にんにくましまし

にんにくましまし

アノバンドGu./Vo.おーののBLOG
何かを残していけたら。
どうぞよろしく。


テーマ:

 

 

 

こんばんは。

 

2019年になっちゃったけど、昨年末、12月に路上旅をしていました。

知ってる人も多いかもだけどね。

 



撮影:マツオさん




 

こんな調子で路上旅をしてました。

本当は2018年の間に路上旅についてのブログを書こうと思ってたんだけど。

いろいろと忙しなくなってしまって結局かけなかったので。

どうしてもかきたくて。

年は明けちゃったけど、かこうと思う。

 

当初の予定とは結構ずれちゃって、途中で体調を崩したりが多くあった。

そのせいで行けなかった街が数箇所あって。正直相当悔しい。

今年は行けなかった場所も、行けた場所も、また新しい場所でも、路上したいなと思ってます。

 

 

 

初日。

12/5 茨城水戸駅前路上。

頭から体調を崩したりしてて、父親の葬儀終わったばかりで慌しく夜出発。

東京駅からバスに乗り水戸駅初上陸。

 

ついて一服してたら、待ってくれているお客さんがいて。

1時間ぐらいうたったのかな?

そんで更に東京でアノバンド見たことがあるっていってTwitterで知って路上を見てくれた人。

向かい側でやってた路上を見に来てた人がすごいよかったですといって話しかけてくれたこと。

酔っ払いのお兄さんがずっときいてくれていたこと。

 

初日、遅れて始めたのに、平日の夜遅くなのに、再会や出会いがあってとても嬉しかった。

 

しあわせな気持ちで勝田まで移動。

11月始めて出た横道屋に顔出しにいったら店主のゆずるさんがいろんなお店に連れて行ってくれた。

CDも買ってくれて、12/23に忘年会ライブ出ることが決定。

まだ1回しか出演してないのに、そんなライブに出ていいのか!?と物凄く嬉しかった。

わたしも大好きな街になったし、場所になったし、お店になったし、

わたしのこともとっても気に入ってくれているみたいで本当に嬉しかった。

また、来よう。またねと言って満喫へ。

 

勝田から車で10分15分ぐらいにある快活クラブは物凄く快適で爆睡だった。笑

 

 

12/6 福島郡山駅前路上。

2日目。寝すぎてまたもだいぶ遅くからの出発。

すっげえ寒かった。雨上がりみたいで、地面が少し濡れていた。

こちらでも以前東京で見てくれて、待ってくれていたお客さんがいた。

かなり前だったりしても、アノバンドも、わたしのおんがくも、確かに残ってくれているんだなあって、すごく嬉しかったな。

これからおれのおんがくとも、おれ自身とも、もっとよろしくしてほしいお客さんが沢山いるなあってしみじみ思った。

出会いもあった。

まさかの神戸から出張できているという方。

たまにPAもやったりしているらしくて。

すごく褒めていただいた。わたしはまだまだなんだけど、嬉しくないはずがない。

ラーメンもご馳走になりました。

そして2日目も快活クラブへ。超ポイント溜まる、、、笑

 

 

12/7 岩手盛岡駅前路上(1曲だけ)→映画館通り路上。

3日目。郡山から仙台まで出て、仙台から盛岡へ行くという道のり、、、

今度は順々に北にあがっていこうと決意しました。すごく時間かかった笑

今回はライブもあったので仕方なし!

 

盛岡ましまし04にて、向井理恵企画。

急遽ぶっこんでもらう形でO.A.として出演しました。

15分ステージ、あんまりやらないし、路上2日もやった後だとすごく歌い足りなかったけど、

それでもあの中で歌いきれるだけのことはやったと思う。

いつだってラストライブだから、できるだけ後悔は残したくない。

 

ライブ終演後、急いで駅前へ。コナンとお客さんと一緒に。(コナンは対バンだった)

しかしだいぶ時間もおしてた為に遅い時間、平日、人通りも少なく、、、

1曲ずつで終わらせて、前に路上をやったことのある映画館通り、という大通りまでつれていってもらいました。(コナンに)

コナンが少しうたった後、打ち上げに戻って、わたしがずっとうたってたら気づいたら2時間ぐらいたってました。

寒すぎて左手おさえてんだかおさえてないんだかわからないぐらい感覚なくなってきてて、

もうそろそろやめようかなと思ってたところでいろんな人が立ち止まってきいてくれたり、CDを買ってくれた。

ギリギリまでやってみないとわからないなあと思った。人の流れ、波があるもんね。

再会したお客さんもいたし、CDを買ってくれたお兄さん、酔っ払いのおっさんとの新しい出会いもあったりで。

全然、おんがくを普段きかないとか、ライブハウスに行かない人たちにもわたしのおんがくは響くんだなと、なんだかすこしだけ自信がもてた。

ありがとう、といわれても、こちらのほうがありがとうなんだよ、って。すごく思う。

路上が終わってライブの打ち上げ二次会から参加して寝るはずだったのに朝まで飲んでしまいました、、、またも快活クラブへ。笑

 

 

12/8 宮城仙台駅前アーケード路上→広瀬通り近くの商店街路上(名前がわからない、、、!!!)

4日目。盛岡の満喫でCDを増版しまくって夜遅くに到着、、しかし土曜日!人通りはあるはず!

と、Twitterでお客さんからもらった情報を頼りに、駅前すぐのアーケードで路上を始めるも、あまり振るわず、、、

酔っ払いのおじちゃんがずっときいてくれてました。あと、朝飯に食おうと思って買ったっていうパンと牛乳を差し入れでもらいました。

ありがとう。

1回いなくなったにも関わらず、もっかい戻ってきてくれて今度はちょっと離れたところできいてくれてました。

なんだか、すごく、嬉しかった。

その間に立ち止まってくれた人もいました。

でも、わたし、東京のカプリチョーザっていうイタリアンで働いてるんですけど、

そのカプリがアーケードの中にあって、それに舞い上がって目の前でうたってたんです。

その横にホテルがあることにまったく気づかずに、、、

申し訳ないことに、ホテルの従業員さんが止めにいらして、いや、ほんと、気づかなくて申し訳ない気持ちでいっぱい。

しかし!!

その間に立ち止まろうとしてくれていた、たまに路上やってるっていうお兄さんがもっといい場所あるよと、だいぶ駅から遠いけど広瀬通の近く?の商店街までつれていってくれました。

いや、ほんとに、、、助かった、、、

そんで。

そこでまたうたいなおして。

50代こえたお母さんが立ち止まってくれて涙してくれて。

その後にちょっと業界に顔見知りいるっぽいお姉さんが立ち止まってフライヤーもらってくれて。

その2人が若干喧嘩したけどどうにか切り抜けて笑

その場所ではいろんな人が立ち止まってくれた。

それと、最後の最後できいてくれたお兄さんたちがCDも買ってくれたり。

仙台。誰もお客さんが待ってない街でしたが、本当に、緊張したけど、新しい出会いがたくさんたくさんあって。

すっごく嬉しかった。

し、面白い街だなあと思った。

あたたかいし、人間味あふれた個性的な人がたくさんいた。

また絶対来ようと思った。

あと、なんか、すごく栄えてるな、、、人もたくさんいたわ。笑

 

結局合計で3時間ぐらいうたって、終わってから。

その路上をたまにやってるというお兄さんとコンビニで1缶ずつ買って飲んで、その間に雪が降ってきて

(昼間のうちにも降ったらしいけど路上やるときはやんでた。それが初雪だったらしい)

飲み終わってぶるぶる震えながら駅前のほうまで送っていただき。

今日も今日とて快活クラブ、、、と思ったら満室、、、、

それから何軒かまわったけど満室ばかりで。

満喫探しに結構時間がかかってしまったけど、どうにか見つかり、雪は凌げました。笑

 

 

12/9 新潟駅前路上

5日目。仙台で洗濯してから新潟へ向かう。

日曜日の夜遅くは、あまり人がおらず、、、

ちょっとだけうたうも、振るわずだった。

古町のほうまで行こうかなと思ったけど、新潟までの移動バスの中で熱っぽくなってきてふらふらだったので歩けねえなと判断。

しょうがない、今日はすこしだけしかうたえてないけど、もう満喫に泊まってまた明日に備えよう。

と思った矢先。

古木衆からの連絡。(3/1にツーマンやるよ!)




おーの今日新潟いるの?おれ三条なんだけど、おいでよ!と笑

電話して体調悪いけど、せっかくのチャンス、、と思い悩んだ末三条へ向かう。

初のROCKETPINKへお邪魔して。

フライヤーをばらまき、CDをライブハウスや関係者の方にお渡しし、

なんと5月に出演が決定。

うわあ、こういうのってばかにならないなって思った。

体調クソだけどいきますよ??おれいっちゃいますよ???

ってテンションおかしくなって言ったわたしを褒め称えたくなった。笑

また、新しくだいすきな場所が増えそうな予感がした。

車で近くのホテルまで送っていただき、その日はホテルで就寝。安かったし。

 

 

多分この時点でわたしの身体は相当ボロボロでした、、、笑

体力のなさを本当に実感。

 

 

12/10 埼玉大宮駅前路上

6日目。ホテルで寝坊するもギリギリバスに乗れた。笑

地元へ帰ってきた感。わたし、出身は埼玉なもんで。

しかも大宮なんて超地元。高校の頃よく遊んだもんだ。あ、そうでもねえか笑

実はずっと、中学からずーっと、大宮駅前の路上ライブをしたかった。

でも当時は全然勇気が出なくて、自分の曲にもまだまだ自信がなかったし。

高校を卒業してすぐ東京に出ちゃったから大宮でうたう機会がなかったけど、

やっと、地元で、自信もってうたえるんだなあとしみじみ。

この日、この路上旅ではじめてけーさつに止められました、、、やっぱり大宮はやる人も多いから厳しいのかな、、

時間もはやめだったしな、、、

移動もしつつ2時間ぐらい?うたったかな。

途中で高校のときの同級生に会いました。仲良かった子。

和歌山で働いてるはずがなんとちょうど帰ってきてたということで。

超驚いた。めっちゃ嬉しかった。

アノバンドのことも、わたしのおんがくのことも、高校のときからすごく応援してくれてた子だったから、なんだか、泣けたなあ。

CDもご購入いただき。お連れさまもご一緒に。

またなって言って別れた。

 

それとなんと驚いたことに、11/4のプラKでの非暴力フェスティバルですごく見つめてきいてくれてた女の子がいて、なんとなく顔覚えていたんだけど。

その子にあいました。

友だちと一緒だったしあんまり立ち止まれなかったと思うけど(そもそも寒いからあまりおすすめできんわ)

あの時は買えなかったので、といってCD買ってくれた。

埼玉のほうの子らしい。

なんと。やっぱり埼玉と東京は近いなあ。笑

わたしもよく高校のときから渋谷にHalf-Life見に行ってたわ笑

いやあ、超絶嬉しかった。

 

さらにいうと。DJの知り合い、4(ファーブ)さんが顔出しに来てくれた。

そしてなんと、14日に急遽、津田沼でのライブが決定。

埼玉は驚きの連続だったな。嬉しいことの連続でもあった。

とめられたときに聞こうとしてくれていた人たちが、逆口でもうたえるよと連れて行ってくれたりもしたし。

なんつーか、こう、社会も捨てたもんじゃねえなあと。

というかなんだろ、人間ってやっぱりあったかいなあと。やさしいなあと。

しみじみ思った。

はやめに終えて実家に帰宅。久しぶりのちゃんとしたご飯。爆睡。

しあわせかみ締めた夜だった。

 

 

12/11 群馬前橋、高崎路上

7日目。前橋と高崎で路上の、つもりが体調をバリ崩しおやすみ。

必ずやまたいつかリベンジします。

 

 

12/12 栃木宇都宮駅前路上

8日目。栃木に住んでるお客さんは実はわかってるだけで2人ほどいて。

2人ともきてくれました。ありがたい。

あんまり人は立ち止まってくれなかったけど、最初2階でうたってて、

1階のバス乗り場のあたりに場所をかえたら少し立ち止まってくれました。

出張できてるというお兄さんが、長い間足をとめてくれて、CDも買ってくれた。

新しい出会いもあったな。

 

せっかく宇都宮に来たんだし、と。宇都宮餃子をどうしても買って帰りたくて。

でも体調悪かったので今日は終電で実家に帰ろうと決めていたので、

お持ち帰り用の宇都宮餃子を購入、、、のつもりが、お客さんからいただいてしまいました。

ありがたい、本当に。ありがたいなあ。

また来よう。金、土あたりで宇都宮きたらどんな感じなのか、もうちょっとはやめの夕方だとどんな感じなのか。

また違うときにも来てみたいなあと思った。

 

 

12/13 神奈川横浜路上

9日目。の、つもりが、体調悪化。

というより異様なまでの食道~みぞおち~胃~腸の激痛と吐き気という意味のわからない症状が続き。

病院にも行ったが謎。取り合えず薬をもらい寝まくりました。

必ずやリベンジする。

 

 

12/14 千葉柏路上→津田沼でのライブに変更

10日目。のつもりが、大宮でお誘いを受けた津田沼でのライブに変更。

ほんとうは路上をしたかったんだけど、体調も崩しまくりだったので4さんが室内のほうがいいんでない?と言ってくれたことがきっかけ。

DJ多いイベントでしたが楽しめた!

でもお酒ちょっと飲んだだけでかなりふらふらでした!

無理はせず!と、はやめに帰宅。

柏でのリベンジもする、津田沼でもやってみたい。

 

 

12/15 サンボマスターワンマンを見に行くためおやすみ

超楽しかった。

 

 

12/16 山梨甲府路上

11日目。のつもりが、サンボマスターでも体調は治せず、ていうかむしろはしゃいでもっと悪化したのかおやすみ。

自分の意思の弱さっぷりに絶望する。

リベンジ誓う。湯村でもやってみたい。

 

 

12/17 静岡駅前路上

12日目。夜遅く到着になってしまったけれど、1時間~半ぐらいはうたったかな?

体調はかなり寝たためか、薬が効いたからか、ほぼ復活。

待ってくれていた友人と合流。

月曜から遅い時間スタートだったにも関わらず、きいてくださった方、CD買ってくださった方もいて、嬉しかった。

おやすみ続けてしまった明けの日だったから、なんだか余計にやさしさとあたたかさが心に沁みた。

来た甲斐があったなあとしみじみ思った。

 

終わってから友人と飲みに行き。

餃子とかいろいろ食べまくりました。最高。

再会したかったけど予定合わずできなかったひとたちがいる。また行くぞ。

 

 

12/18 静岡浜松駅前(遠鉄前)路上

13日目。友人と静岡でさわやかを食し、車で浜松まで送ってくれて、夕方19時頃からスタート。

なんか、たぶん、3時間ぐらいうたってました。

浜松で待ってくれているお客さんやライブハウス関係者、それと対バンした子(こうへいくん)がいて、

知り合いに声をかけて呼んでくれたりもしてました。

とってもありがたいし、嬉しい。

まったく知らない人も立ち止まってきいてくれたり、CDも沢山ご購入いただき、本当にいい夜だった。

やっぱり浜松はおんがくの街なんだなあと思う。

ド平日の浜松路上、どんなもんかなあと正直びくびくしてたけど、

浜松の人たちはなんだろう、あったかいし、おんがくに対しての受け入れ態勢?みたいなのがすごいんだよな。

だからすごく立ち止まってくれるし、いつの間にか大勢の人が目の前にいる瞬間とかもある。

東北を終えた後の浜松だと、正直めっちゃ寒くてしぬ!!!みたいな感覚はなかったけど、

それでも全然寒いのに、よくこれだけみんな立ち止まってきいてくれるなあと、本当に、ありがたかった。

カイロありますよっていってるのに、誰ももらってくれなかったな。笑

言い出しづらかったのかな、今度はご自由にどうぞって置いておこうかな笑

いや、もう真冬にはやめようと思ったんだった、、、、笑

浜松では明後日、1/12にライブも決まってる。




初の都外でのサーキットフェス。超嬉しい。楽しみ。楽しみすぎてわくわくでもうやばい。

そして明日の夜には前乗りして路上します。

今年も浜松、お世話になりそうだ。

何せ今年のライブ初めも、路上初めも、浜松になるんだからなあ。笑

だいすきな街。まってろ。また行くぞ。

 

 

12/19 愛知豊橋→名古屋路上。

14日目、のはずが。浜松でうたいすぎたのか喉を壊しまったく声が出ない状態に、、、

喉にいいものを摂取しまくり寝まくる。浜松で病院にも行った。

取り合えず1日、ちゃんとおやすみして、また明日に備えよう。と決めるも悔しい。

必ずリベンジする。

 

 

12/20 大阪阪急百貨店前路上。

15日目。待ってくれてるひとがいる街。

どうにか声は出るようになった。いっぱい喉にいいもの摂取したし、声も出さなかったし。

おかげかちゃんと声が出る。よかった。

大阪でうたをうたうのは4年ぶり?ぐらい。

でも、東京で出会ったお客さんがいる街で、彼氏と必ず行くといってくれてたから、私もすごく楽しみだった。

新しい出会いもあった。酔っ払いのおっさんもいた。

たこ焼きもおごってもらった笑

酔っ払いのおっさんに2個食われた笑

東京のお客さんが出張で大阪に来てて見に来てくれた。

京都のSuuuuuuuuちゃんが大阪までわざわざ見に来てくれた。

1曲うたってももらった。

やっぱりすきだなあこの子の曲、おんがく。って思って、でもこの子もわたしのおんがくをすきでいてくれてるんだなあって。

なんだ両思いかよ嬉しすぎんだろって勝手にひとりでにやにやした。笑

3時間ぐらい、うたいまくって。

違う場所では止められてる人たちいたけど、結局1回も止められることなくうたいきって。

遠征最終日。ものすごくいい夜でした。

生きてる日だった。生きた心地のする日だった。

まだ生きようって思う日で、また来ようと思って、

また会いたい人がたくさんいるって思って、

またなってたくさん言った日だった。

 

終わってからお客さんカップルとSuuuuuuuuちゃんと4人でご飯いった。

彼氏さんの方が、ライブハウスにいったことないっていってて、

おーのさんがライブハウス来たら行きますって言ってくれて、物凄く嬉しかったな。

今度はライブハウスでもうたおうと決めた。

 

 

12/21 千葉駅前路上。

16日目。大阪のホテルで寝坊。大寝坊。楽しすぎて眠れなくて寝坊。ほんとだめだーーと落ち込んで

とったバスに乗れず、新しくバスをとりなおすも千葉到着は夜遅く、、、

後輩のLABORATORY'Sのレコ発ライブを見てから路上をやろうと思ってたのにかなわず、、、

千葉ついて取り合えずANGAに顔出して夜中スタート。

にも関わらず、金曜日だからか沢山の人がきいてくれて、CDも買ってくれた。

2時間ぐらいうたって、いろんなひとにわたしのおんがくをきいてもらえて、

なんだか満たされたような、でもまだ足りないような、もっともっとって気持ちのまま打ち上げへ合流。

たのしい夜だったな。

 

 

12/22 東京池袋→吉祥寺路上。

最終日。帰りを待ってくれてるお客さんがいた。

ありがたいこと。

そしてなんと、久しぶりの再会もあった。

2年ぐらい前、池袋大激突!っていうアノバンドとFromDayONEとTHE THEATERSでのスリーマンライブがあったんだけど、

その企画の前に毎週3バンドのボーカルで路上をやっていて。

その時に出会ってくれて、当日池袋Admでのライブにも来てくれた方となんと再会。

うわあ!!なんかすげえなあ!!!ってなった。

CDも買っていただき。

すっごく人が集まった瞬間もあった。

池袋で1時間ぐらいうたったあと、新宿も行こうと思ってたんだけどとばして吉祥寺に向かう。

吉祥寺で腹ごしらえして、いつもの場所で、、、と思ったんだけど、なかなか場所があかず。

でもってそれ以外のできそうな箇所にもいろんな人が路上やってて、土曜日の吉祥寺は路上やる人が増えたんだなあと思った。

まあ、いつもわたしやるときって23時とか遅い時間だからってのもあるのかもしれないけど笑

ちょっと様子みつつ、でも仕方ないのであんまり人通りはないけど普段やってる場所の近くに場所とってうたいはじめた。

ら、水戸で再会したお客さんがたまたま東京にライブを見に来てたらしく、路上も見に来てくれた。

こんな嬉しいことってないよなあ。

人があまりいない中だったけど、うたって、うたいきって、生きた。

終わって職場の人と久しぶりにのみに行って。

充実した夜だったなあ。

東京、帰ってきたんだなあと実感した。

 

 

 

この路上の中でわたしは父親の死についてたくさん触れた。

そういううたをたくさんうたったし、

葬儀が終わってすぐ旅に出たから気持ちの整理もつかないままだったし、

うたいながら整理していった旅だったな。

でも、向き合っていけたと思っている。

左手首には、父親の腕時計をつけて、忘れないように、うたった。

まだまだ私には置いてはいけないけど、でも、引きずることもできない。

引きずりたくもない。

だから、連れて行こうと思った。

 

この旅で、大事な新しい出会い、そして再会がたくさんあった。

待ってくれてる人も、いたことに驚いたし、ものすごく嬉しかった。

私が思っているよりも、みんな、わたしのおんがくを残してくれているんだって、すごくすごく嬉しくて。

もっともっと、って気持ちもやっぱり出てきた。

そしてみんな、やさしかった。あたたかかった。

人間のあたたかさに、たくさん、たくさん触れた。

 

自分のだめなところ、まだまだ変われてないし、成長できていないけれど、

すこしずつ、すこしずつ、私は前に進んでいるんだなあと思った。

でも、わたし1人の力では決してなくて。

いつもいろんな誰かに、みんなに、人間に、支えられて生きている。

 

私自身を救えるのは、私自身だけだし、

いつもみんなはきっかけを与えてくれるに過ぎないけれど、

もちろん、わたしだって、残せるのはきっかけで、わたしが誰かを救えることなんてないけれど、

みんなもそれぞれ、みんな自身で救っているのだし。

 

でも、僕ら人間は、1人ではない。

孤独だけど、決して1人ではないのだと、すごく感じた旅だった。

 

 

 

出会ってくれた人、再会してくれた人、待ってくれていた人、

立ち止まってくれた人、きいてくれた人、CD買ってくれた人、

みんなみんな、ありがとう。

 

なんにも忘れたくないなあと思った。

もっておきたい感情だって思った。

 

 

つれていこう。この感情。大事に、もっておこう。

 

 

 

ありがとう。

また、よろしく。

 

 



体力つけてまた行きます!!!!



 

 

おーの

 

 


テーマ:

 

 

 

こんばんは。

 

今年もブログ初め。

 

2019年、はじめまして、どうぞよろしく。

 

 



この写真、去年の路上旅、大阪のときの。
れいちゃんが撮ってくれました。

 

去年もいろいろ、あったな。失ったもの、やっぱりありました。

でも新しいことに挑戦もして、そのおかげか、得たものも多かった。

学んだこともたくさんあった。

 

決意したこともある。

今年、改名をすること。

おーの(アノバンド)という名前を、捨てること。

と、いうより、アノバンドという名前をつけるのをやめること。

 

わたしにとって、やっぱりとっても勇気が必要です。

アノバンドとして私を知ってくれていた人が多かったと思う。

わたしにとってアノバンドはやっぱりすべてだった。

 

だけど、今はそうは思っていないし、これからもっと、わたし1人でやれること、やっていけること、

やっていきたいこと、たくさんたくさん、あります。

だからこそ。

アノバンドにもう縛られるのはやめようと思ったし、自分自身で縛るのはやめようと思った。

 

アノバンドは、いつかはまたやりたいバンドです。

だけどその時、もう、昔のアノバンドには戻れない。

なぜなら、きっとそれぞれにそれぞれの1番がある状態でやることになるから。

 

わたしにとって、わたしのおんがくを、1番にできると思えた。

そういう自信がついた。

去年1年で、そういう出来事がたくさんあった。

 

いい意味で、アノバンドと一度ちゃんとさよならをしようと思えた。

 

 

いつまでも過去にとらわれてちゃだめなんだよな。

ちゃんと、大事にしてやらないと。

だって、本当に大事だったんだから。

生きがいだったんだから。

 

 

今の私には、わたしのおんがくがあって。

それに、わたしを支えてくれる人たちや、わたしをすきでいてくれる人たち、

仲間、友だち、先輩、後輩、お客さん、家族。

 

わたしにとっては、たくさんいます。

だからわたしは1人じゃないし、1人で生きていけるとは思ってない。

 

わたしはわたしのために生きるし、生きるためにうたうけど、

誰かのためにはまだなれるような人間じゃないけど。

 

誰かにうたいたいなと思っている。

あなたに届いたらいいなと思っている。

 

きいてほしいし、きかせてほしいんだ。

いろんなこと。

悩み、苦しみ、悲しみ、しんどいこと、喜び、しあわせ、楽しいこと。

 

 

誰かという人間の人生をきかせてほしいし、

わたしという人間の人生をうたいたい。

 

 

 

わたしは、バンドマンでも、うたうたいでも、ミュージシャンでもあるかもしれないけど、

それ以前に確かに、何よりも、人間だから。

 

人間として、おんがく以外のものも持っているし、知っているけど、

たいせつなものも沢山できたけど、

おんがくを選んでうたをうたうことを選んだから。

 

人間として、わたしという、人間「おーのきくの」のことをうたいたい。

今年も、これからも。

 

 

だけどもっと、もっと、もっともっともっと、沢山の人にどうしてもきいてほしいし、

沢山の人のこと知りたいから。

 

今年はもっともっと、広げる努力をしたいなと思っています。

ライブ活動は、少し減らすと思うんだけど、路上ライブの本数を増やしたいと思ってる。

 

去年路上で出会った人は、おんがくを普段きかないとかあんまり知らないとか、ライブハウスによく行っているタイプの人じゃないことが多かった。

そういう人たちに、わたしのおんがくが響いたことが嬉しかったし、

そういう人たちが、ライブハウスにも足を運んでくれたら嬉しいし、そういうきっかけに私がなれたら本当に嬉しいと思う。

 

きっかけ作りもどんどんしていきたい。

 

それになにより、わたし、路上ライブが一番すきです。

ライブハウスも大好きだけど。

わたしと1番たたかえるし、わかりやすく挑戦できる場だと思う。

目に見えて結果が出るからなあ。立ち止まってくれるかくれないか。

苦しいけど、楽しいよ。

 

 

今年は頑張って沢山仕事して働こうと思っています。

なぜなら。

やっぱりわたしはもっともっと旅がしたいから。

いろんなところにうたいにいきたいし、新しい街へもたくさん行きたい。

また行きたい街もたくさんある。

でも、旅をするためには、今月々出て行く固定金額をなくす必要がある。

ローンとか、奨学金の返済とか。

そういうものを今年で全部返済したいなあ。

そしたらもっと自由に活動できると思う。

 

ので、ライブハウスでのライブ本数は、去年よりはたぶん、うんたぶん、減ると思います。

でもみんなが思うよりはがっつり減らさず普通に月に数本はやると思うよ。

やっぱりうたってないと、生きづらいんだわ、おれ。

 

 

 

なんでも、頑張っている人間、必死な人間に惹かれます。

挑戦している人間、行動力がある人間が凄いと思う。

だけど、頑張り続けるのも、きつくない?つらくない?しんどくない?

おれはしんどいよ。

無限の体力なんてもってないし、精神だって弱いし。

人間ってずっと頑張り続けられるもんでもないじゃんか。

癒しもほしいし、さびしいし、休みたいし、娯楽もほしいし。

 

わたしはわたしらしく、わたしのペースでやるよ。

誰かにはなれないし、なれないほうがいいんだ。

わたしにはわたしにしかうたえないこと、きっとある。

 

僕ら、みんな一緒。みんなおんなじだけど。

みんな違うから、みんなおんなじように人間だけど、

みんなおんなじように違う人生を生きてる。

違う一生でも、おんなじ一生を、僕は、うたいたい。

 

 

 

 

どうか僕らの感情が、僕ら自身に響くように。誰かに残るように。

 

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

 


あ、今年からソロのLINE@を少しずつ稼働させます。

2日に動画アップするとか言ってできなかったから今日やるよ。

登録よろしく。


あと、18/11/07のラブソングのライブ映像、あがったので見てな。

拡散もしてね。もっと広がって欲しいんだぜ。









新年1発目のライブは、なんと浜松。

ほんと浜松すきだなおれ笑


サーキットです。





都内のライブ初めは、はじめての場所。
東新宿真昼の月夜の太陽。
お客さんである、うそさんの企画です。
トッパー任されてるよ。







超きて欲しいぜ。いつだって。
でもみんな無理はすんなよ。おれももう無理はしないわ。
でもがんばりてえよな。
だけど休みてえ時はやすみてえ。
そんなもんだ。

やりたいように、生きたいよなあ。
生きてる間はさ。




またね。おやすみ。

 

 

 

 

*ライブ情報

 

1/12 浜松KIRCHHERR(サーキットイベント)

1/13 東新宿真昼の月夜の太陽

1/17 Sound Stream Sakura

1/26 新高円寺clubLINER

2/11 大塚MEETS

2/16 千葉ANGA

2/27 新宿Motion

2/28 新宿Wild Side Tokyo

3/01 西永福JAM

→ツーマンライブ v.s.古木衆 『決意と呼ばせてくれないか』

3月前半? 静岡UHU

3月前半? Sound Stream Sakura

4/02 浜松FORCE

4/22 吉祥寺Planet K

5/27 三条ROCKETPINK

 

 

p.s.今年も路上旅いくよ。

 



 


テーマ:




こんばんは。

今年もまた年の瀬。

いろいろと余裕がなくてブログ全然かけてなかった。
路上旅のことはかきたいから、年が明けてからかきたいとは思っているんだけど。


今年もやったライブをかこうかと。



アノバンド
01/21 千葉ANGA
01/25 吉祥寺Planet K
02/11 大塚MEETS
02/14 池袋Adm
03/09 北浦和KYARA
04/27 北浦和KYARA
04/28 浜松FORCE
05/03 西荻窪FLAT(JAMフェス/アノバンド活動休止)


弾き語り
01/02 柏PALOOZA
01/08 新宿ロックンロール以外は全部嘘
01/09 浅草Gold Sounds
01/19 幡ヶ谷36°5
01/22 Sound  Stream Sakura
02/08 新松戸FIREBIRD
02/19 幡ヶ谷36°5
03/05 新宿カールモール
03/08 大塚Deepa
03/30 浜松FORCE(四文屋ツアー)
04/01 千葉ANGA
04/04 Sound  Stream Sakura
04/10 八王子papaBeat
04/18 北越谷ごりごりハウス
04/20 仙台BARTAKE(四文屋ツアー)
04/21 盛岡ましまし04(四文屋ツアー)
04/22 新潟古町GOLDEN PIGS(四文屋ツアー)
05/01 新高円寺clubLINER
05/04 盛岡米山
05/05 新宿SACT!
05/11 Sound  Stream Sakura
05/17 四谷HoneyBurst
05/20 新宿ロックンロール以外は全部嘘
05/21 西永福JAM
05/30 西荻窪FLAT(四文屋ツアーファイナル)
05/31 渋谷La.mama
06/04 千葉ANGA
06/06 新宿SACT!
06/17 甲府FeelRockCAFE
06/22 新潟古町GOLDEN PIGS
07/04 Sound  Stream Sakura
07/07 浜松FORCE
07/11 西永福JAM
07/15 八王子papaBeat
07/28-29 渋谷La.mama
08/07 新高円寺clubLINER
08/11 池袋Loind'ici(ブクロックフェス)
08/17 浅草Buttobi
08/25 新宿Marble
08/27 東新宿loveTKO
09/03 静岡UHU
09/08 新宿SACT!
09/11 新潟古町GOLDEN PIGS
09/14 Sound Stream Sakura
09/20 両国SUNRIZE
09/30 柏04
10/05 新宿LOFT Bar
10/09 新高円寺clubLINER
10/10 吉祥寺Planet K
10/14 横浜SNUGGERY
10/16 千葉ANGA
10/22 新宿カールモール
10/25 柏04
11/03 勝田横道屋
11/04 吉祥寺Planet K
11/05 新潟古町GOLDEN PIGS
11/07 西永福JAM
11/11 浜松FORCE
11/16 Sound  Stream Sakura
11/22 本八幡route14
11/23 新潟古町えんとつシアター(舞台前説ミニライブ)
11/24 大久保cafe Dolce Vita
12/01 経堂浜焼太郎(レコ発ツーマン)
12/04 八王子papaBeat
12/07 盛岡ましまし04
12/14 津田沼MEDITERRANEO
12/23 勝田横道屋
12/31 西永福JAM


路上旅
12/05 茨城水戸
12/06 福島郡山
12/07 岩手盛岡
12/08 宮城仙台
12/09 新潟駅前
12/10 埼玉大宮
12/12 栃木宇都宮
12/17 静岡駅前
12/18 静岡浜松
12/20 大阪駅前
12/21 千葉駅前
12/22 東京池袋→吉祥寺




散々ライブやりまくったな〜〜
アノバンドは活動休止してしまったけど、
自信がなくなったり、アノバンドをいつかやるために弾き語りをやりまくったり、
憧れの人との対バンをしたり、
それで自信がついて1人でやっていこうという決心がついたり。
いろいろあった。


成長は、全然できていないけれど。
すこしずつ、前には進んでいるんだ。

アノバンドは、いつかやりたい。それは変わらない。
だけどそのためだけに生きるわけじゃない。
いまのわたしは、いまのわたしのために、生きている。


ひとりで遠征にいくのも今年初だったけどもう慣れたもんだな。笑
最初は高速バスに1人で乗るの怖かったものだ。死ぬんじゃないかとビクビクしてた。

JAMでブッキングもやったりした。
だけどわたしはやっぱりおんがくが一番だってなったり。

11月末には父親がなくなって。
今年やるって決めてた路上旅を12月にやって。
レコ発もした。
正直忙しくて未だに父親が亡くなった実感があるのかよくわからない。

ただ。
ひとつだけ確かなのは、もうしにたいとは言いたくないって思ってること。


大事な人が死にゆくというのは、本当に大きすぎることなんだな。



JAMでの今年最後の仕事がなんとか終わって、(ラウンジの転換PAという初挑戦の仕事で楽しかったけど疲れた、、)
いま一服してるだけなのであまり時間がない。


と、いうことで今年を振り返るのはこんぐらいにして。

僕らは、まだ生きていて、また明日も生きようと思っている。
いつだってラストライブで、
いつ死ぬかなんてわからないけれど、
この先があると信じたい。


来年は。

お酒の失敗をなくすことと、
僕のうた、だけでなく、
僕らのことを、もうすこしうたえたらいいなと。
思っています。
それが目標。

あと名前をかえます。
アノバンドという名前をつけることをやめます。


今年、たいせつな場所や街、ひと、存在がたくさん増えた年だった。
来年からもきっとまた増えていく。

もうすこしたいせつにできるように。
置いていけないし、引っ張れないけど、
ぜんぶいまは、持っていきたい。


1番大事なものだけは、どうしても離したくないから、1番大事に、ぎゅっとしてもっておこうな。




それじゃあ2018年、さよなら、じゃあね、バイバイ。

おやすみ。


どうか10分後、みんな無事に2019年を迎えられるように。


願う。




おはよう。またな。

言えるうちに言っておくんだ。




ありがとう、またよろしく。





おーの



テーマ:

 

 

 

2018年11月29日17時1分。

 

実の父が、息を引きとりました。

 

 

 

2週間前まで元気に旅行に行っていたはずなのに。

帰ってきてから2日ほど寝込んで調子がどうもおかしいと無理やり母が病院に連れて行ったところ、

胃がんのステージ4だと発覚。

この時点で余命1年ほどと宣告され。

発覚してすぐに実家の方に戻りお見舞いに行って、

その時はまだ意識もあったけど、何故か言葉が上手くしゃべれない状態。

ついこの前まで元気だったし普通に話だってしてたのにおかしいと訴えて2日ぐらいしてようやくCTを取ってもらい、

脳への転移が発覚。

左前頭葉。

CTなので詳しい大きさなどまでわからず。

でもガンマーナイフという治療を受ければ脳のほうはどうにかなって意識混濁や言葉が話せないなどはなくなるかもということで、

土曜日、その専門の病院に確認をしたところ今の状態ならば手術を受けられるということで水曜日に手術が決定。

しかしその2日後、月曜日には様態が悪化してこの状態ではその治療も受けられないということを言われ、

今週もたないかもしれないと医者に告げられる。

私は遠征に行ったりと、母、姉の3人の家族の中で一番状況が飲み込めてない状態だったので先生に随分抗議して話もするが、

結局、もう、何もできることがない、ということがわかってしまい。

ただ、刻一刻と状態が悪くなる父のそばにいることしかできなくて。

手術予定日だった水曜日。

無呼吸状態が頻繁に起こるようになる。

まだ大丈夫だと思おうとしたし、何度も向き合えない現実とたたかった。

だけど、どんどん、病状は悪化していく。

もう父は多分意識もなくて、だけど、たまに私たち家族の話に反応するように心拍数が上がったりした。

聴覚だけは、最後までもしかしたら生きているのかもなあなんて話して、少しだけ嬉しくて。

一方通行だけど、個室にうつったら私のうたをきかせよう、なんて思った。

今日。木曜日。

午前中は呼吸も安定していて。

午後、個室にうつった。

テレビつけて、家族3人で話をしながら、父のそばにいた。

どんどん酸素が少なくなっていっていて、呼吸も荒くなる。

あまりに呼吸が荒すぎて苦しそうなのでナースコールで看護師を呼ぶ。

吸入をしてくれて、少し落ち着いた。

落ち着いたみたいだったので一度姉と売店に買い物をしにいって。

帰ってきたら、今度はまた無呼吸状態が出てきて。

明らかに顔色が悪くなっていて。

唇の色がおかしくなっていって。

それから30分もしないで、どんどんいろんな機能が低下して。

呼吸もなくなり、最後に心臓が止まった。

 

一瞬だった。

 

立ち会えて、よかったと思っている。

でも、亡くなった直後のまだ暖かくやわらかい体が、少しずつ冷たくかたくなっていって、

亡くなっていく様も、その瞬間も見ていたのに、涙はこぼれていたのに、

どこか現実味がなくて。

まだ、本当に父が亡くなったのか、あれが父だったのか、理解できない自分がいて。

 

 

入院してからちょうど10日。

たった10日で、こんなにあっけなく人は死んでいくんだと思った。

こんな残酷な世界を呪いたくなった。

私が今まで、いつ死んでもおかしくないんだと思っていた、言っていた、うたっていたのは、ただの想像に過ぎない感情だったんだと悟った。

はじめて、人を看取って、はじめて、本当に死というものを近くに感じた。

 

昔から親戚は年寄りが多かったし亡くなる人も多くて葬式にはよく出ていたけれど。

去年は父方の大好きだったおばあちゃんも、飼っていた犬も亡くなって葬儀だってやったけれど。

まさか自分の父が、こんなに早く亡くなるとは思っていなかったんだな。

どこかで、おごっていた、のか。

信じていたかった、のか。

 

 

享年68。

まだ、若いと言われる年で、最近は父が最年少だという自治会でいろいろ忙しくしていた。

私はあんまり実家に帰らなかったから、しばらく会っていなかったし、

父のことが昔から怖かったし、なんにも、知らないまんまだった。

 

だけど、私が見てきた父の背中は、確かに存在していた。

母とはよく会って話したりご飯食べたりしてたから、父が「きくのはどうなんだ」とか、私のことを心配してくれていることも、知っていた。

でも私は、なんにもかえせなかったな。

父に似て、酒もタバコも好きになってから、いつか、一緒に酒を飲んでタバコを吸うのが、なんとなくちいさな夢だったのにな。

それはもうできなくて、叶わない夢で。

 

 

もう、ちょうどいいタイミングを見計らったかのように亡くなったんだ。

昨日、わたしは礼服を買って。

ずっとうじうじしてたけどようやく少しだけ作業を始められて。

それに昨日は父の兄の誕生日だった。

亡くなってから葬儀屋にいって話をしたら私のライブにかぶらないで葬儀を入れられるのがちょうど1枠だけあいていた。

いろんなこと見て、もういいかなってタイミングであっちへいっちゃったような気がして。

最後まで心配されてんのかな、なんて。

ほんとうに、ばかやろうと、思う。

 

 

だけど、日に日に苦しそうになっていく父を見ているのも、正直つらかった。

いっそ早く楽にしてあげられたらいいのにとも思った。

でもまだ、頑張ろうとしている父がいて、

苦しくてしょうがないだろうに頑張って生きようとしている父がいて、

だからわたしたちもできる限りそばにいたかった。

 

 

今は、やることが沢山で、しばらく忙しいのだと思う。

葬儀の打ち合わせも、色々なところへの連絡も、実際の葬儀もある。

その間にレコ発もあるし、ライブがあって路上旅もはじまる。

それに何の支障もないように亡くなった父は、どこかでわたしのこと応援してくれていて、見守ってくれようとしてるのかもしれない。

そんなことは、何にもわからないけれどね。

 

でも、寡黙な人だったし、子供の前でずっと格好つけてたような人だったけど、

ずっとどこかで、心配してくれていて、応援してくれていた父だから、

きっと、残されたわたしたちが躓くのだけは、望んじゃいないと思うんだ。

わからないけど、なんにも、わからないけれど。

父がいて、母がいて、生まれたわたしや姉がいて。

それだけは事実で、ほんとうのこと。だから。

 

残された人間は、これから先も、生きていかなきゃならない。

まだ、生きている僕らは、誰かが死んでも、まだ、生きていく。

最後まで、親は子供に何かを教えようと、残そうと、しているのかもなあ。

 

 

あなたを想う。

きっとしばらくは落ち込んだり、引きずったり、いろいろあるよ。

あるけどさ、ちゃんと、大事に、もっておけるように。

ぼくらは、ぼくらのまま、ぼくらの道を。

 

まだ、生きてくよ。

きっともっともっと。

だから、そっと、見ていてよ。

いつかそっちに行ったときには、果たせなかった夢、ほんとうに、させてほしいな。

 

その時は、ラッキーストライクのライトを、おれも吸おうと思うんだ。

 

 

 

 

それじゃあまたね。

お父さん、おつかれさま。

 

 

 

 

おやすみ。

 

 

 

 

 

きくの

 

 


テーマ:




こんばんは。


だらだら今の状況のことでもかこうかと思う。



僕はだらしがない。怠け者。

それは誰にでもあること、感情、部分なのかもしれないけど、
僕はすぐになんにもしたくなくなるし、
なにもできなくなるし、
だけど思考放棄して変な考えだけがぐるぐるめぐって最終的にしにたいという気持ちでいっぱいになることがよくある。

毎日のようにそうだった時期もあったし、最近はかなり減ったと思う。
それはライブが増えたからだと思うし、それに伴って仕事が減った、自分が思う普通の日常的な生活が減ったからだとも思う。
でも、その分、たくさんライブをした後に日常に戻ると倦怠感でいっぱいになってすぐこの状態に陥るようになったような気もする。

毎日のようにそうだったときは、怠けてるのか病気なのかよくわからなくて。
今もそうなんだけどね。
僕はこと自分のことになると、できないことが多いんです。


最近、正直仕事がしんどいんですよ。
すきなお店で、一緒に働いてるみんなも基本的にいい子ですきで、仲良い子も何人かいて、飲みにもたまにいったりして。

だけど、仕事においておれは真面目にやりたい人間です。
なんでも生真面目人間だから、というか、基本的に昔からずっといい子で育ってきたし優等生でいようとしたし真面目な子であろうとしてきたので、それが身についちゃってるんですよね。
だから、仕事でなまけてることとか適当なのが許せないんですよ。

9月で、前の店長がやめて、10月から同い年の新しい店長に代わって、店がどんどん変わっていってる。
それは当たり前だけど、なんで嫌かって、それが悪い変化だから。
それに1番気づいてるのはたぶん私だけど、みんなわかってて、気づいてて見て見ぬ振りをしてるんだと思う。

前の店長はわたしと似たような人で、真面目で店のために凄く色々頑張ってた。
しかも大好きだった1番の理由は、お店のためにたくさん働いているけど、働いているスタッフのことをものすごくよく見ていること。
そのスタッフの将来のことも考えてること。
だからああやって怒ってくれていたし、お店をまとめられた。
嫌われていたけど、わかってる人がすこしいればよかったんだろうね、きっと。
わたしと前の料理長と、あともう1人のフリーター。

なんだかんだ言って、わかる子には伝わってたから、やめるってなった時に店長に怒ってもらえなかったらここまで成長できなかったと思うとか、そういうことを言っている学生を見ててわたしも嬉しかった。


だけど新しい店長は、あんまりやる気のない人。
店のことはあんまり考えてないし、自分が楽をしようとするし、怒られないことだけを考えてるような、まあそれはそれで、自分のためにうまく生きられる人だよねと思うけど、リーダーであって欲しくはない人。
彼が店長になってから一気にゆるくなって、みんなすこしずつ仕事が雑になっていって、楽しくやれるのはいいことだけどちゃんとしようよってとこまでできなくなってきている。
だんだん、無法地帯化していくのが目に見えてて、

変わっていくよ、そりゃ上が変われば。
わかってんだけど、店のためとか客のためとかちゃんとするとかそういう観点で見てわたしのしようとしてることが正しいと思ってるんだ。たぶん、正論だと思っていて。

最初は頑張ろうと思ったんだ。わたしが頑張って前の店長の代わりみたいになればもっと規律もちゃんとするだろうか、とか。
だけど店長の代わりは、フリーターのわたしではなれるわけないし。
それに彼みたいにわたしはうまく人を怒ることもできなかった。
彼が上に立ってて、その下で私がサポートするのはできたけど、私はやっぱりリーダー気質じゃないから、上に立ってどうこうすることはできないし、そもそも社員レベルの業務もやってるけどただのフリーターだし店長はいるのに代わることなんてできないし。
悩んでイライラして、それを繰り返していて。

1回今の店長に相談しようと思ったけどうまく時間をとってもらえなくて、それに1番仲良いやつにはたくさん愚痴も相談もしてたけどあいつに何言っても無駄だと思うしもうおれは諦めてるよって言われてどうしようって思って。
そう思ったままずるずる働いて。


仕事も、人も、すきなのに。
どんどん嫌になっていく気がして。
でもそうなっていく自分に1番腹が立っていて。


なんのためにこの給料は払われているんだろう、精神的苦痛に対してなんだろうか、とか。いやでもそれにしちゃ安すぎるし、ていうかそもそも業務内容からしても安すぎるし全然上がらないしなんなんだろうってことまで考えるようになって。


わたしがいない方がむしろいいんじゃないかとか。
前の店長にはよくおーのがこの店には必要だからって言われてたけど、
いまの店には必要ないんじゃないかって。
だって、完全にわたしは少数派なんだ。
店のためとか客のためとか規律とか、ルールとか、そういうの正論なのかもしれないけど、わたしの言ってること今も正しいと思ってるけど、でも。
多数派には勝てない。
正論が正義ではない。
正しいかどうかは、結局まわりが決めるから、もしかしたら私はただの間違いで悪なのかもしれない。

わたしがいなければ、だらだらした店になるかもしれないけどみんなで楽しく働けるしテキトーに働けるしその方がみんなにとってもいいんじゃないかって思うようになって。
でも自分がすきだった店がそんなんになっていくのはすごく悲しくて嫌で、やめられなくて。


たぶん、やめたかった。もう苦しくて。
だけど、仲良い子が卒業するまではつづけるよって、前に言っちゃったから、やめられないと思った。

それにみんながすきだし、お店もすきだし、どうにかしていい方向にもっていきたいと思ってた。



でもね、もういい子でいるのも疲れちゃって。

だって、別にほんとは私いい子じゃないし、いいやつじゃないし、生真面目なだけで真面目じゃないし、クソみたいなクズ野郎だし、

それにね、
わたし、1番やりたいことでもないのよ、別にこのお店で働くってこと。
当たり前だけど。



わたしが1番やりたいことはずっと前から決めてるの、おんがくだって。
ちょっと前まではそれが全てアノバンドだったけど、
4日のライブでようやく自信もって、
わたしのやりたいことは、わたし自身のおんがくだって、言えるようになれた気がするんだ。


仕事も頑張って、自分のやりたいこともがんばって。
どちらもがんばるって、それ、やりたいよ?
やりたかったよ?
だけど、もう限界。

これ以上この状態つづけてたら、わたしが1番やりたいことをどんどん蝕む。

前の店長の下で働いてるんだったら、どちらもうまく続けられたかもね。
そのとき仕事において負荷はなかったしそんなに。
JAMをほぼやめてこっちだけにしぼり直したのだってそれ前提で。

だけどいまは負荷だらけ。
これじゃあなんも意味ないし進んでないよ。


わたしべつに、この店で働くために生きてるんじゃない。それが1番やりたいことじゃない。
わたしのやりたいことはわかってる。とっくにわかってて、ずっと前からそうなの。


いらなくなった。邪魔になってしまった。
物も人も使い捨て、そんなのかなしいし虚しいしさびしいよ。
だけど、それが自分のためになるなら、切り捨てなきゃいけないことはあるのかもしれない。
自分にとって、何が1番大事か、優先したいのか、ちゃんと、ちゃんとわかってあげなくちゃ。

大事だった。大事な居場所だった。
でも、きっと、もう違う。

すきなひとたちはいるよ、いるけど。
いまのまんまで続ける方が、わたしにもみんなにも悪い。


大事なもの、全部持っていくことはできないんだ。置いて行かなくちゃいけない時もあるんだ。
だって、自分が本当に1番大事なものがわかってるんだから。


ずっと置いていく自信がなかった。
なかなか、捨てる勇気が出なかった。

だけどもう、だいぶ前から気づいてた。
気づかないふりしてた。

もう、いらないんだね。わたしには。
そしてたぶん、わたしもいらないと思われてるんだ。
いや、まあ、困るだろうけどさ、人足りないしフリーターいないし。
でも精神的な話、きっとそう。

かなしい。すごくかなしいな。
すきなのにな。大事だったのにな。


まるで恋人との別れみたい。




別れも、失うことも、時に大事なのかもしれないです。
だけど、大事だったもの、ぜんぶ、大事だったという事実だけはちゃんと持っておきたい。
置いていっちゃったもの、持ってはいけないけど、
大事だったんだよ、あの時はすごくすごくって、その感情だけは、忘れたくなんかない。ずっと、心にもっておきたい。



今、わたしに必要なものは、わたしが大事にしたいものは、ちゃんと大事にしよう。
いつかまた、失う時もあるかもしれない。
でもその時はきっと、もう過去のものなんだろうな。

今しか大事にできないなら、ちゃんと、大切にぎゅってしてたいね。


でもそれ以上にずっと離さずにいたい、ほんとうに1番大切なものは、なにがあっても、離しちゃダメなんだ。
ぎゅっとして、離さないで、ずっと持っていたい。



いつかは変わるかもしれないけどね。未来はなんにも、わからないから。
ただ今、こう思うなら、今はきっとこれが僕であって、いまの僕にとっての正解、なのだろうと思う。





うたおう。
たくさん、うたをうたおう。
うたをつくって、うたをうたおう。
たくさん、たくさん。
たくさんの場所で。



僕は今日も、僕のために生きるよ。
こんな僕のまんまで、だけどこんな僕のまんまを、愛してくれたり認めてくれたり、気にしてくれる人がいるのだから。
そういうきみを、大事にしたい。
そういうものを、大事にしたい。


ぼくはぼくのまんま、だけど、一歩一歩、進むのだ。
ぼくが成長するため。

ぼくが生きるため。




おやすみ。



おーの





*ライブ日程

2018

 11/22 本八幡root14

 11/23 新潟古町えんとつシアター(舞台前説ミニライブ)

 11/24 大久保cafe Dolce Vita(投げ銭スリーマン)

 12/01 経堂浜焼き太郎(投げ銭ツーマン/レコ発)

 12/04 八王子papaBeat

 12/07 盛岡ましまし04

2019

 01/12 浜松某所(サーキット)

 01/13 東新宿真昼の月夜の太陽

 01/17 Sound Stream Sakura

 01/26 新高円寺clubLINER

 03/01 西永福JAM(ツーマン)


12月路上旅(県は確定、地域は仮)

 12/05 茨城 水戸

 12/06 福島 郡山

 12/07 岩手 盛岡

 12/08 宮城 仙台

 12/09 新潟 新潟/三条?

 12/10 埼玉 大宮

 12/11 群馬 前橋/高崎

 12/12 栃木 宇都宮

 12/13 神奈川 横浜

 12/14 千葉 柏

 12/15 -サンボマスター見に行く(もしかしたら東京のどこかで路上やるかも)-

 12/16 山梨 甲府

 12/17 静岡 静岡

 12/18 静岡 浜松

 12/19 愛知 豊橋?/名古屋

 12/20 大阪 大阪

 12/21 千葉 千葉

 12/22 東京 池袋/新宿/吉祥寺




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス