anubis-scaleの白紙ノート

anubis-scaleの白紙ノート

今更ブログって言われたから始めますw
ほんとうにそれが常識?それがルール?それが当たり前?
誰が決めたの?誰にも迷惑をかけないなら自分で決めたいから。

NEW !
テーマ:

このブログは、PC閲覧サイズで作成しております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(・・? ★ いつ、諦めたのですか?
(・・? ★ 今からじゃ駄目ですか?


think

(^∀^)  ★ いくつになっても始められる!
(^∀^)  ★ 自分で人生の選択をしようよ!


smile-analysis_main

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

経営者になると味方がいなくなります。
トップとは、そういうモノだったりします。

その環境下の中で、
会社という分身を使って利益を得るのですが、
ライバルは、わんさかいます。

そこで、労働者を雇って戦う事になるわけです。

しかし、現代に圧倒的優位な会社は有りません。
あらゆるサービスが飽和状態にあり、
目新しいものなど、基本的には無いのです。

そうすると労働者はどうなるでしょうか?
勝率50%の戦いで、確実に疲弊をしていきます。

このままでは必ず採用も行き詰り、
いづれは疲弊した労働者が退職して潰れてしまいます。

では、勝率を上げて労働者を守る為には?

有利な商品やサービスの様に目で見えるものについては、
ハリボテは、直ぐに見破られて逆効果になります。

そこで経営者は、目に見えない武器を用意するわけです。


① 希望の槍を労働者に持たせる
② 全ての敗北原因を自分とさせる



① 希望の槍とは?
さて、目にする事のできない槍のお話しです。

労働者も武器が無くては戦えません。

しかし繰り返しとなりますが、
世の中にある商品やサービスは他を圧倒できません。

それは、大半の労働者が認知してしまっています。
消費者の立場としても同様に認知しているのです。

だとすると、残りの武器は何なのか?

それは「熱意」や「想い」です。
 

商品やサービスを提供するのは人です。
会社組織だとしても、それは人の集合体の事です。

簡単なことですよね、
元気の無い店員さんと元気いっぱいの店員さん。
皆さんなら、どちらから商品を買いますか?

この「熱意」や「想い」こそ、希望の槍です。

ただし、どこから希望の槍を持ってくるのか?
そこが問題です。

希望の槍の出どころは、労働者の心の内に有ります。

それを見抜いた経営者たちは、様々な方法を使って、
労働者に希望の槍を持たせようとするのです。

・昇給や昇進をちらつかせる
・責任という重圧を背負わせる
・どこに行っても同じと不安を煽る


最近だと、意識高い系という見せ方をして、
一種のカリスマ性でファンを囲い込む方もいます。

これまた全て正しい方法ですね。

理由はいたって単純です。
会社が潰れれば、全社員が路頭に迷い不幸になるから。

ですから、勝ち続ける(成長し続ける)為には、
希望の槍が非常に重要だという事が分ります。


しかし、それでも敗戦が続くことも有ります。

様々な理由が上げられるでしょうが、
一番問題になってくるのは、希望の槍が折れる事です。

必死に持ち出させた槍も折れたら終わり。
今度こそ勝てなくなります。

特に優秀な労働者の槍は大切な戦力です。
そこで第二弾の投入です。


② 全ての敗北原因を本人に負わせる
ちょっとブラックな感じがしますね。

これは不誠実な場合も多々あります。
その会社組織の全体レベルにも関わってくる課題です。

特に中小企業において、激しいビジネス競争の中で、
少子高齢化が進んでいる現代においては、
優秀な社員を採用する事も難しくなっています。

そうすると、優秀な社員に全て頼る様になります。
むしろ経営者でも無いのに全てを背負わせます。

会社によっては「経営者だと思え!」という有様。
考え方は良いかも知れませんが、見返りは有りますか?


人材の層が厚くしっかりとした組織では、
個人が背負うリスクが細分化され軽減されます。

しかし中小企業など人材不足に困っている会社では、
マンパワー(個人の能力)に頼りがちです。

結果として、優秀な人材が疲弊し倒れていく。
若い世代は学びの場が無く、特攻隊となり倒れていく。

まさに悪循環ですね。

解決の糸口はいくつか有りますが、
先ずは優秀な社員を休ませて救う事が先決なのです。

しかし、ほぼ真逆の行動をする企業がほとんどです。
優秀な社員を「再教育だ!」と言って洗脳しに行きます。

ロボット化の方針ですね。

昇給もせず、賞与も出さず、休暇も与えない。
まして、敗因はお前のせいだ!としていたら倒れます。

それを容認している企業様は少なくありません。

この状況が進んでいるから、ブラック企業という名が、
世の中に蔓延してしまったのだと思われます。


今回の敗因は、
お前の努力が少し足りなかったからだ!
次こそ頑張れよ!
お前には、輝かしい未来が待ってるぞ!


topplayer


さて、私は脱サラが目標です。

この様な経営にならない努力をしないと。
(^∀^)笑笑

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

<私の今日を表す1文字は『志』>
何を目指すのかが、それぞれの志ですよね。
それは十人十色で良くて、幸せならそれで良い。

今日はその志を共有してきました。
ビジネスパートナーと言うのは、それぞれの志が
その先にあるゴールで結び付く相手。

個人の満足を埋める為の相手ではないですな。
(^∀^)笑笑


私は自分の為に未来を創り出す為の選択をして、
その過程の中にも、小さな幸せを探しています。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

livedoor Blogも同時掲載中★
★Twitter @anubis_scale★
I am anubisscale.By all means, please support.
今日もたくさんの選択をしました。
 それは私の「生きる」で間違い無かったか?
 何かに縛られ、奴隷の様に生きていないか?
 誰かのマリオネットになって踊ってないか?
 疑え!私は本当に私なのだろうか?





Ameba人気のブログ