3通のピンクの封筒ープレカンを見てー | 蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

同じ時を過ごせるキセキ
初めて知る感情、感動
幸せです  
だから…羽生結弦選手と共に走り続けていきます


テーマ:

 

 

 

 

 ケガをしてから3カ月間ほんとに試合を見るだけだったし、スケートも滑れない日々がすごく長くて、すごいきつい時期を過ごしましたけれども、こうやって無事に(13日朝の公式練習で)オリンピックの会場でメインのスケートリンクで滑ることができて、ほんとにうれしく思います。まだまだ試合が始まったわけでもないですし、全然気を緩めるつもりはないんですけれども、しっかり集中しながら、できることをしっかりと一つずつやっていきたいと思っています。

 もう1個だけいいですか? ほんとに自分がけがをして苦しい時期もですけれども、ほんとに年が明けてからも、たくさんいろんな方々から応援のメッセージをいただきました。そしてほんとに感謝の気持ちで今いっぱいでいます。まだ試合が終わってないので、こういうのも変かもしれないですけれども、本当にたくさんのメッセージありがとうございました。そして、そのメッセージの力も自分のスケート、演技につなげたいなというふうに思ってます。

 


 --羽生選手にとってプレッシャーはどういったものか。平昌五輪への思いを含めて。

こんなにたくさんの方々に囲まれて取材を受けるということもできる選手って、ほんとに限られてると思いますし、この数だけじゃなくて、ここにいる人々からさらに多くの人々へ、メディアを通して見ている方々だったり、今日も(公式練習に)駆けつけている方もいらっしゃいましたけど、そういったすごいたくさんの人々に、自分のスケートを見てもらえるんだなという気持ちでいっぱいです。

 それがプレッシャーという言葉にもなるのかもしれないですけど、僕にとって、やっぱり久しぶりに試合で滑ることができるので、むしろその力を精いっぱい受け止めたいなと。そして僕のことをほんとに待ち望んでくれた方々が、ここからさらに広がっていっぱいいると思うので、そういう方々にも見てて本当に良かったなって、待ってて良かったな、っていうような演技をできるように頑張りたいと思ってます。

 


 --(復帰を)お待ちしてました。3回転、4回転を跳び始めたのはいつごろでどんな状況だったか。跳ぶとき何にフォーカスしたのか。

注意したことを先に。ジャンプを跳べるまでというか、リンクに乗れるまでですけど、まず、それまでがすごく長かったので、その間、陸上でジャンプのフォームだとか、イメージだとかそういうものを非常に確固たるものに固めようとしていたということを非常にやってたので、氷上に乗り始めて最終的にジャンプが跳べるようになった時はもう、とりあえずそのイメージを氷上に移してやるという感じでした。

 

 

 

日付を悩んでたね!

 

 


 跳び始めたのが、3回転が3週間……。トリプルアクセルは3週間前です。4回転がそうすると2週間……、2週間……、2週間から2週間半前くらいだと記憶しています。はい。

 


 --ブライアン・オーサー・コーチは先に韓国入りした。その後はどのコーチとどのような練習を?

クラブにはたくさんの先生がいるので、まずトレーシー・(ウィルソン・)コーチとスケーティングの練習もしっかりやりましたし、あとギスラン・(ブリアン・)コーチがずっといっしょにいてくれたので、ギスラン・コーチとともにジャンプのフォームであったり、感覚であったり、そういったものを重点的に練習していました。

 


 --他の選手はいろんな苦労をすると精神的にも強くなると言う。羽生選手はどう思うか。

うーん、特にけがをしたからっていう気持ちはないです。特にないですけど、それからスケートが滑れなかった期間が2カ月くらいあって、その中で、スケートをたぶんしてたら学ぶ機会がなかったものがたくさんあったと思いますし、スケートができなかったからこそ陸上でできたことだったり、考えることができたこともたくさんあるので、そういった意味では全然2カ月間は無駄だったと思ってないし、むしろまた、たくさんのことを学べたなというふうに思ってます。

 

 


 

 

--人気が日本で高いのはなぜ。あとティッシュカバーのプーさんについては。

 

I don’t know how to say. 何ですかね。とにかくソチ・オリンピックで優勝して、その時にオリンピックって、今までフィギュアスケートを見てない人も見てくれていたと思うので、その結果こうやってたくさんの方がフィギュアスケートに興味を持って見てくれるようになったのが良かったのかなというふうには思ってます。

 あとプーについてですけど、ほんとにジュニアのころから、ほんとはちっちゃいころからなんだろうけど、ジュニアのころからティッシュペーパーにずっとウィニーをつけていて、それでなんか、そしたらファンの方々がいっぱい投げこんでくれるようになって、そしたらなんかお部屋の中が全部プーさんになった感じです

 

 

 


 

--<元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんが質問> 羽生さん、戻ってきてくれてありがとうございます。僕も同じけがをしたことがあって、申し訳ないですけど、僕は無理だと思ってた。無理だと疑った時期があったと思う。そこをどうやって乗り越えたか。

なんですかね。特に戻って来られるか戻って来られないか考えてなかったです。たしかに最初にけがをしてしまって、ほんとはNHK杯の時に痛み止めを打ってでも出ようと思っていたんですけど、足首が動かなくなってしまったので、痛みどころじゃなくて、それからこうやって2カ月たって滑るにあたっても、やはりなかなか難しいものがあったりして、これは治るんだろうかと考えてた時期もたくさんあったんですけれども、でも実際こうやって今滑れてますし、うん。それがすべてだなと思います。

 過去に考えていたことはたくさんあるし、もちろんネガティブなことばっかだったかもしれないですけど、でも今こうやってこんなにたくさんの方々の前でこうやってしゃべってますし、しかもその、悪いニュースじゃなくて、いいニュースとしてここでみなさんの前でしゃべってるので、もうとにかく今できることを、この平昌の、自分がほんとに夢に描いていた舞台で、夢に描いた演技をしたいと思っています。


 --応援します

 ありがとうございます。

 --戻ってきてくださってありがとうございます。楽しみに待ってました。

 ありがとうございます。

 --このリンクで滑ってどんな思いがわいてきて、思いの変化はあったのか。個人戦へどんな調整をするか。

メインリンクもそうですけど、まずこの韓国の地でこうやって滑ってみて、昨年の4大陸(選手権)の時もそうでしたけれども、非常に感覚がいいなというふうに思いました。もちろんまだ調整段階なので、まだまだやっていないジャンプだったりとか、まだやってないエレメンツ(要素)だったりとか、そういうものはたくさんあるんですけれども、徐々に徐々にその、自分の中でも計画があるので、その計画に沿ってまた臨機応変に自分にピークをつくっていきたいなというふうに思ってます。まだ試合までに数えられるほどの時間はあるので、その時間を有効的に活用して、個人戦にピークがあうようにしっかりやっていきたいなというふうに思ってます。

 


 --きょうは(フリーの曲をかけた練習で、4回転ジャンプは)2本のトーループ、2本のサルコウをやっていた。ループをやる可能性はあるか。あとソチの時より細くなったか。

ソチの時は体重をちゃんと量ってなかったのでわからないんですけど、4年前よりも筋力がついてると思うので体重はちょっと増えていると思います。ループに関しては、うーん、あまり言うことはないかなって思います。

 ほんとに作戦がすごい大事だと思ってるので、えっと、ほんとにたくさんの選択肢があるし、もちろん自分のなかではクリーンに滑れば絶対に勝てるという自信はあるし、そういうふうにほんとに思っているので、そのクリーンに滑るプログラムを何にしていくかっていうのは、これから徐々に徐々に調子を上げていくなかで決めたいと思ってます。

 


 --氷の上に乗ったのが1カ月前。短い間だが、どんなことにいちばん集中してやってきたのか。さらにどんなことがこれまで一番苦しかったのか。

体力に関しては非常に不安でした。あと、氷上に乗っていなかったので、自分の回転の感覚であったりとか、フィギュアスケートは陸上でできるものでもないですし、そこの感触、氷の感触であったり、スケートの感覚であったり、そういうものは不安ではありましたけど、ただ、でも滑ってみて1カ月こうやってたって、まあ、ここにいるので、オリンピックに出られるって思えるぐらいの練習はしてこられてるので問題はないです。

 あと、つらかったことって言われても特にはないんですよ。ただひたすらやるべきことをこなしてきましたし、もう、これ以上ないことをしてきたので、何も不安要素はないです。ただひたすら今この場所でやれることをやりたいと思っています。

 ありがとうございました。カムサハムニダ。Thank you very much.謝謝。Merci.スパシーバ。

 

 

 

 

おはようございます

プレカン…見ましたよね?

嬉しかったですね

あーこれが羽生くんなんだよね、と彼の言葉にまた堕ちました

 

 

 

本当にたくさんのメッセージありがとうございました。そして、そのメッセージの力も自分のスケート、演技につなげたいなというふうに思ってます。

 

それがプレッシャーという言葉にもなるのかもしれないですけど、僕にとって、やっぱり久しぶりに試合で滑ることができるので、むしろその力を精いっぱい受け止めたいなと。そして僕のことをほんとに待ち望んでくれた方々が、ここからさらに広がっていっぱいいると思うので、そういう方々にも見てて本当に良かったなって、待ってて良かったな、っていうような演技をできるように頑張りたいと思ってます。

 

 

冒頭から泣かせます

最初に力強いコメントしてたけど、「もう一ついいですかと」とことわったうえで発したこの言葉

 

ファンへ向けた言葉だっだうる~ん

このプレカンではたくさんの素晴らしいことを言っていて、どれも抜粋はしたくないと思ったの。

 

でも、やっぱり先にここに触れたい…

だって、私たちへ向けてくれた言葉だよ

羽生くんは、いつだって耳を傾けてくれている。

 

 

