白狐は太陽の使い? | はるるのブログ

はるるのブログ

レイキ・ティーチャーになりました^^


テーマ:

みなさん、おはようございます♪

はるるです。

今日もブログへのご訪問、ありがとうございます。おねがい

 

 

スマホの方はサイドバーが見にくいと思います。

 

はるるの霊視鑑定メニュー

こちらをクリック!

 

ランキングに参加しています。

 

下のバナーをクリックお願いします。

(スマホの方は、ポンとタップお願いします)

 


人気ブログランキング

皆様の応援ありがとうございます♪おねがい


昨日の晩のことです。

 

にやりさーて、今夜もブログ書きますか~。

 

ニコ合掌ガイドさん、ご指導お願いしま~す。

 

おはらい大臣神主さん登場。

 

神主さんは、私のことをどう思っているか、神主さんに意識を向けたら…。

 

おはらい大臣:わしがお前のことを、どんなに思っているか知りたいようだな…。わしはお前のことをこんなにも思っているのだ。

 

神主さんから、愛のような、暖かいエネルギーキラキラが届きました。

 

 

…と、広い通りと建物の壁が見えました。

私はその広い通りを歩いています。

 

建物の壁は神社の壁でした。直観でわかるのです。

たくさんの巫女さんたちが、供物のようなものを持って静々と通りを歩いています。

 

角を曲がると、神社の正面入り口の大きな鳥居鳥居がありました。

鳥居をくぐって入りました。

 

境内はとても広いです。

たくさんの神主さんたちが、私に挨拶してくれました。

歓迎されているんだと思いました。

 

拝殿にだんだん近づいていきました。

拝殿もとても大きなものでした(高さはあまりなくて、横に広かったです)。

 

境内の道を歩いて行く巫女さんたちの顔を見ると、なんと白狐の顔をしています。

 

キョロキョロあせるなんで狐なんだろうと思うと、

「西洋では、なぜ羽の生えた天使なのか?」

と、質問が聞こえてきました。

 

と、白い大きな狐が、空に向かい空中を走って行きました。

太陽に向かって上へ上へと走っていきます。

私も一緒に空を上昇していきます。

 

狐は太陽に飛び込みました。

太陽の中は光しかありませんでした。

 

再び太陽を外から見ていました。

丸い太陽に、稲穂を持った平安貴族の女性のような姿の女神様が見えました。白狐も女神様の側にいます。

 

稲穂と白狐は宇迦之御魂神(稲荷神)を意味します。

太陽の女神は天照大御神を意味します。

 

天照大御神と宇迦之御魂神(稲荷神)はひとつの神様なのだと思いました。

 

そこで、映像は終わりました。

 

 

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*

 

 

ネットを検索したら、

「九尾狐と三足烏は西王母の使いの霊獣と霊鳥だった」とする、面白いHPを見つけました。↓

http://www.minomusi.net/youkihi/yatagarasu.html#sansokuu

 

もし、天照大御神のモデルが西王母だとしたら、天照大御神の使いが狐であっても不思議はないですね。

 

 

きょうも記事をお読みくださり、ありがとうございました。ほっこり

 

 

ランキングに参加しています。

上のバナーか下のこたつ猫の絵をポチッとクリックお願いします。(スマホの方はポンとタップしてね♪)

 


人気ブログランキング

皆様の応援、ありがとうございます♪おねがい

人間はバナナ大好きだけど…。

あたしは食べれないにゃ!爆  笑

 

 

はるるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス