A_V女優としての卒業 | 沖田杏梨オフィシャルブログ「A-TRIP」
Wed, April 13, 2016

A_V女優としての卒業

テーマ:ブログ
皆様に大切なご報告です。

ついにこの日が来てしまいました。

ご存知の方もいる通り、
私は2016/5/13に発売される作品を最後に
A_V女優を引退する事になりました。

TwitterやInstagramで沢山の応援、惜しむ声をありがとうございました。

年末には正式に決まっていた事なのでファンの皆さんとお会いするたび、寂しかったです。
マスカッツ卒業未発表だったのでダブルで何ヶ月か葛藤がありました。



メーカーS1さんから
"人類最強の一億円ボディ"
というタイトルで2011年2月にデビューして
今はMOODYZさんで専属女優をさせていただいて来ました。
大好きな大好きなメーカーさんです。大きく育ててもらったし、仕事が好きになれた。沢山のチャンスも下さいました。本当にこんなに良いメーカーさんにお世話になった事がA_V女優として私の大きな転機になったと思っています。

でもね、
5年で目処をつけようとおもっていました。

絶対に叶えたいことがあったから。


大変な事もあったし、辛かった事もあったし、泣いた夜もあった。
でもファンの人を喜ばせたいと意気込んだ日々でした。
私が時に誰かの糧になってるとしたら本当に嬉しかったです。
少しでも誰かの役に立てたのなら出演した事に後悔はありません。

精神的に脆かったのに今、
とても強くなったなって実感してます。
それだけでも財産です。
多分ブレない目標が心を壊すどころか強くしてくれました。

私はこのAV業界では相当良くしていただいたのです。
星の数ほどいる女優と言われていますが、
身体は強い方ではなかったけど、
私は周りにいる方々に恵まれて最高にラッキーだったのです。
杏梨セイバーズがいたから
だからここまで走ってこれた。  

一緒にお仕事してくださった沢山の方々

仲良くしてくれた女優さん達にも
マスカッツのメンバーにも心から

皆さん、本当に本当にありがとうございました。


杏梨セイバーズもそんな私の性格を知っても応援してくれていて、気づけば皆さんの存在が私の生きがいになっていて。

皆さんと出逢えて作ってきた時代だからもうそれ以上沖田杏梨の幸せはありません。


最後の作品は大好きなクリムゾン先生とのコラボをともこPが撮ってくれて、最後の最後まで幸せだったなって思えました。

トップ老舗メーカーMOODYZ
         ×
ェロ漫画界の帝王クリムゾン

は私にとって最強タッグです^^


Moodyzさんで良くしてもらったふじP,トモコP,ノダP,広報さんのHさん、Tさん今は居ないけどMOODYZ専属にしてくれたさとしP,卒業した広報Kさん
たくさんの監督に制作さんに、ワカちゃん、ハッチ、えっちゃんいっぱいお世話してもらったメイクさん達。書ききれてない関係者の方々含めて本当にありがとうございました。
ここと離れる事が、何より寂しいです。


ファンの皆様、私の作品を愛してくれて、楽しんでくれてありがとうございました。
私は基本的には本質が堅いのですが、このお仕事をする事でかなり殻は破られて生まれ変われたようです。

相変わらずいつも、人に物事にファンの皆さんに一途ですけどね٩꒰ ´ᆺ`꒱۶
ある意味デビューの頃と気持ちは何ら変わりません。

沢山辞めるタイミングを迷いましたが、
その場の感情よりも最初に決めた目標を貫こうって。終わったからといって壊したり隠したりしない。
過去は私を作ってくれた一部。
感謝しかありません。
地に足をつけて今まで積み重ねて来た事を生かして大きくなりたいとおもいます。



A_Vは引退しても
沖田杏梨としてはまだまだ
海外を中心に活動していきたいとおもっています。
有難い事にもう決まってるお仕事も幾つかあって。
ワンマンライブもいつか必ずしたいな。
何年も尽力を尽くしてくれた事務所に感謝です。
何より、この先も、応援して見守ってくれる皆様がいたら、贅沢ですが、嬉しいです。



長くなってしまってごめんなさい。

皆さん5年間A_V女優として応援してくださって本当にありがとうございました。


これからもTwitter、Instagram、weibo、blogといったSNSは続けていきます!

これからもタレント、女優、歌手として
沖田杏梨としては更に熱く前向きに本格的に活動していくので、

どうぞ応援よろしくお願いいたします✨
{384F4FA2-3A82-4365-9B4E-1EC30EC68839}


沖田 杏梨さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス