米雇用統計ですが原油価格も追っかけろ。 | 脱 初心者トレーダー

脱 初心者トレーダー

株価指数・FX・商品先物などマーケット全般についてのBLOG


テーマ:

本日、21:30(日本時間)5月度米国雇用統計が発表されます。事前の予想値では、NFP=19.0万人増(前回16.4万人増)、失業率=3.9%(前回3.9%)と概ね良好な結果が想定されているようです。

 
余程のネガティブサプライズにならない限り、今月開催のFOMC(日本時間6月14日 午前3:00)で追加利上げが実施される見方に変化はないでしょう。
 
FRB政策金利上限=1.75% → 2.00%
FRB政策金利下限=1.50% → 1.75%
 
上限下限ともに25bp(0.25%)の利上げが予想されていますが、もし実施されると3月に続き2回目ということになります。
 
また昨晩は米国のインフレターゲットであるPCEコアデフレータ(Personal Consumption Expenditure Deflator)が発表されていますが、前年比でプラス1.8%の伸びとインフレ進行はひと段落しています。
 
※PCEデフレータ=名目個人消費支出÷実質個人消費支出
 
ここで、今後の利上げペースやインフレ懸念の高まりに影響しくるのが原油価格となります。一般的に原油価格の上昇はインフレを加速させると言われていますが、逆の見方をすれば車社会のアメリカではダイレクトに個人消費を圧迫もします。
 
 
(写真:Pavel Ignatov/Shutterstock)
 
個人消費が落ち込むとGDP成長が停滞し、利上げどころではなくなる可能性もあるのです。物価指数、雇用環境、原油価格の循環を注意深く見ておく必要があるでしょう。
 
 
WTI原油の見通しは、原油価格が下がっていますね。で予想した緑線上でいったんは止まっているようです。6月22日はOPEC総会ですが、原油価格が下がってくるとロシアが協調減産を継続したいと言いかねません。協調減産見直しありきの決め打ちは避けたいところです。
 

=====================

他の人気ブログもチェック

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

にほんブログ村ランキングに参加しています

=====================

A-STYLE.さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。