現代の覚者と言われた方に

知花敏彦氏がいます。

宇宙意識に到達し、

講演会等で宇宙の真理を説かれました。

いわゆるフリーエネルギーなどにも精通しており、

その研究者など多くの人々に影響を与えたそうです。

 

近年のスピリチュアルブームの中で、現世的な

引き寄せの法則も盛んに取り上げられていますが

やはり、聖者による真理のお話は力があります。

 

知花先生の講話は、DVDとして販売されているようで

それぞれ5分程度がYouTubeでも公開されていますが 

 

今回は、やはり知花先生に学ばれた風天さんによる

風天教室のビデオで、まとまった講話(55分程度)を

聴くことが出来、わかりやすく素晴らしい内容だったので

シェアさせて頂きます。

 

 

 

 

想念は想い、念であり、

祈り、波動であるといいます。

想念が父でなく、母と言うのは

物を生み出す、具現するからであり、

日常生活が想念で、

肉体は想念の通りにしか動かない。

想念には、悪想念と正想念があり、

悪は悪を生み出し、正は善を生み出す。

これが全て運命を左右する。

 

「何を思っているか、思っている通りの以上のものでもないし、

以下のものでもないですね」

想念はイメージやヴィジョンともいわれ、

それは行動と表裏一体である

というところから、想念がいかに

日常生活、そして運命に影響を及ぼしているかについて

語られます。

 

苦しみを望まないなら

いいビジョンだけ、イメージを持てばいい。

私たちから、今日という今日から

マイナス思考を捨てて下さい、

常にプラス思考を持つように心がけて下さいと

提言されます。

確かに私たちが日常生活でいかにマイナス思考を持っているか、

気をつけてみるとそれは驚くほどかもしれません。

意識が現実を反映し、世界を創っているとしたら…

その都度、意識してよりよく変えていくしかありません。

現実も、世界を変えるのは自分から、ということですね。

 

神にはマイナス思考がなく、

私たちが、プラス思考を持てば真我であり、

マイナス思考は、自我があるということ。

私たちは自分が何であるかと思っている通りのものしか

あらわれない、とも。

自分から発した想念は拡がり、

全部自分に跳ね返ってくる、

その際、類は類を呼ぶという法則で

途中で拾ってくるため、四倍にもなる。

 

これ、エネルギーワークを習っていた時に

魔法についてやはり聞いたことあったな。

ブラックマジックを使っていけないのは

それがやはり三倍、

いや更に三乗ほどになり9倍にもなって

返ってくるからだと。

 

本来、私たちがまず学ばなければならないのは

想念、意識の使い方なんでしょうね。

より高次の存在たちは、波動の使い方、

エネルギーについて知っているわけです。

 

ビデオに話を戻すと

知花先生が一番言いたかったのは

 

この想念をもっともっと上げて頂いて

今度は神をこの世にあらわして頂いたらどうか

っていうことなんですね。

神の想念というのは神をイメージすることですよ、

我神なり、という想いを思い起こすことなんですよ。

あなたが我人間なりと思っていて、

神は絶対に現れませんということなんですよ。

人間だと思っていながら、どうして神があらわれましょうか、

といいたいんですよ。これを今日、私が言いたいんですよ。

私は人間であります、肉体でありますといっていて

それ以上のものはあらわれましょうか。…

ほれ、ここ一番重要なんですよ。

皆さんは今自分のことを何だと思っているのか、

何だと思っているのかということなんですよ。…

そうすると思っているとおりのものしかなれないはずですよ。

それ以上のものはあらわれないですね。…

 

この肉体は神の働く場であれ、焦点であるとビジョンを

思い起こしてみてください。肉体は生命の操り人形でもかまいません。

その生命は全宇宙を抱擁して、全宇宙に遍満している全知全能であると。

その全知全能の生命がこの肉体の中に宿ってそれを動かしているんだと。

そうすると何があらわれましょうか。全知全能があらわれますね。

 

続けて、私たちはビジョンのつくり方が下手だとも指摘しています。

そのビジョンの結果としてものはあらわれているわけ。

ビジョン、想念は原因。

 

私たちの想念が私たちを束縛している。

こうした制約や制限を受けない自分を

確立していかなければならない。

ネガティブはサタン、ポジティブが神。

ハートはポジティブの棲み処にすべき。

そうすれば、楽しく、平安になる。

知花先生自身も、ネガティブになることもあるし

マイナス思考がおこっていやだと思うと

苦しい。けれど、私たちよりマイナス思考を

追い出すのがうまいそうです。

 

何かを否定するよりは

光、神、すなわち完全を肯定したほうがいい。

我神なり、光なり、と神一元、光一元のイメージを持つと、

苦しみ、悩み、病は残らない。癒しのエネルギー。

バイブレーションが上がる。

 

私たちの想いが使えるのは、今の一瞬一瞬だけだから

今やりなさい、今日からやりなさいというお話です。

聴いて素直に実行する人は今から楽になる。

半信半疑でやらない人は、変わらない。

変わるか、変わらないかだけしかない。

それを為すか、為さないか。

話は聴いても行わなければ、聴いたことにはならない。

聴いたことは牡丹餅、行うことが信仰。

よーしやるぞと決意を持って

マイナス思考を手放すよう今日一日努めて

よかったら明日も続けてください。と。

 

この後の、風天さんのお話も興味深く

なかなか面白いです。

例えば

南無という言葉から、

最後はどうでもいい(投げやりでなく)という心境になる話に

なるほどなと思いました。

自我を手放すというか、

プラスもマイナスもなく、

ジャッジしないという境地ですね。

 

この世(3次元)で想念をコントロールすることを学ばないと

即現実化するという世界、高次元ではとまどって

しまうかもしれませんね。

より明るく、軽く、楽しく生きたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆それぞれが自分自身の本質へと"目覚めて"いく時代です!

 

※日々をより軽やかに自分らしく輝いて過ごすために

 メール・リーディングのご案内

 

  メディスンカードで読むオーラ・リーディング、

  スピリチュアル・カウンセリングetc.

 

f:id:koboaoineko:20190322112723p:plain

↑ホームページをリニューアルしました

 

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルカウンセリングへ
にほんブログ村