《岡山》自然療法院【想~てとてと~】のつれづれ

岡山県岡山市で 自然療法院として
日々の生活や健康 カラダとココロのサポートをさせていただいてます。
代替医療・自然療法として
オステオパシー、ホロソフィーの哲学や施術
ホメオパシー、メディカルアロマ、ファスティング、などを組み合わせています。


テーマ:

 

 

写真とはまーったく関係ないですけどw

 

 

タイトルの通りのことが、色々私の中で続いておりますw 

 

 

大きなことから小さなことまで(笑) 

 

 

一体どういうことかというと、

 

例えば、そうだなぁ。 

 

「私は、もう怒りを捨てて、誰に対しても感謝できる人間になる! それが私の幸せの道!」 

 

と、強く信じたり決めたりするわけです。 

 

これが、宣言。 

 

 

 

 

別にブログとかに書く必要もないし

誰かに言う必要もなく、ただただ、自分で宣言というか、決める。 

 

 

するとですねぇ・・・。 

 

 

 

へえええ?

 

それってほんとに本心なわけ?それでいいわけ?

 

ほおおおおおおおお?ふうううううううううん?

 

 

って、誰かが言ってるのかなんなのか知りませんけど(笑) 

 

 

色々な出来事が起きてきて

 

私の中に「怒り」が生まれてくる状況が増えるわけです。 

 

 

それでも私は、最初の内は

 

「いや、でもこれは、私の決めたことと違うから!」 

 

って言って、自分の中に沸いた感情を無視するわけですw 

 

 

 

そうすると、

さらにさらに

 

 

ほおおおおおおおお?

 

ほーんとにぃいいいい?

 

 

って、感じで、もっともっと、怒りが湧いてくるような状況が生まれてくる。 

 

 

 

それでも

 

「いや、そんなはずはない。だって怒りってネガティブな感情じゃん!

捨てるって決めたんだから!」 

 

と 意地になる。

 

 

 

そうすると 最後に どっかーーーーん!(笑) 

 

 

「・・・・・・・・・むかつくものはむかつくんだーーーーーーーー!」

 

と、どうにもならないところまで来て、爆発せざるを得ないことにまでおよび・・・・。

 

自分の宣言がいかに

 

本心でなかったか

キレイごとだったのか

 

を思い知らされるという(笑) 

 

 

あ、ちなみにこれは 純粋に例えなので、

私が無視してた感情は、全く違うもんでありますw

 

 

 

で、あきらめて

 

「ああ、別に私、善人でも仙人でもないし。

むかつくときはむかつくし、うれしいときはうれしいし。もうそれでいいか。」

 

って、思った瞬間から、一気に、自分の怒りがわくような出来事がなくなるんですよね。 

 

 

 

 

それって、まあ

 

宇宙に試されてるとか、いろんな言い方ありますけど。 

 

 

私は、たぶん私が私に気づかせたくて、そういうことを招いてるんだろうなと感じています。 

 

 

 

 

 

そうやって、試されてふるいにかけられて、それで残る場合もあるんですよね。 

 

その場合は、逆に結構自分の中で、確固たるものだったんだなぁと感心するときもあります。 

 

 

 

 

今日は、昼間に色々感情が湧きあがってきて、

 

ひっさしぶりに涙が出てきて、泣きたいだけ泣いてる最中に

 

自分の胸の中に 真っ黒な穴が開いているようなイメージがみえました。

 

 

 

「あーあ、これかよ」って、思っちゃった(笑) 

 

 

 

でも、ただただそれを感じながら泣いてたら、

いつの間にかその感情も落ち着いて

今はケロッとしてます。 

 

 

そして気付いたこと。

 

胸郭が広がってる(笑) 

  

 

あー、カラダって正直ねーって 思うわけです。 

 

そして、自分の感じたことのたしかさを 確認させられる感じです。 

 (あ、これ、バーストラウマと思うよ 私的に・・・・w)

 

 

ココロとカラダは一つ。

 

 

ココロが変わればカラダが変わるし

 

カラダが変わればココロが変わる。 

 

 

 

さ、明日は、待ち望んでいた、京都で施術を受ける日です。 

ココロはもう、散々自分なりに頑張って向き合ってきたつもりだからw 

 

 

カラダは、先生に任せておねがいしよw

きっとやりがいのあるカラダになっていることでしょう(笑)  

 

 

今月も楽しみー♪

→残4【体験会】ホロソフィー施術in自然療法広場 と 私にとっての施術。

→12/11【自然療広場】ゆるーく まったり 毎月開催中!

 

ぜひぜひ会ってほしい方々の講座はこちら!

→【募集】12/15(金)&16(土) 『お金の学校』『ちゃんとこどものみかた』キター――!

 

→募集【1/22(月) 歯科&バーストラウマ】お母さんに知ってほしい 赤ちゃんのためにできること

 

 

コジマリエさんの講座は、12/17に香川でもありますよ!

→【募集中】12月17日小島利恵さん香川講座

 

 

 

 

 

メルカリデビューw 1000P無料でもらったから使ってみたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ライブ動画で話したこと、結構大事なことだったと思うので

しばらくこれは残しておこうと思いますー。

 

よければ見てやってください(^^)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日のライブ動画では、

 

【私が考えるワクチンの問題点 と 不安をあおりかねない健康問題提起についての私の葛藤】

 

というタイトルで 色々話してきましたー。

 

一応 ライブ動画は、翌日朝とかまでは残しておくようにしております。

ぜひぜひ ラジオ感覚でもいいので聞いていただけたら、泣いて喜びます←泣かんでよろしいw

 

 

 

で、後半では、私自身が色々悩んでることとかも 話してたんだけども。 

 

 

例えば招致講座にしても

自分の施術や講座にしても。 

 

伝えたい、知ってほしいって強い気持ちは、やっぱあるんです。 

 

 

 

でも、健康関連のこういう話って、

ちょっと表現間違うとさ、不安をあおり恐怖心を招くでしょう。 

 

それは、イヤなんだよ。 

 

私自身も もともと不安が強い人なので

どういう言葉やどういう表現を使えば、その人の不安心がより強くなり、恐怖心が出てくるのか、

とかも、私なりにわかる。 

  

けど、それをしたいわけでもない。 

 

既に不安がある人とか、気になってたけどなかなかゆっくり考えたことなかったとか。 

 

そういう人たちに 伝えたいし知ってほしいのが一番。 

 

 

でも、恐怖なく、興味持って、知ってもらいたいっていう気持ちもすごく強い。 

 

 

 

けど、たまに、

多少不安や恐怖をあおる形になっても、

それでも知ってほしいって思いが湧くときもある。 

 

 

・・・・って常に葛藤している私です(笑) 

  

 

そんな話をしていたら、

コメントくださった方もいて、

それに対して 自分なりにこう思うとか そういう話もまたできて、

 

ありがたいなと思います。 

 

 

 

できること、やっていきまーす♪

とりあえず1月末までは止まらないよ! 

 

 

講座をお願いしている講師の人たちも、

めっちゃ愛にあふれてて、知識も臨床もあって、ほんと尊敬できる人たちばっかりだから!

 

みなさん、ぜひ直接会って、その熱とたしかさを 感じてくださいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひぜひ会ってほしい方々の講座はこちら!

→【募集】12/15(金)&16(土) 『お金の学校』『ちゃんとこどものみかた』キター――!

 

→募集【1/22(月) 歯科&バーストラウマ】お母さんに知ってほしい 赤ちゃんのためにできること

 

 

コジマリエさんの講座は、12/17に香川でもありますよ!

 

→【募集中】12月17日小島利恵さん香川講座

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは あおいです。

記事もそろそろシリーズ完結したいものの

書くために再度調べれば調べるほど、

色々見えてくるというこのスパイラル(笑)


でも、あんまり長いとみんな疲れちゃうと思うので

まあ、あと2~3記事程度でおさめるつもりです。



今回はこれまでお伝えしてきたことをふまえて

私が

ワクチン接種(予防接種)の問題点だと考えることを

お伝えします。 とりあえず、
これまでの記事をまだご覧になられてない方は
ざっと読んでみてください。

→★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★ 
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★ 
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 
→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★
→★ワクチンの知識⑥~ワクチンの副反応ってどんなものがあるの?~★ 



私が考える問題点は4つあります。

1添加物の問題

2元となる病原体の培養の際の安全性

3有効性に疑問のあるワクチンが多い

4子ども(自分)の健康というものをどうとらえるか



一つ一つ、説明していきますね。

まず、

1添加物の問題について

こちらは、ワクチンの知識④記事でもお伝えしましたが
(記事はコチラ)
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 

添加物自体に

重金属であったり、環境ホルモンであったりと

カラダに有害
であることがわかっているものが使われている

これはやはり1つ大きな問題点だと思います。 

次に

2培養の際の安全性について

ワクチンの元となるウイルス(細菌)を人工的に増やすために

色々な生き物が使われています。

記事には書きませんでしたが

ある猿で培養して製造したワクチンを接種したせいで

本来その猿しか持っていないはずの発がん性ウイルスが

ヒトの体で発見されるようになったという本なども出ています。

驚くような生き物が使われていることも

不安要素の一部です。




そして、

3ワクチンの有効性への疑問

これは、データとしてもいくつか出ていますが

私がそもそも有効なのか?

と疑問を持つ理由がいくつかありまして。


それは、

ワクチン対象となっている病気の病原体の多くが

遺伝子が変化をしやすいものが多い

ということです。(核酸がDNAかRNAかってところ)

とにかく、遺伝子が変化するスピードが、

人間などの生き物と比べて
格段に速いのです


というか、仕組み的にちょっとした遺伝子変異(設計図)がおきても

人間などは、そこを修正する仕組みがいくつも備えてありますが

ワクチン対象となっている病原体の多くは、

その仕組みがあまり無く、よって、変化しやすい。

だから、例えば来年の秋に打つためのワクチンを

今から製造するために今はやっている病原体から培養する。

そのワクチンは、今はやっているタイプには有効かもしれない。

でも、完成する頃(一年半後)には、もうその病原体は変化しているから

はたして、過去のタイプに合わせたワクチンがどこまで効くのか・・・・。 私としてはここはかなり引っかかるところです。

あとは、血液の中にその病原体をやっつける元ができるけど

そもそも入ってきたウイルスが増える場所とは違うものもあるよねぇとかですかね。




そして

4子ども(じぶん)の健康というものをどうとらえるか

私としては、今回のワクチンシリーズは、できるだけ

専門用語は最低限におさえてお伝えしてきたつもりですし

セミナーではもっとかみくだいてお伝えしていると思います。

けれども、それでも・・・・ややこしいよねぇ?


私ね、説明っていうのは、中学生がわかるような説明が

基準だと思っているのです。

というか、中学生がわかるくらいの難しさが限界というか。

だって、日本の義務教育は、中学校まででしょう?

だから、中学校で教わることまでで説明できるようにするのが

発信者としては当然だと思うのです。

(難しい言葉は中学生がわかるくらいまで噛み砕いて伝える)


そこがぎりぎり。

(とはいえ、ブログ記事だとあまりにもたとえ話だけになると
意味不明になるのである程度聞きなれない言葉も出てきますが)


けど、
それでも、このワクチンってやつは、

とくに難しい部類に入ると思います。

でね、
私、少し前のブログではよく書いていたんですけれど


私の色んな意味でのじぶん軸の一つに

「野生動物(自然界)ではどうか」「それは自然からかけ離れていないかどうか」というのがあります。



普通に考えた場合、人工的に弱めた病原体を体に入れて

人工的につくらせた免疫システム(体を守る仕組み)と


自然に感染して
自分の力で治して

自分の力でゲットした免疫システム(体を守る仕組み)と


どちらがより強力なのか

そんなの考えれば当然、自力でゲットした免疫システムのが

強いに決まってるじゃない!!!


そして、イレギュラーにだって強いはず。

ゲームと一緒ですよ。

攻略本みてクリアした人と

一切そんなの使わずに自力でクリアした人とどっちが実力あるか。

応用力があるか。

イレギュラーな事態にも対応できるか。


そんなの聞くまでもない

自力解決したものの方がはるかに強い。


なのに健康に関してはことに

何でもかんでも予防予防って・・・・



力の小さいうちに、取っ組み合いのけんかしてこなかった

私たちの世代以降の若者、子どもたちは

ケンカの仕方を知らないから

大人になって(力が強くなって)

ケンカした時に、力の加減ができずにやりすぎてしまい相手にひどいけがを負わせてしまう

急所をねらってしまう

子どものひっかき傷やたんこぶくらいでガタガタ言うなっての(笑)

骨折れたら・・・そりゃ私だって心配だよ



でも、それも勉強でしょ。

小さいうちから、ちょっとずつそうやって

体得していくから大事にならない

でも、

予防接種でもそう

今の抗菌グッズ除菌グッズもそう


子どもにとって、危険なものを取り除こうとするから

子どもが自分でその危険を対処する力

いつまでたっても身につかない



本当に危険なものはもちろん取り除けばいいけれどね?

本来、自分でどうにかできるもののが生活の中では

とても多いはず。


それでいいのかなぁ?

いつまで

そうやって、子どもから危険物や障害物をとりのぞいてあげられるの?

よけてあげられるの?

守ってあげられるの?

一生なんて出来ないでしょう?

親は子どもより、先に死ぬんだよ?

それが自然でしょう?

子どもより先に死ねるって、幸せなんだよ?
(先に死ねないっていう親だっているんだから) こうやって考えたら

ワクチン(予防接種)というものの、不自然さは

少なくとも感じていただけると思うのですよね。

不自然なもの野生動物や自然界ではありえないこと

そういったことを、

少しずつ手離していくことも

現代人にとっては大切なことなのではないかなと思っております。

ただ、じゃあワクチンだけやめればいいの?

とかもう医者に行かなければいいの?

といっても、つい最近まで風邪ひくたびに咳止め、

鼻水止め、抗生物質、解熱剤などなどなど

たくさんのものに頼ってきた人が

いきなり

インフルエンザの40度の高熱を、

自力で治す(自力で看病する)というのはすごくハードルも高いし危険もある。

だって、自己治癒力を下げてきてるから


そういった方々が

どういうステップをふんで

少しずつ不自然なものから 

フェイドアウトしていけるかを

次回の記事では書いてみようと思います。

あくまで参考ですけれどもね(^^)ということで、

次回の記事で・・・終わるかな(笑)

→9/8(木)岡山開催 ”見えない不安が笑顔に変わる!ワクチンセミナーin東区*開催決定!!!”


遠方で参加できない方のために 動画もあります!
→→http://aoikei.com/websemi01/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【ママパパなら必見!無料公開中!ワクチンの基礎知識】
→http://aoikei.com/websemi01/

 

【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!

→http://aoikei.com/websemi01/

 

【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
→http://aoikei.com/

 

【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】

→http://aoikei.com/content/
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」

   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは あおいです。

着々と 更新しておりますこのシリーズ(^^)

つかね

知っといたほうがいいと思う。

日本人は善人すぎるとたまに思うもの~(笑)


ではワクチンの知識シリーズ参りましょう♪

これまでの記事はこちら
→
★VPDとは、「『ワクチン』で防げる病気」のこと★ 
→★子宮頸がんワクチンは積極的に推奨してないけど定期接種(無料期間あり)・・・・ふーん★ 
→★ワクチンの知識①~ワクチンシリーズ記事スタート&ワクチンの有効性★
→★ワクチンの知識②~<義務と権利>定期接種は努力義務 でも接種義務ではありません~★ 
→★ワクチンの知識③~学校や保育園などから接種するよう求められたら★
→★ワクチンの知識④~ワクチンって何が入っているの?~ 
→★ワクチンの知識⑤~ワクチンの作られ方と使われている生き物たち~★



 
今回は、ワクチン(予防接種)で 
起こる可能性のある副反応について。

副反応とは何かというと

ワクチンを接種したことによって、
体に出た何かしらの症状のことです。

細かくは、そのワクチンによって違いもありますけれど

実際に説明書に書かれているものをいくつかのせますと・・・・

●関節炎
●出血性疾患や障がい

●血液凝固

●心臓発作

●肺血症
●耳の感染症

●失神

●透析を要する腎機能障害

●発作

●癇癪

●じんましんやアナフィラキシーの様な重度のアレルギー反応

●突然死

などこれらは特に、重篤な副反応ですね。

その他一定の確率で起きているもの
(臨床現場で確認されているもの)は

●発熱

●眠くなる

●接種部位の硬直(硬くなる)

●接種部位の腫れ・赤みを帯びる

●けいれん

とかでしょうか。


ここで 次の表を見てみてください。
こちらは、4種混合ワクチンの添付文書(取扱説明書)の一部画像です


 

コチラはインフルエンザワクチンの添付文書の一部です

 



上記2つ以外の他のワクチンについても

次の厚生労働省のサイトでPDFでみることができます。

ワクチン添付文書 - 厚生労働省 



シリーズでも書いてきておりますが

定期接種(無料)であれ、
任意接種(有料)であれ

これらの

副反応が起こる可能性理解

それに合意した上

【ワクチン接種に同意する】

という記入をして、

我々は初めてワクチンを打ったり

我が子に打たせたりすることができます。


言い換えれば、知っているのが大前提



だから、
打った後に、

「知らなかった!」といっても通らないのです。


でも、今挙げた中でいくつみなさん知っていらっしゃいましたか?

昔の私は・・・・4つくらいかも・・・熱とか、赤くなるとか、その程度かな。


・・・いや、ホントはニュースとかで知ってたと思います。



でも

「我が子に限ってそんなことはあるはずない!!!」

って思い込んで、

見て見ぬふりしてた気がします。


だって、

打たなきゃいけないと信じ込んでいたから。

義務だと思っていたから。


打たない選択ができるなんて、知らなかったから。


ワクチンセミナーを受けた方の中には

「知りたくなかった」

という方もこれまでもいらっしゃいました。


それも、正直なところだと思います。

そして、そういった想いを抱かれる方が出てくることも

私としては想定しておりました。


つか、私だって知りたくなかったし!

それでもねこんなにも情報があふれているのに

食べるものにも、着るものにも、住むところにも困らない人が

ほとんどの日本なのに(現実は実はちょっと違うけど)



本当に必要な

「生きる」

という上で大切なことについての情報は

突っ込んで調べたり学んだりしないと手に入らない。


だいぶ、このシリーズも書き進んできたので

ある程度の判断材料にはなってきているかと思います。


さあ、ジャッジはご自分です(^^)


自己責任と聞くと、なんだか、重苦しくて嫌な感じがするけれど

本当は

自分で責任をとっていい

自由である

ということだと、私は想います☆

色々学ぶと凹むときもありますが、

ちょっと落ちてもちゃんと浮き上がってきて

一緒に進みますよ♪

一人にしないから。一人じゃないからね。

まだまだシリーズ続きますよ~。


9/8(火) 岡山にて ワクチンセミナー開催します!


→9/8(木)岡山開催 ”見えない不安が笑顔に変わる!ワクチンセミナーin東区*開催決定!!!”


遠方で参加できない方のために 動画もあります!
→→http://aoikei.com/websemi01/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【ママパパなら必見!無料公開中!ワクチンの基礎知識】
→http://aoikei.com/websemi01/

 

【オンライン講座 ワクチン お申し込み】
全国各地 海外からもお申し込み多数!繰り返し視聴可能!

→http://aoikei.com/websemi01/

 

【あおいけいオフィシャルサイト ~もう一人じゃないよ大丈夫~】
→http://aoikei.com/

 

【ラジオ感覚で聴き流し♪ 無料音声講座(特別コンテンツ)】

→http://aoikei.com/content/
   ・「離乳食はいつから始めたらいいの?」

   ・「お悩み『子供が野菜を食べません』」
   ・「梅雨とベリーボタン」     など


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。