善住寺☆コウジュンのポジティブログ☆ 『寺(うち)においでよ』

但馬、そこは兵庫の秘境。大自然に囲まれた静かで心癒される空間に悠然とたたずむ真言宗の御祈祷と水子供養の寺『善住寺』。目を閉じてください。聞こえてくるでしょう。虫たちの鳴き声 鳥たちのさえずり 川のせせらぎ・・・誰でも気軽にお越し下さい。寺(うち)においでよ!


テーマ:

【大発見!】

 

 みいちゃんに聞いたこの世界の生あるものの遺伝子は右螺旋というお話と、僕達真言僧が地に向けて巡らす印がなぜ右回りなのかということをずっと考えていました。

 

 そうか、この世に存在を留めるためには右螺旋で、左螺旋では存在を留めないのかなという仮定から入りました。

 

 なんだか瞑想する上でとてもしっくりいっています。

 

 空海は心を水と表現していますが、僕たちの心って肉体(固体)と魂(気体)の真ん中にある液体なのかななんて思ったりもしています。

 

 意識を固形化すると物質となり、物質を気化すると意識となる。

 

 つまり今の現実を見れば自身の意識がわかり、自身の意識を変えれば現実が変わるというのは、まさに意識と物質が形が違えどもイコールなものであるということの証明なのかもしれません。

 

 右とは水極で物質へと極まっていく。

右に回転する印を巡らせながら、意識を地に向けて固形化していき体感覚をしっかりと味わい、


 左とは火足りで意識へと極まっていく。

左に回転する印を巡らせながら、その体から湧き出す振動を天に向けて気体化して放ちます。

 

 

 

 つまるところの、
自分の本音へと潜り、それを昇華してやること。

 自分が本当はどうしたいのか。

そこに辿り着き、やりたいことをやる。

 

それに尽きるのだと思いますが、そこをクリアにするのに瞑想は役立ちます。

 

 

 魂は嘘をつかない。
 体は嘘をつかない。
 心は嘘をつく。

 

 嘘をつくというのは囚われた心。
その滞りなき「本心」は魂と体をまっすぐに繋いだ時に現れるのでしょう。

 

 この気の螺旋を瞑想でしっかりと観切ることができれば、地に足のついたスピリチュアルを体現できるはずです。

 

 ま、僕としては、なんだかんだいって、古い型に新しいいのちを吹き込むかのようでワクワクしてるだけなんですけどね(笑)

☆コウジュン☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。