《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

自然療法というものを選択すると、様々なことを感じることが増えます。

 

 右矢印自然療法とは① 自然療法そもそも論

 

 右矢印自然療法とは② 治療という行為と人間

 

 

 

 

 

 

先ほど、娘が週末だからと、クラスから預かってきたバッタが

ちゃんとお世話をしていたのに死んでしまっていて、

娘が大泣きしていました。

  

「死なせちゃった」

「どうして死んじゃったんだろう」

「どうしたら死ななかったんだろう」

 

って。

 

そんなの、私にわかるわけありません。

誰にもわかりません。

 

 

 

 

それと同じようによく、西洋医学に頼ったから 死期を早めたんだとか、

自然療法や民間療法に頼ったから、ダメだったんだとか、

そんな言い方を目にすることもあります。

 

 

ある見方をすれば、それぞれが正しいのかもしれませんが、

私はそうは思っていません。

 

 

 

 

{C1EB58C8-646E-4ED4-A9FE-CE3C62D8EB9C}

 

 

 

 

 

自然療法の究極は、

 

「治るか治らないか、生きるか死ぬかは誰にもわからないということを、受け入れること」

 

「生も死も、この自然の循環の一部であることを受け入れること」

 

「人間がコントロールできるものなんて、本当はないのかもしれないと気づくこと」

 

「今生きている命を どう生ききるかを 見つめ直すこと」

 

というような気がしています。

 

 

 

それは、本を読んだから得られるとか、誰かの話を聴いたからできるようになるというものではなく、

 

その、自然療法と言われるものを 実際に実践していくことで、そういう素地が自分の中にできていくように感じるのです。

 

 

 

私にとっては、これらを強く感じさせてくれるなと思うのは、

施術と 食べ物、植物を使ったお手当てです。

 

 

 

先日は、備前焼一陽窯の若女将 木村敦子さんからお声かけいただき、

 

敷地の松の葉をみんなで摘んで、松葉サイダーや松葉エキスを仕込みました。

 

 

 

療法相談では、びわの葉を使ったお手当を勧めることもあるし、

 

自然生活学勉強会では、青菜パスタ―というものもお伝えしました。

 

 

 

 

松葉を扱うときは、つんつん 手指に刺さります。

痛いです。 

 

びわの葉をお手当に使うとなった際には、どこに生えているのかな

殺虫剤などは使われていないかなと、そんなことが気になります。

 

青菜パスターに使う青菜は、小松菜でもホウレンソウでも何でもいいのですが、

今の時期の小松菜だと、農薬を使っていなければ虫食いだらけです。

 

 

 

スーパーでもなく、ネットショップでもなく、

自分で汗をかきながら、お手当をする材料から集め始めると、

 

そこでは小さな生き物たちの生死も垣間みることになります。

 

 

青菜にアブラムシがたくさんついてれば、もちろん洗い流すでしょう。

そこで、アブラムシという小さな生き物たちは、お手当に使われる青菜についていたために

死んでいきます。

 

松葉にも びわの葉にも、名前も知らない小さな虫たちがついていることもあります。

 

 

 

先日の田植え体験でもそうでした。

 

すみかから追い出された たくさんの知らない虫たちが 私の足に避難してきました。

 

でも、気持ち悪いし、嫌だし、私は払いのけるわけです。

 

つぶしてしまった虫たちもいます。 

 

 

 

虫たちは、別に何にも悪いことしてません。

間違ったこともしていません。

ただ、そこに生きていただけです。

 

 

植物たちもそうです。

お手当に使われるということは、命を絶たれるとか、自分の一部を私という人間に奪われることになります。

 

 

image

 

 

それでも、私たちは治りたい。

 

健康になりたい。

 

 

 

だからこそ、

 

コンクリートの隙間から生え出てくるドクダミという強い生命力をもつ植物の力を借り、

 

よもぎという 土地を浄化する植物の力を借りて、

 

生命力を分けてもらい、

 

浄化の力を借りる。

 

 

 

できることを、今目の前のことを、ひとつひとつ。

 

 

 

日々を精一杯、自分らしく生ききる。

 

 

 

 

 

そして、その心持をもってしても、誰にも 何物にも侵されない

 

「生まれて 生きて死ぬ」

 

という「イノチの循環」の中で 私たちは生きているだけです。 

 

 

 

 

自然療法は体にやさしいとか穏やかだという見方もあります。

作用としてはそういう部分もあります。

 

 

 

でも 自然療法が教えてくれることは、当たり前すぎて、時に厳しい。

 

 

 

 

未熟ながら そんなことを感じ、

 

それが真髄なのかどうか、真実なのかどうか。

 

 

 

自然療法に教えられる、時に厳しい気付きを得ながら、

 

やってみている、そんな日々です。

 

 

 

なんだって、やってみないと わかりません(笑)

 

 

 

 

 

昨日は 自然療法院オープンデイにて、第2回目の小さなお話会でした(^^)

しえさん、お疲れ様でした。ありがとうございました(^^)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、こちらの記事をあげましたら、それをご覧下さった皆さまが

あちらこちらで、びわをいろいろ 仕込んでくださっていてとてもうれしかったです。 

 

右矢印【食薬】びわ療法 びわの実や種を自然療法として使う。

 

でも、他方で、ちょっとひやっとすることも。 

 

 これは、ラッキョウですけどw

 

 

 

例えば、今回ご紹介したびわ。

 

動画では軽くお伝えしてありますけれども、

 

びわの種には、化学的に抽出したものであれば劇薬指定となるような成分も含まれています。 

 

アミダグリンと言われるもので、

 

びわの他、杏とか梅の種とかにも成分として入っていて。 

 

 

アミダグリン自体には毒性がないけれど、

 

それを食べたりすると、体内で化学変化が起きて、青酸が発生するというものです。 

 

 

 

とはいえ、未熟な青梅100~300個食べると致死量ということなので、

一個や二個食べてどうこうってこともないと考えられますけれど。

 

そもそも、塩だって一キロいっぺんに食べたらやばいし

醤油も一本まるごと飲んだら死んじゃうって聞いたことあるでしょうし(笑)

 

 

でも、そこは個人差。

 

健康な人が食べたら問題ない量も、

体力や免疫力が落ちている人が食べたらどうなるかわからない。

 

 

だから

 

【自己責任で少しずつ試す】

 

 

のです。

 

 

 

でも、きっと、

 

「あおいさんがやってたんなら 大丈夫だと思った」

 

って やった人もいるよね。

 

 

 

 

私もそこ、葛藤(笑)

 

とりあえず、知ってほしい、試してほしい、やってほしい、って気持ちはたーくさんあって。

 

 

 

でも、ネットでググるだけでもいいから、ちょっと調べてみたかなぁ。

 

本、立ち読みでもいいから読んでみてくれたかなぁ。

 

間違っても、大量に一気に食べたりしないかなぁって。

 

心配にもなる。

 

 

 

たくさん知ってほしいのに。

 

良さも、大変さも、パワフルさも、楽しさも、味わってほしいのに。

 

ずっと葛藤(笑)

 

 

でも、自己責任が大事ってやっぱり思う。

から、自己責任でやってほしい。

 

 

 

この自己責任っていう言葉、結構聞きなれてないと強烈でね。 

 

 

どうしても怖くて、

 

責任を取ってくれるはずの立場や職業の人の言うことを聞こうとしてしまう。

 

 

お医者さんとか、

薬剤師さんとか

大手企業とか

権力者とか・・・ね。

 

 

でも、よくよく考えたら、誰も 誰一人として、自分のイノチ、家族のイノチに責任なんて

とれないんだよね。

 

 

イノチ、健康、カラダに何かあったら

 

「お金や他の何か」

 

で、代償としてどうにかする責任を取ってくれることもあるだけで、

 

だれも、傷ついてしまったイノチ、害してしまった健康の責任なんてとれやしない。

 

 

 

 

ちょっとめんどくさい話だけど。

 

 

 

 

 

それでも、

 

「私のイノチの責任は、【私】にしかとれない」

 

 

ということが、自己責任という言葉が、行為が気付かせてくれる最たるものだと思うのです。

 

 

 

自然療法、自然派に足を踏み入れると、

西洋医学批判をしている姿や、とても怖がっている様子も見受けられることが多いです。

 

 

私のワクチンセミナーや自然生活学勉強会を受講される方も、そういう方がとても多い。 

 

 

 

でも、いつも言っているけれど、

 

西洋医学って、とても素晴らしく、そしてパワフルな医療技術であり学問でもあります。 

 

 

 

でも、そのあまりのすごさに、頼り切りすぎてきたのは、私たち人間。 

 

 

自分でとるはずのイノチの責任を

 

西洋医学がとってくれるはずと、命を預ける代わりに、安心を手に入れたのは私たち。 

 

