夏も近づくこの時期に、保温の話もなんですが・・・・

寒暖差もある、おかしな天候だからいいかな~?

 

先日のオフ会でも、保冷より、保温の話で盛り上がりました。

私のおすすめは、断然、マイカヒーターです。

(別にマージンはもらってません)

 

気温が下がってたので、またヒーターを設置しました。

冬は、マイカヒーター+アクリルケースです。

 

アクリルケースは、自作も出来ます。

https://ameblo.jp/aoikoma0908/entry-12215886649.html?frm=theme

 

ガーデニング用の温室を利用する人もいますし、ケージ用のビニールカバーを売ってたりもしますので、それを使ってもいいです。

 

話がそれましたが、あおいセキセイインコ青の時から使っているのがマイカヒーターです下矢印

 

ケージに取り付けるためのホルダーも利用してます。

まず、値段の高さに躊躇する人もいるかもですが、マイカヒータの利点はいくつかあります。

・サーモスタット内蔵

・やけどの危険が無い

・つけっぱなしにしても、温度が上がりすぎることもないので、安心

・電気代もそんなに高くない。

 

保温と言えば、マルカン(アサヒもあります)の保温電球を利用する人が多いと思います。

あおいセキセイインコ青も最初はそうでした。

でも、電球は交換が必要だし、サーモスタットをつけてないと温度管理をきっちりするのは難しい。

ワット数が高いものの方が、当然温かいけど、その分やけどの危険があるので、ケージ内に設置するときには工夫が必要。

外に設置すると、ビニールカバーを掛けるとき、直接当たらないようにしないといけない。

 

という理由で、長い目で見て、マイカヒーターを購入しました。

 

マイカヒーターは、手をかざしてみても暖かさは感じにくいです。

これは、生き物の体内の水分に反応して、体の中からじんわり温めるというものであり、外気そのものを温める保温器具とちょっと性質が違うからです。

 

そして、利点の一つは夏場でも使えること。

外気を温めるのと違うので、室温が上がりすぎることはないです。

 

夏場の保冷については、エアコンを利用するか、窓を網戸にして保冷剤を使うかという方法を使ってますが。

風は直接鳥さんに当ててはいけません。

体温が奪われてしまうからです。

なので、扇風機を利用する場合、空気をかき回すようにして、直接鳥の方に向かないようにするんですが。。。

 

人間の快適温度と、鳥の快適温度は違います。

場合によっては、暖かい空気が上に上がるため。

ケージの辺りは、人間が思うより寒くなってることもあります。

そんなときでも、利用できるのがマイカヒーターです。

 

うちでは、寒い冬にはそれにプラスで「ピタリ適温君」を使います。

 

 

他にも、パネルヒーターなどもありますが、安全性から言ったらマイカヒーターがおすすめです。

 

一時的なものなら、カイロや湯たんぽもありますが、通院などならともかくそれ以外では持続性が薄いのが難点ですね。

 

 

まだ、寒い季節ではないですが。

闘病中の子、体調不良の子には保温が大事ですし、こはくのような生後一年未満の子、シニアの子には特に温度管理が必須です。

 

あおいの生活-まとめ-

あおいの生活-あおいのためにしてきたことー

 

自分のためにもリンク貼りました。

参考までにですニコニコ

 

 

フォローしてくださる方々、ありがとうございますニコニコ

いいねも嬉しいです音譜

 

コメントやメッセージなどをいただいた時や、時間のあるときはいただいた方のブログの方も見せてもらったりしてるんですが。

時間の関係で、たくさんのフォローが出来ずでごめんなさい。

 

現在、地味に鳥さんブローチ作ってみてます。

まずは図案通り・・・そのうち、うちの子にしてみようと思いますウインク

 

 

※あくまでも参考の話なので、絶対コレにしなさいというものではありません。

参考としてお願いしますニコニコ