「ジャッジ達はユヅとハビの基礎練習こそを「良いスケート」と」オーサーインタ字幕動画パート⑤ | 蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

同じ時を過ごせるキセキ
初めて知る感情、感動
幸せです  
だから…羽生結弦選手と共に走り続けていきます


テーマ:

 

 

 

 

 

おはようございます

 

ついにオーサーインタ動画最終回ですうる~ん

えみちんが見やすいように短くして、数回に分けて作ってくれた動画です

 

えみちん、いつもありがとう

早く会ってぎゅーーーーってしたいよ!←夢です

 

 

前回のパート4から今日まで少し間が空いてしまったのですが、絵子ちゃんが最後の翻訳が難しかったーと!

やっとできた~~~と、昨夜喜んでたよにこ

 

 

オーサーは動画の中で話がけっこう跳ぶんだって。だから、たまに時系列が分かりにくくなるんだって。

「they」をよく使うんだけど、その「彼ら」がユヅとハビなのか、ジャッジたちなのか、他の選手たちを指しているのか…

確かに分かりづらいね(;´∀`)

 

 

お疲れさまね

本当にありがとう!

 

 

絵子ちゃんブログ休んでるのにやること多すぎて追い付いてないって!

あははは

テッドさんのオーサーインタも来たしね!

 

 

感謝だよ!

 

 

 

では、完結編+おまけつき動画をどうぞ~

 

 

 

おまけハート

 

 

「ユヅのスケートと魂に真の自由があった」:オーサーインタ字幕動画パート1

https://ameblo.jp/ao--yuzu/entry-12429383812.html

 

「あんなのと一体どうやって戦えっていうんだ」オーサーインタ字幕動画パート2

https://ameblo.jp/ao--yuzu/entry-12429497379.html

 

「ユヅは本当にハビがいなくて寂しがっているんだよ」オーサーインタ字幕動画パート3

https://ameblo.jp/ao--yuzu/entry-12429566488.html


「ユヅにとってすごく大切事が分かっているから(プー)」オーサー字幕動画パート4

https://ameblo.jp/ao--yuzu/entry-12430739439.html

 

 

 

 

 

 

 

Translator: Ecovail @yuzueco
Transcript: Michele @michlmint
Proofread: Pumpkinface
Subber: Yuzu Fairy @yuzuru_fairy
Raw Video :John Wilson Blade
Fanart by Ice@icepanda171

 

訳の転載、twitterへの持ち出し等はご容赦くださいね。
ブログを訪ねて下さる方に読んで頂ければ、と訳しました。
よろしくお願いいたします。絵子

 

チームの皆さん、本当にいつもありがとう!

 

 

 

 

↓あり得ない角度…w

 

 

 

B:  I’m not sure if he’s getting a new program or not, but we’ll see.

もし彼(ハビ)が新しいプログラムを用意しているかはまだわからないんだよ。

 

 

J:  Yeah.  You were talking about Yuzuru kind of looking at Javi while he was recovering.

そうですね。あなたは先程、ユヅルが回復の途上で、ハビを見ていたことを話していました。


 I remember, at the Olympics, this was about that six-week mark that we were talking about from the injury,

オリンピックの時の事を思い出します、それは僕達が話したように、怪我から回復し、戻るのに必要な、ちょうど6週間の時期でした、


right at the start of the Olympics, he goes, first warmup, oh, first practice, he goes, does single toe, single sal, single loop, triple axel, bows to everybody and then leaves!

 オリンピックの一番始め、一番最初の練習で、彼はシングルトウ、シングルサルコー、シングルループ、トリプルアクセル、と跳んで、そして皆に一礼して去っていきましたよね!

 

 


B:  I know!

そうなんだよ!

 

 

 

 

J:  What was that about?  Like, as somebody who, like, just sat there, and was like:  What did I just watch?  Like, what was that?  Was that a planned thing?

あれは何だったんですか?そこにいた人はきっとこんな感じだったでしょう:

今私は何を見たんだ?

何だったんだ?

これは目論見があっての事か?

というような。

 

 

B:  Yeah, it was pretty planned.  First, he came out and just did figure eights.

そうだね。まあそうしようって決めていたんだよ。

そしてただフィギュアの基礎をやるにとどめたんだよ。

 

 

J:  Yes!

そうです!

 

 

B:  And he does that sometimes at the rink.

そして彼はホームリンクで時々同じことをやるんだよ。


 ‘Cause I’ll get on the ice first.  It’s always nice and clean (we have great ice at our club). 

つまり僕が一番最初にリンクに出る。

いつもきれいで整っている。(僕達のクラブの氷は素晴らしい)

 

 

 


So, I’ll go out – just ‘cause I’m old-school – and I’ll just lay out a figure eight. 

それで、まず僕が行って…旧システムの人間だからね、氷上に8の字を描くんだよ。


Then, he’ll come out and he’ll try to go on top of the tracing. 

そして彼が出てきて、僕の付けた軌跡の上をなぞろうとするんだよ。


We’ve talked about compulsury figures. 

僕達はコンパルソリーに関して話をしたんだよ。


So, then, he kind of got into a bit of a habit of just doing that when he first gets on the ice.

だから、彼は最初に氷にのった時に、それをやるのが少し習慣の様になっているところがあるんだよ。

 

So, it was funny in PyeongChang for him to step out there, and I saw this whole bank of media,

だから、平昌で彼が氷に初めて乗って、そして山の様なメディアがいたのを見て、面白かったよ、


not just skating but worldwide sports media people, just wanting to get a glimpse.  

スケート関係だけじゃなく、ワールドワイドなスポーツのメディア関係者達が、様子を知ろうとしていた。

 

 

(蒼:当時の放送を思い出すねwみんな「いつ跳ぶんだ?」っっていう感じだったよね)

 


‘Cause nobody had a clue how he was skating, and then he came out and did that. 

何故って誰も彼の状態について見当もつかなかったし、それで彼は出て来てあれをやったんだからね。


And then, just to do the minimum and then to get off the ice.

そこで、ただ最小限の事だけやって、氷を降りた。


But normally, an uninjured Yuzuru –

でも普段の、怪我をしていないユヅルは -

 

he likes to control the whole session. 

彼は全てをコントロールしたがるんだ。


He likes to have all eyes on him. 

彼は全ての注目が自分に注がれるのが好きなんだ。


And watch him.

そして見られるのがね。


 And he didn’t get to do that this time. 

でも、あの時はそれが出来なかった。

 

 

 


But he had to take comfort and just trust that his performances will, is really where we’re being marked,

ただあの時は無理しないことを選ぶべきだったし、彼の演技を信じる事だった、その時は本当にそれが僕らに出来る事だった、


and he doesn’t have to go out and win every practice like he likes to do.

そして彼がしたいように、毎回練習に出て行って、勝つ(全ての注目を集める)必要はないんだ。


 To show his stuff. 

彼の凄さを見せつける必要はないんだ。

 

 

 


So, it was a really cool approach. 

だからあの練習はすごくイケてるアプローチだったと思うよ。


He was really great with us, as like the coaching team.

彼は僕らと本当にうまくいってたよ。コーチングチームと一丸となってね。

 

 And he was talkative. 

そして多弁だった。

 


And he was a little bit - in just a light spirit, and he was laughing and,

そして彼は少し - すごく精神的に落ち着いていたし、そして笑っていた、そして

 

 

 


as we went on, so then we, after the short, I guess, we were all –

試合が進んでいき、ショートの後、僕達は皆 -

 


or maybe it was before the short, but –

ショートの前だったかもしれないけれど -

 

 

 


 we were on the same practices together, so it was Javi and Yuzu because of the draw and so I remember,

ハビとユヅがくじ引きによって、同じ練習にいたんだ、だから思い出すよ、

 


I think it was the long program – and I can’t remember if we had a day off in between –

フリーの練習だったと思うんだけど -

そしてショートとフリーの間に休みがあったか思い出せないんだけど -

 

 

J:  Yeah, you did.  Pretty sure you did.

休みはあったと思いますよ。

 

 

B:  But I just remember it being on the practice and now Yuzuru’s kind of revved up and doing some great stuff and Javi was doing his great stuff and then there was some time at the end of the session where they just started to do some of the skating skills that we practice at home.

とにかく、覚えてるんだよ、練習が始まり、ユヅルがエンジンをかけていってる様な感じで、すごい内容をやっていて、ハビは彼の素晴らしいスケートをやっていて、そしてセッションの終わりに、二人がクリケットでやっているスケーティングスキルをやり始めたんだ。

 


 So, one of them started doing it and I just said to the other, I said,

二人のうちの一人が始めて、もう一人に僕はこう言ったんだ、

 

 

 


‘Go and do it together like we always do it’.

「行って一緒にやって来るんだ。僕達がいつもやっている様に。」と。


 Now, there’s usually a group of eight or ten doing it but,

普段の練習は8-10人でやるんだけどね・・

 

 

 

 

 

 it was like, and it was so amazing.

でも二人のあれは、本当に素晴らしかった。

 

 And it was funny because I saw the judges sitting there and we had some big-shots on the practice,

そして愉快だったね。ジャッジが座っているのが見えたんだけど、練習では(他の選手が)大技を繰り出していたのに…

 

 lots of quads and quad flips and quad lutzes and all this stuff,

そう、何本ものクワド、クワドフリップとかクワドルッツとか、そんな大技が繰り出されてた。

 

 

 

 

 

 

and I looked at the judges and they were like all of them were just watching Javi and Yuzu do these exercises.

それなのに、ジャッジを見てみると、なんていうか、全員がただただ、ハビとユヅが基礎練習をやっているのをじっと見ていたんだ。

 

 And I’m just like: ‘Yes!’  That’s, they’re seeing good skating. 

そして僕は”そうなんだよ!” ジャッジ達はユヅとハビの基礎練習こそを「良いスケート」と捉えて見ているんだ、って思った。

 

And they’re not just kind of just following to see who’s going to do the next quad. 

ジャッジ達は誰が次にクワドを跳ぶかって事を眺めているだけじゃなかったんだよ。


So, they came over to me and I just looked at them and just said,

だから、ユヅとハビが僕の所へ戻って来た時僕は二人を見てこう言ったんだよ。

 

 

 

 

 

I just said, ‘I’m so proud of you guys.  You make us look really good.’  And then they shook hands.  I went ‘My god!’  It’s like an Olympic moment, you know?

 「僕は本当に君達を誇りに思うよ。君達がこのチームを素晴らしいものに見せてくれてるんだよ。」とね。

そして二人は握手をしたんだ。

僕は「オーマイガー!」ってなったよ。

これぞ、オリンピックの記念すべき瞬間、って感じだったから。

 

 

 

 

 

J:  Yes!

 本当に!


B:  It was amazing!

 それは素晴らしい出来事だったよ。

 

 

 

 

 

He likes to have all eyes on him. 

彼は全ての注目が自分に注がれるのが好きなんだ。


And watch him.

そして見られるのがね。


 And he didn’t get to do that this time. 

でも、あの時はそれが出来なかった。


結局、十分できてたね!

 

 

 

 

 

 

あぁ、いい動画だったね

 

 

オーサーが嬉しそうに羽生くんのことを話しているのが嬉しいね

誇らしげだし、やっぱり自慢の息子なんだろうな

 

ハビが一人でもこうはならなかった

羽生くんが一人でもこうはならなかった

 

 

それこそ、すべてのピースが揃っているからこそって感じるの

 

 

普通では揃わないようなものも、すべてそろっているんだってね

何かが起きても、のちにそれが必要なことだったと言えるし

でこぼこだったり、曲がりくねった道でも、結局はそこにたどり着くためのきれいな一本の道だったんだってね

 

かなり曲がりくねってはいけるけどね!

 

 

 

 

 

 

 

まず僕が行って…旧システムの人間だからね、氷上に8の字を描くんだよ。

そして彼が出てきて、僕の付けた軌跡の上をなぞろうとするんだよ。

 

ここね~可愛い息子だよね

ちなみに私は8の字を書けません←

こないだ「8」の半分をやったけど…要は「S」だな(笑)

Sも最後まで書けませんでした~(笑)

 

 

 

 

 

最後に…

何度もブログに埋め込んでいるこちらの羽ちゃんの動画…

 

この動画の再生回数もすごいんだよね

これがどうしてこんなに見られているのか…

 

 

やっぱり滑りなんだよね

私も初日の公式練習を見たとき、すごい興奮したんだもの

 

羽生くんの、本当に本当に、基礎中の基礎のアップ

コンパルソリー、それらがたくさん見られたんだもの!

すっごい貴重で、私もまとめた動画を作ろうって思ってたんだもの

 

 

それが、この動画

 

 

本当に素晴らしい動画

いくら見ても飽きないし、ずっと見ていたいし…1日1回は見ています(笑)

 

 

 

 

 

ジャッジを見てみると、なんていうか、全員がただただ、ハビとユヅが基礎練習をやっているのをじっと見ていたんだ。

 

そして僕は”そうなんだよ!” ジャッジ達はユヅとハビの基礎練習こそを「良いスケート」と捉えて見ているんだ、って思った。

 

ジャッジ達は誰が次にクワドを跳ぶかって事を眺めているだけじゃなかったんだよ。

 

 

 

 

これが、フィギュアの芸術の部分だよね

ジャッジはコンパルソリーが好きらしいしね!

 

 

でも、コンパルソリーこそが大事でもあるんだよね

それができるからこそ、『ただ』氷の上を滑っているだけなのに心奪われてしまうのだから

そして、この土台があるからこそ、あの素晴らしい演技ができるんだよね

 

 

はぁ~

オーサーの誇らしげな話し方!

 

 

本当にいい動画だった!

おまけまでつけてくれたしね

感謝、感謝!

 

 

 

なんで、日本ではこういうインタが上がらないんだろうね?

不思議だわ…

 

 

 

 

 

 

 

 

羽生くん、もうすぐで1年だね

 

 

今日も笑ってるかな

順調に回復しているのかな

 

今日も羽生くんが幸せでありますように

 

 

 

 

さーそれじゃあしめますよ~。

Now it's time to say this.

みなさん準備はいいですか?

Are you ready?

最後に一言言わせてね。

Let me say this one more time.

もしよろしければご一緒に!

You can say that with me if you like.

羽生君、LOVE!ってことです。

Hanyu-kun. I love you!

We love you!!!

 

 

 

今日の予定

「第53回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」表彰式は2019年1月11日(金)

ニュースウォーカー

受賞者一覧PDF

1年前の蒼ブログ

今年もきっとコメントがあるよねにこ

 

 

 


人気ブログランキング

 

さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス