☆まずは自己紹介から☆

子煩悩な播州弁男の父ちゃん

自閉症スペクトラム障害で心優しき男の長男君

イヤイヤ期真っ最中でおませな長女

従順でご近所付き合い担当の柴犬もみじ

そして高齢出産アラフォー主婦の母ちゃん

の4人と1匹のおかしな家族です('◇')ゞ

 

長男君自閉症スペクトラム障害と3歳で診断される

その間二人目妊娠中の母ちゃんは心労から風邪をこじらせ

咳で肋骨にひびが入る→高齢パワー全開で無事出産

 

自閉症でパニックや感覚過敏のひどかった長男の育児サバイバルを経験

もうどんなことでもどんとこいという精神で頑張ってたが負傷、ライフ0になる

 

そんな我が家の育児サバイバルやライフ0から這い上がる母ちゃんの奮闘を綴っていきます

気軽に読んでね(*‘∀‘)

 

 

こんにちは(^^♪

自閉症児の母ちゃんですニヤニヤ

 

では、お待たせいたしました(笑)誰か待ってるのかな?

 

母ちゃんの過去シリーズの続きです

前回のお話はこちらから 

 

 
最初から読みたい方はこちらから
 
 
前回は夫の裏切りを許したわけではないけど
子どもの手術のために夫との生活を選んだ所までお話しました
 
では続きから
夫との生活を選んだとは言っても
夫に気持ちが戻ったということはなく
はっきり言ってどうでもいいと思っていました
 
母ちゃんは再度夜のお店で働きながら
子どもを育てていました
 
だってまだまだ借金いっぱいで
夫が仕事をしてもその分全部借金の返済に消えるんです
 
だから母ちゃんが子どもの食べる分は絶対に
稼いでくる必要があったんです
 
でももう以前の母ちゃんではありませんでした
夜のお店での接客を本当に頑張りました
 
同伴出勤は毎日が当たり前!
毎日本指名数本ありでどんどんお給料が上がりました
 
なんで前は頑張っていてもお給料が上がらなかったのか
それは・・・簡単です
私生活や自分の管理がボロボロで魅力がなかったんです
 
でも復帰してからは自分にかける時間を増やし
心穏やかに過ごすようになり
お客さんにも「雰囲気が明るくなった」とか
「綺麗になった」とか言われるようになりました
 
私生活では夫は毎日帰ってくるけど
態度には出さずに仮面夫婦でした
それは夫にも悟られないようにしました
 
そして夜のお店のお給料は半分以上を毎月貯金しました・・・
 
そんな生活を半年ぐらい続けたある日
子どもが通院している病院から電話がかかってきました
 
つい先日検査と定期健診にいったばかりでしたので
本当に焦りました
電話の内容は
「手術が決まりました、今回の検査で思った以上に心負荷がかかって
いることが分かったので急ぎで電話しました」
とのことでした
 
「まずはすぐにでも入院して心臓カテーテル検査を受けて下さい」
頭が真っ白になりました
母ちゃんの頭の中には「早くしなきゃ、子供が死んでしまう」
このこと以外ありませんでした
 
なのですぐに入院日時を決めてすぐに行動しました
 
3日後からの入院となりましたが
母ちゃんは夜の仕事ですのでいつでも大丈夫でした
母ちゃんが昼間に子どもに付き添うことはいつでも
可能だったんです
 
その病院は子どもでも夜は完全看護で付き添い禁止なんです
 
不安だらけの気持ちを子どもに悟られないように
もう2歳になった子どもにカテーテル検査と手術について
説明しました
 
母ちゃんがしっかりついてるから!!って・・・
涙が出そうな感情を抑えて笑顔で
抱きしめました
 
子どもは「ハイ」ってか細い声ででも笑顔で答えてくれました
 
そして入院しカテーテル検査を受けました
今回はこの検査だけで退院のはずでした・・・
 
今日はここまでにします
 
ただいま母ちゃん在宅ワーク奮闘中です
その中にポイ活も含まれています
今母ちゃんがはまってるポイ活は「ハピタス」です
 
案件数がとっても多くて
何といってもサイトが見やすい
母ちゃんどこをどう触るのか分からないサイトもあるんです(笑)
でも「ハピタス」はどこをどう触るのか
すごく分かりやすい
だからついつい「ハピタス」ばっかりでポイ活してしまいます
お勧めなのでぜひ登録して初めてみて下さいね
 

 


発達障がい児育児ランキング
自閉症児育児ランキング
2016年4月~17年3月生ランキング