《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

「体によい食べ物って?」

 

昨日の 自然生活学勉強会 初級編第三回は、こんな質問からスタートしました。

 

 

 

受講者の方全員に、考えてもらったことをすべて言ってもらいました。

 

・肌や髪がきれいになる つやつやになる

・不調が改善する

・腸内細菌に良い

・腸内細菌のバランスが良くなる

・病気にかかりにくくなる

・成長を促進する

・無農薬 無化学肥料 自然栽培 オーガニック

・おいしい 心が満たされる

・お通じがよくなる

・添加物 カラダに悪いものが入ってない

・常に食べても大丈夫

・不自然なものがない 不自然なものが少ない

・国産

・体に合っている

・砂糖不使用

・体質改善される

・元気になる

 

などかな。

(似たような答えはまとめました)

 

うんうん、その通り、と うなずきたくなることばかりです。

 

 

でも、自然生活学勉強会は、もう少し突っ込んで考えてほしいので、

ここから話をすすめました。

 

 

「その『不調が改善される』って誰が言ったんだろう」

 

「症状が改善されるのは、症状をおさえたのか、それとも、治癒に向かったのかどっちなんだろう」

 

「成長を促進のために、子どもにだけ、栄養豊富なものを与え続けることはどうなんだろう」

 

「体にいいと言われるものを 使い続けることは どういうことなんだろう」

 

 

 

そして、この時は言いませんでしたが(笑)

 

「無化学肥料」がよいということは、

 

化学肥料はだめで、有機肥料はいいってことだと思うんですけど、

 

有機肥料ならいいんでしょうか。

 

化学肥料と有機肥料の違いはなんでしょうか。

 

抗生物質の使用は気になるけれど

抗生物質を使用したであろう家畜の糞尿からつくられた有機肥料は 大丈夫なんでしょうか?

 

 

 

 

今から15年程前でしょうか。

 

まだ新婚当初(私にもそんな頃があったのよ((笑))

 

やっぱり健康によいものって魅力的なので、

私は、自然栽培系の宅配業者に毎週注文している時期がありました。

 

 

その当時、たまたま読んだ 「美味しんぼ」というマンガだった気がするんですが

 

有機肥料について見かけました。

 

 

それは、抗生物質使用している家畜の糞尿から創られる有機肥料には

残留抗生物質がある可能性があるから、下手すると化学肥料より危ない

 

というような話だったと思います。

(そう受け取っただけかもしれません 違ったらすみません)

 

 

そこで、私は、自分が利用している野菜宅配業者に問い合わせをしました。

 

でも、それは科学的なデータがないとか何とかで、結局まともなお返事はもらえませんでした。 

 

 

ところが、今は結構 そこまで気にしている方も増えているし、

そういう生産者も増えていると思います。 

科学的データも出てきてるんじゃなかったかなー。

 

 

 

また、油の話、オメガ3については、ここ数年で自然療法などの世界では概念がひっくり返りましたが、

そうやって、当時はよいと言われていても、時間がたつにつれてわかることが出てくるのです。

 

 

はっきり言って、

今私が良かれと思って選んでいることも、とても有名な人がいいと進めていることも、

数年後 10年後、数十年後には、ひっくり返ってるかもしれない。 

 

 

自己責任ってその覚悟も含めてなのです。

 

 

それでも、今持ちうる情報と、自分の体感と、臨床例と、たくさんのことをすりあわせて

そのときのbetterを選んで実践することしか、私にはできません。

 

でも、誰もが化学なんて好きなわけじゃないし

お金や時間をかけて学校教育以上のことを学ぶことができる人ばかりとも限らない。

 

 

それならば と、私が一つ、これなら、と考えた基準の一つが

 

「出来る限り、自然界であり得ることだけを選んでいく」

 

「不自然なもの(悪いものという意味ではなく、自然界ではなさそうなこと、もの)を減らしていく」

 

というものです。

 

 

自然生活学勉強会はここがベースになっています。

 

 

 

私がもし、有機肥料を選ぶなら、なるべく、枯葉が堆肥になったものを選びます。

少しは、動物の糞尿が入っててもいいと思うけど、比率を間違えたらアウトと思ってます。 

 

そして、有機肥料栽培よりも、無肥料を選びます。

 

畑を耕す栽培よりも、無耕起栽培の方がいいと思っています。

 

なぜなら、自然界の野山では、どばどば有機肥料がばらまかれることも、

畑を耕すことも、本来ないからです。

(もちろん、獣や昆虫類など、そういった動物性のものもはいるので、植物性肥料だけが全てとも思ってません。)

 

 

 

肌につけるのであれば、

人工的に作った水ではなく、湧水を手に入れることを選びます。

 

それも、

もし、肌に症状があり、炎症がひどければ、そういう措置も考えるというだけで

それなりに今のところ健康であれば、浄水は使いますけど

特別なことはしません。特に子どもには。

 

 

なぜなら、子どもには、今生きている土地で生き抜く力を身に付けてほしいから。 

 

生きる力って

 

何も社会性や対人関係、事務処理能力や協調だけではありません。

 

 

今親が食べているものを、食べて消化吸収できる力も

今ある環境で生き抜くカラダの仕組みも、

生きる力です。

 

 

離乳食も同じです。

 

自分の子どもが将来どこに住むかはわかりませんが、

日本の可能性が高ければ、

 

日本のスーパーで手に入れられる食べ物で、

生きて成長していける力をつけるのが、大人の役目と思っています。 

 

 

でもそれが、

今もし自分の子どもに 強いアレルギーやその他健康について心配なことがあれば、

また違ったことをするでしょう。

 

 

 

 

その人、その子どもによって、またその本人の家庭環境や状況によって

出来ることは変わってくるし、ひとまとめに これがいいなんていうことは 誰にも言えません。

 

 

結局

選んで、調べてそしてやっていくしかない。

 

私は自分の経験から、そう思っています。

 

 

そんな私も、子どもの離乳食では実は取り返しのつかないこともしたこともあります・・・ちーーん。

 

あ、この話は

HPで 音声にしてあるので、聞いてもらうと・・・まあ反面教師になるかも(涙)

 

→2016.09.05 音声講座 「私のローフード離乳食失敗談」

http://aoikei.com/160905voice/

 

 

 

信じてたんだよね。

その食事方法を。その食べ方を。

 

もちろん、それだけが原因じゃないんだろうと思うんだけどね。

 

 

でも、あとあと、自分が勉強して、色々カラダのこと自体をよく知るようになって、

愕然とした事実です。

 

 

私の離乳食の一番の失敗は、

 

「噛む」力を育てる機会を奪ったこと

 

かな。

 

別にさすがに今は、それでどん底まで後悔するとかないけど(笑)

 

でも今でも、娘の虫歯の治療根をみると、ちっとばかし心が痛みます。

ま、永久歯じゃなくてよかったということにしてますけどね(笑)

 

 

 

カラダは間違いません。

 

だから、ある特殊な環境を用意すれば、

 

「自分はここで生きていくんだー」

 

と思って、それに適応する体に成長していく。 適応していく。

 

 

 

 

って考えたら、何か新しいことをする前に、

 

特別なことを親がしてあげないと、ほんとにダメ?

 

って一度、考えてみることが、大切なんじゃないかなぁと思います。

 

私はね(笑)

 

 

 

全部調べるの大変だし←これが一番大きいかもw

 

 

 

わざわざお金かけなくたって、特別なことしなくったって、

まずは、不自然なもの、自然界ではなさそうなことを

減らしていく。

 

全部なんて無理だから、トータルで少しずつでいいじゃんね(^^)

 

と、思ってます(^^)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、少し遠出をしてよもぎをつんできました。

 

 

 

 

よもぎ白玉団子です。

 

普通のお団子は蒸したりするのがちょっと手間なので

白玉にしてしまうことが多いです。

 

あんこももちろん 家で炊きました。

 

 

それから、よもぎ塩。

 

右はまた別記事でご紹介(笑)

 

よもぎ塩というレシピを見たことはないのですけれど、

 

昨年余ったバジルをどうしようか悩んで調べたら、塩と一緒に入れておくと

フレーバーソルトになると書いてあったので

やってみたらなかなかいい出来でした。

 

 

ので、応用でよもぎ塩(^^)

 

 

食養生などでは一年中、食したいとも言われている、日本の素晴らしいハーブ、よもぎ。 

 

 

よもぎ塩にしておけば、保存も難しくないし

 

味付けや風味づけにも、そしてお風呂にもつかえるんでいいかなと思いました♪

 

 

→【残3席 4月28日(金)】 アレルギーや肌症状がある方向け 自然生活学勉強会 体験会

 

→5/1(月)  【試食会】食養生ランチ(シンプルご飯研究会)

 

→【残3席 5月スタート第6期】 花粉症やアトピーなどにならないカラダとココロを育む自然生活学≪初級編≫

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

立夏の前の土用入りをしました。

 

暦の上では、もう春が終わり、夏を迎えるための準備期間ということなんだそうです。 

 

 

こういうことを気にし始めたのは、ここ2~3年で、

特に感じるようになったのは、岡山に来てからのこの1年です。 

 

大寒とか立冬とか、昔のカレンダーではよく見かけていた言葉は

二十四節気と呼ばれるもので。 

 

 

全部覚えているわけでも、感じられるわけではないんですが、

ときおり、朝起きて窓を開けた時や、家から出た時に、明らかに前日までと空気が変わっていることがあるのです。

 

 

そういうときは、この二十四節気であることがほとんどでした。 

 

 

とはいえ、全部完璧に覚えるつもりはないんだけれど(笑)

感じられるようになってきた自分がちょっと嬉しい今日この頃です。 

 

 

私たちの集団無意識下に連綿と受け継がれてきたこの日本という土地の自然界との関わりを

意識することは、結局、カラダの健康のみならず、この世界と調和して生きているということを

感じさせてくれるものでもあるのだと、思うことがとても増えました。 

 

 

日本古来のものを学んでみたい、知りたいという気持ちは年々強くなり、

次の本も実はもっています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

春夏秋冬 土用で暮らす。 [ 冨田貴史 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/17時点)

 

 

 

まだまだ、知識だけであって自分に落とし込めていない部分もあるのですけれど、

講座や、自然食ランチを通して、一緒に学び、やってみて、体感してくれる人が

増えてくれたらいいなと思っています。 

 

 

 

ですので、せっかく土用期間に入ったので、

2回ほど、カフェむすひさんで 食養生ランチをご用意したいと思います。

土用の説明や どんなものを食べたらいいのか、どんなふうに土用を過ごしたいいのか、

そんなお話も交えながら、食養生にもなるメニューをご試食いただく会です。

 

 

 

→4/24(月) 【試食会】食養生ランチ(シンプルご飯研究会)

→5/1(月)  【試食会】食養生ランチ(シンプルご飯研究会)

 

両方とも、フェイスブックのイベントページに飛びます。

もし、フェイスブックはされていないけれど参加したいという方は、私の方に直接ご連絡いただいても構いません(^^)

  お問い合わせは→コチラ

 

 

まあ、そもそも、前回の試食会もかなりみなさま満腹だったそうで、満腹になったら食上場も何もないんですけど、そこはまあ お楽しみということで(笑)

 

 

春の前の土用をかなり気を付けて過ごすと、花粉症症状も楽になるという方も多いそうですよ。

 

夏前の土用を丁寧に過ごせば、熱中症や梅雨時期の夏風邪やうつうつとした気分にも

対応できるカラダとココロになっていくと思います。

 

 

これから季節が湿り気を帯び、気温も上がっていき、

皮膚症状やアレルギーなどについては、治癒に向かうための症状悪化も考えられる季節です。 

 

 

それについては、自然生活学勉強会でメインでお伝えしていきますが

体験会でもそのポイントは出来る限りお伝えしようと思いますので、

もしよければご検討くださいね。 

 

→残3【第6期in岡山】花粉症やアトピーなどにならないカラダとココロを育む自然生活学≪初級編≫

 

 

土用期間に施術枠も少し増やしたいのですが、4月はもういっぱいですので

5月をもうそろそろアップしようと思います。もう少しお待ちください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもたちの学校が始まりました。

 

昨年秋くらいから 積極的に【重ね煮】というものを 作るようにしています。

 

これは
陰陽五行の考えに基づいて マクロビオティックなどでよく使われている

調理法。

 

野菜を陰性陽性にわけて

陽性から順番に重ねていき、水を入れずに加熱して 野菜の水分だけで

じっくりゆっくりうまみを引き出していく方法です。

 

 

子ども達は この 重ね煮のお味噌汁が大好きです。

 

 

昨年秋に 息子が 一言。

 

「お味噌汁飲むと ホッとするんだよね。」って。

 

 

それ以来 基本的になるべく 食事のときには お味噌汁をつけるようになりました。

 

 

具の好みが激しい娘も(姫だから・・・・w)

 

具が 重ね煮だと よく食べます。

 

 

切るのにちょっと時間がかかるけど

一回にお鍋いっぱいに作って あとは 冷蔵庫に入れて

お味噌汁を作るときに 毎回 必要量だけお鍋に入れています。

 

一回作れば 3~4回くらいの分量になるので 

朝の忙しいときにも重宝します。

 

(これは 上級編で作った 冬の重ね煮)

 

 

重ね煮にすると 野菜からのだしが出るので

ほかの だしは使っていません。

 

 

一度覚えてしまえば

美味しくて 楽なので ぜひやってみてください。

 

 

ヒト塾 自然美生活学勉強会では

この 重ね煮の作り方や もともとの考え方も

丁寧にお伝えしています。

 

 

重ね煮のから広がる深い世界観や

味わい深い美味しさに 参加者の方はいつも びっくりされます。

 

 

大切なのは

重ねる順番というテクニックではなくて

どう 食材と向き合い どんな想いをこめるのか、なので(^^)

 

日々の食生活は カラダをつくるだけでなく

ココロの安定も もたらしてくれます。

 

子ども達世代に 大切な価値をつないでいきたいと感じてくださる方

ぜひ いらしてくださいね。

 

 

再受講は何度でも無料にしました。

→募集中 【1月23日(月)~5期生】 ヒト塾 自然美生活学≪初級編≫ 誰でも楽しくおいしく自然生活を♪ 

 

(これは 上級編で 整腸作用のあるくず練の試食をしているシーンです(^^))

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

美味しい美味しい 食欲の秋が終わり

 

冬の気配が出てきました。

 

 

 

残暑が終わり 急に秋の気配がすると

 

美味しいものがちらつくようになります。

 

 

イモ 栗 南京は 女子の多くが好きなもの!

(私は豆は苦手ですが)

 

 

そして 秋になると

 

食べ物がおいしく見え たくさん食べたくなり

 

しかも カラダもまあるくなるのは 多くの人が経験あるはず。

 

 

 

秋に食欲が増進し そして カラダに蓄えるのは れっきとした理由があります。

 

 

 

・冬は食料が手に入りにくくなることを体が覚えているため

 栄養を蓄えておく目的(カラダの仕組み)

 

・冬も体温を一定に保つため 脂肪を付けておいて保温する目的(カラダの仕組み)

 

・秋は悲しみの季節 悲しみを紛らわすために 食べ物で

 自分の心のスキマを埋めようとする目的(陰陽五行)

 

 

そう だから 仕方ないのです!

 

たくさん食べちゃったのも!

 

カラダがまあるくなったのも!

 

 

 

そう 全ては 来たるべき 食料が手に入りにくい冬を乗り越えるため!

 

食料が手に入りにくい・・・・

 

手に・・・入りにくかったのは 昔の時代(T_T)




でも カラダは時代を読むとかしませんから あんまりw

 

今は まあ たいていの人が 冬も普通に食べられますよねぇ。

 

 

 

さて この いろんなところがまあるくなってきた自分を

 

どうしたもんかと 日々悩みつつ・・・(うっすら気にしつつ・・・)

 

 

昨日は リンゴとサツマイモのパウンドケーキを焼きましたとさ(笑)

 

 

→ 【2017年1月スタート5期生】 ヒト塾 自然美生活学@≪初級編≫ 誰でも楽しくおいしく自然生活を♪ 
→ 【2017年1月スタート】 施術者&セラピスト限定!メンバー制ブラッシュアップ&情報交換会

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。