鹿児島県霧島市
「あお助産院」です


ブログでは、日々のこと、助産院のこと、等を
中心に、自由なペースで綴ります。


あお助産院ホームページ ←クリックでとべます
メニューと料金、アクセス、お問い合わせフォーム、お母さんの声ご覧いただけます





うわーお。
もう金曜日。


いかがお過ごしでしょうか?




わたしは、


もったりしたり、
どんよりしたり、


はあ〜、
いいねって、
リラックスしたり、


なんか周期的に、
ころころ感情が動かされる日々を
過ごしています。




そんなときは、


ブログに書こうとしても、
まとまった時間がとれなかったり、

インスタを書いてみても、
これみんなに言うことでもないや、とか、

うだうだしたりしがちです。




また、

頭には浮かんでは消え、
浮かんでは消え、

なかなか言葉にするのが、
ボリューム的にも大変さを感じてもいたり。




音声で発信するのもいいなあと
思ったりするこの頃。





ラジオみたいな。




母の会も、
すっかり表現の場として、
私のなかに定着しましたが、

音もいいなあ。
声もいいなあ、って。



今年は、公民館長(夫)の代理として、
私が月に2回、地域に一斉放送をかけています。




春に、無線の会社の社長さんから、
使い方や注意点について、
説明を受けました。


私の記憶ですが、

公衆の電波なので、
公的、またはそれに準じた内容の連絡のみに使用すること、

私的な内容はもちろん放送してはならないと、
いうことを強く記憶しています。



ただ、業務連絡だけではつまらないなあ、あたたかみが足りないなあと思うのと、

地域のつながりのためなら、
多少は好きにしていいだろうと

少しだけ文言を変えました。




で、個人的に気に入っているのが、

夕方の放送の最後には、
「それではみなさま、今日も1日、おつかれさまでした」と、笑顔で言うこと。
(これまでは「以上で放送を終わります」でした)


ほんとは、
「今夜の晩ごはんは何ですか?」とか、
「うちの晩ごはんは○○です」とか
言いたいくらいなんですけど、
今のところは我慢しています(^^)




そうそう、それで、

神社の掃除で、
ご高齢のおじちゃんに、
放送聞いてるよ、的なことを言っていただき
嬉しかったのと、

館長を引き継ぎ3ヶ月目に入り、
放送に慣れてきたこともあり、
自信がついたんでしょうね。


ラジオ(音声版母の会)を始めたくなってきました。



でも、

そんなに話すことあるかなあ、
誰が聴きたいかなあ、とか思うので、

まだまだ始めないかなあ。
どうしようかなあ。







ご連絡方法は、3とおり。

①ホームページ内のお問い合わせフォーム から
②メール(ショートメールok)から
③InstagramのDM から ( @ao.josan_in )
(下⬇️に電話番号・アドレスあります)

 ▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫
あお助産院
 助産師 山田 幸恵 ( Sachie Yamada )

📱090-5297-3281
✉️ao.yamada.2016@gmail.com
🏠霧島市隼人町真孝
(隼人東ICより車で5分、植山かまぼこやさん近く)
▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫▫