お中元

テーマ:




「お中元」のシーズン到来!。

職場や日頃お世話になった人へ、
 感謝の気持ちを込めて、
  季節のあいさつをする習慣。

昔は、直接お宅へ訪問して、
 手渡していたものですが、
  今は、デパートの贈答コーナーで、
   贈り物を選び、挨拶状や、
    メッセージを添えて、配達するのが、
     主流になりました。

お中元は、元々、
 古代中国の道教に由来する言葉です。

 


一年の間には、「三元の日」があり、
 1月15日が「上元」、
  7月15日が「中元」、
   10月15日が「下元」と言い、
 

それぞれの日に生まれた、
 天官(天神)、地官(慈悲神)、
  水官(水と火を防ぐ神)を祭って、
   庭で火を焚く行事などが行われていました。

788
 

その中の「中元」が、
 仏教のお盆の風習と結びついて、
  先祖の霊に供物を供える習慣として日本へ伝わりました。

江戸時代の頃には、一般庶民の間にも、
 親しい人や、お世話になった人へ、
  食べ物を贈る行事となって広まり、
  「お中元」と言えば、
    贈答品を送る事を指す言葉になりました。