いまさらだけど米国債イールドカーブについて | 脱 初心者トレーダー

脱 初心者トレーダー

株価指数・FX・商品先物などマーケット全般についてのBLOG


テーマ:

昨日、米国10年物国債利回りが3.0%を超える水準まで上昇しました。

 

次回FOMCで、米国東部時間6月14日午前3時に発表されるFF(Federal Funds)レートの追加利上げ期待が高まり債券利回りを押し上げているのが原因だと言われています。

 

多くの投資家は10年物国債利回りを重要視していますが、さらに短期的な金融政策に対する感応度が高く重要度が高いと言われているのは2年物国債利回りです。

 

米国債イールドカーブ

(出典:Investing.com
 
このように、国債償還までの残存期間によって債券の利回りは異なっています。残存期間の短い債券利回りが低く、長くなればなるほど高くなるのが通常で、このようなグラフの傾きをイールドカーブと言います。

さらに詳しく知りたい方は「それ、野村にきいてみよう。」などで調べてみてください。
 
現在の米国債は、1年前と比較してイールドカーブがややフラット化しています。教科書的言うとイールドカーブのフラット化は景気の転換期に起こりやすく、これから先の金利動向が不透明な場合に起こりやすいと解説されます。
 
米国2年物国債利回り
(出典:Investing.com
 
米国10年物国債利回り
(出典:Investing.com

過去数年間ではこのように推移しています。このブログでは何度か日米の10年債利回について取り上げていますが3%台という水準は、身構えして警戒しなければならないレベルではありません。もう少し長い期間で振り返ります。
 
米国10年物国債利回りの推移(2006年~)
 
 
すでにゴルディロックス相場は終焉したという方もいらっしゃいますが、米国における現水準からの緩やかな金利上昇と株式相場上昇は、まだまだ共存できる環境なのではないでしょうか。
 
NYダウ(日足)
 
S&P500(日足)
 
引き続き、年初来の高値を目指す展開を予想しています。
 

=====================

人気ブロガーさんのエントリーをCheck Now

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

にほんブログ村ランキングに参加しています

=====================

A-STYLE.さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。