11年越しの【帰還】

テーマ:

まだ、うまく言葉にならないのだけど・・

11年越しで 私が わたしに還ってきた。

 

私が、わたしの すべてのカケラを
受け入れ始めた しるしかもしれない。

 

 

今年は 本当に、
『いろんなわたし』に出会った。

 

積年の《心の曇り》が晴れることもあれば、
『受け入れ難い気分』になることもあったけど、

 

あるがままの自分に
真っ正面から出会うことは
けっこうエキサイティングで 面白かった。

 

「2度とオフィシャルには使うことはないだろう」

と思っていた【本名】に戻った途端、

 

不思議なことが 次々に起こりはじめた。

 

 

自分にはまだ 
何がどう変わったのか 自覚がないうちから
《起こる出来事》が変わりはじめたの。

 

 

 

ある種の葛藤を越えて LiLiと出会い、

 

11年間、
本気でLiLiを生きたから、

 

むろき優理が 
ほんとうは何を願っていたのか
わかるようになったのかな。。。

 

 

なんだか まだ
【生まれたての小鹿】みたいな気分だな・・

 

って思った瞬間、

 

ずいぶん昔、母から
何度か言われた言葉を思い出した。

 

『若いうちはね、みにくいアヒルの子でいいのよ。』

 

 

そうか。

 

もしかしたらわたし、

これから 白鳥みたいに
空を飛ぶのかもしれないね。

 

 

ふと、そんなことを思ったら、
なんだか泣けてきた。。。

 

 

LiLi、、、
精いっぱい駆け抜けてくれて ありがとう。

 

AD

コメント(2)