こんにちは。

梅雨入りしたとのことですが、まだそんな感じがなく暑い日が続きますね。

今日は子どもの反対咬合についての勉強をしてきました。(in大阪)


1歳6ヶ月検診や3歳児検診などで反対咬合と指摘されたことはありませんか?

年齢に応じてですが、経過観察する場合や早期改善を必要とする場合など様々です。



今日はその中でも、早期改善を目的とした装置

ムーシールド

について学んできました。

歯ならびの改善にはどうしても装置を使うことが多い中、低年齢児は型取りが難しかったり、うまく使いこなせなかったり するため、非常に難しいことが多いです。

このムーシールドは既製品ですので型取りなどの必要はありません。

当然適応する症例と適応しない症例がありますが、乳歯列期に反対咬合を早期改善することは正常な噛み合わせと機能の獲得を促します。

反対咬合で悩んでみえたら一度当院までご相談下さいね。