1523
URL:
http://www.jsrpd.jp/

16:30~18:20 
プログラム:
吃音とは ~「発達障害者支援施策」&「当事者研究」から~

吃音は、障害者制度の谷間にある障害と言われて久しいですが、障害者制度改革が一段落した今も色々な捉え方が当事者にも支援者にもあります。吃音とも関連が深い「発達障害者支援施策について」の講演を行政側からしていただき、当事者からは、体験発表や吃音への当事者研究の取組を紹介し、吃音の理解を深めます。
主催:
特定非営利活動法人 全国言友会連絡協議会
電話:
03-3942-9436
FAX:
03-3942-9438
URL:
https://zengenren.jimdo.com/

7日(金)
9:30~11:20 
「命について」結婚、出産、医療を通して、障害者の人生を考える

科学の進歩は医療技術を高め長寿大国ニッポンを生み出しました。一方で優生思想に影響を受けている強制不妊の問題や出生前診断による命の選別も行われています。障害があっても結婚し出産もしたい。命を大切にする支援や医療の実際も紹介し、より良く生きることを支えそれぞれが人生の主人公となる社会のシステム、そのあり方を巡って「命について」語ります。
主催:
全国手をつなぐ育成会連合会
電話:
077-572-9894
FAX:
077-572-9894
URL:
http://zen-iku.jp/

9時30分 開会挨拶
ご登壇者
玉井 邦夫:日本ダウン症協会 会長 
吉川かおり:明星大学教授  
田島 光浩:社会福祉法人 南高愛燐会 理事長  
市川 宏伸:日本自閉症協会 会長 JDDネット 会長  
野沢 和弘:毎日新聞論説委員、内閣府障害者政策委員   
久保 厚子:全国手をつなぐ育成会連合会 会長 
11時20分 閉会挨拶

申込み締切:
2018年11月30日(金)
申込み先:
全国手をつなぐ育成会連合会事務サポートセンター
FAX:077-572-9894 メール:zenkoku-ikuseikai@hyper.ocn.ne.jp
問合せ:
全国手をつなぐ育成会連合会事務サポートセンター(TEL 077-572-9894 担当:東)


11:50~13:40
プログラム:
発達障害者の雇用を促進するために ~雇用事例から学ぶ職場定着に向けた支援のポイント~

発達障害のある方の「職場定着」に焦点をあて、企業側から定着に向けた課題への対応等の具体的事例、及び障害当事者の視点から就労にあたっての準備や工夫等について紹介します。また、地域の支援機関との連携状況や支援内容も紹介し、発達障害のある方の雇用促進の方策を考えます。
主催:
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
電話:
043-213-6200
FAX:
043-213-6556
URL:
http://www.jeed.or.jp/

14:10~16:00 
プログラム:
ユニバーサルデザインの街づくりを考える ~好事例からみる街づくりの展望と期待~

障害のある方や障害者団体が行政機関や民間事業者と連携した取組の好事例などを参考に、協働作業で得られた成果や波及効果について話し合い、地域でのコミュニケーションや期待するユニバーサルデザインの街づくりについて考えます。我が街のこととして、参加者の皆さんと一緒に考えながら情報共有を図ります。
主催:
社会福祉法人 日本身体障害者団体連合会
電話:
03-3565-3399
FAX:
03-3565-3349
URL:
http://www.nissinren.or.jp/

16:30~18:20 
プログラム:
クワイエットアワープロジェクト中間とりまとめ報告 ~発達障害を手掛かりとして音環境について考える~

感覚過敏の発達障害者の中には、買い物においても、困りごとや困難さを抱えている人がいます。本プロジェクトでは、音や光を緩和し、感覚過敏の人でも安心して買い物に行ける環境を、色々な立場の人と地域が一体となって実現したいと考えています。そのための手法の有効性についてのアンケート調査の報告も行います。
主催:
一般社団法人 日本発達障害ネットワーク
電話:
03-6721-7817
FAX:
03-6721-7818
URL:
http://jddnet.jp/

というわけで、今年も特に「連続セミナー」が非常に充実しており、朝から夜までにはなりますが、いずれも見逃せない内容になっています。
すべてのセミナーが参加費無料となっておりますので、ご関心のある方はどうぞおいでくださいね。

では、今回はこれくらいに。

あおいさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス