蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

蒼のMemorandum~羽生選手に出会えたキセキに感謝して~

同じ時を過ごせるキセキ
初めて知る感情、感動
幸せです  
だから…羽生結弦選手と共に走り続けていきます



いつもありがとうございます音譜

キャプ画、加工写真、お持ち帰りはご自由にどうぞ~


ですが、他のSNS(ブログ、Twitterなどなど)などへの転載はお断りしています。


特に、絵子ちゃんの翻訳、Iceちゃんのイラスト、セデッカさんのお写真はお借りしているものなのでご協力お願いしますね!




ブログの内容の持ち出しも御遠慮くださいますようお願いしますね
お声がけなくブログやTwitterへのリンクの持ち出しも御遠慮くださいますようお願いします




 

おはようございます~~~~~

 

やっぱり、作り直すよね~~~~~~

なんでしょうか?

 

せっかくいいものを作ろうとしたのに、詰めが甘い????

間違えちゃだめですよね?

 

トリプルチェックしてないのかな????

 

SPAIA

 

チェックは大事です!←誤字だらけの蒼に言われるなんてね…

 

しかし、やっぱりすごすぎる…

スケーター人生…ほぼずーーーっとトップ選手としているんだよね…

 

 

 

しかも…いつも満身創痍…

それでも思い通りの演技ができないと涙を流す羽生くん…

 

 

そうやって演技に磨きをかけてきたんだよね

技術も芸術も、どちらも磨き上げてきた

 

できることを出し惜しみすることは全力とは言わないと言って、

いつだって技術も出し切ってきた

感情のあふれ出す演技で心を揺さぶられてきた

 

だからこそ羽生くんの演技は一期一会なんだよ

 

 

 

 

 

そうです!

特別なのです!

 

本当にこれ!

 

 

前からパリ散でもヴァーティゴでもなんでもそうだけど、年を重ねた時に見てみたいって思うプログラムがたくさんあるでしょ?

ファントム様も見たいぃぃぃぃぃ…

 

 

ワインとかチーズみたいなもので。

滑れば滑るほど、時間をかければかけるほど熟成されていっていろんな深みが出るプログラム。

それがすごく自分らしい。

 

 

でしょ???

バラ1なんて、見るたびに感動するんだよ?

パリ散なんてどうよ?

演じるたびに熟成していってすごいことになってるでしょ?

 



 

あ…絵子が羽生くんにワインの熟成が分かるのか気にしてた←

 

 

 

あはははは

絵子はワイン大好きだからね!

 

 

 

そうなんだよね~~~~~~

 

光栄なことなんだよ~~~~~

はぁ…うっとりする

 

 

羽生くんの演技は指揮者でもあり、楽器そのものでもある

会場に流れる音楽で演技しているのではなく、本当に羽生くんから音が聞こえてくる

そういう演技なんだよ~~~~~

 

 

 

自分でも言っちゃうし笑い泣き

 

 

でもね、やっぱり熟成してるよね

羽生くんの言う音に溶け込むジャンプ

羽生くんが動き出してから、最後の止まるその瞬間まで

ひとつひとつのステップが、ターンが、音符のようなんだよ

 

 

 

 

ね!

熟成した分、平昌よりもさらによくなっているよね!

衝撃だったもの!

 

 

 

なのにさ…

 

 

 

 

平昌ももちろん素晴らしかった

そして4CCも素晴らしかった

 

だけど、プロトコルを見るとやっぱりおかしいって思う

GOEの「5」が足りない…

 

 

どう考えても、前に岡部さんが言っていた

「これ以上ないというジャンプ」に該当するものだった

なのになぜ????

 

 

そしてPCSもね

平昌後にルールが変わってね…

 

 

岡部:プログラム・コンポーネンツなんですけれども、まああの文言の違いといいますか、10点満点と9点台はやっぱり違うだろう、ということになりまして。今までは10点も9点台もOutstanding(傑出)だったのが、9点台はExcellent(卓越)になりました
 
小塚:前までは、10点も9点台もOutstandingでひとくくりだったんですね。
 
岡部:そうだったんですけれども、今シーズンからは10点と9点台を分けようではないか、というふうに変わりました。
 
 
 
 
10点というのは何か重大なエラーがあったときには出してはいけない。
9点台もExcellent=すばらしいという意味ですので、転倒とかの重大なエラーが複数回あったときは、
スケーティングスキル(SS:スケーティング技術)、
トランジション(TR:要素のつなぎ)、
コンポジション(CO:振り付け/構成)に関しては9.5以上、
パフォーマンス(PE:動作/身のこなし)と
インタープリテーション(IN:曲の解釈)は9.0以上出してはいけない、というふうにガイドラインが示されました。
 
 
 
 

この通りに点数出してないですよね?

(転倒以外)定義のあいまいな重大なエラーという表記で、ステップアウトやオーバーターンで操作しているんじゃないかと思えるくらい、ジャッジによって点数のつけ方が変わってる

 

 

羽生くんのどれが足りないの?

まったく理解できない

 

そんな状態が平昌後からずっと続いてる

 

 

私のコーチだって言っていたよ←(笑)

トランジションが一番点数の出し方が分からないって←おかしいでしょ!

 

 

4CCのバラ1に9.5でも私には理解できない!

これを付けたジャッジは、それ以上つけなかった理由を説明できるのかしら?

 

 

本当にレポート出してほしい

表彰台に乗った選手は特に出してほしい

それって難しいことだと思えないんだけどな…

 

 

 

GOEとPCSは別物って言うのもね…

PCSはジャンプの種類や回転数に引っ張られるものじゃない

私はジャッジがそこをどう考えているのか知りたいよ

(ネイサンとジェイソンの演技が比較しやすいかも…今度ジャッジの傾向を見てみよう)

 

 

小塚:いろいろなことに挑戦するのは大事だけれど、挑戦する以上に完成度を高くして、すばらしいものを発表のときに見せてくださいねっていうことなんですね。

 

岡部:そうですね。挑戦はもちろんして欲しいので、「完成度の高いものをしたときには今まで以上に点数がもらえますよ」っていうふうにルールは改正されました。

 

 

 

岡部さん、ジャッジにもそういう講習をしたのでしょうか?

私は、とてもそこが気になります

 

「挑戦する以上に完成度」…

 

必死になって跳ぶジャンプではなく、プログラムの1部になる、そして流れのあるひとつのプログラムとして完成させることを望んだんですよね

 

このバラ1は、そのすべてが成し遂げられたプログラムだと私は思っています

これに満点出さなかったら、いつ出すのよ!

 

 

はぁ…

 

 

世界中の人が感動したあの日から2年…

一期一会の羽生くんのバラ1…

 

やっぱり「音」そのもだよ

 

 

 

 

 

羽生結弦平昌五輪SPブラジル解説 from Ao -蒼- on Vimeo.

 

 

 

 

N1: Balada nº1 de Frederic Chopin.Vamos ouvir então essa linda canção e apreciar a apresentação do Campeão Olímpico.
フレデリック・ショパン による バラード第一番。さあこの美しい歌を聞きながら オリンピックチャンピオンの演技を堪能しましょう


 

 

Olha, linda imagem ali.
見てください美しい映像です
 
N2: Muito bem executado, que facilidade...       
見事なジャンプです、なんと簡単そうに見えるのでしょうか
 
Não parece que a gente tá assistindo um salto quádruplo.
4回転ジャンプを見ているとは思えません

 
 

 

 

E é justamente isso que faz com que ele seja o atual Campeão Mundial, o atual Campeão Olímpico, e um grande concorrente a bicampeão.
だからこそ彼は現世界チャンピオンであり、現オリンピックチャンピオンであり、二連覇を狙える偉大なスケーターなのです
 
N1: Japonês Yuzuru Hanyu. 23 anos de idade.
日本の羽生結弦 23歳
 
 
 
 
 
 
 
偉大なスケーター
日本の羽生結弦
 
 
いいキスクラだね!
 
 
また3人が歓喜する瞬間を見たいよ
正しく努力をして、正しくいろんな力を使った結果が報われる日が来ますように
 
 
 
今日も羽生くんが健康で幸せでありますように
 
 
 

 


人気ブログランキング