モーリス・ジャール氏、死去

テーマ:
true-1156

「アラビアのロレンス」、「史上最大の作戦」、
  「ドクトル・ジバゴ」などの、
    大作映画音楽の作曲を手がけ、
     アカデミー作曲賞を3度受賞した作曲家、

モーリス・ジャール氏が、
 29日、米ロサンゼルスでガンで亡くなりました。
         
  (享年84歳)

「ゴースト ニューヨークの幻」や、
  三船敏郎、出演の「グラン・プリ」、
  「レッド・サン 」、「将軍 SHOGUN 」など、

日本人にも馴染みの深い映画音楽や、
 「ブリキの太鼓」、「ファイヤーフォックス 」、
  「マッドマックス/サンダードーム」、
    「刑事ジョン・ブック/目撃者」など、

SFやミステリー、大河ドラマという、
 ジャンルを越え、150本以上の、
  映画音楽を作曲した、
   
ニーノ・ロータ、ヘンリー・マンシーニと、
 肩を並べる、映画音楽界の巨匠。

モーリス・ジャール氏の名前を、
 知らない人でも、
  その曲を1度聴いたら忘られないほど、
   作品に溶け込んだ音楽を作る、
    作曲家でした。

モーリス氏の楽曲は、
 小学生の頃から好きで聴いていました。

「クライシス2050」では、
  ヘリオス号が、太陽へ突入する、
   クライマックスシーンの曲に、
    思わず、鳥肌が立ちました。

モーリス・ジャール氏は、
 フランス・リヨン出身で、
  息子さんは、シンセサイザー奏者、
   「磁界」や、「Zoolook(ズールック)」、
     を作曲した、ジャン・ミッシェル・ジャール氏。

ご冥福をお祈り致します。
ゴースト/サントラ

¥1,000
Amazon.co.jp

AD