• 14 May
    • 【Rawsweets】Banana Tiramisu バナーネ・ティラミス

      こんばんは、薔薇の芳香が夜風に溶けていて散歩もきもちがよいですね日曜のイベントでお出ししたロースイーツに素敵な感想をいただきまして何が入っているのか知りたいとご連絡いただいたのでこちらでお知らせさせていただきますね○Banana Tiramisu バナーネ・ティラミス○バナナ、カシューナッツ、ココナッツクリーム、ココナッツオイル、白みそ、ニュートリショナルイースト、レモン果汁、寒天、ラム酒、アガベシロップ、バニラエクトラクトインスタントカフェインレスコーヒー、ヘーゼルナッツパウダー、Rawカカオニブ、Rawカカオパウダー、チアシード、ラム酒、メープルシロップ、シナモンカカオパウダーの下にあるのが、バナナソースです。ティラミスはコーヒーを浸したフィンガービスケットがあるのですが、その感じを出すのにコーヒーとメイプルシロップを寒天で固めてフォークで細かく崩しまして、そこにヘーゼルナッツパウダーとRawカカオパウダーとシナモンを混ぜます。なんとなくコーヒーを浸したフィンガービスケット風になります。そこに歯ごたえを入れたいのでRawカカオニブと、チアシードを混ぜます。この中にですね、もっと元気になりたいなーって思えば、マカパウダーを入れたりしますマカパウダーは少し酸味のある香りがあるのでバナナにあわせたりレアチーズ風などでカシューナッツクリームにレモンをいれた場合にすこしマカを入れたりしますローフードロースイーツに関わらずお料理している時は、穏やかな心で作る様にしています。それは昔、お味噌を創っていたときに喧嘩してしまって1人でプンプン怒りながら味噌玉をつくっていたらその時の材料は史上最高の品を集めたのに関わらず、なんだか出来上がったお味噌がいまいちになってしまって その前の年につくったお味噌は普通の材料でつくったのにみんなで笑いながら楽しく作ったらとってもまあるい美味しいお味噌になったからなんですなので、明らかにあんまり身体によくないものが入っているなあと分かっていてもおもてなしいただいた時などは きにせずに私の目の前までやってきたこの食べ物にありがとうという気持ちとおいしくいただきますね♪ の気持ちをこめて見つめて「いただきます」と心をこめて言ってから食べるようにしています消化がぜんぜん違いますので おすすめですありがとうのうの余韻までいただきますのすの余韻まで 丁寧に心をこめて言うようにしていると言っているようで 言ってなかったなぁと分かります。また、そういう気持ちで丁寧に自分に声をかけてくれる人や機会がどんどん増えていきますよ♪お握りをつくるときも、おいしくなあれおいしくなあれ かわいいねって握っているとぜんぜん味が変わりますので ぜひ試してみてください♪ではではまた~ どこかでお会いできますように

      34
      2
      テーマ:
  • 10 May
    • 私の母の口癖「宇宙のリズムだから…」

      母の日でしたね♪みなさんはどんな一日を過ごしましたか?心の中で会ってハグしたり、一緒になにかするとつい喧嘩しちゃったり プレゼントなど特別なことをしたり いろいろありますよね♪私は今まで、母の日やら母のお誕生日などで何かプレゼントしたりしても飾っているのか放置されているのか 喜んでいるのかよくわからないのが続きまして(笑)最近はもっぱら美味しいものをごちそうしたりお取り寄せしたりしています。モノとして今迄でいっちばん母が喜んだプレゼントは母は数独が好きだったなぁと思い出し 数独の本をプレゼントしたんですねいつもトライしているレベルより少し上レベルのものをプレゼントしたら楽しすぎて寝る間を惜しんで熱中していたそうである日、ものすごいクマで憔悴しきって私に言いました「数学は宇宙だから」「宇宙の法則を芸術にしたものが数字だから」私は数学が苦手で数独も好きじゃないので、目が点になってしまいました。。。プレゼントというのは 自分が欲しいもの喜ぶもの嬉しいものをあげる場合と相手が欲しいもの喜ぶものをあげる場合がありますね何はともあれ、根底に流れる愛をいただくことに変わりはありません母の日なので、私から見た母の性格や魂を単純な言葉で紹介しましょう 純粋(人の心の裏を考えることができないしそういう概念がない)  進取の気性(勇敢であると同時に冷静)  強い霊感(強い直感力)  感動屋(母より涙もろい人を知りません) とにかく面白い物心ついた時から、私の母は「宇宙のリズムだから」「宇宙の法則だから」と口癖のように言っています今思い出すと、幼稚園生の私に対してもそうやって母は自分の感動や葛藤を伝えてくれました。花や星をみても、人の優しさに触れても 何か決断する時どんな小さな決断であってもこの命が宇宙そのもので外の宇宙と連動していて同じなんだと言われてきたので宇宙というのはとても身近で気楽なものだと信じてしまい授業で宇宙の広大を知った時にあまりの大きさにショックをうけて、気持ち悪くなりしばらく知恵熱を出してしまいました。あとは、「護られた」という言葉がとても多くてシンクロニシティという言葉は知りませんでしたが常に実況中継で、さっき言ったことがこんな風に実を結んでいくんだよというのを一日の流れ一週間、一ヶ月 もっと大きなスパンで話してくれて いろんなミラクルを見せてくれました自分が変われば自分のとりまく世界(宇宙)が変わる事見えない力がしっかりと護ってくれて応援しているのだということ母が教えてくれて感謝することでどんどんその見えない守護が活性化していくのを教えてくれましたあとは13才の時に教えてくれたことはとても大きくて我が家は私が20才くらいまでとても経済的に大変で、家族で旅行に言った事はほとんどなくてそれでも思い出せるシーンで1つ みんなで車に乗って山道の途中、眼前に西日が麓の町や景色を金色に染めているのがみえる見晴らしの良い場所があり、そこに車を停めてみんなで見ていた時に母が「今、綺麗だなぁって思って見ているこの気持ちの時に、胸の奥が響いているでしょう?この時に心の中の湖にポチャーンって一滴しずくが落ちているんだよ。幸せな人というのは心が豊かな人のことだよ。心が豊かな人というのは、この心の中の湖が大きくて深い人のことなの。しずくが落ちてポチャーンって拡がる波紋や音の響きが大きい人が心が大きくて豊かな人なのそれは自分で意識して育んでいかないと大きくならないの。美しいものを見たり、感動した時に胸が響いた時にこの滴(しずく)が生まれるのお金がなくても、月や星や花や夕日はいつでもそばにあるんだから美しいものを見つけていくんだよ」と教えてくれました。今、私は自分のところに来て下さるお客様の心の強さにそれを見、感動することが増えました。また18才の時に教わったこともとても心に残っています、私はその頃、絵の勉強がしたくて母が高校生の時に美大受験の為に習っていた油絵の先生の所に通ったり絵の為の予備校にいったりしていたのですが母は美術の先生の免許を持っているので、一緒に美術館に行って絵の見方を教えてくれましたその日は、ロココから現代アートまで絵の歴史が一同に見られるようなコンパクトで濃厚な企画だったんです。印象派までは分かるんですが、抽象画になってくると分からなくなってきてですね…母に聞いたんです私「どうみていいのかわからない。理解できない」すると母は「分からなかったら、ただ感じればいいんだよ。この絵の前に立って、そよ風の雰囲気を味わうようにただ感じればいいんだよ。自分の心にどんな波紋が拡がったのか見るんだよ」「何も感じるものがなかったら、こんどは画家の筆の跡を見るの。どんな風に絵の具をつけて筆を動かしたのか見るの。画家の目線や指の力、発想に触れた時、タイムスリップしているのと一緒なの、そこできっと発見がある」それでも何にも感じ取れない、わからない絵もあるんです。ただキャンパスを白に塗っただけとか…前衛的すぎるものとか…それを聞くと母は「そうしたら、画家のサインを見るの。画家のサインがどこの場所に、何色で書いてあるのか見るの。なぜこのサインはこの場所にしたのか?他の場所でかっこよくきまるバランスはあったのか、それを見るのそして目立たない色でサインした場合と目立つ色で書かれたサインサインと同じ色を、この絵の中で探すの。そうすると構成力が養われるのよ」と教えてくれましたまた、いよいよ何も得るものがなくて降参な場合はどうするの?ってきくと「そういう時は、額縁を見るの。額縁や額装、照明の当たりぐあい、展示の順番を見るの」私は母から絵の見方を教えてもらったのですがこの美術館で教わったことは、ものごとの捉え方というものにとても影響がありました。とくにネガティブに思える出来事だったり、人間関係において私はどんなことからも自分にとって学びを得るという筋肉を鍛えてくれたように思います嫌いな人が思い浮かばないのも、よく穏やかだねと言われるのも母が教えてくれたことが私をそうさせてくれたのだと思いますおばあちゃんになっても有益なこういったことを教えてくれたと思います小さな頃から1人の大人の人間に対するように接して教えてくれた母に改めて感謝の気持ちでいっぱいですありがとう

      16
      1
      テーマ:
  • 09 May
    • セッションをしていて嬉しいこと

      こんにちは! 風が気持ちのよい季節になってきましたね♪いかがお過ごしですか?昨日は、プリズム♡ハートのセッションでしたこのセッションは、お客様からお客様へすすめていただいたりサロンのオーナーにリクエストを入れていただいたりと私とSAYAKAさんもたくさん愛を受け取っているセッションになりましてとても幸せなものに育てていただていると思います昨日は人生の大先輩である80代とは信じられない女性がいらっしゃいましたこの色が好きで、身につけると落ち着くの…と 春らしい綺麗なお洋服でいらして素敵でしたいくつになっても自分がトキメキと感じること それを表現することそういった方にとても憧れを感じますし、お会いするとなんだか私まで元気になってしまいます♪そして昨日は本当に嬉しい言葉を聞きましたちょうど昨日が1年前にはじめてこのセッションを受けたという日のお客様がこの1年のうちにおきた変化を驚きと喜びをもって伝えてくださったのですこのセッションだけの効果ではなく、お客様の瑞々しさや勇敢さを感じる流れではありますがお会いするたびに美しく輝いていかれるお客様の姿は私たちにとってもエールになり、本当に嬉しく思いました。また、2014年から2015年は時間軸も進化しておりそこにアクセスされた人たちは、個人の変容もとてもスピーディーであるのを感じますこの仕事をしてすぐに自分の目の前でこの1セッションでお客様がホッとしたりスッキリしたりしかもそれを私にとって分かりやすい反応の時だけ良い効果があったのだと受け止めてそこだけに自己承認だったり自己肯定感を乗っけるのは私の依存であるしそれを求めるのを手放そう と思いましたご縁をいただけて、この一瞬お互いの宇宙を響き合わせることだけで感謝があるのに気がつきましたし何よりも、自分以外の守護エネルギーに触れることは感動的なのです。私のリーディングで一番大事にしているのはお客様を守護しているエネルギーがお客様に伝えたいことを クリアに伝えるということでそこを媒介する私の思念というのはなるべく純化していくことが肝であるなと分かったのですただただ 一期一会、一球入魂だと思ってやってきました。悟りというのはいきなりスーパーサイア人に変身することではありません玉ねぎの薄皮を剥いで行くように更新されていくことであるし悟った仏というのは行動している菩薩の姿そのものにあるからです小さな気づきの数々 なんどもなんども同じことの繰り返しのような時を替え関わる人を替え現象を替えても 根底にあるメッセージは同じですそれを気づかせるために次の段階に行く為に 大きな鐘がなる様に 小さな鈴がなるようにいろんなことが身の回りでおきていますですから、すべてのセッションに対していつでも雷に打たれたような悟りを求めるというのは少し危ういものがありますこれはスピリチュアルなことに限定してものではありません健康情報も同じです自分の資質やタイミングがばっちり重なった時に、機が熟して大きな鐘がなるように福音がもたらされることもありますが小さな鐘を聞くこと、常に自分の周りに小さな鐘がなっていること応援している守護エネルギーがあなたの周りにいることを信じて欲しいのですですから、自分のセッションではなくても誰かのセッションで、またはお友達との会話で、旅で、自問自答の中でなんでもいいから この伝えたメッセージが一番お客様にとって一番良いタイミングで届き花が開いたらいいなと願いながら リーディングしてきましたそう思ってやってきたので、時間をおいてあの時こういわれて でもその後こんなことが起きた 気がついた変化してきた 良かった などありがたい報告をいただくのは本当にギフトでありそうやって言葉にして伝えてくださった事に心から感謝の気持ちが湧いてきます。昨日は改めて、そういう花に触れたような日でありまた、種なのか水なのかを込めた日でもありました今、身の回りにたくさんの花が咲いていますその色のエネルギーや花の個性、根底に流れてる共通の生命力やその法則そういったものが自分の中に具わっていることそれを沢山感じながら 5月の良い風の中散歩していきたいなと改めて思います写真は 新月に開催されている、SAYAKAさんのカラーの勉強会(イエロー)にオーダーされた ロースイーツです。なんだか今日お会いした方のエネルギーを思い出すイエローとてもささやかであっても楽しいことを手に取って選んでみましょう♪それは、「今日はいつもと違う道を通って駅にむかってみよう」でも良いのです特別は日ではないけれでも 自分に花を一輪買ってプレゼントしてみよう!でも大事なことは 方法ではなくて心の奥が喜んでいるかどうか もったいないとか時間のロスではなくてあなたの「○○な感じだから好きだな」という感性の芽を発見して優しく育んでみてください♪新しい自分の発見や、新しい道を歩むことは そんな小さな小さな選択の1つから始まりますよ♪今月はグリーンとのこと、抹茶にしようかな?キウイにしようかな?明日は大崎にあるサロン ルーチェさまのところにティラミスをお出しします よかったら来てください♪ではではまた~

      12
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 「なんでわかってくれないの!」と思ったときに読む本

      こんばんは! 1ヶ月ぶりの更新になってしましましたみなさんお元気でしたかわたしは、なんだかこの1ヶ月が2ヶ月に感じるくらい濃厚な毎日でした。書きたいことは山ほどあったのですが、直近のこと今日のことを…今日は、アトピーをもっている方にも優しいロースイーツの依頼をいただきましてナッツやオイルを控えたアボカドチョコクリームをお届けしてきました。そしてしばし、そちらの会に参加してきました。ibマッピングという自分のことを発見していくメソッドを勉強しておられる方々にお会いしたのですが手段は違えど、自分とクライアント、 自分と他者、自分とインナーチャイルドそういった関係性を一期一会であっても瞬間瞬間どんなふうに向き合い対話を紡いでいくのか心を傾けて魂の声を聞いていくのか両者の響き合いをどう促していくのか誠実で暖かいナチュラルなエネルギーに触れてそういったことを改めて思い返す時間を得ることができました本当にありがとうございます最近、「晶さんてハッキリしているね」と言われたり「晶さんは自分が何を望んでいるのか分かっているしぶれないね」って言われまして(そうなのかなぁ、そうだったかなぁ)と、とてもびっくり新鮮でした。私は自分が何を望んでいるのかなかなか分からないタイプだったんです。シンクロニシティに導かれてとか、超感覚的に動くほうが多いというかその感覚的に動くといっても、自分から望んで意識的に引き寄せて乗るというよりある存在からの働きかけをなんとなく感じて動く方が多いというかそれ以外はのほほんとしていることが多くて通知表には長年「欲が無い」と書かれていました。「やる気や向上心が見られない」ということを先生が優しく戒めてくれたのか、もともと集団の競争意識とか苦手だからなのかなとも思うのですがそういう私が、ハッキリしているって言われるってびっくりしたんです。いつから変わったのかなぁと思ったら6年前の2009年に読んだある本がきっかけだったなぁと今日思い出しました「なんでわかってくれないの!」と思ったときに読む本 という題名の本です。私は子供の頃から本が大好きで寝る前は活字を読まないと寝れないので実は枕元は本だらけなんです16才からは平均して毎年100冊は読み続けていますがその中でも自分の人生に影響を与える本というのはそんなにないと思います同時代に出されたものはその時期の社会から発生する警鐘だったり気づきだったりするので集合体としての文脈とか1つのメッセージとして受け取り血肉にしたり同時に読んだ本からパズルのように 必要なキーワードをひろって大事なものとして心に残したりそういう意味では 今回紹介させていただきたい本は1冊で本当に濃厚で大事なことが書かれているので 超おすすめです。4月から新しいスタートをきった方にもぜひ 読んでいただきたいですこちらのメソッドはビジネスで活用されているアサーティブやアサーションですのでお仕事にも有効だと思います。もう何冊も友人知人にすすめてプレゼントしてきました昔の日記を見たらちょうど今ごろの時期にこの本を手に取ったのがわかりましただから思い出したんですね…不思議です2009年の4月12日に横浜の文学館で開催されたきくちゆみさんと森田玄さんと石塚ともさんのイベントで石塚ともさんのローフードの講演の中で、ともさんが「ローフードだけではなく、すごくおすすめしたいものはN.V.C(ノンバイオレントコミュニケーション)」と言われたのが気になって急いでメモをとりすぐにAmazonで買ったのでした。私がこの本で学んだのは大きく2つ1暴力に打ち勝つのは対話だと信じてきたけど、その対話の中にも暴力的な対話と非暴力的な対話がある2非暴力的な対話の仕方中でもこの本読んで得た一番の発見は 暴力的な対話というのは自分と他人の中だけで行われていることではなく自己との対話、自問自答の中で「自分の本当の気持ちを認識していくこと」においても暴力的対話が24時間がくりひろげられていて 自分が自分に暴力をふるっているということです。 自分を認めるというのと甘やかすのは別ですが、お経の中には、仏は外に在ってすがるものではなくて、各々の生命の中にあるものだから仏を内在している他者を責めるのは業をつむことであり自分自身を責めるということは仏を責めることなので罪深いと書いてあるものもあります。まさにそれですよね…とくに自分とインナーチャイルドとの間で暴力的対話で思考している間はこれが無意識であっても「わたしが本当に望んでいることは何か」ということがわからなくなっている ということようするに 自分が自分にDVやモラルハラスメントをしていてだんだんそこから典型的な被害者の思考回路になって麻痺して抜け出せなくなっているそして自分が麻痺していて分からないからそのわからない自分が 人とコミュニケーションしても「なにかがちがう」というモヤモヤ感を感じて願望を察せない相手を怒るのか 自分を責めるのか 自分や他者を諦め期待をしないと切り離し無視したり と根本的な解決や原因を見る機会にもしないままそのばしのぎのまさに暴力的なことになっていく…といった悪循環がある ということでした。とはいっても、とにかくじゃぁ自分の望みはなんであるのかを掘っていくのにそれをあまりしたことがないので説明文章も頭に入ってこないんです。いままで好きなこと望むことを選びつづけてきたのに何故?って思うのですがそれはあくまでも 奥の奥の奥にひそむ1番望む事に辿り着いていない手前の部分 浅い部分での選択を行っていて痒い所に手が届いていない中でやっていたのかもしれませんだから、奥の奥の本当の望みを炙り出していく作業、魂の深いところの声を聞く筋肉とか神経に関してはそこは脳の神経回路&思考回路がまだ通っていない場所でまさに獣道を作るところからはじめなくちゃいけないくらい私は私の気持ちを無視していたんです。なので、そこを刺激し促すようなレクチャー含む説明文にはそんなに難解な言葉が書いてあるわけでもないのに、あまりにも読み進められなくてびっくりしました平野啓一郎さんの「日蝕」いらいの読書筋肉通をおこしましたこのノンバイオレントコミュニケーションをできるようになりたいと想いこれは思考しているだけじゃ埒があかないと想い体験学習をつめる練習相手が必要だと想い さっそく読書友達にこの感動を伝えこの本を読んでもらいましたお互いに崖から飛び降りる思いで一生懸命 自分の気持ちを実況中継しながら(笑)慣れないことをやってきたんです6年たっていつのまにか慣れて今では、「なんでわかってくれないの!」って思うことはなくなりましたなんでわかってくれないの!って言って来るのは私のインナーチャイルドくらいです他者に思うことはなくなりましたなんでわかってくれないの!って他者に対して思うときの殆どは自分が何か本音を見落としているサインですそして、「そうだったのかぁ いがいにもそんなことが気にかかっていたんだね」と自分が自分を分かってあげるだけで すーっとしてしまうことが殆どなんですそれでも それが難しい時は他者の助けをお願いしています癒しのセッションとかヒーリングですとか、占星術をつかったカウンセリングなどきのおけない友人と美味しいものを食べたりおしゃべりしたりほんとうにありがたく かけがえのない時間と人との関わりです今日は、そんなことを改めて思い出しました。「私が何を望んでいるのか私自身も分からない…」って言っていた私のことを忘れないでいたいなと思いました。崖から飛び降りるつもりでドキドキしながら自分が一歩一歩進んできたことを忘れないでいたいなと思いました昔の私にやさしく辛抱強く寄り添って心の奥の声を引き出すのを手伝ってくれた方を思い出しながら私もそういうセッションをしていきたいと今日思いました。よかったらぜひ読んでみてください🎶題名:「なんでわかってくれないの!」と思ったときに読む本 トーマ ダンサンブール (著), Thomas d’Ansembourg (原著), 高野 優 (翻訳)出版社: 紀伊國屋書店ISBN-10: 4314009705

      14
      3
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 【ロースイーツ】美と癒しと健康

      こんばんは~ お元気でしたか?すっかり春になりましたね私は、久しぶりに持病の腰痛が痛かったりしてこういった時のメンテナンスは心得ているものの改めて一から探ってみました1年の節目の春分にあわせて 色んな面でデトックスを促されたり自分の心身の現在の力を確認したり、人の心の温かさが心に響きました。先日はホワイトデーのイベントにロースイーツで参加しました。品川にあるスタジオルーチェさんが主宰する美と癒しがテーマのイベントでしたメイクがあったりグリッタータトゥーのブースがあったりチャネリングや浄化や前世を観ていただくブースがあったりカウンセリングのブースがあったりと和気あいあいとした素敵な女性の集ったイベントでした。そういう所にポンっと入ってこられる男性というのもユニークというか個性豊かな素敵な人が多くてそれも楽しかったのですホワイトデーということで、女性にプレゼントする日?でもあるし美と癒しでもあるし わぁって喜ぶイメージで作ってみました。春色レアチーズケーキカシュー&マカデミアナッツミルクでつくるチーズクリームにはレモンの他に、寺田本家のマイグルトを使いました。あとは白みそ少々と甘酒とアガベシロップで甘味をピンクのクリームにはラズベリービネガーを入れています。赤やピンクを観ると なんというかエネルギーが湧いてきますよね作りながらそう思ったんです色の力というのもすごく根源的な影響力があって 侮れないなぁと改めて思いましたロースイーツやローフードを創っている時というのは明るくポジティブな気持ちでつくるように決めていて 万が一イライラしたり焦ったりしたらヒーリングして気持ちを上げてから触るようにしています。なぜかというと、いちどイライラしていて味噌づくりした時に味噌がいまいいちに仕上がったので極力、作っている時の自分の波動がどういう状態なのかを大切にしているのですですので赤い色があるとなんというか燃えてくるのを感じましたエナジーというかやる気が出てきます。不思議ですね。赤といえば、2月の新月では、カラーセラピストのSAYAKAさんが主宰する色の勉強会 Color's の赤の回の為にお出ししたロースイーツも 作っていたらなんだか元気になったんですよ次回は オレンジですので 作りながら自分にどんな反応があるのか楽しみです!第二チャクラはネーブルチャクラという別名もあるとのことなのでネーブルを使おうかな🎶 SAYAKAさんの新月の会はビューティーが溢れていてたおやかな時間が素敵なので 女性的に内面にアクセスしその美しさを外に表現するサポートをしてくださるので癒されますし、元気になります!お時間が会う方にぜひおすすめします🎶また、来月はココロとカラダのセルフケアカウンセラーである中野みなこさん主宰のアトピー心理学グループカウンセリングの回にも ロースイーツをお出しすることになりました。みなこさんは私の大の親友でもあり幼馴染みともいえるほど長いお友達なのですが昔から変わらないのは、とても読書が好きで本質や肝というかものごとの要点を掴むのが好きというか上手というかみなこさんのカウンセリングやマッピングは喩えていうならばここに大きな魚がいる気がするんだけれどどうやって釣ったらいいのか分からないって水辺で立たずんでいるとここにこうやって釣り糸を垂らしたらどうかな?って全ては言わないで押し付けないでちゃんと自分が達成感を感じられるように、そして自分の力に気づかせてくれるカウンセリングだと思いますアトピーで同じ悩みや願いを持つ方とお話ししたい方や、理解されないということでお悩みのある方におすすめいたします→お申し込み詳細何か辛い時に力になるのは 人との交流がきっかけだったり、自然からの気づきからだったり、自らの癒す力の種火がそこに確かにあるんだ、あったんだと気がつくことから始まると思うのです私がとどけるロースイーツが こういった「女性の心身を健やかにサポートする会」や主宰者の思いに寄り添う 音楽やお花の存在のようになれたらいいなあと思います。どこかでまたお会いできますように🎶

      24
      1
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 恵みと喜び〜果てなき喜び〜限りなき幸いを〜♪神のみまえに歌え〜♪ 「ことだましらべ」に参加して

      水瓶座の新月を迎え、年越しをしましたね!おめでとうございますさらにひと月後には皆既日食と地球の新年の春分の日を迎えます大切なものは見つかりましたか?あらためて再確認できましたか?それを持って新しい時代に一緒に進んでいきましょう♪もう6日もたってしまったなんて信じられないのですが先週末に参加した「ことだましらべ」のことを書きたいと思います↑この日のために作ってお届けしたロースイーツですこちらは、感性豊かなご夫婦がクリエイションされているイベントの1つでしたいつもお二人から発せられるものから、新しい価値観や そこに集う方がたのうつくしさに毎回はっとさせられて気づきが深く「こんな世界があったのか…」と感動があり参加するといつも豊かな時間を過ごせるので、私にとってはパワースポットでありパワーチャージなのです自分を高められて、それでいて自然な柔らかい体験はまるで滝に打たれたのに身体も心もポカポカ暖かいというような感じに近いかもしれませんその上きのうは ボイジャーシャーマンタロットで♡からおこなう瞑想やチャネルをおしえてくださった先生であるA-shaさん(あーしゃさんっていうのはやめてと言われたのですが やっぱりあーしゃさんって言ってしまう)が音楽をつかったワークショップ?行うということでしたので どんなことをやるのだろう?って思っていましたがなんと、声を出して自分の魂を響かせ合うという集いだったのです!って言葉にして書くと 体感したものの伝わらなさぐあいに驚きなのですが(笑)ほかに伝えるすべが考えつきません。こういうことをするのは初めてですがもしかしたら今日の夜中遠隔一斉ヒーリングで私が参加者の方と見て感じた生命の樹や魂の泉の律動とか響きをおくったほうがずっと有効かもしれません。本格的なVoiceヒーリングセッションはかつて1度だけですが今から15年前に本で知った倍音にはまって著者の渡邊満喜子さんという方のセッションに参加したことがありました。その時はじめて自分の魂の声を出しあうというセッションがあるのを体感したのです それ以来の本格的などっぷりと浸かった音楽瞑想 Voiceヒーリングセッションだったと思います。一昨年参加した、ボイジャーシャーマンタロットの勉強会では、A-shaさんからボイジャータロットの技術的なリーディングを習うのかと思っていたらリーディングする前におこなうボディンマインドスピリットのクリアリングや高め方をハートから行う瞑想とともに教わりました波動が浄化され上がったところからおこなうリーディングがぜんぜん違うということは、私にとっては本当に衝撃的なことでした。今の仕事をする上で大切なことを教わりました今回も 瞑想のワークショップかと思ったらVoiceトレーニング それも普通のボイストレーニングではなくて自分の魂の声を発見し磨き 魂の集合場所である生命の樹や地球のコアや宇宙や魂の泉の律動や輝きを瞑想で見に行きそこに声を発し 帰って来る音を聞き響かせ合ってさらに 参加者1人1人の魂を通過して生まれた響きあいの声がさらに重なり合って響かせ合って 命が高速で育まれるように変化していく様をいっしょにクリエイトするというかそしてその過程の中で しぜんにボイスヒーリングも行われてしまうというなんなのこれ最高!!!!!!!っていう集いだったのですその過程で、いろんな周波数の音叉が使われたり「かがやきのうた」を習いみんなで歌いました。この「最高!!!!!!!!」っていう響き合いの美麗な喜びの叫びと、魂の深いところまで潜ったような 天上の極みまでいってしまったような超然とした静謐という感動の余韻が同時に起こっているので直後も呆然としていたのですが次の日もなんだかぼーーーっと当日の音に自分が圧倒的に浸食されているように過ごしていましたアーシャさんがいうには「股関節でうたうの!」「股関節が柔らかいことが大切!」ということでどうして股関節なのか? というのも教えていただいたのですが自他ともの心に届く 魂に響く 声を高めていくのになんという贅沢なことでしょう、アーシャさんはヒーラーでありつつ素晴らしい唄いてでアーティストさんなのです!私は最初に瞑想会で歌を聞いた時に、こんなにうたの上手なヒーラーさんがいるなんてびっくり!と今思えばなんとも…なすっとぼけたことを思っていたのですがとにかく私がかくのもおこがましいのですがヒーラーである前からすごい歌を歌われてきた人にですね魂からの声の出し方、磨き方を教わっているという「あれわたし今とんでもない幸せな時間を過ごしているのでは…」と、深い意識にもぐりながら そんな世俗的な喜びが一瞬私を我にかえさせたりもしたのです「こんかいは技巧的なことというよりは 心に届く、魂に響く声を教える」といいつつもちょいちょいと 技術的なこともちらほらと例えば全身の筋肉をどう意識するのかとか言葉の発し方とか いままでつちかってきたものを教えてくださっていて参加者の方の中に、歌をうたわれる方々がいらしたのですが休憩時間に その人がA-shaさんの指導で声の出し方をレクチャーされていた時にアーシャさんが声と手振りでみせる透明のエネルギー(私は色でオーラは見えないので)が見えてびっくりしました 子音でキラキラキラ~が忘れられません。(こう書いても、意味が分からないと思いますが申し訳ありません)気功師のようというか わぁああって感動しました。もう1人の方も、「このような大事な数々を惜しげも無く公開してくださって」と驚きと感謝を語られていて印象的でしたそして、魂から湧き上がる声を自由に出して響き合わせるヒーリングセッションでもあるのですが超絶歌手のA-shaさんがまず導いて、参加者の中にいらっしゃる唄うたいの方の声が入っているのでなんだか楽曲に参加している感もあって それはとても嬉しい喜びでした個人的なことですがこの数日前に、「大人になってから習い始めたの…」っていう友達のピアノレッスンにのこのこ私はついていってですねそこでアナログの音の響きに触れてすごく癒されていたのです友達が高齢の先生と主旋律を確認するように歌っていて血のつながらない先生と生徒という教えを与える側とこう側とが一緒に声を重ねていて伴奏はたどたどしいピアノであっても グランドピアノの弦の響きと 歌声がなんだか本当に豊かな時間にいさせてくれるようで友達は「まだぜんぜん弾けないから…」って言っていたのですが私はあらためて、未完成でありながら完璧なことがある!という気づきとLIVEの良さというか なんだかそういったものを確認したのですそして、その時に友達が弾いていた3曲のうち2曲が偶然に鼓笛隊で吹いていた曲と、合唱コンクールで好きだった曲で大人になると、自分が発したものが響き合って調和する喜びというのは精神的な部分では仕事であるとか、感想を言い合って気づきを得たり思索を高め合ったりというので得られるけれど身体的な体感は少ないなぁと LIVEで観客と演者がつくる時空とセックスの他になにかあるだろうか…と考えてまた合唱がしたいなぁって思っていたところだったのです。友達のひいていた曲はアイーダの凱旋行進曲私はそれからというものの 好きな女性パートのフレーズ「恵みと喜び~果てなき喜び~限りなき幸いを~♪神のみまえに歌え~♪」が頭から離れないで ふと鼻歌を歌っていたので瞑想会だと思っていたら ハーモニーの喜びも体験できた~っていうまさかの喜びにすごく嬉しくなったのでした。終了後には懇親会でアーシャさんがどのようにして歌に出会ったのか、歩んできた道の前半なのか第一章なのか序章なのか…ドラマチックな道のりを聞かせていただきました10才のころの感動や情熱を保ち続けて そして今の夢を語られる純粋な声が心に響いて私は 知らない間についた自分の魂の垢のようなものを感じたのでしたなぜだか 中原中也の「よごれちまったかなしみに」の詩が浮かんできたのでした大事なことはなんのなのか、それを知ったら行動で表すこと…そんなことをあらためて教わったきがします何かを習う時に、その人が一番最初に人生をかけたものと出会った情熱をもったままたくさんの経験をしても尚まだ叶える夢があって希望をみているそれを伝えてくれるそういう先生に出会えることっていうのは私にとってはかけがいのないギフトであると思いますほかにもたくさんの学びや気づきや発見を与えていただきました母音言語のこと、アフリカのある部族が子供が生まれた時にその子の魂の響きを歌にしてみんなで覚え歌うことそしてその子が死に旅立つときもその歌をうたって皆で見送ること音楽の力、言霊や響きの影響力みなさんのシェアからも…この6日間、なんとか感じた事をちゃんととどめようと何度も書いたり消したりしたのですが余韻が強すぎて言葉がまとまらず こんな感じにだだだと綴ってしまいましたでもこのまま言葉を整えるのをまったり試行錯誤するよりか友達のピアノレッスンをきいて心地よかったようにわたしもこのままだしてしまおうと思います最後まで読んで下さったかた ありがとうございました♪

      15
      4
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 映画「エクソダス:神と王」…水星逆行しすぎて古代エジプトへ…

      こんにちは♪立春を迎えたもののまだまだ冬ですね 寒い中で目を和ましてくれる椿にとても癒されています水星逆行は今日11日までということで、懐かしい人やものと出会って嬉しかった~なんてこと、皆さんありましたか?過去に逆行するといえば私は先日、巣鴨にある東洋文庫ミュージアムに行って外国の映画に出てくるような床から天上までの3階建てはあろうかという巨大な図書空間を体験してきましたよ♪古い書物から放たれる重厚感…圧巻でした。素晴らしかったです!長年、研究者しか見る事のできなかったコレクションを最近になってミュージアムとして解放することになったんですって♪モダンでありながら粋をこらした建築や、巨大な翡翠の美しい壁ですとか私的な見所もあって、すごく楽しかったんです♪所蔵品には解体新書ですとか、東方見聞録、聖書や東インド会社の航海日記ですとか科挙の試験の本だった巻物の国宝だとか いろんな古いお宝の本が沢山!また、こちらのミュージアムではちょうどイスラム展が特別開催されていていろんな言葉に訳されたコーランが展示されていましたよイスラム教ではイスラム語で書かれたコーラン以外は聖典とは認めていないのですって!翻訳されて他言語で記されたものはあくまで参考書だとみなされるのだと知りました。たしかに、絵のように美しい文字で記されているものは美のエネルギーに守護されているようで独特の力強さを感じます活字ではなくとくに手描きのものはよけいにそういうエネルギーを放っていました。こちらのミュージアムは六義園のすぐそばにありますのでもうすぐ咲く梅の時期にぜひ足を伸ばしてみてください併設のカフェもお庭に面していてよい空間で、お料理も美味しかったですよ♪あとは逆行期間にあった特筆すべきことはアトリエで星ハルカさんの西洋占星術講座がスタートされたことですハルカさんから講座の冒頭で占星術は紀元前2000年前には既に研究された〈学問〉であるのだと教わりました。それだけでも、なんだかすごい感動してしまったのでした。その時に感じた学ぶ喜びはあらためてBlogにかければと思います。そしてですね、久しぶりに映画を観に行ったんです。映画が好きで月に一本は映画館で観るようにしてきたんですが1月は観なかったので 今年の一本目の映画でしただいたい私が映画を観る時というのは、夜にふと映画芸術に触れたくなり思い立ったら車をとばしてレイトショーを見に行く!というパターン。夜遅いと道も空いていますし、20分ほどで3カ所の映画館に着くことができます今回は、「エクソダス:神と王」(3D)を観てきました。なぜこれにしたかというと、好きな俳優のクリスチャン・ベールが主演なのと(私は彼が子役デビューした太陽の帝国からのファンなのです!)そして監督がリドリー・スコット。(リドリースコットの作品はすべて観ています!)そういえばこの監督の映画「プロメテウス」観ました?エイリアンの映画だと思ってみたら、完全にアナンヌキとかですね、爬虫類型宇宙人の話なんです。この映画では古代のまだ人類どころか魚も生まれていない地球の海に宇宙人が自分のDNAをまぜて生物の種をまいたところが冒頭なんですよ!すごいですよね驚きです!人類創造の神はいない、宇宙人が神だったっていう映画なんです。慌ただしく「エクソダス:神と王」のストーリーを確認することなくクリスチャンベールが出ているならという理由で選んだのですが内容をみると、なんと旧約聖書の出エジプト記が題材と書いてありました。 え!? それって十戒でモーゼ?十戒といえば私の好きな映画です。何が好きなのかというと、私はCG技術の無い古い時代のカクカクとした特撮が好きなのです!昔の十戒でいうと、海が割れるシーンですとか杖が蛇に変わるシーンがワクワクして好きです。他にカクカクした特撮で好きなのは、「シンドバッド黄金の航海」などもいいですね♪話がずれてしまいました…とにかく、神は宇宙人なんだっていう映画を撮ったリドリー・スコット監督がエジプトものの十戒を撮った作品でクリスチャン・ベールがモーゼ役なんて、もう絶対に面白いに決まっている!とワクワクしました♪それにしても、彼はカメレオン俳優ですが最近の救世主ぶりは凄いですバッドマンではブルース・ウェイン、ターミネーター4ではジョン・コナー、とどめにモーゼ役です。もう弱々しい役や極悪非道の「アメリカン・サイコ」みたいな悪人の役はこないのじゃないかと心配になってしまいます。映画の感想はというとですね、必見のおすすめ!です何が必見かというと、とにかく古代エジプトのセットや情景が素晴らしいんです!衣装や小物の再現性ですとか、細かくスローモーションでじっくりセットや衣装を観察したいくらい!初めてみるものにワクワクしました。3Dの映像なので広大な土地と巨大な建造物の遠近感がリアルで臨場感が半端無かったのですまるで自分もエジプトの神殿に居るのかと錯覚するような映像世界でした。私はとくにイシスのチャネリングやエネルギーにコミットはしてきてないのですがイシスが好きな方や古代エジプトに前世を感じる方は絶対に見た方が良いと思います。巫女が占いや儀式をするシーンもあって興味深かったんですよ~!そういえば、むかし退行催眠をしたときに古代エジプトで船を作る仕事をしていて海に出すならともかく、墓に入れる為の「日の目をみない船」をつくるのが嫌になって逃げ出したいって悩んでいるおじさんの前世がでてきたことがありました。その時のセッションでその時代の自分は解放されてしまったので胸がザワザワすることもなく没頭して鑑賞することができました。今回とても興味深かったのは、途中に預言や奇跡のシーンが出て来るのですが「十戒」では本当にファンタジー的だった神の預言や奇跡が「エクソダス:神と王」では古代の人は科学的な根拠を知らないので天候の変動で生態系が変化したことで起きる現象を神の裁きであったり奇跡であると感じたのだというような演出で描かれていたことです大陸的な規模で繰り広げられる自然の営みがダイナミックに表現されていることもとてもよかったのですそこに古代の人々と現代の私たちを繋ぐ自然の理にときに翻弄されてしまう…という共通の試練を感じましたまた、支配するものと支配されるものに共通な苦しみそれは食べることが満足に叶わなくなることと愛するものを失うこと。この映画の中で、神なのか使い手なのかが救いを求めるモーゼや奴隷のヘブライ人達にたいし厳しい事態をそのまま傍観するような啓示を求められても沈黙している描写がありますそこでは救世主でありながら今回の映画のモーゼはとても人間らしく描かれていました。余談ですが、マーティン・スコセッシ監督も遠藤周作の「沈黙」を映画化するんですよ。日本人ではなくアメリカ人の監督がどのように撮るのか楽しみです♪日本の古くからの宗教といえば 大きく神道と仏教がありますねこの映画の中で400年の奴隷生活からモーゼによって解放された古代ヘブライ人達は流れ流れて最終的に日本に辿り着いたという説もあります。古代ヘブライ語と日本語の共通性とか、ユダヤ教と神道の儀式の共通性とか神道についてはそういった面白い入り口からでしか、まだ知らないのですが少しづつ勉強したいなと思います。仏教については私の祖母の家系はお寺の住職でもあるので少し馴染みがあります大乗仏教では1人1人の人間の中に仏がいると信じますよねだから他者も同じく仏を命の中に宿している人だから大切に尊ぶ、外に教えや救いを求めるのではなくありのままの自分らしさを認めつつさらに磨いていき表現することで自分も幸せになりその命に触れた他者も幸せになっていくっていうのを求めていくという…そういったことが仏教の中に通っている哲学なんだと思っているのです。最近は、ハリウッド映画でも勧善懲悪で正義を語ったりそういう単純なヒーロー像はなくなったなぁと思いますスターウォーズから徐々に東洋思想が入って来たなあという流れに思ってきましたキリスト教世界を描いた映画、今回はモーゼなのでイスラム教も関係ありますがなんというか1人の人間と神という存在の距離感がこの映画では近くなったような感じが伝わりましたなので余計に、ファンタジーではなくリアルな物語として観ることができました。人類を誕生させた神はエイリアンで宇宙人だった!という映画を作ったリドリースコットがこのような映画を今度は作ったということもなんだかSFと古代が繋がっていて興味深いです。また、同時期に現実世界においてイスラム国という適切ではない呼称でよばれた組織による残酷なニュースがあり「なぜこんなことになるのか?」とその背景に想いを馳せるとこの映画の中で描かれた「支配するものと支配されるもの」そして、「満足に食べることが叶わない苦しみ(夢を描く余裕もなくただ生きている)」「愛するものを失う苦しみ」そういった物語というのが今なお厳然と手の届く現実世界に続いているのだと感じました。古代と現代をいったりきたり 映画という嘘(ファンタジー)の世界と、今わたしが生きている世界(リアル)の境界が滲んででは何が真実なのかふと考える映画になりました。そんなことを経て、逆行期間から水星順行の世界へ戻ってきました。よかったら、この映画を観て感想を聞かせてくださいね♪ではではまた~

      10
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 花咲くアーモンドの枝…ツインソウルを知りたい人へ

      こんにちは♪もうすぐ立春で新しい年が始まりますね 準備はできておりますか?私は最近「ワクワクやモヤモヤで刷新!」のお話をたくさん聞いたような気がしますよ。立春を含む四立(立夏・立秋・立冬・立春)の前18日間は土用(どよう)ですねこの期間には季節の変わり目を調整するように生き物が毒だしをします整体の先生がこの時期はぎっくり腰の方が増えるんだよ~と言っていましたまた、3年前に参加した地球暦の勉強会でもやはり同じことを聞きましたあと数日、みなさんどうかお大事に お元気でいてくださいね♪25日からホスティングエンジェルを迎えて先日この期間をおえました。開始してからインスピレーションでやたらゴッホが浮かびまして 私が、ゴッホの絵の中で一番好きな絵が浮かんで消えないんです。それは、「花咲くアーモンドの枝」という絵なのですが(なんでだろうなぁ)と思ったところ、この絵というのはゴッホの弟テオの子供が生まれたお祝いに描かれたゴッホの絵の中でも特別なものなんですテオの子供が生まれたのが1889年1月31日で、テオが亡くなったのは1891年1月25日なんです。ちょうど今週だったのです。だからなんだか 思い出していたんですね。実物を見た事のある方なら知っていらっしゃると思うのですが波動が素晴らしいんです。なんともいえないブルーと、花が咲くフレッシュな喜びが溢れています。印刷や写真にはあのブルーは写らないのです。高校生の時に日本にやってきた、まるで生きているようなこの絵の前にたった感覚は今でも忘れられません 心から感動したんです。私はソウルメイトやツインソウルに対して単純にロマンティックなものとして意義付けることってないんですというのも、ゴッホとテオのことを知った時にこれこそ運命の2人と思ったからなんです(男女の恋愛からはじまるツインソウルにかんしてもロダンとカミーユクローデルを思い出します…)なのでソウルメイトやツインソウルというのを聞いた時にはこの2組を思い出していましたからあんまり甘いイメージをもてなかったくらいです。ゴッホの弟のテオは画商で、売れない画家の兄をひたすら支えたのですがテオだけでなくテオの奥さんのヨーも自分の夫が大切にしてきた兄のゴッホを同じように大切にし精神病院から退院し 急な発作に苦しむ晩年のゴッホに対して手紙を出します2月に子供が生まれることを知らせその子はきっと男の子であるとおもうから私たち夫婦は赤ちゃんの名前にあなたと同じ、フィンセント(勝利者の意)と名づけようと思っていますと伝えますそれはどんなに、元気をおくる手紙だったでしょうかゴッホは生まれて来る男の子の為に 彼が寝るであろう部屋に飾る絵を描き始めるのです。この絵のブルーは本当にすばらしいのですが、当時の絵の具の中でブルーというのはとても高価なものでした。それは宝石であるラピスラズリを砕いたものが使われているので貴重だったのです。「ゴッホの手紙」の中には、何度もゴッホからテオへ「絵の具どうもありがとう」という感謝の言葉があります。絵を間近に見た方は分かると思いますが、絵の具の厚みは凄い迫力で、その厚みに残された陰影は指の力の強弱であり一筆一筆の痕跡にゴッホの魂が込められているんですゴッホの絵の前に立つと、「確かにこの絵の前にゴッホが生きていたんだ!」「この筆の跡をつけたのはゴッホなんだ!」とタイムスリップするかのように、今も生き生きと生命力が伝わってきます。情熱を燃やし続けるという生き様を残すような絵を描き続けるのにはゴッホには常に絵の具が沢山必要だったのです。でも絵が売れないから、思う様に絵の具を自分では買うことができないゴッホのテオへの手紙の冒頭は、送ってくれた絵の具の感謝結びには、新しい絵の具への欲求や依頼が書かれています。誕生のお祝いに描かれた「花咲くアーモンドの枝」には高価なブルーの絵の具が沢山使われています。そして、清浄な生まれたばかりを感じる花の白。とても祈りが込められているんです。ゴッホは浮世絵の影響を大きくうけて自分の絵に取り入れていますいつか日本に行ってみたいんだと日本への憧れなどを手紙に書き綴っています。この絵のアーモンドの花や枝振りは浮世絵や日本画の白梅図のようにも見えませんか?アーモンドの花も梅と同じく植物に一番厳しく寒い時に、枝から花を咲かせます。春の訪れを告げる吉兆の花なのです。また、アーモンドが出て来るギリシャ神話はとても素敵なんですよ死しても尚、生き続ける時空を超えた繋がりが描かれています〈ギリシャ神話 デモフォーンとフェリス〉デモフォーンという若者の船が難破してしまいました。デモフォーンはトラキアの海岸に流れつきました。そして助けてくれたトラキアの王女フュリスと愛し合うようになり、結婚を誓う仲になりました。フュリスの父のトラキアのシトン王に直してくれるように頼んでおいた船が航海できるようになるとデモフォーンは、すぐに戻るとフュリスに約束してから故郷に戻りました。しかし、デモフォーンは故郷で美しい娘に出会い、その娘に夢中になってフュリスとの約束を忘れてしまいました。 フュリスは毎日海岸に立ってデモフォーンの船が来るのを待ち続けていましたが、重い病気になって死んでしまいました。貞操の女神アルテミスは、一途に恋人を待ち続けたフュリスを哀れに思い、フュリスをアーモンドの木に変えました。 やがて時がたち、デモフォーンはフュリスのことを思い出し、トラキアへ行きました。デモフォーンは、フュリスが自分を待ち続けて死んでアーモンドの木に変えられたことを知って、フュリスへの仕打ちを後悔しました。そしてフュリスのアーモンドの木のところへ行き、後悔の涙を流しながら木を抱きしめました。フュリスのアーモンドの木はデモフォーンが戻ってきたことを喜んで満開の花を咲かせました。そして、すぐにデモフォーン自身も、アーモンドの木の芽や葉に変身しました。アーモンドの花の花言葉は「希望」「永久の優しさ」です。ヘブライ語ではアーモンドは「目覚めている」「見守っている」という意味があります。また、旧約聖書に出て来る二種類のナッツうちひとつがアーモンドで「創世記」には乳香、蜜、香料などとともに、アーモンドが贈り物にされたということが書かれています。「民数記」には、予言者モーゼの兄アーロンの杖が芽を吹き、蕾を出し、花が咲いて、アーモンドの実がなったという話が所収されています。ここから、アーモンドの木は「神の承認、もしくは支持」を象徴すると言われているんですって。ゴッホは牧師だった時があるので、そういった意味もこの絵には込められているのではないでしょうかこの絵にはありったけの愛が込められているんです永久に変わらないエネルギーが込められているんです病気に侵され 裕福とはいえない満足な評価もうけていないけれど絵の中で真理を追求しようとしたゴッホの純化された愛が込められていると思うのですだからこの絵はたくさんの人を惹き付ける魅力やパワーがあるのだなぁと思うのです自分が満たされているから余裕があるから そうなって初めて真の意味で人に親切にできる意義があるとか人に親切にしたい喜んでもらいたい というのは自分が満たされていないからだとかそういう考え方がなんだかちっぽけに感じます。愛ってもっと単純なことではないのでしょうか。生まれる前の記憶をもっている子供はお母さんを幸せにするために生まれてきたんだよって言うそうです何にもできなくたって成さなくたってそのままで完璧であると思うのですよ素直に心が動いた通りに行動をすればいいのです親切にしたり、お礼を言ったり、小さな愛を贈ったり受け取ったりもっと自由にエネルギーを交換できると良いなぁって私もいつも思うし練習しています。出し惜しみされた想いは魂の底にたまって拗ねてしまいますしね。複雑になってしまうんです。本人が苦しんでいなければ個性とも呼べますがねあ、話がずれてしまいました。ゴッホはこの絵を書いているその1年半後1890年7月29日に亡くなります。テオもその半年後に亡くなります。ゴッホが死後に今のような評価を得ているのは、テオの奥さんのヨーがその後にゴッホの絵の良さを沢山の人に伝わるように活動したからなのですそれは夫の人生や新しく生まれて来る我が子への愛であると思うのです。テオとヨーもツインソウルだったんですね。「ゴッホの手紙」上中下と出版されているので よかったら是非読んでみてくださいね♪ただちょっと鬱っぽいとどつぼに陥る可能性がありますので素晴らしい本ですが無理して読まないようにしてください。なぜなら書簡の中にいるゴッホは死後にならないと自分が評価されることを知らないからです世界中で沢山の人に愛され、憧れの日本に自分の絵が辿り着いて熱狂的なファンが沢山いる未来を知らないのですゴッホはこんな言葉を残しています「人問は毅然として現実の運命に耐えていくべきだ。 そこに一切の真理がひそんでいる。」「たとえこの人生が負け戦であろうと、いずれにせよ僕は「良い戦い」をしたい」「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ」宇宙の真理を垣間みたとしても、現状の私たちは人間の世界であらゆる日常のシーンを生きていく。日々の中の小さな営みの瞬間瞬間に、価値観の小さな変革や闘いによる相乗効果を築いていくそうやって自ら発見して灯していった勇気や希望や喜びが描く軌跡こそが、芸術なのだと私は思います。本を読めそうにない人には こちらをお勧めします画家ゴッホの発言・格言・名言集【情熱の画家】あと、テオが主役の斬新な漫画、穂積 (著)「さよならソルシエ」もおすすめです♪びっくりしました!あなたの好きな絵や本や漫画はなんですか?ふと何度も読み返したり浮かぶものは あなたの大切なものを思い出させたりしますねそれは、あなたの天使達のサポートでもあります。こんどお会いした時に、よかったら教えてくださいね♪ではではまた お元気で

      20
      テーマ:
  • 25 Jan
    • 天使達の到着

      こんばんは お元気でしたか?三日月が綺麗でハッとすると、新月からいつのまに数日たったのだなぁと気がつきます冬になると光の反射も凍てつくようにエッジがたっていて 三日月の一番尖ったところまでしゃっきり見えるようですねそんな夜空とは裏腹に、私は冬になるとなんだかいつもアンニュイです。でも心配はいらないのです食欲は旺盛ですし。そして眠りは今の時期、すべての趣味をさしおいて最優先される至福です。いくらでも寝れそうです。そういった状態を冬期鬱ぎみともいいますし冬眠する熊になっているともとれます年末からそのような調子でいます。たまに、このような時にカードリーディングをしてよいのだろうか…とクオリティを確かめたくなり、カードで天使達に訪ねるのですが関係ない 大丈夫 なんだそうそうはいっても通常通り、食べるものや口にすること思うことに意識を傾け入って来るものを精査してデトックスする力を気をつけるというのは最低限守ってはいます自分の理想では ♡が生命力や愛や信頼、勇気などでなるべくパツンパツンのプリンプリンで満たしていたい それに近づけようとする意識は常に保っていたいのです予期せぬことがあって動揺してもカードに触れる前の瞑想でなるべくそこに近いところまでもっていきたいというのが私の儀式というかジンクスでもあります儀式といえば、いつもいろんなことを教えてくださるチャネラーの方からホスティングエンジェルのお誘いをうけバトンをうけとりましたその後すぐにまた尊敬しているミュージシャンの方からもお誘いをうけてこれは、今のタイミングなんだなぁと思いました。今より四年前にもホスティングエンジェルのことをふとネットサーフィン中に見つけいつか機会があったらお迎えしたいなぁと思ったのですがそのBlog記事もさらに過去記事でしたから繋がりももてず無理矢理に引き寄せなくてもいつか やってくるだろうとその時を思って楽しみにしていましたその頃はまだ、見えない世界のことは自分の実体験のみで相対的に学んでいなかったので 今の方がより、いろんなものを受け止められるかなぁと思います。しかし、「ご到着は今日だった!」と気がついたのは約束の22時半の2時間ほど前5人の大天使(ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル、メタトロン)のホストになるのに林檎とキャンドルと白いお花がおもてなしに用意するべきものなのですが何も準備をしておらず 急いで片付けて家にあった林檎と、非常用に買っておいたIKEAの長時間&調光キャンドルを納戸からひっぱりだし22時までひらいているお花屋さんにすっとんでいって好きな花達を5人にちなみ5本買ってきましたお願い事は、お気に入りの星座がモチーフになった便せんに書きました地球上の生命の平和的調和をお願いしました家族への感謝と平穏を願い自分のお願い事もひとつ天使達いつもありがとう素敵な5日間になりますように

      13
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 世界で占い師が注目される日?

      満月がとても綺麗でしたね!今日は、東方三博士が星からキリスト誕生を知り礼拝にやってきた日ということでキリスト教圏ではお祝いの日ですよね東方からきた博士とされているのは天文学者だったとのことでホロスコープってそんな昔からあるのだなぁとしみじみと思ったのです。写真は現在修復中の、若きレオナルド・ダ・ビンチが製作途中でミラノに旅立ち、未完の遺作として発見された「東方三博士の礼拝」ですこの場面は沢山の画家が描いていますね! 勝手に、キリスト教の絵画というのはすべて白人だと思っていたので三博士がいろんな人種だったりしてとても興味深いなぁと思ったり、こちらの絵は、想像して書かれている絵画ですが画家が同時代のモチーフや人物を描いているのを見るのは昔は写真や映像がありませんから 絵画を見て昔の人の生活を想像するのが興味深くこういう髪型だったのかぁ、こんな生地があったのかぁと昔の人だけれど人種も違うけれども この人の気持ちわかる気がするって思ったり〇〇さんに似てる!なんて思ったりするのも私にとっては絵画鑑賞の楽しみの1つです。そうそう、クリスマスツリーの上の星は、この三博士にキリストの誕生を知らせベツレヘムの地へ導いたベツヘレムの星を表しているのですって!知りませんでした。初代クリスマスツリーがどういうのであったか見てみたいですね!私は食いしん坊なので、ただひたすらキリスト教圏のお祝いでは美味しそうなケーキがあっていいなぁなどと思ったりして…今日は、この時期にパン屋さんやケーキ屋さんでよくみかけるガレット・デ・ロワに釘付けになり食べたいなぁ でも大きいなぁ パターたっぷりよねぇ…ってじーーーーーっと見ておりました。私がおもうに、仏教や神道の記念日にあわせた家族や友人との団欒がもっとあっても良い気がします。知らないだけかもしれませんが。恵方巻きが随分と休息に浸透しましたが、ここ数年のことだったなぁと思います日本は経済的消費が見込めるとなったら俄然、商品開発する国ですのでクックパッドと食べログ、和菓子屋さんやおそば屋さんうどん屋さん、お寿司屋さんが手を組んでそういった商品をつくったり、文化を浸透するきっかけになったら楽しいなぁと思ったのでした。4月8日のお釈迦様の誕生をお祝いする花祭りなんて すごく素敵になりそうではありませんか?和菓子はもともと季節のお花を常に生菓子でつくりますが食べられるお花をちらした おそばやおうどんやお寿司。お花の型抜きでもいいですよね♪と、食いしん坊なのでとにかく食べ物のことばかり考えてしまいます。(今とてもお腹がへっているからかも…)また、話はもどりますが、日本でも天文学の分野は暦と同じく国の最重要機関として政府おかかえの学者が古代からずっと今もつづいてありますよねなんだか、占星術というと非現実的だと一括りになっている気がしてしまうのですが日本人は農耕民族であり海が周りにあって満ち潮引き潮をよんできた暮らしをずっとしていて天文はとても大切にされて文化に根付いたものでした満月に動物や珊瑚などが産卵したり、人間も出産が増えたりと重力や宇宙の法則に知らず知らず自分が影響を受けているものだと思いますとくに女性は毎月の身体のリズムがあるので月の満ち欠けに連動して満月や新月とリンクすると あらためて人間って自然の一部なんだなぁと感じますそこらへんはぜひ地球暦のサイトを見てみて下さい。すでに知っていらっしゃるかも知れませんが、6年前にマヤ暦、地球暦に出会って 私のスピリチュアルな感覚にスイッチが押されシンクロニシティがすごく動いたと思います満月や新月、とくに満月はエンジェルカードリーディングのセッションの依頼が増えるなぁというのが私の実感としてあります。今回の満月はメールリーディングが10件ほど重なりました。年明けということもあると思います。あらためて、大事な節目にご縁させていただいた方に感謝いたします。また、どこかでお会いできますように♪ーーーーーーー遠方の方やお忙しい方にご要望いただいてつづけているメールリーディングのご案内1セッション 3000円 です。カード画像、plus、関連する質問、補足のカード引き、の最高3回のやりとり含むご依頼はinfo@rebirth-anthem.com まで

      12
      テーマ:
  • 02 Jan
    • 羊飼いはヒーラー

      ミレー 夕暮れに羊を連れ帰る羊飼いあけましておめでとうございます ワクワクすること、ホッっとすることがたくさん届けられ発見する年でありますようにことしもどうぞ宜しくお願いいたします♪2015年はひつじ年(乙未…きのとひつじ)ですね、干支は立春(2月3)からですが次の日の2月4日が満月なのでグレゴリー暦は集合意識の魔法以外あまりフォーカスしていないのですがお正月とともに満月から満月までの大事な1サイクルが始まっているなぁと感じました。ひつじ年の中でも乙未(きのとひつじ)はどんな年なのかなぁと検索してみたところ外からも内からもいろんな圧力はあるけれど屈しないで柔軟に変革をしぶとくやり続けるというところかなぁと受け取りました。先日、ホロスコープ応用編の最終講義を終えてその最後に受講者全員と先生で2015年のYearリーディングをボイジャータロットでひいたところ年の前半はとても大変だけれど夏からは抜けるカードで最後はハッピーエンド全体的にとてもよい2015年になるとのメッセージですが果報を受け取るには前半をいかに頑張るかだねぇと皆で話していたので乙未の年はどういうエネルギーかというのを知ってリンクしているなぁとも感じましたさらに、先輩受講生の方がアシュタールも2015年は最初は大変だと言っていたと教えてくださったので なるほどなるほどって思ったしだいですなので私も、途中何があっても羊のように黙々とやっていこうと思います♪羊と言えば中学生の時に美術部か移動教室かで見に行ったミレーの羊飼いの絵を思い出します山梨の美術館で たくさんのミレーの絵があって素敵でした夕日のピンクがとても美しくて羊の毛に夕日が透けているのがリアルでまるでそこに自分も立っているかのように思えて とても感動したのを今でもはっきり思い出せます聖書に由来されていることですが羊や羊飼いは西洋絵画では キリストの象徴としてよく描かれていますね羊飼いをしらべたところ 世界最古の職業の1つであるのですって独身の男性が多く、羊飼いは星を読み自然の営みをみながら羊を放牧させていたので神秘性もあり薬草にも詳しかったことで 治癒者や魔術師の側面もあったそうですそういえば、自然と共に暮らしている方の瞳はどくとくのものがありますよね私の妹はドイツ人と結婚しその関係でドイツ人の血のつながらない親戚ができたのですがその中に酪農をされている方がいて その方の遠くを見つめているような金色の瞳やもの静かでありながら全てを知っているような声や佇まいからはは圧倒されるような静謐で大きなオーラを感じました。僧侶や聖職者を前にしたときと同じような印象だったのでとてもびっくりしたのを思い出しました私が食べるものは、自然の厳しさや生命力を目の当たりにして日々そこにむかっている方が届けてくれたものなのだとそこに思いを馳せるだけで 感謝が生まれますし華やかに調理される前の食材もすべて光っているように思えパワーフードだなぁと思いましたまた、心を込めて料理をすることやいただきますと心から感謝して食べることは命への讃歌なのだなぁと 改めて思うのでしたお正月は、また無事に年を越せましたという感謝の日になりましたすこしでもそのサークルに参加して自分のエネルギーを還せるように今年もがんばっていきますどうぞ宜しくお願いいたします☆

      9
      テーマ:
  • 25 Dec
    • Merry Christmas

      メリークリスマス♪世界中で多くの方が今、愛を傾け行動し、平和的調和を祈っている時潜在意識の奥の奥の底ではみんな繋がっていますからできるならば一番そこに近いすべてがユニバースしているところに歩み寄って自分の♡をその意識に浸すことはとても心地がよいことです平和といえばまず自分の心の平和や、自分の家族の平和を創ることがすべてに繋がっていると思いますなのでなんとなく 家族のことを書いてみたくなりました。わたしの家はあまりクリスマスを重要視する家ではなく子供の頃は家計も大変で父も母も私たち姉妹の為に日々よく奮闘してくれていましたプレゼントをねだったり なんでも願ったものを口にできる環境ではありませんでしたでもそれというのも一番お金がかかっていたのは私たち姉妹の学費の為だったのでほんとうにありがたいことです学校を転校してほしいと頼まれることもあったりお米が買えなくて、田舎から送られてきたジャガイモばかり食べていた時もありました私の父は伝統技術の職人で、絵をかくことでお金をいただいていまして家はつねに鍵をかけず 父がいつも仕事部屋で絵を描いていました私はそれをじーーっとぼーーっと見ているのが好きでした母は専業主婦で父の仕事の秘書的なことをしたり美大出身なので お客様の意趣をすくいあげ母がデザインし父が形にしたりなどしていました父と母はモノ作りに不可欠な妥協しないで議論する中でモノを創りあげていく工程を教えてくれましたしそのテンションで 普通に夫婦喧嘩などもあったので狭い家で とくに自分でいうのもなんなんですが落ち葉をみて号泣したりする感受性がガラスのような子供時代の私にはちょっと父と母の愛のスタイルは ヘビーすぎたなぁと思います新宿のマンションで育ったのですがもともとその界隈は綺麗な川があり染め物がさかんで都会でありながらなんだか下町風情が残っているところでしたマンションの住人同士仲良く長屋のようで 子供を預かったり調味料の貸し借りができたりそんな環境でした猫の額ほどの小さな庭には父が仕事に必要な和の草木を育て父はそれを花瓶に差して仕事部屋でよくスケッチをしていました私が小さい頃は、父は煙草盆を用意して煙管やパイプで煙草をすっていました料理が好きで、たとえ何か出来合いのものを買ってきても父は母とは違ってお皿にうつし庭の草を洗って添えるような根っから風雅な人です育ちとは関係なく、裕福であっても貧乏でもあっても消えることない根っからの余裕が父にはありました母は本当に猪突猛進で、異常に涙もろく情愛深く面白い人で母は中高と、あるお嬢様学校の卒業生なのですが、校長先生との進路面談で「あなたはこの学校で珍しい大変面白い方だから私の大阪の友達が最近つくった劇団に紹介するので入ったらどうか?」と後の吉本興行に薦められた笑い話があるくらい深刻なこともあったのですが、死なないですんだのは母のユーモアさのおかげですうちも食べるものがないと言っているのに 同じマンションにすむ学生さんをよくよんで一緒にお好み焼きを作って食べたり今はワーキングウーマンになってぜんぜん違う生活をしているのですが今も昔もいつも周りの人が相談しに母のもとへ訪れている光景は変わりません母はいつも普通はこうなったらこういうパターンを選ぶよねという逆の選択をして なぜかそれがミラクルを生むという現象を沢山見せてくれました2013年の秋から1年の中でぶつかった壁の中で私は大事なことを学びましたそして同時に私は父と母にすごく大切なことを知らないうちに学んで 妹と私に今もそれが残っているのだと気がつきましたそれは 父と母は、何か(互いの信頼関係や創造物)を、良いもの創り上げるために直接的になんでも互いにぶつけあうことを最善とする人だったけれど他人に対してもそれは同じでしたそういう意味では徹底した美意識に貫かれた2人でおよそ家庭の中で他人にたいして例えば批判に終始するですとか揶揄や皮肉でさえも聞いた事がなかったなぁと思いいたったのでしたたぶん、アーティストと言われる方はそういう傾向があるように思います。ギターを買ってもらったらぐれなかったみたいな話に似ているというか…父は野生児というか自然児で感性のままに生きる絵描きですし母はことごとく危機を脱する知的な部分もありましたが根回しとか知略ではなくて霊感や直感という野性的な感覚が長けているタイプですので2人とも、およそ他人とのバランスを感知して振る舞うという経験が少ないというかそれにかける時間や気力を創造、クリエイティブに傾ける人達だったのでいわゆる空気を読むということが苦手ともいえる人達であったなぁと思いますつねに直球というか子供のように素直で親にそういうのはあれですが不器用で馬鹿正直なタイプです私は父の芸術性と母のユーモアから、何かマイナスに思えるようなことがあっても直ちにそれをクリエイティブな情熱の炎にくべる薪にすればいいという優先順位を自然に学んでいたのだと気がついたのでした今、ボイジャータロットアルケミーでタロットを学んでいるのですが大アルカナの「VI.LOVERS(6.恋人) …相反するものを統合する」や「アート」のままだなぁと思ったのですなので父と母が対人関係における悩みは家庭、というか私たち姉妹の前では見せずすでに違うものに変えていたので私はあまりそういうことに触れないできてしまったと分かりました学生時代の友人も今思うととても純粋な人ばかりだったのですなので私は逆のことが かりにそれがありのままを受け入れると言われることでもあってもあまりピーンとこないのだなぁと分かったのでした何かを学ぶとき、極に触れた方がスピーディなのでいままで触れていなかったものにふれてしまうというブームにこれも何かの必然性があるのだろうとその学びの体験を困惑しながら受け入れ飛び込んだのでしたが何の意味があったのかといまいちわからずにいました。しかし、やっとわかりました自分が知っている持っている愛を思い出す為だったのだと最近わかりましたそれに、そもそも10数年前に「私は喜びから学ぶ」と宇宙に宣言していたのだとと改めて思い出したのでした私が大切にしたいこと 譲れないものは何なのかそれをはっきりと軸の中に打ち立てるのに必要なことだったのです私は 後から届いたプレゼントのように父と母の愛を 今受け取ったのだとわかったのですそして、それを運んでくれたのは このタイミングでいろんな姿を私のまわりで演じてくれた方がたのおかげで届けられたものだったのだとハッキリと気づいて感動したのです!改めてもう一度沁み沁みと♡からホ・オポノポノですありがとうMerry Christmas! & Happy New Year!

      7
      テーマ:
  • 20 Dec
    • 久しぶりのプリズム♡ハート

      もうすぐクリスマスですね♪冬は空気が澄んでいて☆も夜景もハッキリと見えて綺麗です昨日は、SAYAKAさんとのコラボセッションのプリズム♡ハートでしたシンクロニシティが盛んになってくると同じメッセージが重ね合わせるように「こっちの道だよ♪」っていう感じで届く事がありますヒーリング関係のイベントなどで、ボディセラピーをうけても、チャネリングでも、占いでもなんだか同じメッセージを受ける場合がありますSAYAKAさんのカラーボトルからお客様の潜在意識などを読み取り(と、いってもSAYAKAさんはその方をとりまくいろんなものが見えたり感じたりする方ですよ)わたしはお客様がボトルを選んでいる瞬間に意識をあわせてカードをひいていきます足し算ではなくて掛け算になるセッションだなぁと私自身感じていますいろんな相乗効果のあるセッションだと好評をいただいて今回は以前うけて下さった方がサロンにリクエストしてくださって開催する運びになりましたギフトをいただいたようにありがたく、幸せな気持ちになりました写真はお客様からいただいた香りの贈り物。S様ありがとうございますまた、先週行われたフォーチュンパーティというイベントでもプリズムのお客様が訪ねてくださったり懐かしいお客様にお会いできたり、今、健康セミナーでスムージーのデモとミニローフードの講座を担当しているのですがそのセミナーに参加されていた方が訪ねてきてくださったりイベントに参加した時のオーガナイザー様と今度は一緒に参加することができたり瞑想の先生や先輩と参加できたりとそれもギフトに思う幸せな12月でした。とまるで もう今年も終わりのような感じになってしまった(笑)私はもう10年近くお正月を区切りとしてはあまり使っておらずどちらかというと、遠隔ヒーリングに参加する気持ちというか世界中でたくさんの方々が平和や幸せを祈っている日に、集合意識に自分も参加しようという気持ちがあるだけであとはイベント的な気持ちでみています節分の日や旧正月 春分の日などが区切りですので今月はどちらかというと クリスマス前の22日朔旦冬至に意識を合わせております自分の直感を強めたい方、シンクロニシティを加速させたい方不思議なことが体験したい方には まずはとっかかりとして時間軸の概念にヒビを入れることをおすすめしていましてマヤ暦や旧暦を意識するようにとお伝えしています身体的な感を呼覚ます効果があったのだなぁと私は認識しています今年はアトリエをつくったりホロスコープに続き、タロットの勉強も秋からはじめましたので発見も多く福島や北海道、沖縄や九州、名古屋、大阪京都、各地の聖地巡礼、シンガポールやタイのローフードをたずねたりと旅もたくさんできました春のことを思い出すと 時間的感覚でいうと2年以上前に感じるくらい濃くて充実した日々であったなぁと思いますいろんな気づきや発見や不思議なことは雨霰と山ほどあって結局、Blogに書き綴る事はできていなかったのが少しもったいない気もしますがやりたいな や こういうことができるようになりたいって決めたことは叶えた良い2014年でしたご縁してくださったすべての方々本当にありがとうございました♪年内のイベントは28日に18時~世田谷であるギャザリングにて ローフード&カードセッションします16時からのA-shaさんによる瞑想会に私も参加しますよかったらお会いできますように~♪

      9
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 読書の秋「シュタイナー講演集 薔薇十字会の神智学」

      すっかり秋の気配ですね、みなさんお元気ですか?私は一ヶ月半という限られた時間ではありますがほんのほんの少しだけ3歳&7歳の甥っ子’sの子育てヘルパーをして精も魂も使い果たした夏でした毎日気絶寝になりまして起きると「ここはどこ 私は何」状態で目が覚めて自分が誰なのかどころか生物体であるということをもリセットされてしまうような深い眠りの連続の日々でしたお子さんを育て上げた方々、只今育児中の方方そして教育関係のお仕事の方々への尊敬の念が改まりましたそして1人になる時間って本当に大切だなぁって たった5分でも無になってお茶をゆっくり飲むことに集中するということって意外に難しいのだなぁって分かりました「今ここ筋肉」が鍛えられた気がします。前置きが長くなりましたがみなさんは、慣れ親しんだ自分に戻る時に何か約束事や方法はありますか?いつでもどんな時でも 自分の中心にしっかりと繋がったままでいらっしゃる方はそんなこと考えたこともないかもしれません私にとっては、自分というのは1人っきりで思考している状態というか 思考しながら意識が拡大している状態というか喩えていうと車の運転に近いかもしれません運転している時は交通ルールや車のコントロールに神経を配らせながらも体のフォルムは車の車体に拡大されている状態で ちょっと意識がはみ出してボーッとしている感じが平時というか それが慣れ親しんだデフォルトな状態です抽象的に書きましたが もっと具体的な場合もありますよね周りの方を笑顔にさせて自分も皆の中で大笑いしているのが自分のリラックスしている慣れ親しんだ自分 という場合もあるでしょうしゴロゴロ寝ていたり もしくはスポーツに汗を流している姿を思い出される人もいらっしゃいますよね活字を追っている時 活字を見ながらイメージを膨らましてそこに自分を浸している時もそれは私にとっては慣れ親しんだ自分に会っている感じがしてとてもリラックスします読書というのは 電気もいらない色もない文字だけの白黒の世界をスイッチにしてイマジネーションの翼に乗って自由に時空を旅できる装置見知らぬ人 見知らぬ世界 経験することのない体験言語で捕まえることのできない自分では辿り着けない境地そういったものを本の少しでも味合わせてくれる 本当に楽しいものだなぁと思うのです1人で読んでも楽しいし、お友達と感想を話し合うのも楽しいですよね!昨年から通い始めた ルドルフ・シュタイナーを知る読書勉強会ほんとうに素敵なんです。素晴らしい先生とそこに集る方達の情熱と時空を超えてシュタイナーの残した智慧が交差していまして紙にペンを走らせる音しか聞こえないくらいの静謐な集中と学ぶ喜びや情熱が爆発していて ほんとうに素敵な空間なんですここに参加させてもらえるだけで 本当に嬉しい今はこちらの本を読んでいますシュタイナー講演集 薔薇十字会の神智学まだ全部は読み終っていないのに紹介するのもなんなんですが本当に読んでいて毎回感動して面白いのでぜひ!今日は、鉱物界と植物界と動物界と人間界体・魂・霊についての解説があったのですが読んでいると、仏教の生命論である十界の解説とも重なっていてとても興味深いのですサンスクリット語とドイツ語の語感、言霊、音の波動と似ている話が出たり先生の豊かな知識による ちょっとした雑談や ほんの一言がゾクゾクするほど楽しくっていつも終った後、この会を誘ってくださった人と「きょうも 凄かった~面白かった~」って言い合うのですが読書会ってこんなに楽しいものなのだなぁと改めて知りました今日の疑問は戦場、または心の中が戦場にいる状態で 美しい薔薇(エーテル体、そして永遠の真理)をみて感動した時その時の状態をシュタイナーはなんと解説されるのか 今は基本的なことをまずはさらっているので すべて縦軸というか線上で進化を解いているのですが入れ子状というか 陰陽図のように互いが(この場合は3体の三つ巴)不二の状態として認識するのだろうか という疑問がわきましたそして、鉱物界は崩壊する法則 最小化(原子化)していく法則植物界は成長していく法則生命形成力 という対比を聞いた時に浮かんだのはなぜか君が代のある一節でしたさざれ石の 巌となりて 苔のむすまで本来は大きな岩が砕けて転がって小石や小さな砂粒になるというものが自然の法則とは逆再生していく時間の流れを詩っているわけでその後には苔という生命を宿すという ぎゃくにものすごい力を感じるなぁとあらためて そんな強い祈りが込められた歌詞なのだなぁと思ったのでした一節によると、古代ヘブライ語で音読みすると違った意味になるとのことで そちらもとても祈りというか誓いのようなまた力強い詩になるようで 本当に不思議だなぁと改めて思いますではまた お元気で~♪

      12
      1
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 新しく誕生する地元のフェスタにワクワク♪

      雲が高くすっかり秋の空ですね♪みなさんお元気ですか?私はこの1ヶ月はドイツに住んでいる妹と甥っ子達といっしょに過ごしててんやわんやの日々でした~私は大田区に住んでいるのですが大田区って東京都の中でも2番目に大きい区なんですなんと伊豆七島は大田区なのですって、伊豆だから静岡だと思っていたのですが八丈島なども大田区なのです!そして、大田区というのは国際空港となった羽田空港があり羽田蒲田の町工場もありますね農業もあるんですよ馬込三寸人参とか城南小松菜などという江戸伝統野菜もありますそして漁業もあるんですよ 穴子が有名ですね屋形船などもあるんです工業農業漁業が揃っているところって珍しいのですっていろんな魅力がギュッとつまった大田区なのですが私が暮らしていて少ないなぁって思うのがナチュラルなカフェというか マクロビオティックのカフェなどが少なかったのですベジカフェなど巡っていると この数年にやっと増えたなぁと思いつつも街の規模のわりにはないなぁって印象でしたこういったカフェが発信するカルチャーですとか集って来る方のエネルギーやワクワクってあるじゃないですかだからもっと大田区にもそういったお店が増えたらいいなぁって思っていたのですそれがですね!明日の土曜日、9月6日に下丸子の区民プラザで 大規模なナチュラルフェスタが開催されるのです自然農法や固定種をとりあつかった八百屋さんから東洋医学や食療法を取り入れている話題のクリニック院長さんから私が尊敬する凄腕の占い師さん方やセラピストさんたち心と繋がる収納法の先生など とてもわくわく楽しい素敵な方達があつまったイベントが生まれるのです嬉しいな♪よかったらいらしてください♪第1回目というのは何においても素敵なものです初めてうまれる息吹きやエネルギーにどうか触れにきてください♪私はローフードの軽食も試食できるサービスWSを用意しております[ローフードの簡単おやつづくり]と称しましてドライフルーツのデーツ(ナツメヤシ)を使った簡単持ち歩きスイーツ2種をレッスンいたします。デモンストレーションではなく実際に作っていただきますよお子様づれも大歓迎です♪「夏休みお疲れさまでしたご充実さまでした~♪のお母様がた下丸子ナチュラルフェスタに ぜひ癒されにきてください♪

      8
      1
      テーマ:
  • 12 Aug
    • スーパームーンから新月に思いをはせて

      ~~~~~~お知らせ~~~~~~~~ イベントで ~マゼンタを食べる~がテーマのローフードをお出しします♪  よかったら遊びにきてくださいね♪ 新月祭り 8月25日 月曜日 午前11時から午後17時頃まで 江古田のカフェ 「Poem & Gallery 中庭ノ空」にて   http://nakaniwanosora.web.fc2.com/ イラスト 成島亜貴     消しゴムハンコ、切り絵 ナターシャ     ガラス 藤井彩子     陶器 Naoko Nakajima     花詠み Miesha     マヤ歴占い aicoco フード 晶 ~~~~~~~~~~~~~~~ 残暑お見舞いもうしあげます♪ みなさんお元気でしたか? スーパームーンとっても綺麗でしたね! 10日の朝に私は満月の夢をみまして。 今回はこちらの方が印象に残っています 山のように大きな大きな満月を前にして 「まぶしくて綺麗だな~」って光の方へすすんで行くと 満月は光の通路のように丸い入り口になっていて そこに入ると幸せでじぶんが 光に浸食されて至福のまま消失していくような充満していくような 自由に空を飛び回っている時に似ている体感というか感情というか そんな夢でした。また見たいですねぇ 私は夏生まれなのですが 夏の日差しに本当に弱くて、子供の時から夏休みは家の中で読書や絵を描いて過ごしていましたよ 子供らしく外に出かけなさい!などと言われて 困ったものです 小学1年生の時から往復3時間 大人に交じってラッシュのバスと電車に乗って通学していたので 疲れていました。 とにかく泣き虫で過敏だったのと 今おもえば霊媒体質なのかなんなのか 人混みにいくと頭痛や吐き気が酷かったので 日々消耗していて とにかく夏休みの40日間は家の中でゆっくりゆっくりぼーーっとしていたかったのです 夏休みの期間があったから、耐えられたなぁと思います 20才からガラッとかわったんですよ。それまでは本当に電車も繁華街も辛かったです そういえば肉を食べ始めた時とかぶっているので そういう影響もあるのかもしれません。 同じ路線を小中高と12年間使っているなかで、読書か観察かしかやることないですから 電車の車体の進化ですとか 線路の合流やカーブとか すれ違いとか好きになってしまいました そういえば、その時に鍛えた直感の遊びで 「降りる人を予測する」ってことをやっていたので おかげで今でも混んでいても 座れることが多いです。 こういうこととか、電話を取る前に誰か予想するとか 習慣づけるとだんだん的中率が上がって しまいに意識しなくてもできるようになるので面白いんですよ♪ と、心のやわらか~い時に電車の楽しさに嵌ってしまったので奥深くに入り込んでしまったようで 今でもその影響があって、地方にいくと特急や乗った事のない路線だとワクワクしてしまいます 甥っ子が生まれてからは眠っていた電車熱が再燃しまして 先日は、苦労してロマンスカーの新車の展望席の一番前を、全国の鉄道愛好家さんと同時に競い合い 勝ち取ることができまして 私は長年の夢を叶えることができました!すごいどうでもいいことなんですが とっても嬉しかったのです! 夢は大きな夢と小さな夢がありますよね 大きな目標に向かっていくのには 途中途中に 小さな夢を叶えて自分に元気を贈ること、自信をつけること、癒すことを大切にしたいなぁと思います ちょっとの勇気で 叶えられることは ちょっとの無理をして叶えていくこと とくに子供の頃に「こうなったらいいなぁ」って思っていたことを 叶えると インナーチャイルドが喜びますね♪ 大きくなると叶うのを待っているだけから変わって 魔法使いの役目も 王子様の役目も お姫様の役目も 自ら自由自在に演じて 喜びを創ることができますね もちろん、目標に向かってコツコツと積み上げる楽しさも大事な宝になりますし 時間や心をかけて叶う夢も ふって沸いたようなミラクルな夢も どちらもできるだけ沢山に甘受できるように 自分の人生に種を植えて 育てていきたいです そして そのリズムを作っていくのに 新月や満月 天体のリズムと同調させるのは すごくおすすめなんです 変化し続けることの永遠 という法則 そういった法則を象徴しているもの 長い長い時にさらされて 社会や人が変化していても 変わらないもの そういうものに自分を沿わせることを うっすらとでも習慣づけるというのは いいことだなぁって思うのです 素敵な満月から、新月へ そしてまた満月へ この晩夏のリズムは 2014年のキーポイントではないかなぁと なんだか感じています あなたはどんな夢や目標がありますか? 馬鹿馬鹿しいと思うけど なんだか子供のころからずっと心の奥底に眠っている夢はなんですか? ワクワクの種はどんな種でしょう♪ ではでは お元気で~♪

      11
      5
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 水星逆行カフェ^-^でお待ちしております♪

      お久しぶりの間に梅雨にはいりました みなさんこんにちは♪ 体調はいかがですか? 水星逆行もスタートしましたので、ゆっくりモードを少し意識すると良いかもしれませんね♪ 私はBlogを書かないひと月ほど、怒濤のようにミラクル連続の日々で  感情のジェットコースターを味わい整理してきた感じです。 日本の歴史を巡るスピリチュアルな旅や、 ↑先日訪れた京都の広隆寺の白蓮です 河口湖でおこなわれた野外イベントでの出店ですとか ↑セッションの他にブラウニーとマンゴームースとランチBOXを出しました♪ プリズム♡ハートの1周年ですとか 新しい体験や体感などを得ることができました。 お会いした方々、お客様本当にありがとうございます。 さて、急なのですが明日高円寺のひらやさんで開かれる イベントに参加します。 ロースイーツのパティシエの直さんがひっそりほっこり開いている スイーツ&ハーブティーの1日限りのCafeです ローフードのケーキは焼かずに、タルトをつくったり 乳製品なしにクリームをつくったり 甘みは天然のものを使用したりと 初めて食べる方は不思議だと思います さらに、直さんがつくるものは本当にその人柄がにじみ出るような 緻密でいながら緊張を感じさせないホッコリとした優しい気に溢れたスイーツなのです 私が宣伝しなくとも売れっ子の方なのですが、私とご縁がある方にもぜひ味わっていただきたくって ピーンとこられた方 よかったらぜひいらしてくださいね♪ とっても気さくに、ロースイーツ作りにかんしていろいろ質問に答えてくださいますよ 水星逆行は、過去にいったん戻るような現象心象にあうようなので 懐かしい方から連絡がきたり 無くしものが見つかるのですって♪ 強制的に過去に戻るなら、楽しい ほっこりしたものも味わえたらいいなって思います。 すでになんとなくしんどいっていうモードに突入している方もいらっしゃるかな? そういう方は地球や月や星の影響に精密なアンテナをもっているのですね よかったら、この期間の過ごし方のヒントをセッションで得ていただけたら幸いに思います わたしも明日、再びお会いできるお客様がいらしたら嬉しいです♪ リーディングセッションだけでも、スイーツだけでも大丈夫ですので どうぞご気 軽に遊びにいらして下さいね^^。 ではでは、みなさん雨の日の素敵を見つけて良い週末を~♪ 追伸:夜の雨の薔薇や、雨のクチナシが艶っぽくて好きです Hedgehog Cafe →詳細 日時 6月8日(日曜日) 12:00~17:00 場所 高円寺 暮らしのアトリエ ひらやさま 杉並区高円寺北1-9-20   直さんのメニュー ↑こちら前回にお出ししたケーキ達 ☆ローケーキ1種&プチロースイーツ&ハーブティーのセ ット 800円 ☆ローケーキ2種&プチロースーツ&ハーブティーのセッ ト 1200円 私のメニュー ♡プチセッション  クイックメッセージ 5分500円  ♡ エンジェルリーディング 20分2000円プチローフード付き

      16
      1
      テーマ:
  • 29 Apr
    • I'm ready♪ 私は受け取る準備ができています♪

      みなさんこんにちは♪ 新緑の季節は本当に気持ちいいですね 太陽の光の下でも 雨に打たれても 曇りでも 若い葉っぱは光っていて眩しい それに小さい葉っぱを見ると、甥っ子達を思い出します ↑鹿島の森で沢山の巨大な古木達の足元には赤ちゃんの緑が植えられていて壮大な時間のスケールをもった環をこの森に感じました。まさに宇宙♪ 前回、叶い方は手放すという記事を書いたら早速 思ってもみない流れが引き寄せられて 私はこの数年、「こうなったらいいな」と思っていたことが どどどって急に動き始めました。 もう少したったらBlogで発表しますね♪ さて 題名の 「I'm ready♪」は 魔法の言葉です。 私のチャネリングの師匠のエリザベス・ニコルソンから教わった魔法の言葉の1つです。 何気ない会話の中で教えてくれた言葉でしたが 私はとても大切な宝を教えていただいたと思い大事にしつつ 人にも伝えてきました。 今日はきっと 沢山の人が新月のお願いごとをしているのではないでしょうか? だから 私は 叶った瞬間のことを書きたいと思います。 「I'm ready♪」は 私は準備が出来ています!と 宇宙に宣言 アフォメーションする言葉です なので ぜひ 今日さっそくに 口にして 声に出して言ってみてくださいね♪ (お!あの子は準備が出来ているから どしどし ギフトを贈ろう!と宇宙が動き天使や守護が動きます。そして現象がかわってきます) 前回の記事に書いた 叶う方法や軌跡を手放すという意識と これは対になっていると私は思うのです 何か 証拠(才能 努力 魅力 など)があるから もたらされる(信じられる)という 線の概念ではなくて 同時にすべてが在るという点の概念というか そういうことにシフトしていく言葉です どちらか一方ではなく 両方もつことで シンクロニシティや引き寄せる力がスピードアップするので どうかおぼえていてくださいね♪ 準備ってなんの準備?って思うかもしれません ギフト(Happy&lucky)を受け取る準備のことですよ♪ 贈り物という愛を 私は受け取る準備が整っていると宣言して欲しいのです。 愛を与えるというのが得意な人もいますし 愛を受け取るというのが得意な人もいます 与えるのが得意だった人は 受け取ることに慣れない人がいますね 受け取るのが得意だった人は 与えることに慣れない人がいます 両方バランスよくできているかたももちろんいらっしゃいますね 女性であっても 自分の中のこうした男性性と女性性のバランスを見ていくっていうのはたまに大切だなぁと思います  私も 二年前から愛を受け取る強化キャンペーンをしているのですが これは意識というより 3次元的な自分のキャンペーンですけれど それでも もっと言っていいとか オープンになれと言われるので 自分で自分が無くなりそうな感じというか なかなか慣れません。 与えるキャンペーンをしている方ぜひ私と一緒にためしてみましょう♪ あ、話がずれてしまいました(笑) 赤ちゃんは 泣いたり笑ったり、ヨダレをたらしたりオムツを変えてもらってお風呂も 寝る事さえ ポンポンってしてもらって寝かしつけが必要であったりと とても無力で とても可愛い存在です 無力で可愛い存在ですが 王様のようですよね♪   「I'm ready♪」 私は準備が出来ています! って宣言する時は 無垢で最強な魂の権化 赤ちゃんを思い浮かべてもいいのかもしれません(笑) 肝心なのは  苦しい時に 辛い時に 悲しい時に そこから脱出したい時に この魔法の言葉を口に出すのももちろん良いとは思いますが できるならば 嬉しい時 楽しい時 喜んでいる時 心がほーっとしている時に すかさず言うことです 命の基底部が上がっている時 心の波動が 夢が叶っている時の状態になるべく近い状態で その波動から  「I'm ready♪」 と宣言し宇宙に響かせることをおすすめします ここで一応 注意事項として書きますが  私はずっと昔に、「私は人生の学びは喜びや楽しみから学ぶ」と決めてしまいました。 この記事を読んでいる方の中で、達成感を得るのに辛いこと苦しいことを通り抜けた中でもたらされた方が自分は実感がわくし その方が好ましい と自分で自分がわかっている方がいると思います。 そういう場合は 嬉しい時に宣言しない方がいいかもしれません。 美味しい! とか  ありがとーーー! とか わーい♪ って思った時に  「I'm ready♪」 私は準備が出来ています!って言うようにすると すごくシンクロニシティや引き寄せる力が加速していくので  ぜひ言ってみてくださいね♪ 今日、願い事を書いた時に それぞれに その状況が今この瞬間すでに叶った時の 気持ちを心と身体に先取り再生して イメージの中で先に味わってください そしてその心の波動から  「I'm ready♪」 私は準備が出来ています! って宣言してくださいね♪

      14
      テーマ:
  • 27 Apr
    • surrender 叶う方法や軌跡を手放す

      こんばんは~♪ お休みの方もお仕事の方も 今日は良い夢を~ と、最初から「おやすみなさい」な挨拶をしてしまいました(笑) 私は好奇心旺盛なタイプで趣味といえるものというか注目していたり取り入れているものは沢山あるのですが 一番の趣味といえるものは 寝ることかもしれません。 ゴロゴロすることが大好きです。 日が差し込む窓辺にお布団を置いて フカフカさせたところにゴロゴロするのが至福です。 昼寝時のフワフワ感(フォーカス12くらい)で、いったりきたりをするのが気持ちよくて好きですね 夜と違って、目を瞑った時に視えるものがまた違って感じるというか 夜より緊張がなく安心できますし。 そのまま寝ちゃってもいいですし。新しい試みを実験したりしても楽しい。 気をつけないと昼でも、金縛りになったりはするのですが めったにありません。 やっぱり太陽の光というのは素晴らしいです♪ 今日は初対面の人からお宝をおもいがけず頂きました お金で買えないものをいただくことが昔から多いです。 幸運のお裾分けというか… どうやってご恩返していいのかわからない。 幸いそのような、気前のよい方というかシンプルに最強に生きている方はみな口を揃えて 「そんなのいいよ、そういう気持ちは私ではなくて、かつての自分だと思うような人に還していってくれたら それがすごく嬉しい恩返しだから」と言います。その愛に甘えている私です。 私に欠けている部分に長けている人が 「自分から損をとらないで、自分を大切にして」と言ってくれると 私は「大丈夫なんだよ ありがとう」って言います 私は「自分を大切にする」という行為がユニークなのかもしれないから 大切に思ってくれている人を安心させてあげることができないのかもしれません そこは、修行中で七転び八起きです。 とにかく なんだか巡り巡って 思いもしらないところから 素敵なことが還ってくるから だから安心できてるのかもしれません 「必ず還ってくる」という法則は 対面ではなく 自分の想定よりも思いもしらない角度や方面や大きさで来るのです 過去と未来と同時にある、今日という日ありがとう。宇宙ありがとう。

      6
      テーマ:
  • 23 Apr
    • グラウンドクロス当日は休憩

      こんにちは~♪ お花が咲き乱れていて美しいですね あなたは好きなお花は? 私はたくさん好きな花があるのですが 桔梗の色と蕾の形が☆でかわいいくて好きです。って秋の花ですね 香りが好きなのは、沈丁花やヒヤシンス、日本水仙、スイトピー などちょっとツンとした清涼感のある凛とした香が好きです そうそう、もうすぐ薔薇の時期ですね 楽しみ♪ ↑先日、訪れた香取で落ちていた椿の花びら  ローズといえば、シュタイナーの勉強会に参加しているのですが メルヘン論 から 悪について から 今度は ローゼンクロイツが始まりました。薔薇十字会の神智学です。 大人になってからの勉強ってとても楽しいですね。 年をとるほど自由になるって 本当にそうだと思います。 自分が何が好きなことなのかはっきりしてくるから ですね。 ホロスコープの勉強を始めたのも 新しい視点で自分を知るということ リーディングの語彙を増やすことを目的にはじめました ホロスコープを勉強する前は算命学を独学でずっとやっていたので 西洋と東洋とで共通しているものがあるのも面白いですし 最近、「ありのままでいい」っていうメッセージが溢れていますが ありのままってじゃぁ なんなの? あなたらしさってなんなの?ってなった時に 抑圧されていたことが解かれたことで解放されてありのままの自分になった というだけの段階で それがありのままっていうわけではないとは 思うんですよね それは反応とか感情というか で、こういったことをあれこれ考えるのもホロスコープでみると自分の特性であるだけなんです 分析したり探求するのが好きなんです。 で、そういう結果を明らかにして教えてそれをもって導いていきたいという衝動をもっている人もいれば 一人で自己完結していきたい人もいるわけです それを商売として広げていきたい人もいるし  慈善活動というかそういう形で教育して行きたい人もいて それぞれが 得しているとか損しているとか ブロックがあるとか 解放されている姿だとか  そんなことは他人がどうこう言えるものじゃないなぁと ホロスコープを勉強して改めてやっぱり思うのです というか それは私の考えであって 言う人がいたってそれは自由ですが 何がいいたいかというと、自分が大多数から ブームの考えから外れてもいいじゃないってことです。 だって、しっくりこないんだもん そんな理由でいいんじゃないかと 元々が和風出汁なんだから そこにいろいろスパイスいれたり ハーブ入れて洋風にはなって新鮮さはあるけど でも そもそも和風出汁だしね っていう感じというか 自分というのは宇宙に1つの存在であってたったひとつの種で それをどのように育ててどんな花を咲かせるのかがまた1つの醍醐味で そして種が芽吹くのも花となりまた実をつけたりという宇宙の法則は どんな種類の種にも共通しているというか 最大公約数的に法則は共通ではあるんですが でもそうはいっても たまにかわった植物とかあるじゃないですか たまにしか咲かない竹ですとかね 誰かがみつけた気づきに 合わなくたって合わせなくたっていいんだと思うんです。 そんなことを、ホロスコープをみていて あらためて思いまして… 違っていて当たり前だよねって思ったら すこぶる元気になったのでした。 そういう中で今 活動宮でグランドクロスが架かっているのを知りました。 宇宙に十字がかかっているなんて凄いですよね♪ 映画のインディジョーンズが大好きなので なんだかそんな天体現象をきくと どこかで新しい秘宝が見つかっているのではないか?とワクワクしてしまいます。 そういえば、南米の湖底に古代の神殿が見つかりましたよね 今回のグランドクロスで  童話「赤い靴」を履いたように脱ぎたくても脱げない踊り出す靴のような そんな感じに忙しくなるのよって先生に教わったのですが 三月の春分明けからすでにそんな状態に突入して  今日は久しぶりの丸一日休憩って感じで一日中寝ていました。 明日から1泊2日で福島の楢葉町でボランティアに行ってまいります。 いつもヘトヘトに疲れるので、病み上がりということもあり 帰ってきた次の日の休みを出発前に取りました。 昨年の秋から、なんどかお手伝いにいっているのですが 東電の対策本部のある食堂とそこでのお弁当作り  その料理長が隣町の広野町で開いているレストランのお手伝い 福島のイベントに参加する時のサポート等を 微々力ですが ご縁があって行っています。 汚染水の対策ですとか復興支援などの関連企業の方がたくさんいて その朝食昼食夜食を食堂で作っていて その他にな防犯警備の企業の方、 機動隊 警察 消防署 役所などの方々にお弁当を作っているのです 働いている人はほぼ被災者の方で  避難先のいわきなどから1時間以上かけていらっしゃっていて なかなかお休みがとれない中で頑張っているのです サッカーの縁で行くことになったのですが 当時はローフードのケータリングをうけはじめて 自分のあまりの手際の悪さに これはどこかケータリング会社にバイトにいくかなんかして修行しないとだめだなぁと探し始めていたときでした そして、ローフードの食材はホールフードということで丸ごとなるべく食べますからオーガニックが基本なわけで なるべく自然農法でベクレルフリーで西の地方のものを買っているので 私は自分が恐れているものをちょくせつ見てみたくなったのです そして一番大変な場所にいきたかったのです これは自分のエゴだと思います… そんな中で 本当にクアトロシンクロというか 自分のいろんな望みが重なって お手伝いにいくことになったのですが 私は東京生まれの東京育ちで 父方の田舎は新潟にあるものの 新潟には2回ほど法事でしかいったことがなく 田舎とか地方にあまり縁がありませんでした。 祖父も東京生まれですし、祖母は秋田から嫁いできたものの 秋田に行った事はありません。 この三年ほど、サッカーに夢中になったことで初めて地方を訪れていろんな発見があって 刺激に溢れすごく楽しくて、どこにいってもとにかく新鮮に感じます。 そういえば、こんなに同じ土地に何度も訪れたことは 福島が初めてです。 行く前は 除染になんの意味があるのだろうか?とか思っていたのですが 明らかに線量は変わりますし それ以外にも意味はあると分かりました。 圧倒的な現実に私のしていることってなんなんだろうか…って無力に感じたりします たとえば いろいろ手をつくして自然農法の食材だとか安全なものを探したり提供すること エンジェルリーディングをしていること 私は福島にいくと ただひたすら肉体の力で みなさんと一緒になって汗を流して へとへとになりに行くんです 私にはそれがとても大事なことなんです 食べることが好きだから 食事ってなんだろう? 喜びってなんだろう 生きる糧ってなんだろう?ってすごく考える もともと 幸せは人が決めるのではなく自分で決めるのだと思ってきましたし 病気になるから不幸なわけではないし 死が不幸であるというわけではないという考え方で育てられてきました 福島でお会いする婦人から「好きなことをするのよ!」ってジャガイモの皮をひたすら剥いているときに言われました 今迄も十分そうしてきたけれど とても心に残りました。 また、あちらで出会う方はみんな控えめながら それでいて とてもユーモアがあって 時間が無い中で ふとみんな何かと笑わそうとしてきて  そこがとっても素敵だなぁって 思うのです。 勉強って いろんな勉強がありますね ただ そばにいるだけでそこにいるだけで いろんなことを感じて 言葉にするのは難しいのですが 福島のニュースを見聞きしたり 自分が1人で焦ってお弁当を作っていると あちらで出会った人達の姿や声を思い出すんです なんだか支離滅裂になってしまいました 元気いっぱい 行ってきます! ↑こちらは鹿島の森の中、要石の側で

      9
      テーマ:

プロフィール

自己紹介:
スピリチュアルエンジェルカードリーディング・ブライトセッション(筋反射による年齢遡行セラピー)・エン...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。