つばさ高等学院・つばさスクールへ | シンガーソングライター佐野碧の「 空からこぼれた歌がある」

シンガーソングライター佐野碧の「 空からこぼれた歌がある」

アジア最大のチャリティフェスティバルを成功させたシンガーソングライター。2016年ネパール世界遺産にて約5000人を集客し、現地テレビメディアでも大きく取り上げられた。同年、プロ野球戦にて国歌斉唱をする。


テーマ:
【夢プロジェクト】
先日、学校へおじゃましてきました✨✨




そして10月13日には埼玉にて、参加費無料のミニライブをさせていただきます。



まず、たくさんの気づきがありました。是非、共有させてください。

伺ったのは、埼玉県にある、つばさ高等学院、そして、つばさスクールへ😊

高等学院は、通信制高等学校サポート校であり、つばさスクールは、いわゆるフリースクール。

何かしら理由があって学校に通うことが難しくなった生徒さんたちとお話をしてきました😊

一言で言うと!生徒さんと会った感想!
自分をしばらない、天才の集まりだと感じました✨ そして本当に優しい。

学校に着いてすぐ、学校にいた小学生、高校生の生徒さんが👩‍🎓迎い入れてくれて、自己紹介をしてくれました。

はじめて会ったみんなは、それぞれズバ抜けた特技を持っていました。

絵であったり、デザインであったり、研究であったり、歌であったり。

絵を見せてくれたり、ある小学生の女の子は、歌も披露してくれました🎶



とても上手でした。高音が伸びやかで、素直なステキな声でした✨

この学校で驚いたのは、高校生が通う、高等学校と、小・中学生が通うフリースクール、
壁がなく、小学生〜高校生も同じ場所で居られることです。

そして、仲が良く、助け合っている。

学校にいくことが難しくなった理由はそれぞれあるが、それぞれの気持ちが、何処か分かるからこそ生徒さん同士の年代を越えた繋がりを感じました。


とにかく自由なんですね。笑
あそびも自由!考えも自由!
それが本当にキラキラして素敵だった。
先生たちもキラキラしてた。

そして、自由で居られるのは、受け入れくれる場所があるから。
無法地帯では自由ではいられない。

受け入れて安心する場所がここ、つばさにはありました😊


あなたにとってこの学校はどんなところ?

と聞いたら

ある子は、「帰れる場所」「自分の趣味もぜんぶ受け入れてくれる場所」「唯一理由があって来る場所」
言葉の背景に感じた、みんなにとってどれだけ、どれだけ大切な場所かが伝わってきました。


私自身、受け入れてもらえたことで、人生が変わった瞬間がありました。

そして、10月13日には、ミニライブさせていただきます✨

一般の方も参加できますので、是非来ていただけたら嬉しいです。


つばさ高等学院の情報こちらから。

佐野碧@シンガーソングライターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス