結論を言うと、まずは安全を自分自身で確保すること。これだけである。
 
    私が仕事で初めて中国に来たのは10年以上も前。初めてホテルにチェックインした時、フロントで鍵をもらい、部屋を開けてみたらクリーニングがまだという状態であった。確か江蘇省南通の文峰飯店であった。それなりのホテルである。今では中国でもそんなことはないが、当時そのようなことは中国ではしばしばあった。ホテルの部屋というのは赤の他人同士が交代で使うものだが、前宿泊者の痕跡を見つけたりするとけっこう不快なものではある。そしてそういう痕跡を残さず客を迎えるのがホテルのノウハウの一つではあろう。鍵を開けてみたら乱れたシーツやゴミだらけという状況はけっこうショックではあった。
 
    その時の私の対応はというと、すぐさまフロントへ取って返し、部屋の状況をへたくそな英語でまくしたて、今すぐ何とかしろとフロントのお嬢さんにつめよった。大人げないこと甚だしい。ホテルまでついてきてくれた現地駐在員、私の権幕を見てにっこり笑って一言。「まあ、そのあたりでコーヒーでも飲んでゆっくりしましょう。ほっといてもそのうち片づけてくれるでしょうよ。」
 
    個人的で些細な出来事である。たぶん私とて今なら、この程度のことで文句を言ったりしない。同行してくれた駐在員は私が初めて中国に来て一種高揚状態であることを見抜いていたにちがいない。
 
 
    言いたいことはこの部分。とかく赴任直後というのは、自分で気が付いているかは別にして、たいていの人はある種の精神高揚状態にある。ちょうど天敵に出会って体を膨らませたハリセンボンかなにかを想像してもらえばよい。程度の差こそあれ皆そのような精神状態なのだ。そして多くのトラブルはそういう状態である自分に気が付いていない者が起こす。
 
    中国での生活は長い。なにも今日から日本にいた時の続きで、フルスピードで走り始める必要はないだろう。十分にアイドリングをして、周囲を見渡しながら恐る恐るアクセルを踏み始めるぐらいでちょうどいいのだ。
   
    長くなってもいけないので以下、どうしてもいいたいことだけ書く。
 
    自分は酒が強いとお思いの方は特に注意である。中国では酒を飲むのも仕事の一つ。つい深酒をする方も多い。悪いことに赴任当初は酒の席がことさら多い。フラフラの状態で自宅に帰り着く。中国の白酒の回り方は二段階である。泥酔して眠ってしまっても睡眠中に嘔吐する。あおむけで嘔吐しても嘔吐物を吐き出す力がない。これが気管をふさいでしまえばいくら泥酔していても苦しかろう。どの程度苦しんだかは死体の状態を見ればよくわかる(そうだ)。翌日のうちに見つけてもらえばまだ幸せである・・・。
 
    そう珍しい話ではない。中国赴任の日本人ということでは、ここ10年で数十人レベルの日本人が同じ亡くなり方をしているだろう。常熟では長くそういう事故がなかったのだが、ここ2年連続で計2名この亡くなり方をした。しっかりした統計は明かにされない。会社はそういう事故を積極的には公表しない。
 
    数字もないのにいい加減なことを言うなと叱られるかもしれない。しかし私の知りうる限り、トラブルを起こす方、亡くなられる方は減っていない。そしていわゆる大企業の方が多いように感じる。そういう方たちは、かつての私もそうであったが、おそらく心のどこかに会社が自分を守ってくれるという感覚があるからではないだろうか。日本ではそうかもしれないが、ここ中国ではそんなことはない。
 
    冒頭に安全は自分の力で確保すべしといった。
  それはこういうことである。気をつけられたし。
 
AD

中国駐在員の臭い

テーマ:
    20年前ぐらいまでは、仕事で使う外国語といえば英語のみであった。自分のことで言えばライティングだけではなく、英語で交渉事もしなければいけない立場にいたので、けっこう長期間、いわゆる街の会話学校で定期的に英語を学んでいた。
 
    ある日、たまたま教室を間違えて中国語の教室に入ってしまい、一瞬他と違う独特の雰囲気を感じてたじろいでしまった経験がある。ひと昔前なら中国語を学ぶなどという輩はどちらかというと、ちょっと変わり者という時代。他の英語、フランス語、ドイツ語など欧米の言葉を学ぶ人たちとは多少異なる人たちではあった。違う臭いとでもいうか、そういったものを感じた。
 
    変わり者という点では、私自身人のことは言えない。なにせ中国赴任を目的に50代半ばで転職したのであるから(むろん結果的にということではあるが)。就職先を物色していた際、人材紹介会社のお嬢さんが、会社を薦めてくれる時に「あそこの総経理さんは総経理臭がしないからいいと思いますよ。」などという表現で某大手企業を紹介してくれたのが記憶に残っている。中国で人材紹介業をされているのであるから、きっと多くの”総経理臭”に悩まされておられるのだろうと、彼女の言葉遣いから推察した。
 
 
    総経理臭とは何ぞ?わからないまま中国で総経理になった。ところが周囲の日系企業の総経理さんと交流していても、別に他の駐在員ととなんら変わることもない。それでも、得体のしれぬ、妙な臭気をまとわないように気を付けながら3年、総経理職を事実上”卒業”する。不思議なものだ。総経理という職位を外れた瞬間、総経理臭とは何か体で感じることができた。それまでいかに”総経理臭たっぷりの”自分であったか、恥ずかしい気分にもなる。そして今でも多くの総経理さんと接する機会があるが、以前気づかなかったまさしく”臭い”を感じとることができる。
 
    臭いであるから言葉では説明できない。一言でいってしまえば、悪臭である。
 
    人材会社のお嬢さん、総経理臭とはよく言った。体臭に限らない。臭いというものの本質はまさにこれである。自分では気がつきにくい、いや自分がその中にいる時は通常気づくことが不可能なものなのだ。
 
    ということは、である。今の自分。総経理臭とは異なるまた別種の、なんといえば良いのか、それ相応の長期中国赴任者臭というものをこってり身に纏いながら生きているに違いない。
    そしていつかは私も日本に戻る。中国赴任者臭をたっぷり抱えて。
 
 
(自分への自戒の意味を込めて少し自虐的な表現になってしまった。もちろん誰にもここでいう”臭い”はある。中国にいたからといって悪臭になるとも言えない。”臭い”となるか”香り”となるか、はたまた格調高い”匂ひ”となるかは人それぞれであろう。)
 
AD

小学校までの道

テーマ:
    竹中直人の「野武士のグルメ」というのは日本ではどの程度見られているのか、よくわからない。が、ここ中国の若者の間ではかなりの知名度である。定年退職を迎えた主人公が、組織の束縛を離れ、その自由な日々に戸惑いつつも食べたいものを食べることに喜びを感じ、解放されてゆくその姿を、戦国時代の野武士になぞらえ描く。松重豊「孤独のグルメ」の竹中直人版ともいうべき番組である。
 
    このシリーズの第一話は、もはや会社に行く必要のなくなった主人公が、家を出、あてもなく歩いていたつもりが、結局いつもの通勤路そのままを駅まで歩いてしまっている。そして過去おそらく30年以上毎日のように歩いたその道の途中に、食堂があったことに初めて気がつき、その食堂で朝からビールを飲みながら食事をするという話である。
 
    通い慣れた通勤路にあった食堂に定年初日”初めて”気づくというところが、実に哀しい。
 
 
    以前こんな話を聞いた。うつ病の患者のカウンセリング治療法の一つに、小学校時代の通学路を描かせるというものがあるとのこと。私もためしにやってみると、意外なことに、実に詳細にわたって描くことができる。詳細に描けるばかりか、その道すがら生じたこと、友と語らった内容、遭遇した様々の出来事が、その地図の作画作業中にいくつも自然によみがえってくるのである。もちろん小学生である。まっすぐ帰るなどということはない。悪友連中と人の田んぼに侵入して虫取りはする、そこらじゅうの草花を荒らしまわったり、夏なら小川に足を突っ込んでみたり、寄り道オンパレードの時代である。それなり記憶に残るのは当然であるが、それにしても記憶は実にヴィジュアルで鮮明である。
 
    なるほどこれがうつ病治療に効果があるというのもうなずける、と妙に納得もした。まぁ,うつ状態であるなしはともかく、この作業は一度やってみることをお勧めする。なぜか硬直化した心のもつれが多少ほぐれたような気にもなるというものだ。
 
    毎日のように歩く道でも、社会人となりその道を歩く目的が100%行きたいところへ到達することだけになったとき、寄り道が罪悪になる。傍らの草木や、当面用のない食堂なぞ、背景のそのまた後ろに追いやられ、記憶の片隅にすら残ることがなくなる。人間がロボットのようになる。過去数十年の間、日本人は程度の違いこそあれ、そのようであった。そうやってこの社会を築き上げてきた。そしてそのことを是としてきた。
 
    この世に生を受けて10年前後の時代、身の回りのすべてのものが興味、探求の対象であったあの時代。あの時分の感性を片時でよい、取り戻したいものだと、常々思っている。
 
常熟中国語教室2
AD