アス 122作品@2019 Tジョイ | 酒と映画と時々わんこ

酒と映画と時々わんこ

酒を呑みながら
映画だけ観て生活したい自堕落な中年の
日々の愚痴をダラダラと書き続けます。
読まれるのはご自由ですが用法・容量はお守りください。
社交的に見られがちですが、極度の人見知りです。
接触はなるべく柔らかくお願いします。
すぐに傷つきます。

 監督作品

 

2019年製作/116分/R15+/アメリカ
原題:Us
配給:東宝東和

 

ホラー大好き大集合!

 

 

ホラーとは

ホラー≒お笑い

もしくは、

ホラー≦お笑い

そう考える人には、とくにごちそう感あふれる作品となっております。

 

 

 

 

やく2時間の作品ですが、

最初の1時間近くは、ホラーなの?みたいなペースで進んでいて、

少々アフォな家族に飽きてくる?みたいな感じなんだけれど、

中盤辺りから、結構なホラー感で、このあたりではホラー≧お笑いな感じなんだけれど、

だんだんと突っ込みどころが増えすあたりなんて、

もう立ち上がる前のクララを観ているがの如く。

 

 

 

 

そういいながらも、

突っ込んだ部分の答えが後から見えたりして、「ちっ」と思わされるところなんか
上手いなぁ・・・という部分で、

なかなかおわら・・・ホラーマニアな部分を擽ってくれるんですなぁ・・・

 

 

途中のゾワゾワ感はけっこう、ホラー苦手という人には酷なところというか

これがないとホラーであってはいけないわけで、それはそうそれなりに、

「らしさ」も見せてくれるので、けっしてお笑いだけでないところ(求めてるものが違う?)

は、ちゃんとしたホラーマニアもたのしめるところなんだろう。

 

 

 

しかしながら

後半になるに従って、ツッコミどころがバチバチ入ってくるので、

(若干の志村後ろ後ろ感も含む)

こっちがわのマニアにとって、たいそう面白くなってくることは間違いない。

 

 

ラストは、なかなかのシメ具合で、

あたしゃ最後に涙巻きで寿司を終える派なので、これはこれでOK牧場入場ですな。