昨年の話題ですパー
‐10asia‐

《「Wanna One」「音楽配信チャートの改編」「解散・脱退」…2017年、激動のK-POP界を総まとめ》


2017年最後の月だ。
今年の歌謡界はどのように整理することができるだろうか。
変化が多い一年だった。
多事多難だった2017年の歌謡界を「練習生オーディション」「音楽配信チャートの変化」「解散、別れたグループ」を中心に整理してみた。
いわゆる“知っておいて損はない2017年のK-POP界”だ。


◆練習生オーディション―Wanna One
昨年に続き、Mnet【プロデュース101】が今年も放送された。
4月に初めて放送された【プロデュース101】シーズン2は男子練習生101人の競争を描き、旋風的な人気を集めた。
【プロデュース101】の視聴率は1.6%から始まり、日に日に視聴率は上昇曲線を描いた。
最終的に11人が選抜された最終回は視聴率5.2%で、シーズン1~2あわせて番組の最高視聴率を更新した。 (ニールセン・コリア、有料世帯加入者基準)

【プロデュース101】を通して誕生したプロジェクトボーイズグループ“Wanna One”の人気もまた熱かった。
カン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン、ぺ・ジニョン、ハ・ソンウンから構成されているWanna Oneは、デビュー曲『Energetic』で韓国の8つの音楽配信サイトリアルタイムチャートでトップの座に輝いた。
また、デビューアルバム『1×1=1(To Be One)』の販売枚数は72万枚を記録した。
11月に発売したリパッケージアルバムも先行注文枚数50万枚を突破した。
Wanna Oneは時間が経つほど、とてつもない人気を誇り、旋風を巻き起こしている。
デビュー100日も経たずに、化粧品・香水・衣類・食品・飲料など実に15製品のCMモデルに抜擢され、Wanna Oneの人気がどの程度なのか実感させた。

練習生を活用したオーディションは、現在も進行中だ。
10月末に練習生とデビュー経験があるアイドルを対象にしたKBS2TV【The Unit】と、JTBC【MIX NINE】が放送を開始した。
2つの番組では【プロデュース101】よりたくさんの参加者が集まった。
これらの番組を通して誕生するプロジェクトグループは、来年上半期に活動する計画だ。


◆チャート改編―アイドル以外の反乱
2016年と2017年の音源チャートは違った。
2月27日を基点に文化体育観光部の勧告により、リアルタイム音楽チャートの改革案が施行されたからだ。
早朝の時間帯に繰り広げられるアイドルファン層の間の順位争いを防ごうという趣旨だった。
これにより韓国内の音楽配信サイトは正午~午後6時に出る音源についてのみそのままリアルタイムチャートに反映し、午後7時から2日目の午前11時までに発表された音源についてのリアルタイムチャートの適用は次の日の午後1時に反映されるものに変わった。

チャート改編が施行されてから約9カ月。
2017年1月1日から12月4日まで音楽配信サイトMelOnデイリーチャート1位を1日以上守ったアイドルグループは、TWICE(30日)、MAMAMOO(5日)、Highlight(4日)、SISTAR(3日)、Red Velvet(1日)の5グループだ。
彼らが1位を取った日は、合わせて43日に過ぎない。
これは2016年のTWICE(50日)、GFRIEND(23日)、BIGBANG(16日)、BLACKPINK(12日)、MAMAMOO(7日)、Wonder Girls(4日)、SECHSKIES(1日)など多様なアイドルグループがデイリーチャートのトップに立っていたのと比較される。

その反面、性別と世代を超えてIU、Suran、Heize、ユン・ジョンシン、赤頬思春期などの曲は国民性を基盤に長い間チャートのトップを守り、愛された。
単に1位だけでなく、音楽配信サイトの上位圏の曲の循環周期が長くなった。
アイドルとアイドル以外のアーティストの楽曲が比較的クリーンに競争できる環境が作られた。


◆解散、別れ―消えゆく長寿グループ
2017年にも少なくないグループが解散したり、一部のメンバーの脱退があった。
Wonder Girlsは2015年に新メンバー ヘリムが入り、昨年『Why So Lonely』を発表し、復活の動きを見せた。
しかし、3月にメンバー イェウンとソンミがJYPエンターテイメントを去り、グループ解散を宣言した。
今年でデビュー10周年を迎えたガールズグループの解散ということで、ファンからとても惜しまれた。

毎年夏に“サマークイーン”として愛されてきたSISTARは5月、最後のアルバム『Lonely』を発表し、一週間という短い放送活動を最後に解散した。
ヒョリンは1人で所属事務所Bridgeを設立し、ボラはHOOKエンターテイメントと契約した。
ソユとダソムだけ、これまでの所属事務所STARSHIPエンターテイメントと再契約した。

“長寿ガールズグループ”の代表だった少女時代も一部のメンバーが所属事務所SMエンターテイメントを離れ、グループ活動に赤信号が点灯した。
ティファニーはアメリカへと発ち、スヨンはエコ・グローバルグループに移籍し、ソヒョンも独立を知らせた。

2010年7月音楽界に彗星のように登場したmiss Aは、12月に解散を知らせた。
miss Aの4人のうち、フェイは昨年5月、スジは今年8月JYPと再契約を結んだ。
昨年5月に専属契約が満了したジアは再契約を結ばずグループを離れ、ミンも今年4月の契約満了の後、再契約をしないことを決定し、自然に契約が終了した。
活動7年でそれぞれの道を歩むこととなった。

それ以外にもZE:A、INFINITE、TEENTOPなども今年、一部のメンバーが所属事務所やグループを離れた。


元記事配信日時:2017年12月05日16時18分 記者:ユン・ジュンピル、翻訳:浅野わかな




以上、気になるニュースでしたパー


さて、2018年のK-POP界はどのような歩みを進んでいくのでしょうかパー