寄り道猫のシュレディンガー

テーマ:
あるのかないのか?生きているなか死んでいるのか?それはご想像にお任せな、気楽な外猫。

ちょっと(かなり?)空気の読めないシュレディンガー。
だって、猫だもの🐱

アンリカフェではとある講座が行われていた。

遠くから耳をそばだてているに、お題はおそらく人との対話、コミュニケーションに必要スキル、ファシリティションという技術でいかに円滑に進めることができるか…
ふーんと眺めているお気楽な外猫。

よく分からないものの、なんだかいろいろな人がいるのに気がついた。
なるほどなるほど。
参加者は5〜6名。
意外と気付かない自分の中身。
納得するものしないものとあるもの。
3時間近くの対話の末
皆さん、自己理解が進んじゃったようだ。

面白いので、外猫もついつい長居(ФωФ)

不確定な箱の中、そもそも箱の中は孤独な世界。
それは自分で作っているのか元からそうなのか?
孤独な箱の中でそれって必要?と言ったらお終いよ。
頑固者のシュレディンガー、お前こそ変わるべきなんじゃない?っと自問自答の真夜中の独り言。にゃ‼️