私立に行く?国立に行く? 国立小学校のいじめを考慮する | 小学校受験・幼稚園受験 合格のコツ教えます☆
新型コロナウイルスに関する情報について

小学校受験・幼稚園受験 合格のコツ教えます☆

効率よく合格を勝ち取りましょう!
小学校受験・幼稚園受験の幼児教室 東京都港区白金 あおい会幼児教室のブログ

ごきげんようバラ

昨日は、努力した方は、
運を味方につけて、国立小学校の抽選も突破してしまう

というお話を書きました。

そして、嬉しい悩み、
私立に行くべきか 国立に行くべきか
と親御様は悩まれるわけですが・・・

ここで、国立小学校への進学を考えるにあたり、
考慮しておかなければならないことがございます

それは

経験上、国立の小学校は、
私立の小学校より、
いじめの話を耳にすることが圧倒的に多い
ということです

国立の小学校は、
入学試験の選抜方法が、
ご家庭でのしつけや教育方針を問う内容ではない
為、
様々なタイプの生徒さんがいらっしゃること、
学費がお安いことで、私立小学校に比べ、
ご家庭ごとの経済格差が大きいこと、
中学校・高等学校への進学は、全員が出来るわけではないので、
小学校入学後も、高校生まで塾通いをしなければならず、
自分が推薦を得る為に
生徒さん同士で足の引っ張り合いが起こる
ことなどから、
私立に比べて、いじめの起こる頻度が高いようなのです

私立は、入る時は競争ですが、
入ってしまえば、問題を起こさない限り、
高校、または、大学まで、ほぼ全員が一緒に学び、
生涯の友ができる
ことが多いというお話は
以前いたしました通りです

もちろん、私立にもいじめは起こりえますが、
ある程度、学校のカラーに近いご家庭に絞られていることや、
国立小学校よりは、各ご家庭の経済格差が大きくないことなどにより、
深刻ないじめは起こりにくいようです。

また、万が一、いじめが起こっても、
学校とご家庭が密に連絡を取り合い、
深刻ないじめに発展する前に解決することが多いようです。

国立小学校への進学をお考えの親御様は、
このようなこともご考慮の上、
学校選びをされることをおすすめ致します。





面倒見の良さ・苦手克服に定評があります
小学校受験・幼稚園受験は東京都港区白金の
あおい会幼児教室

クリックをお願い致しますusa+.


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング