【BBI動画】羽生君のインタ | 蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

同じ時を過ごせるキセキ
初めて知る感情、感動
幸せです  
だから…羽生結弦選手と共に走り続けていきます


テーマ:

 

戦う妖精さん

 

フィンランドの森に舞い降りた

 

美しく強い妖精さん

 

 

 

世界中の人に感動を与えたホープ&レガシー

 

 

 

 

私はフリーの日の朝から涙が出ていたの

 

 

理由は分からない

 

 

不安だったわけでも

 

怖いわけでもなかった

 

 

ただ、涙が出てきてしまうの

 

 

 

BBIラインでそれを言ったら

 

二人は思いっきり泣いてーーーーー

 

だって(笑)

 

 

二人も何も不安を感じていなかったから

 

羽生君を心から応援しているから

 

 

だから、ただ「泣いちゃってーーー」

って言えるんだよね

 

 

 

 

 

 

 

だけど、その涙は結局、夜まで続いたね

 

 

もう、リンクの真ん中に立つだけで

心が震えるの

 

演技が始まれば身体が震えはじめ

 

 

フリップのころにはもう、涙が出ていた

 

 

そこまで跳んだジャンプがとても軽やかで

 

 

高く、大きくて…本当に翔んでいたから…

 

 

 

 

 

 

私たちはまた、歴史の目撃者になれたんだよ…

 

 

生きている間にこんなに何度も心震わせるものを見せてくれる彼…

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

この言葉しか思い浮かびません…

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界選手権

羽生君のインタいろいろ溢れかえってますキラキラ

 

 

もちろん、全く追い付いていない(笑)

 

Translation ecovail  
Illustration   ice    
Movie             Ao    
Author          pino

pinoさん、動画の提供ありがとございますおんぷ

 

 

ゆ> 皆が高得点を出していて、ショートプログラムの後で5位だったので怖かったです。

ゆづ…エ~ン

怖かったなんて…

こういうことを正直に言ってしまう彼も愛しく感じるんだけどね。

 

この動画はかなり短いけど

ぎゅっと凝縮されているんだよね

 

 

だから、絵子ちゃんが字幕を付けたがったんだよね。

みんなに聞いてほしいってキラキラ

その気持ちわかるわ~

翻訳してくれて、ありがとう

 

 

 

 

だけど本当にいろんなものと戦ってるんだよね…

 

 

 

この世選は特にそれを感じたね

だって、神大会だったんだものね…

 

 

 

 

 

 

 

――演技を終えて。

 

 疲れました。

でも本当に演技内容を忘れるくらい集中しました

 

 スピードはもっと出せたかもしれないが、これが自分のジャンプのため、演技のため、全ての完成度のために一番いいパターンだったと思います

 

 

 

 ――今季初のノーミス。

 

 やはり世界選手権のフリーって楽しいなって思ったのと、本当は(トリプル)アクセル―トーループを終わったときに感覚が良ければ5個目(の4回転を)やろうかなと思っていたけど、やっぱりしんどかったです(笑)

 

 

 

 

 

 

 ――今季、難しいプログラムにこだわり続けて得たものは。

 

 自分にとってはこのフリーが最高のご褒美。

自分の限界を作らずに練習してこれたことが一番の収穫。

その限界を高められる練習を毎日できたことが一番の収穫。

 

 

 

 ――最後まで流れのある演技だった。

 

 自分が風だったり、川の中にドプンと入っているような感覚で、自然の中に入り込んでいるような感覚がすごくあった。ある一種の、すごくいい集中状態だった。

 

 ジャンプを一本一本決めるごとに、徐々に徐々に自然の中に溶け込んでいく感じがありました。

 

 

 

 

 

 

――点数を待っている時は。

 

 緊張しました。自分が一番とらわれているものは過去の自分で、やっぱりあの220、330、110っていう(世界歴代最高点の)数字にすごくとらわれて、すごく怖くてここまでやってきました。なんとか1点でも、0・5でも0・1でも超えてくれと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 ――感想を。

 

 ショートが終わったあと、自分自身落ち込んでしまって、なかなか立ち直ることができないくらい落ち込んでて。

チームやファンの人が信じてくれた心が今日の演技につながりました。

嬉しいうる~ん

 

 

 

 

 

 ――会場は満席だった。お客さんの反応をどう思ったか。

 

 フリーはわーっと盛り上がるような曲じゃなくて、すごくゆったりとした曲なんですけど、それでも最後のステップのところで『頑張れー』とかの声が混ざった応援とか、最後の最後にジャンプを跳び終えて、スピンから最後までずっと鳴りやまない拍手や歓声が聞こえてました。

 

 ありがたかったし、ショートプログラム(SP)では本当に写真で見て驚いたけど、海外の人も一緒になって盛り上がってくれていたので、ここで滑れて幸せだなと思いました。

 

 

 

ここを読んでるだけで

また涙が出るよほろり

 

 

 

 

 

 ――4年前は上の選手を追いかけてきたが、今は追いかけられる立場になった。今日の演技で彼らに示せたものは。

 

 

 追いかけられる立場と言われるけど、言ってみれば、今回のSPでわかったようにまだまだ追いかけている背中はたくさんあって。今日はパトリック(チャン)も、ハビエル(フェルナンデス)も完璧な演技ができなくて最終的な順位は下げてしまったけど、今回の試合でSPで1位になったのはハビエルだったし、3位に入ったのはパトリックでした。もちろん若い宇野選手、金博洋選手、ネーサン(チェン)選手もだし。たくさんいろんな強いスケーターがいますけど、それぞれに長所があって、僕にはないものがたくさんあって、全てが僕にとっては追いかける背中です。

 

 

 

 

 

 ――調子がいい時も悪い時もあった。常に高いレベルの演技を続けていくのはどれくらい大変か。

 

 昨シーズン、自分がNHK杯とグランプリ(GP)ファイナルで、SP、フリーともにノーミスしたときも思ったけど、クリーンなプログラムをすることは大変だと感じました。それは技術的な難しさというのは感じてなかったかもしれないけど、精神的なものとか、何回も試合に合わせないといけない体力とか、調整とか、そういったものが難しいと感じます。

 

 今の構成のプログラムでいえば、まだまだ4回転ループが安心して跳べるようなものではない。そういった意味でもさらにもう一段階難しいと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 ――今季最終盤の試合で自己ベストを超えたことが何を意味するのか。五輪シーズンにどうつなげていくか。

 

 

 この構成で4回転4本、3回転半2本、コンビネーションすべてを後半に持ってくるという構成をまず試合でやりきれるという自信がついたことは大きいと思います。

 

 ただ、SP、フリーともにそろえることが一番大事だと思うので、まだまだだなという実感もしています。だからこそ、五輪に向けてつながるという意味でいえば、その4回転構成をやり遂げられたという自信、あとはSP、フリーともにそろえなくてはいけないので、それをするための課題が大きく見つかったと思います。

 

 

 

 ――(演技後にファンがリンクに投げ込んだ)プーさん、拾いましたか。

 

 1個も拾ってないです(笑い)。ただ、すごくうれしいです。(プーさんの)数だけ期待されているんだなという気持ちと、その分のパワーもいただいています。

 

 

 

 

 ――去年、今の男子のレベルは人間の限界を超えていると話していた。来季は技術とのバランスをどう考えているか。

 

 科学的なことで言うと、人間は5回転まで跳べるらしいです。でも、まだ5回転の点数もない。でも、将来は4回転アクセルも跳びたいと思っています。試合に入れるか入れないかはわからないけど。

 

 ただ、本当にここまで4回転の種類を引き上げてきたのは、金博洋なので。彼が4回転ルッツをしっかり跳んで、プログラムに入れてきたからこそ、みんなが、『ルッツって跳べるんだ』という風になってきました。彼がここまで開拓してきたと思います。

 

 もちろん目指す先は(合計点の)330点とか、僕の点数だったかもしれないけど、間違いなく彼が多種類4回転という時代を作ってきたと思います。来季はまだわからない。みんないろんなことをやってくると思います。

 

 今回の試合を見ても、SPでジェーソン・ブラウンが4回転ジャンプなしであの得点を出せるという証明をして見せた。4回転だけが全てじゃないという、フィギュアの楽しさ、面白さを伝えてくれたと思う。けがのリスクも考えながら、どうやって自分のベストのパフォーマンスを出すかを、改めてこの試合を通して皆で考えないといけない。

デジタル朝日

 

 

 

 

本当にすべてを見ている人。

今も、過去も、未来も…

 

 

 

全てを見て、今自分が何をすべきか考えられる人

 

 

そこに妥協という言葉はなく

飽くなき成長、進化だけを考える人

 

 

 

あぁ羽生君の言葉はゾクゾクするよ…

 

 

 

ジェイソンの話でまた溺れるほろり

 

 

 

もう、あなたという人は…

 

 

 

 

 

もうね、溢れるくらいある記事の中に

たくさんの羽生君がいるのよね

 

 

読みながらホプレガを思い

また涙が出るんだよ

 

 

なんだか、すごい記事が多すぎる…

 

 

 

 

 

 

 

羽生、SP5位から奇跡の『金』!ノーミス演技で歴代最高点マーク

 

繊細な体を管理し、劇的勝利につなげた。昨年12月のGPファイナルで4連覇も、フリーは不振だった。消化が遅い胃に1キロ以上も食べた物が残り、体が重かったことが影響していた。2月の四大陸選手権では反省を生かし胃を空っぽに近い状態にして臨み、4度の4回転を決めた。最低限のエネルギー摂取で身軽さを保ちつつ、長丁場のフリーを乗り切る策を見いだし、今回の演技にも結びつけた。

 逆転のためにはノーミスの演技が必須条件だった。SPで失敗した4回転サルコーをフリーで回避する選択肢もあったが、逃げることなく挑み、フリーでは技術点、演技点ともにトップの完勝を果たした。

サンスポ

 

 

この記事はビビったわ

4CCの時に頬がこけた感じのお写真に驚いたのを思いだしだよ。

今回も痩せてたし…

 

こういう理由だったのね

 

 

アスリートにとっては致命傷と言われた食事問題

 

エネルギーの摂取だけ…

 

私たちは柚子商品いっぱい食べてるのに…←w

 

はぁ彼はいったいどれくらいストイックな生活をしているんだろう

 

 

 

 

 

 

彼の演技は魂のこもったもの

 

まさに命を懸けたもの

 

感謝して胸に刻みたい

 

その全てをね(*v.v)。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、追いきれてます?

私はやっとTVに入るかなあせる

 

 

HDD見るのも怖い…←嬉しすぎるにこ

 

 

でもさ、今日はまた凱旋帰国で

また増えるよね笑

 

 

やばすぎゲラゲラ

 

 

だけど大好きなゆづのインタハート

また、彼の言葉が聞けるんだよにこ

 

 

また、痺れちゃうねハート

 

 

 

もう、好きすぎてどうしたらいいのかわからないラブ

 

 

 

 

 

 

 

ponoさん動画よりキャプ

たくさん編集UP,ありがとうございますキラキラ

 

 

 

 

 

私たちは、いつでも羽生君を信じてるよ

 

あなたの思い、信念、

揺らぐことのない強い思い

 

あなたが、それらを失うことなく戦い続けることを

 

 

だから魅了されるんだから

 

 

いつでも、あなたを信じて応援しているからね

 

 

 

大好きハート

 

 


人気ブログランキング

 

あ~もうすぐだねハート

 

 

さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス