《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

自分自身が 症状にフォーカスをあてた講座をすることにしたり、

 

療法相談で、それなりに重いと言われる診断のある方の話やご家族と関わって、ちょっと感じたことをつらつらと。 

 

 

 

西洋医学と対極に見られることが多い自然療法。

 

「治る」の定義や

 

「症状」の見方が 真逆の位置にあると言われることも多いんですが。 

 

 

どちらかというと、どの療法が、どのツールが、というよりも

それを使いこなす、それを選択した側の立ち位置によるんじゃないかと思います。 

 

 

 

 

ここで少し先に、「言霊」ということについての私の感じるところをお話ししたいんですが。

 

 

私は昔から、陰陽五行とか陰陽師とかそういうのに興味惹かれる自分がいて。

 

 

 

岡山に来て陰陽五行にであったというよりも、

私の人生で 陰陽 陰陽師という言葉がインプットされたのは・・・

 

カルラ舞う

 

というマンガでした(笑)

 

 

ストーリーとかもうよく覚えていませんけれども。

 

 

今でも覚えているのは

 

登場人物が 印をきりながら言う あの呪文のような言葉。

 

「りん ぴょう とう しゃ かい じん れつ ざい ぜん」

 

(笑)

 

感じも意味も分からないけれど、音だけはもう30年以上たっても憶えております。 

 

 

 

まあ、そんな陰陽五行の世界がえがかれている陰陽師というマンガの中に

 

 

「この世界で一番の【呪詛】は 名前である」

 

というようなシーンが出てきます。 

 

 

 

名前をつけられ、その名前を知られることで、もうそれ以外の者にはなれなくなるという

強力な、この世界で最強の 「名」 という呪詛、呪縛。

 

 

大人の私から見たら、

 

娘の持っている人形は、お店の陳列棚にたくさん並んでいた姿かたちが全て同じの

人形なのに。

 

 

娘は その中のたった一つに 特別である証という意味で

 

「名前」をつけ、

 

その瞬間から、娘にとってはその人形は、唯一無二のものとなります。 

 

 image

 

「名」がつけられるということは、良くも悪くも、「他のものとは違う」という意味で

特別化される。 

 

 

 

 

それは、ヒトのカラダ、という分野においても同じだと思うのです。 

 

 

どれも同じ ただの「イノチ」なのに、

 

そこから 動物か植物などと区別され

 

動物の中でも ○○類と区別され

 

同じ人の中でも 〇〇人と生まれた国で区別され

 

そして、家の名前を与えられ、たった一人だけの名前を与えられ、唯一無二の存在となる。 

 

 

そして、その「名をつけられる」ということは

 

私たちが想像している以上に、私たちのイノチ、意識に影響を与えていることを

 

私たち自身は無意識で知っています。 

 

 

 

健康 という分野で言うならば

 

何時しか私たちは病気を探し始め、不調を探し始め

 

「イノチ」を見なくなる。

 

 

 

診断名がついた瞬間から、

 

その人の一側面として、こういう診断や症状があるよ

 

という見方ではなく、

 

 

〇〇病の Aさん

 

◇◇症状がある Bさん

 

 

そして、その病が命の期限が統計的に出ていたり

治癒に時間がかかるものであればあるほど

 

その名前が付いた瞬間から、

 

その病しか見なくなる。

 

 

目の前にある、今生きて、呼吸をし、血が巡っているそのぬくもりを見ず

 

その病にとらわれる。 

 

逃れられなくなる。

 

そして、その先に不幸や死を見る。

 

 

未来なんて、誰にもわからないのに。 

 

 

明日、私だって死ぬかもしれない。 

 

誰も知らないのに。

 

 

 

私たちは誰一人、自分の死期を確実に知るすべはなく、

残りの寿命なんてものもわからない。

 

 

そうしたら、

 

今ある生 今生きている「イノチ」

 

今ココにある「イノチ」を どうとらえ、どう生きるか、しかないと思うんです。 

 

 

 

そういった意味で、

 

自然療法、自然生活というものを取り入れていくと

 

「どうなるかわからない未来への不安」

 

に 押しつぶされるよりも

 

「今あるイノチ」

 

に フォーカスが当てやすくなるなぁと。 

 

 

 

そう、感じています。 

 

 

まあでもこれは、いわゆる自然療法を選んでいれば全てそうかといえばそうではないので、

それだけで断定する気もないのですけれど。 

 

【自然療法】

 

という名前の言霊には

これまでの歴史を考えた時に

 

「症状をたたくのではなく、その症状からのメッセージをよみとき

今ある命にフォーカスを当て、カラダがきちんとめぐるようにする」

 

という見方が、もう少しいうなら、そういった情報が

すでに込められているということなんだと思います。 

 

 

 

私が、40の手習いでご縁あってはまりはじめたお点前。

まだ、その歴史も動作の意味も重みも 何もわかっていません。

それでも、見よう見まねでその「型」をすることで

なぜか気持ちが落ち着き、静かになり、この世界を感じることができる。 

 

きっと 長い長い歴史から、茶道というものが持つ世界観から

サポートされているからなんだと思います。

 

 

西洋医学の治療を選ぼうが

自然療法を選ぼうが

 

結局のところ 「カラダを癒し、治すのは そのカラダ自身」でしかありません。 

 

 

 

何を選ぶにしても

 

「今あるイノチ」を みることができるもの

 

「診断名」という呪縛にとらわれないもの

 

それが、いいのではないかと 感じる今日この頃です。

 

 

 

ま、そんなこと言ったって、自分や家族のことだと、そう簡単にできませんけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

肌症状やアレルギーがある、となると、

 

世間一般の方は まず病院に行き、

 

症状を抑えるための薬をもらいます。 

  

 

  

私のように、自然療法、代替医療などを使っていたりすると、

 

肌症状は排泄だとか、アレルギーは免疫機能が、とか、自己治癒力を、と考えて、

 

メディカルアロマ、ホメオパシー、クレイ、フラワーエッセンスやバッチフラワーレメディ、食事療法などを用いて、

 

根本治癒を目指します。

 

 

また、施術、というカラダへの直接的なアプローチから見るならば、

 

筋肉や内臓、神経、骨、などなどのゆがみはないだろうかとみます。

 

  

 

 

 

 

昨日、今月から自然食ランチを定期的にお出しさせていただくことになっている

カフェむすひさんのところに行きました。

 

お抹茶をその場で点てていただけるということに強烈に惹かれて

お伺いしたのがご縁の始まりだったカフェむすひさん。 

 

オーナーが、お抹茶を点ててくださり、その時に聞かれました。

 

「お抹茶と、自然療法で、あおいさんの中での共通点はなんなんですか?」と。 

 

 

私は、

 

「自分との向き合い」

 

「この世界との調和、生かし生かされていることを感じる」

 

こんな風に答えました。

 

  

 

これは、私の今の答えであって、私だけのものであり、誰かに当てはまるものではありません。 

 

 

 

 

症状が出ているときに

 

お医者さんに行くのも、

 

自然療法に頼るのも、

 

どちらも同じで、「症状を(最終的に)無くそう」としているわけですよね。 

 

 

 

でも、「症状を(根本だろうが 対処だろうが)出ないようにする」ことが

 

正解では、ないのかもしれませんよね?

 

 

その人にとってのベストはその人にしかわからない、そう思います。 

 

 

でも、症状が今すでにあったり、そういう兆しがあって、

 

どうにかしたいと困っている方、悩んでいる方のお力に、少しでもなれたらと考えています。 

 

 

 

ちなみに、家族の中で肌症状があるのは一人だけです。 

 

まあ、どうなっても私がサポートするからそのうちゆっくり、と思いながら

 

変化に任せていたのですけれども(半ば 放置ともいう・・・w)

 

 

 

ツールはいくらでも持ってるんですよ。

 

療法相談・施術のご来院の方も、変化が間違いなくありますし。

 

でも、まあ家族だから、なんでしょうかね(笑)

 

ずいぶん・・・放置(ごめーーん(笑))

 

ところが、やり始めたらそりゃー変化はやくて、私のが驚くわ(笑)

 

 

 

私の感じるところでは、間違いなく私にとって 家族の症状は

 

「大切な人と向き合うきっかけ」なんですよね(笑)。 

 

 

 

あまのじゃくで、口下手で不器用な私が、

 

「大切な人を大切にする」

 

ことを学ばせてくれる、貴重なきっかけになってます(笑)

 

 

 

ツール、方法じゃないよねってことを 痛感中な日々です。

 

気長に行きます(笑)

 

 

 

→【4月28日(金)】 アレルギーや肌症状がある方向け 自然生活学勉強会 体験会 

→【5月スタート第6期】 花粉症やアトピーなどにならないカラダとココロを育む自然美生活学≪初級編≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この記事の続きです。
 

①の記事で、そもそも治療という行為自体が 自然界にはないという意味で
不自然なものであるということを書きました。
(あくまでも私の考えです。)
 
でも、もう少し私たち人間の進化、ということを考えた時には
また これも変わってくると思っています。
 
私たち人間は、脳が発達し、物を使えるようになり、
 
高度な文明を築く力を進化の過程で得てきました。
 
だから、文化文明をもつ、私たち人間という生き物が、
 
「病気や症状、死というものをおそれ、それを克服したり、治療したりしようとする」
 
ことは 不自然ではないと思っています。
 
 
ただ、いつの間にか、自分たち人間が
 
この世界の一部であり、自然の一部であることを忘れ
 
全てを克服しようとか、全てをコントロールしようとか、
 
そういった慢心が、引き起こしてきてしまった さまざまなことが
 
今、問題となっていることも多いと思っています。
 
 
 
病気という意味で言うならば
 
アレルギーとか、発達障がいとか、自己免疫疾患とか、がんとか 
 
妊娠出産育児のステージでの、過剰な医療介入とか。
 
 
 
そういったものが あまりにもあふれてしまった今の日本だからこそ、
 
症状とか、疾患というものを  自然療法を通じて向かい合ってみて
 
そして、イノチと対話することを、やってみることは
 
とても意味のあることだと思います。
 
 
 
人間は 過ちをおかすことはあるけれど、そこから学ぶことができるし
逃げずに向き合うことができる。
 
それは 人間だけに与えられた、特別な力だと思います。
 
それに気付かせてくれるのも、各種自然療法の哲学だと感じています。
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自然療法 という言葉を聞くと
 
「なんとなく体によさそう」
「体に害がなさそう」
「効果はあんまりなさそう」
「ちょっと 古い考え」
 
そんな イメージがあるでしょうか。
 
 
自然療法=自然治療 と言われることもあるそうですが
 
具体的に 何をしていると自然療法で
どんなものを使っていると自然療法かと言われると 明確な答えはありません。
 
 
場合によっては
 
自然療法というのは 自然のものを使って自己治癒力をひきだして
症状や心身のバランスの崩れを 健康な状態にもどすものである
 
という説明もあります。
 
 
では 自然なものとは何か。
 
アロマ(精油)
漢方
食べ物
クレイ
ハーブ
 
などなどが 一般的なイメージでしょうかね。
 
 
多くの場合において、「西洋医学の薬や医療器具」と比較した場合に
それらは 自然である という意味が強いと思いますが、
 
よく考えてみたら、今の医学で使われる薬の多くは石油からできていますが
そもそも石油というのは 太古の時代の生き物の死がいが
長い時を経て 油(原油)となっている というのが今一番有力な説ですので、
 
西洋医学の薬も、大元は自然なものからできています。
 
 
また、ハーブをその場でつみとって、もんではったり 汁をつけたりすれば
それは人の手は入っていませんが、
ハーブを機械で乾燥させたり、
品種改良したりしたら、それはもう 完全な自然なもの とは言えません。
 
 
だから、西洋医学に対して自然とかっていう対立構図を作ることに
あまり 意味は私は感じていません。
 
 
そして、突き詰めれば、「医療行為」「症状を治そうとする療法」自体が
もう 不自然なんですよね。
 
だって自然界には お医者さんも 薬も 施術者もいません。
 
せいぜい、温泉に入ったり、薬草的なものを食べたり、傷口をなめたり
じっと何も食べずに眠っていたり、ただそれだけしか 野生動物たちはしません。
 
 
 
 
 
 
 
でも、自然療法を使えば、自己治癒力が引き出されるから!
という話もあるんですが、
 
西洋医学を使った療法を用いても 最終的にヒトの体を治しているのは
その人自身の治癒力です。
 
風邪薬は風邪を治すのではなく 症状を楽にしておいて(咳止めや鼻水止めなど)
その間に カラダの自己治癒力が働いてくれるから カラダが治るのです。
 
 
こんな風に考えると、そもそも自然療法という言葉もなぁ と思いませんか?
 
 
 
それでも
私自身が 自然療法というものは いいものだと思うのは、
もちろん 自己治癒力をひきだすことをメインにおいていることだし、
症状や不調を通して、自分自身のカラダ・ココロ・イノチと向き合えるからです。
 
カラダの症状は
自分のイノチからのメッセージです。
 
それを 各種自然療法の哲学と照らし合わせたり
それぞれのツールを通して 聴き取り 対話していく。
 
最初は うまく 自分のイノチからのメッセージが受け取れなくて
見当違いのことをしてしまうこともあるかもしれません。
 
でも 続けていけば ちゃんとキャッチボールができるようになります。
 
 
 
イノチ を 軽んじているわけではないけれど
なんとなく 大事に感じるということが少なくなってしまっていて
自然が大事なはずなのに、自然から遠ざかってしまっている
現代の日本だからこそ
立ち返りたい、見直してみたいことがあります。
 
 
 
今 出ている症状や うまく行かない心身のバランスの崩れは
イノチからのメッセージです。
 
 
私たちのココロもカラダも、この大地の上で、
自然界の条件の中でこそ 十分に命を発揮できるよう 既に完璧に作られています。
 
そのイノチの力に立ち返り、対話し、見つめ直していき、
カラダという土台を整えることができる。
 
それが 自然療法と言われるものよさだと 私は考えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。