私たちの声を聞いてくれてる…

いつだって、私たちへのコメントを忘れない

贈られた応援の気持ちには応えたいといつだって思ってくれている

 

 

 

 

 

我が家に届いた3通のピンクの封筒…

 

1通は最初に発送されたころに届いたもの

いろんなところで、たくさんの喜びの声が溢れていたころね

残りの2通はオリンピック開幕前に届いたもの

 

 

ただ、住所を書いていないとかいろんな理由で届いていない人もいたよね。

だから、その時は自分の手元にも届いたということは書かなかったの。

悲しい思いをする人がいるのではないかと…

 

 

でも、今回のプレカンの羽生くんの言葉を聞いてみんなにも伝えたいと思った。

羽生くんのみならず、チーム羽生(ANAも!)も、一丸となってファンからの応援に対して感謝の気持ちを返そうとしていることを…

 

 

 

 

きっとそれは、羽生くんがそうしてほしいと願っているからだと思う

羽生くんの願い、それを叶えようとするチーム羽生

それは、試合だけじゃなかったんだよ

 

 

 

我が家に届いた3通のピンクの封筒

 

 

 

 

 

 

我が家に届いた3通、

それは絵子ちゃんとIceちゃんの分だったの

 

これを見たとき一瞬何が何だかわからなかった

 

今でもわからないけど…

 

 

ただ、きちんと手紙を読んでくれているということ

住所がない人でも、届けられるのもは届けたいという愛を感じたの

 

 

どれだけのピンクの封筒を発送したのだろうか

私は心の中で、少し業務的なものを感じていたの

ANAの宣伝も含まれていると

もちろん、それでもこれだけのことをするのは大変なことで、

ありがたいと思ったし感謝していたよ

 

 

でも、この後からきた2通を見て、そうではないんだとわかった

これを見て涙が出たよ

 

 

 

羽生くんの想いが込められているのだと

 

 

 

世界中から届く応援の気持ち

きっと一人で全部を読むのは不可能だと思う

だけど、どうにか応えたいと思った羽生くんの気持ちをANAが協力してくれたのだと思う

もしかしたら内容もデータでまとめて羽生くんが読みやすいようにしているかもしれないね!

 

決して流れ作業や、義務的にやっているのではない

あのピンクの封筒にはたくさんの愛と感謝が詰まっている

 

 

でも、手元に届かなかった人も悲しまないでね

彼はすべてを聞いている

受けてめている

それは手紙という形でなくても彼には届いている

 

 

 

僕のことをほんとに待ち望んでくれた方々が、ここからさらに広がっていっぱいいると思うので、そういう方々にも見てて本当に良かったなって、待ってて良かったな、っていうような演技をできるように頑張りたいと思ってます。

 

 

彼は、演技することで返そうとしているから!

 

 

彼は誰かのために滑ることで強くなれる

自分のためだけではダメなんだよ、と以前にコメ欄で言っている方がいたの

本当にそうだと私も思った

彼は、誰かのためにという思いでさらに強くなれるのだと

 

 

だから私たちは彼が応えたくなるような応援をしなければいけない

 

 

 

だから今回の出来事はみんなにも伝えたかった

羽生くんは心からファンを愛してくれているんだと

 

 

 

メッセージの力も自分のスケート、演技につなげたいなというふうに思ってます。

 

 

応援の力で彼は大きく、高く羽ばたく

 

 

夢の舞台で

最高の羽生結弦が

夢に描いた演技をする

 

 

私たちの応援の力は彼にとって不可欠なものなんだよ!

さぁ、みんなで全力応援です!

 

 

 

う、美しい…

 

 

今日の予定です

14日

14:15~14:55 男子サブリンク練習

16:15~男子SP滑走抽選

 

 

今日もいっぱい予約だね

毎日きちんとHDD整理しないと追い付かないです!

 

すぐに何十時間と使われちゃう…

ガンバ!←

 

 

 

羽生くん嬉しそう

今日の練習もこうだといいな~

 

楽しそうに、幸せそうにたくさん笑ってるの

 

そして、そばに控えるコーチ陣

完璧なチーム羽生キラキラ←頼もしいよね!

 

あの練習光景を見ていると、本当に計画通りに、順調に来てるんだな~って思えて本当に嬉しいおんぷ

 

 

プレカンでも、とても落ち着いていたしね

 

緊張だったり、興奮だとかを感じさせないリラックスした感じ

そして、私たちへ話しかけるときは優しく

決意を語るときは静かだけど力強く…

 

羽生くんはこの3か月でまた新たなものを身に着けたね!

間違いなく強くなってる!

 

 

 

 

あなたを応援できる私たちは世界一幸せなファンです

 

羽生くん、いつもありがとう

これからも、あなたに応えられるようなエールを送るよ

 

あなたが高く跳べる追い風を送れるような応援をするよ

 

 

大好きな羽生くんが今日もたくさん幸せでありますように

あなたが幸せの光に包まれますように

 

 

 


人気ブログランキング

 

さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス