2006-08-18 05:01:26

私の中では当たり前の事だったんだけど・・・

テーマ:病院

うつ病というのは大分認知されましたが、
精神病院という名の所に今まで関係なかった人が行くのは
勇気が必要な社会のままなのだと最近知りました。

私の友人で私が見ている限りでも軽いうつ状態になっているな・・・と
思ってい人がいたのです。

会社の方も理解があるようで、カウンセラーに行こうかと考えていたようです。


私自身の意見としてはカウンセラーとの話も気分転換にはいいかもしれないが、
病院に行ってきちんと治療した方がいいのでは・・・と感じてました。


結局、病院にかかろう!!と決断したようなんですが、
友人が探したのは心療内科

そんなに精神科はイメージが悪いのでしょうか?

でも、心療内科というものは精神科と同じと認識している人は、
少なく無いようです。

基本的にまったく違うんですけどね。

患者に気楽に来てもらおうという意味で心療内科と記している病院もありますが、
基本的には別物です。


なので、他で似たイメージを世間で持っているであろう、
科の専門性について、
少し調べて、近日ここにアップしていこうと思います。


本当はフリーペーパーとして冬までに作ろうと思っていたのですが、
ちょっと早く締め切りが来たと思って、
きちんとした内容を作ろうと思っています。


ブログランキング参加中です。クリックプリ~ズ♪ <別窓で開きます>

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-02-06 06:29:39

大病院に行く前に知っておく事

テーマ:病院
なかなか病気が治らなかったりして心配ると、多くの人は大学の付属病院や、
規模の大きい病院で診察してもらおうと考える。
そんな時に気をつけてもらいたいことです。

それは、大学病院は医師がおおい代わりに専門化も進んでいるという事です。
専門の病気に関しては知識も高いが専門外の病気には弱い事もあります。

自分の病気が得意な先生に当たればいいですが、
そうでなければ散々検査された挙句、原因がわからずうまく治療が出来ないとう結果になる事もあるそうです。

大学病院は臨床を行うのと童子に教育機関でもあるので、患者を治すことと同じくらいの
割合で、患者を素材にして医学を研究するという姿勢があります。

だから、大学病院の付属病院にかかるよりも
臨床だけの病院、民間の大きい病院の方が臨床の技術が高い事がおうおうにあるそうです。


ブログランキングにも参加中です。よろしければ投票お願いします。⇒人気blogランキングへGO!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-02 04:48:13

患者の心得(どの科でも関係なく)

テーマ:病院
お医者さんに見てもらうなら、見てもらう姿勢を示す事は大事です。

自分が抱えている症状を医者に言えるように整理しておく事。
症状についてメモしておくくらいがいいです。

食事をしないで病院に行く
食事をしていると胃などはX線も超音波検査も、すぐに出来なくなるから。

脱ぎやすい衣服であるのは当然のこと、女性の場合は化粧はしないで行く事。
顔色がわからなくては的確な診断は望めないから

酷い痛みでもない限り、清潔にしていくのは礼儀です。

他の医者の悪口は言わない。

本などで学んだ医学知識で医者に対抗しない
医者は医学を系統的に学んできたプロです。
その医者ごとの経験で薬や治療方針を考えている方もいるので、
勝手に薬を減らしたり、言う事をやらなかったりするのは宜しくありません。
医者の説明や治療内容が不満なら医者を変えるなり質問するなりすることが大事です。


今更、当たり前のことを…と思われる方も多いと思いますが、
何日かは基本に戻った事を掲載していこうかと思っています。

当たり前…っていうのは知らない人からしてみれば大変な事になってしまいますからね。


ブログランキング参加中。少しでも役に立てたら投票お願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-25 04:09:20

病院に行こう!3

テーマ:病院
さて、ここまで病院で先生にかかるまでを書いてみました。
治療方法や薬については

…深く書いたら簡単にはかけないので
また、別のテーマで書いていきたいと思います。

これからは、病気や治療方法、薬の種類など…多彩になっていきますね~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 01:28:02

病院にいこう!2

テーマ:病院
さて、病院に着いたら一番最初にすることは、
予診表というものを書くことになります。

予診表というのはどうして精神科に受信しに来たのか、
どんな症状があるのかなどを書き込むものです。
先生は初診の前にこれを確認してから私たちの話を聞いて
その上で、病名や薬などを考えるのです。

予診表を自分でかけない状態の場合は付き添いの方に書いてもらう時もあります。

書き込む内容は…

・どうして精神科に来たか
・本人から見てどういう性格か
・来院経過(どこから紹介されたのか、自分から来たのかetc)
・家族歴
 →本人から見て両親、配偶者、兄弟、祖父母、子供…などの親戚の生死・年齢・本人と一緒に住んでるかetc
・遺伝負因
 →本人と血のつながっている人で精神科に通院したことがあるか、第三者として精神病気質の人がいたかどうか
・本人の幼い頃に異常がなかったか、大きな病気をしたことがあるかetc
・過去に病気で通院、入院したことがあるか
・現病歴
 →今回の受信にいたった問題がいつごろからおこって、どういう経過で、現在どういう常態か

というような事をアンケート用紙のようなものに書き込みます。

とある人から言われたのですが遺伝で精神病になるの?
…と
今の医学ではそういう意味で聴いているわけではないのです。
ようは、一緒に生活していれば価値観とかが似ているのは当たり前で
方向的に似てしまう…だけの事です。

親が精神病だから私もいつか…なんて思ったりしないでくださいよ(苦笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-22 23:46:23

病院にいこう!1

テーマ:病院
精神病院というと皆さんはどんなイメージでしょう?
知らない人だとおどろおどろしいものを創造する方がおおいのですが、
残念ながら普通の病院です(笑)

あえていいますと、聴診器や普通の診察室にある小道具がないだけです。
大学病院の中だったら、どこの科とも大差はありません。
個人クリクックの場合は、そのお医者様の個性が出ますね。
(最近の歯医者のような意味です)
基本的にはゆったりできるスペースを作るところが多いようです。

待ってる人にしても、基本的に普通の外見です。
期待しているような人はいませんよ~
(そういう人は閉鎖病棟に入院しているでしょう、私は詳しくはしりません)
ですから安心して入ってみましょう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-09 01:28:59

こころの病気になって最初の選択

テーマ:病院
前に病院の種類について書きましたが、それ以上に大切な事は自分とお医者様の相性です。
自分が遠慮無く話が出来て、話を聞いてくれるお医者様を見つけるのです!

精神科のお医者様の中には話を聞いてくれない人やどうしても自分が好きになれない人がいます。
1~2ヶ月くらい通えばさすがにわかると思います。
そう言う時は遠慮なんかしないで病院を変えちゃいましょう♪
ええ~!?と思われるかもしれないけどマジメに言ってます。
話を聞いてない人なら治る治らない以前の問題ですし、
自分が好きになれない人に自分の気持ちや体の状態全てを話すのは難しいと思うので結局、
遠回りな治療になる可能性が大です!

現に私も最初は個人クリニックのにいきまして先生は結構高齢の方だったのですが私が動機が激しくて苦しい時が有るとしつこく訴えたのですが全く無視して私に対して『私を信用してればいいの!知らない人間が考えても無駄!』という感じだったので怖くなって1度しか行きませんでした。
その後、すぐに大学病院に移動したのですが、
初診時に前の病院の話をして主治医を決めてもらいました。
未だにその先生は私の主治医です。
とうとう3年目に突入しました。

私ほど通院が長引く人は多くはありませんが、
それでも3ヶ月~半年はお世話になります。
やはり、自分が納得出来るお医者様を見つけるのが一番大事です(^^)b
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-07 07:16:02

病院ってどんな所?

テーマ:病院
心の病気を扱う病院というと主に精神・神経科、心療内科、メンタルクリニック
…などなど名前は多数有ります。
基本的にやる事は同じなのですが通いやすいイメージなどを考慮しているみたいです。

病院にも種類があって
・大学病院の中にある
・個人で普通に開業している
の2パターンがあります。
個人の病院でも完全予約制の所とそうでない所があります。

完全予約制というのは1人30分前後(一番時間的には多い)を設定して
予約を取っていて予約が入ってないと見てもらえない所です。

このタイプの所は初診を受けるときに時間がかかりますが、
1人の診療時間が決まっていてゆっくり話を聞いてくれる所が多いです。
又、他の患者さんと鉢合わせる可能性が少ないため、安心していけます。

大学病院は神経科と合体している所が多いので
お年寄りの方などもいて幅広い世代がいます。
又、自分が精神科の患者だという事もごまかしやすいです(知り合いに出会ってしまった等)
ただ…大学病院も一応予約の形を取っている所が多いのですが
一人あたりに予定している時間が少ない(大体5~15分)為、
患者の状態を問診しながら治療していくものですから
どんどん予定が押してきて待つ事が多いです。
今はだいぶ改良はされているのですが、1時間くらいは待つ事が有ります。
(昔は2時間待った事があります)
後は人が沢山いるのがわかってるので遠慮しちゃう人も多いです。

聞きたい事は聞いて、自分の状態はすべて話した方が治療の近道なので、
不安な人は個人の病院(それも完全予約制)の方がいいかもしれません。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。