今日も寒いですが、昨日も寒かったー!!
 
 
そんな日の食後にホット一息コーヒー
コーヒーと牛乳、チョコでササッと作るYO!
 
 
 
 
チョコシロップがあればもっと簡単。
でもチョコシロップは常備してない...。
 
 
簡単カフェモカ(2杯分)
 
 
無糖コーヒー  80cc
生クリーム   40cc
牛乳       40cc
チョコ      10g
GABANシナモンシュガー<パウダー> 2振り
 
 
1. コーヒーカップに生クリーム、牛乳を半量ずつ入れて、500W1分半レンジ加熱する。(ふつっと来たら加熱終了)
2. 粗く刻んだチョコを半量ずつコーヒーカップに入れて、ティースプーンでよく溶かす。
3. 淹れたコーヒーを注ぐ。
4. シナモンシュガーをふる。
 
 
生チョコ作りまくって、
生クリームがほんのり余ったので
使っていますが、
全て牛乳でもあっさり美味しいです。
 
 
生クリーム、牛乳は冷蔵庫から出したて、
コーヒーは淹れたての熱々を使ってます。
 
 
私は70%ダークチョコ、無糖コーヒーで作ったので
シナモンシュガーに砂糖が入っていますが
結構苦味の強いカフェモカに。
普段ブラック好きな人にもOK。
 
 
甘めが好きな方は、ミルクチョコに加糖珈琲でコーヒー
 
 
上に生クリームぷしゅーっと
ぐるぐる乗せても美味しそう!
 
 
刻んだ時に出た、パウダー状のチョコを飾りに。
熱いからすぐに溶けちゃうけど!!
 
 
で、あまーい生チョコ添えてほんのり口休め(!)。
コーヒーカップがソーサーの中央にないの、
生チョコがカップにつくと溶けちゃうから!
 
 
ちなみに、
私も、我が家の大きなお友達(夫)も
寝る直前に珈琲飲んでも全然平気だから
朝起きてから寝るまで、
好きな時に好きなだけ珈琲飲んでます。
 
 
あー眠い!!よし!珈琲飲もう!!
おぅ、眠れないぜ、作業がはかどるぜ!!!
 
 
という体験を一度でいいからしてみたい。
 
 
使ったのはこちら。

ハウス食品さんとレシピブログさんとのコラボ企画、
「手づくりで楽しもう♪ハッピーバレンタイン」で
頂いたスパイス類のうち、シナモンシュガーを。
 
 
あらかじめ、シナモンに砂糖が混ざってるから
ササッとふりかけるだけで使えて便利な1品。
 
 
シナモンって、
とっても古くから愛されてきたスパイスで、
なんでも紀元前2000年以上前に記録があるんだとか!
 
 
中国4000年の歴史...じゃないけど
シナモン4000年の歴史...って感じですね。
 
 
よく似た香り、日本で使われてるニッキは、
シナモンとは別の種類のスパイスなんだそうですが、
区別されずに売られてることがあるんだって!
 
 
お菓子、特にアップルパイなどと相性がよく、
さつまいも、かぼちゃともよく合うスパイス。
ホール(スティック)でも、パウダーでも大活躍で、
おしゃれ~なカフェだと、
シナモンスティックささったミルクティーなんか
出てきそうですよね。
 
 
これは初めて知ったんですが、
グレープフルーツなんかの
酸味のあるフルーツに振り掛けるのも
オススメなんだそうで、
一体どんな味、風味になるのか興味津々...。
 
 
と言いつつ、斬新なマリア―ジュに
なかなか手が出ないわたくし、
誰かチャレンジしてくれないかなぁ...
 
 
シナモンシュガーを使ったレシピ→スパイスオブライフ