あおいの言語能力は壊滅的だったわけですが

私も手をこまねいていたばかりではありません

 

 

一緒に料理をしたり絵カードを作ったり

色々なことをした

 

 

療育での言語指導も含め、どれも無駄とまでは言わないが

目立った効果は見られなかった

 

 

発語があってからもいつも踊り場にいるような感じで

なかなか言葉が増えなかった

 

 

その中で唯一効果があったかなと思ったのがこれ

 

 

自作のスケジュール

 

なつかしいなあ~年中の頃のです

 

「今日幼稚園で何があったの?」と聞いても

答えられなかったのでネタをスケジュールに入れておくんですね

給食のメニュー一品とか

 

「今日何があったの?」

「(沈黙)」

「カレー食べた?」

「カレー」

 

こんなやり取りで少しづつ増えてたような気がする

 

 

 

今のスケジュールはこれ

 

 

 

何も入ってなくてシールや文字で予定を記入

給食のプリントとかもあるしね

それでもカレンダーは必要

 

 

言葉と社会性は比例している

 

 

ただ絵カードで単語を詰め込もうとしても効果が薄く

スケジュールと言う形で語彙を獲得していったのは

その一つの事例だったのかなと今思います

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 
にほんブログ村