子供の世界について

テーマ:

こんにちは。

今朝の読売新聞の一面に80代母、60代息子の面倒を見る、というタイトルで記事がありました。

なかなか社会に出れない大人も多いようです。何だか、わかるような気がします。

私は10年前にあおば塾を開きましたが、その前は転職を何度かしています。その時に思ったのが、まず企業は人を育てる気はない、ということを思いましたし、お前が辞めても代わりは何人でもいる、という感覚で人を採用していますね。

今の時代はもっと厳しいのだろうな、と思います。

 

厳しいのは大人の世界だけではないかと思います。

子供の世界も、無法な親子によってまともな親子が嫌な想いをしていますね。

私の住んでいるマンションはいわゆる大型マンションなのですが、うちの子供を仲の良い友達と遊ばせることも、まだ見ています。

見ていると、とんでもないことばかりが目につきます。

何なんだろうと思いますね。うちのマンションに限って言えば、敷地内で遊んでいるのは決まった子供ばかりです。あんなに子供がいるのに❓と思いますが、同じような想いをしている親御さんが多いのでは❓と思ってしまいます。

こんな子供ばかりが大きくなっていくととんでもない時代が来ると、思ってしまいます。

 

何がこんなにいけないのか、こんな危機感を持っている方が少ないのか、関わらないようにしているのか、考えてしまいますね。

思っている法則はあります。

書いていいものか、考えますが、間違っていないかと思います。

 

困った時代です。

でも、ブレずに私はやっていこうと思っています。

10月です。

テーマ:

あっという間に10月に入りました。

もう、今年も100日を切っていると思うと、1年は本当に早いです。

来月はあおば塾を開いて10年になります。

今年は節目の年です。

突っ走ってきました。いろいろなことを考えることも多かったですが、今は子供も二人恵まれまして、塾と子育てに一生懸命です。

子供を作って、本当に良かったと思います。20,30代は結婚しない主義でした。

結婚した時も、子供はしばらくは作らないということで生活してきましたが、子供が授かった時は本当に嬉しかったです。

こうも変わるのか、と自分を客観的に見ています。

授業参観に行って、くたびれた親父にならないように体は鍛え続けていますし、気持ちも若くなっています。

普通は子育てが落ち着く年齢ですが、落ち着くと一気に老け込みますね。

良かったです、これから子育て真っ只中で。

これからも、気合いと根性で頑張っていきま‼️

どうぞよろしくお願い致します。

学校について

テーマ:

あおば塾を開いて11月で10年となります。

子供達を見るようになりまして24年になります。

塾の子達は先生の愚痴をよく、口にします。聞いていまして「えっ‼️」ということが多いです。

改めて思いますが、こんな先生に見られている子達は気の毒ですね、本当に感じます。

何なんでしょうね、この時代は。

勿論、親の方が騒ぎ過ぎ、ということも目立ちますが、でも言わないといけないことも聞いていまして沢山あります。

テレビのワイドショーに投稿したら、間違いなくトップニュースかと思います。

まして、今はパワハラ等がようやく表面化してきている時代です。

私も連絡してしまおうかなと思ってしまいます。

あまりにも、ひどすぎです。

これでは、子供達が大人を信用しなくなりますね。

年賀状を出さなくなったり、結婚式に先生を呼んだりしないことが理解出来ます。

 

恩師、どこにいってしまったのでしょうね。

勿論、先生は塾の先生も同じですが、万人ウケするなんて不可能かと思いますが、私は一人でも、私のことを恩師と思ってくれる子供が増えてくれたら嬉しいです。

9月に入りました‼️

テーマ:

夏期講習が終わりまして、期末テストもあと1校となりました。

まだまだ暑いですが、今年の夏は異常な暑さでしたね。それと台風です。

 

でも何よりも今年の象徴的な出来事は、スポーツの世界の指導者のことです。

私も体育会の野球部でした。上下関係、監督やコーチからの暴言、理不尽なこと、たくさんありました。

でも、毎回話題になっている60,70代の昔の方々、もう一線から引くべきですね。

時代が違うんです。今の子達はついてこないですよね。

勿論、今の子達には呆れ果ててしまうことも沢山あります。

でも、悪しき伝統は早く壊すべきですね。なんだかんだ言っても、結局はお金が絡んでいるはずです。

あの世代はいくら手にすれば満足するのでしょうか?

私の子供達も、これからスポーツをして、こんな嫌な指導者の元でやるのかと思うと、絶対に辞めさせます。

あまりにもひどすぎです。

 

この国は何から狂い始めてきたのでしょうか?

いろいろ考えてしまいますね。でも私はブレずに当たり前のことを勉強を通して教えています。

8月も後半に入りました。

テーマ:

今日は漢字検定です。

ようやく、ブログが書けます。1ヶ月ぶりとなりました。

昨年末に人生初のインフルエンザになりまして、自分自身、ビックリしていました。

そして7月に京都の祇園祭に毎年のことですが、家族で行きまして、今年の暑さは尋常ではありませんでしたが、京都も凄かったです。

子供たちが心配でしたので、あまり外には出ないで、百貨店の中に多く居たりしました。

 

帰って来て、2歳の娘が熱が出てしまい、病院に私が連れて行きました。その時に、近くにいた幼児の咳をもらい、嫌な予感がしました。

案の定、夜に調子が悪くなりまして、それでも勿論、仕事は休まず、病院に行って薬を貰いましたら、次の日から謎の全身筋肉痛です。

土日が挟んでしまいましたので、週明けに診てもらいましたら、人生初の熱中症でした。

仕事は休めないので、すぐに点滴をしていただきました。

 

そんな夏期講習の前半でした。

いやあ、やはり病は気から、ですね。

あの日に病院で、貰ってしまった、と思ってしまったからいけなかったのですね。

 

皆さんもお気をつけてお過ごしください。今年の夏は尋常ではありません。

まだまだ暑い日が続きそうです。水分補給をしっかりと、してください。