その気持ちが今わかる

テーマ:

上の子が小学校に行ってた頃の話です

 
 
同級生に支援級の子がいました。
近所だったのでコンビニなどで会うことがあり
ちょこちょこそのママと話す機会がありました
 
 
「うちの子支援級なの」
 
当時の自分は無知無関心だったんでしょうね
 
(普通に見えるのになんでだろ)
 
そのくらいしか思わず、
その子のママと普通にママ友になれるかなとメールの交換などをしました。
 
 
けれど、結果としてはママ友になることは出来なかった
お子さんが支援級在籍だったからではありません
 

 

宗教に勧誘してきたからです
 
 
「毎朝朝日に向かって○○を読みながら拝むと人生が好転するよ!!
 
と言われるのに閉口しました
 
 
 
けど、今ならわかる。
 
 
 
辛かったんだろうなあと
 
 
 
今、あおいは交流クラスに一人で行きます
ガラッと戸を開ける光景を思い浮かべると
私の方が心が折れそうです
 
 
(先生は『わーわー騒いでる時にスッと入ってるかもしれないですよ🎵』と仰ってましたが)
 
 
何が言いたいかと言うと
親の心労は相当なものだってことです
 
 
彼女の旦那さんは入信しなかったようです。結局離婚して引っ越しました。
お子さんを地元の中学ではなく養護学校に行かせるためかと今なら推測できます
 
今はSNSという手段があるけど当時はそこまでではなかったと思う。
居場所のない気持ちを汲んでくれるのは宗教だけだったのかな
 
 
 
私も今、同じ立場になりました
 
 
 
上の子の時には当然だと思っていた色々なことに引け目を感じ、
居心地が悪いです。小学校の光景がまるで違ってみえる
 
 
でも、宗教に走るつもりはないから勧誘しないでね真顔
理由はケチだから(笑)宗教ってお金かかるんだもん
 
 
甘いものが好きなら食べまくってるだろうなあ
でも甘いものもそんなに好きじゃない。
 
 
仕事が今までの唯一の逃避先ではあったけど
ちょっと雲行きが怪しくなってきて、こっちも心配
 
 
同じ立場のママさんはどう気持ちをコントロールされてるのかな

 

 
自分はとりあえず今日はジム行ってきます。
今のところ体を動かすのが一番みたい
 
それもね頭を使うクラスは嫌なの
難しいステップ覚えなきゃいけないのとかはよして
 
頭を空っぽにしてボーっと参加できるのを選んでます
 
 
 
 
 
 
 

 


にほんブログ村

 

 
にほんブログ村