 

 

その弊害が、今色々表に出てきてるだけ。 

 

 

 

と、私は考えています。

 

 

そしたら、取り戻せばいい。

 

ちゃんと知って、ちゃんと考えて、自分のイノチを自分の手に。  

 

 

 

 

そこから、始まるんじゃないかな。 

 

 

 

 

びわを含めた 食べ物によるお手当は、

他のホメオパシーやフラワーエッセンスなどなどと比べて

とっかかりやすいので、

 

まあ次の本のうち 一冊か二冊買ってみて、

色々やってみるといいと思いますよ(^^)

 

 

他にも色々面白いののってるし。

 

自分で責任とるって決めたら、もう何やっても自由だから、楽しいよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一慧の穀菜食BOOK・手当法(大森一慧著)【宇宙法則研究会】□
価格:2160円(税込、送料別) (2017/6/19時点)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、びわの実や種を使って、自然療法の中でも食べ物でのお手当てにつかえるものを

仕込みました。

 

 

ホームページで動画にしてありますので

ぜひご覧ください。

 

撮影したの夜中なので、まったーりしてます(笑)

 

 

動画はコチラからどうぞ

 

右矢印動画【びわの実 種 自然療法】

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【ママパパなら必見!無料公開中!ワクチンの基礎知識】
→http://aoikei.com/websemi01/

 

【オンライン講座 ワクチン お申し込み】(いつでも何度でも繰り返し視聴可!)

→http://aoikei.com/websemi01/

 

【自然療法院 想~てとてと~ホームページ】
→http://aoikei.com/

 

【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】

→http://aoikei.com/content/
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」

   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

施術・療法相談に来られる方にも、症状がある方からない方、診断名がある方までいろいろですけど。 

 

 

 

私は、

 

それなりに信頼性のある方法で。 

 

それなりに一般的に使えて。

 

そして、ご自身が納得して決めた方法であれば、なんでもいいかなと思います。 

 

 

 

 

でも、

 

自然療法の中でも、より自然なもの シンプルなものを選んでいくと、

 

その分、その症状や、疾病が伝えてくるメッセージが

 

どーーーーん、と浮き彫りになり。

 

 

 

 

自分自身の問題とか。

家族の問題とか。

仕事とか。

生活スタイルとか。

 

もろもろもろもろ(笑)

 

 

 

まあ大変(笑)

 

 

 

でも。

 

カラダは間違わないから。

 

 

 

 

ちゃんと聞いてあげて、ちゃんと向きあえば、

 

きっちり 変わってくる。 

 

 

 

あとは、自分で決めるしかない。 

 

 

 

私も、がんばろ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、いくつか続いた出来事により、一本の線につながったことがあるので、

今日はそれをシェアさせてください。

 

 

 

【一つ目 『何でもかんでも 掃除機で吸いこんだらあかん』】

 

春の土用期間にと、4/24にカフェむすひさんでさせていただいた

 

食養生ランチ 試食会にご参加くださった方々が、お話ししてらしたこと。

 

 

家の中に落ちている、人間の髪の毛や垢

  ↓

これらをほうきで庭に掃き出す

  ↓

その有機物(髪の毛や垢など)を 土にいる微生物が分解

  ↓

分解されたものが栄養となり、その土から野草や 栽培した植物が育つ。

  ↓

その野草や植物を私たちが食べる

  ↓

私たちのカラダの一部となり・・また最初にもどる。

 

 

手を動かしながら、耳だけで聞いていたので、

少し細かいところは違いますが、こんな話を

どなたかからか 聞いたというお話で盛り上がっていたような。

 

 

 

 

【二つ目の出来事。『僕らのかいた汗が大地に還ります』】

 

施術や施術哲学として、学びを再開したホロソフィー。

その日本ホロソフィー協会会長のハワイでの出来事をつづったブログ。

 

一部抜粋します。

 

 

凄い下り坂をトレッキングしていくのですが、普段スーパー運動不足な僕はあまりにしんどくて


「何で車で行かないんですか?」


と息も絶え絶えに尋ねました。 

 

 

 

「なんでワイピオ渓谷が聖地かわかりますか?


ネイティヴハワイアンは海を渡ってハワイに来ました。


そして、ここに定住したのですが、彼らの主食はタロ芋です。


タロ芋を育てるには水の流れが必要なんですが、ワイピオ渓谷にはその理想的な水の循環が既にある環境でした。


結構、ネイティヴハワイアンは面倒くさがりなんですよ。


水は雨となって川となり、海に流れ、また海水は蒸発し、雨となる。


この縦の循環に、ネイティヴハワイアンは極力邪魔せず、調和して入ろうとしたんです。


あくまで自分たちも自然の一部。


ということは、自分は自然、自然は自分なんです。


だから、僕らも歩いて汗をかいて行くことで、僕らのかいた汗が大地に還ります。


そうやって、自然の一部に溶け込ませてもらうために歩いて行くんですよ。


車で行っちゃったら汗をかけないでしょ(笑)」

 

(全文は中壽賀会長のブログへ→オステオパシー&ホロソフィー施術院 奏)

 

 

一つ目のお話を聞いて、すぐ後にこちらの文章を読んで、あれ・・・?と感じました。

 

 

 

 

【三つ目の出来事。『野草をつむ場所に・・・困る』】

 

日本ならではの自然療法をするようになってくると、

野草や、果実、木の葉などを使うものがとても多くあります。

 

もちろん、今はインターネットがありますから、

パソコン一つあれば買えるんですけれども。 

 

でも、ホメオパシーの情報転写の考え方や

陰陽五行などを学ぶうちに、

 

自分の足で動き、自分の手で選んで摘んだものを使うということに

非常に意味があると感じるようになりました。 

 

それでここ最近は、インターネットに頼らずに、

自分でも少しずつ採りにいってみようという気持ちが強くなりました。

 

 

ところが、いざ行こうとすると・・・・どこで摘んでいいのかわからない・・・。 

 

近くに用水路はありますが、人工のものなので、

車の排気ガスを浴び、濁った水の流れる川辺のよもぎやドクダミを

食べる気にはなかなかならないし、ましてや薬代わりに使う気にはなれません。

 

整備された公園や緑地は、間違いなく除草剤や殺虫剤が散布されています。 

 

 

・・・・・・・・・・ないんだよね。

そういう視点で、今の家も選んでないし・・・・。 

 

 

 

【四つ目。 中島デコさんの本と、私の頭皮と決断】 

 

これまでの三つの出来事で、うっすら そうしようかなぁと考え始めた時に

ふと、ある方のご厚意で届いた貴重な本を手に取りました。 

 

中島デコさんの ブラウンズフィールド という本です。 

 

 

そこには、大地に溶け込み、循環している生活が描かれていました。 

 

 

これを読んで、うっすら考えていたことを、決断しました。

 

ヘアカラーも縮毛矯正も やめること。 

 

 

 

思春期の頃から、私の髪の毛はひどい天然パーマです。

大学生の頃に、縮毛矯正に出逢ったときには、あまりにも感激して、

それ以来、しなかった時期の方が少ないんですよね。 

 

ずっと小さいころからさらさらストレートに憧れていたし。

癖が出ると、どうしても老け顔に磨きがかかると思ってたし(笑)。 

 

ヘアカラーをしたのはここ一年なんですが、

まあ、おしゃれしてみたくなったのと、

写真映えするし、その方がビジネスという意味ではいいのかと思ってたのもありました。 

 

・・・・・でも、その縮毛矯正やヘアカラーに使った水で育った野草は

食べることもお手当てに使うことも・・・・できないなって。 

 

思ったら、やめるしかないなって(笑)。 

 

 

そういう女性としての楽しみを、否定するとかではないんです。

 

私の場合は、やっていることがあって、これからやっていきたいことがあって。 

 

 

 

それを考えたら、もう、できないなって。 

 

気付いてしまったら、次に進みたいなって。

 

 

 

それだけです(^^)

 

 

 

 

そんな崇高なものではなく、

野草探すのにも苦労するのは、めんどくさいっていうだけなのが正直なところ。

  

 

もちろん、今は下水道とかもあるから、

私が流した生活排水が、私の家の庭に行くことはないですけど。

 

でも、結局、この世界は循環してるから。 

 

 

そして、実はここしばらく、ずーーっと、頭皮に湿疹やかさぶた、できてたんですよね。

 

でも、無視してました(笑)

 

はい、カラダの声、無視(笑)

 

「症状からのメッセージを受け取ろう」なんて

 

普段人には言ってるのにねぇw

 

 

 

でも、気付いたときから、で いいよね(^^)

 

 

まあ、髪の毛大変なことになったら

だれか上手なバンダナの巻きかたとか、教えてください(笑)

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。