自分のやりたいことがわからないという人たちへ | 善住寺☆コウジュンのポジティブログ☆ 『寺(うち)においでよ』

善住寺☆コウジュンのポジティブログ☆ 『寺(うち)においでよ』

但馬、そこは兵庫の秘境。大自然に囲まれた静かで心癒される空間に悠然とたたずむ真言宗の御祈祷と水子供養の寺『善住寺』。目を閉じてください。聞こえてくるでしょう。虫たちの鳴き声 鳥たちのさえずり 川のせせらぎ・・・誰でも気軽にお越し下さい。寺(うち)においでよ!


テーマ:

 よく自分のやりたいことがわからないっていうけれど。

 

 自分が本当にして欲しいって望んでることが、本当に自分のしたいことなのかもしれないって感じてる。

 

 自分が本当にして欲しいってことを、同じことを求めてる誰かに向けて与えてあげるんだ。

 

 それをしたらいつか自分に返ってくるとかそういうことじゃなくって、ただそれが自分のしたいことだからする。

 

 そう、したいことなんだよ。


 その求めてる誰かというのは、他ならない自分の投影だものね。

 

 

 でも、したいって湧き上がるものがないよ。
ワクワクもないし。

 

 いや。多分あったんじゃないかな。

 

 一つの僕から二つの僕たちに分かれたそのときには、与えた分だけ受け取っていて、受け取った分だけ与えている、そんな愛の循環がダイレクトで感じれていたはずだから。

 

 

 「自分が本当にして欲しいことが、自分の本当にやりたいこと」。


きっとそうだよね。

 

 

 親からハグして欲しかった。
それならば子供に目一杯ハグしてあげればいい。
子供を通じて、自分を抱きしめるんだ。

 

 親からもっと話を聞いて欲しかった。
それならば聞いてほしい誰かの話を気の済むまで聞けばいい。
その誰かを通じて、自分の声に耳を傾けるんだ。

 

 全ては自分。

 

「あのね、ずっとこうして欲しかった。」

「うん。してあげるよ。」

 

コツはね、他人の中に自分をしっかりとあぶり出すこと。

 

 


 夜回り先生の書かれた詩の一節が、僕は大好きなんだ。

 

   「優しさや愛は空気
   なければ生きられない

   でも、ふだんは見えない

   空気感じるには
   手を動かせばいい

   優しさ感じるには
   優しさ配ればいい

   愛感じるには
   愛を配ればいい」

 


 優しさが欲しいってことは、
優しくしたいってこと。

 

 愛か欲しいってことは、
愛したいってこと。

 

 寂しくて温もりが欲しいってことは、
誰かを温めたいってこと。

 

 誰かに満たして欲しいってことは、
誰かを満たしたいってこと。

 

 それは見返りじゃない。
自分の中で相殺され、その瞬間受け渡されるもの。


「して欲しい」と「してあげたい」はコインの裏表。

イコールだからかもしれないね。

 

 一人パートナーシップ。
抱きしめてほしい自分を抱きしめること。

 

 

 

 これが合ってるかどうかなんて知らないよ。
なんか言葉が久しぶりに溢れてきたから書いてみた。

 

 いつもの「これやりたい〜!」っていう衝動とは逆の視点になるのかな。

 

 自分のやりたいことがわからない人へ。
なにかのヒントになりますように。

 

よかったら、シェアしてね☆

 

 

☆コウジュン☆さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス