こんばんは~

二重苦三重苦で(画像処理の)首が回らない私です。

  • デジカメで撮影した写真はPCが無い今、ブログに投稿するにはスマホに転送するしかない。
  • スマホもWebストレージも容量一杯で余裕がない。
  • 旅行写真はいずれハードディスクで保管したい。
  • ストレージと重複するスマホ内の写真を削除したいけど、なぜか連動していてストレージも消えちゃうことがある。


長野旅のデジカメ写真はスマホに取り込んでいたな~と、青森旅の途中ですが、長野旅の続きを記録することにしました!

この続き。

海野宿のメインストリート、宿場通りを歩きました!
綺麗に整備されていて、通りの両サイドには旅籠屋造りの建物が並んでいます。

江戸~明治には綺麗すぎるけれど、歴史情緒が感じられて素敵でした。

小川が流れているのもまた良い。

1.5kmほどの街道です。(たしか。)

「うだつが上がらない」のうだつ。
素人には本うだつと袖うだつの違いがわからない…💦

これが袖うだつかな?








閑散期の平日なのでほとんどのお店は閉まっていたのですが、海野宿資料館が開いていたのでお邪魔してみました!200円。

昭和に持ち主が東御市に寄贈し、江戸時代の姿に復元されて海野宿に関する歴史や民芸品などが展示されていました!


なぜか外観写真を撮っていなかったのですが…

1760年頃に建てられた旅籠屋造りの建物と、奥に長~くお庭や作業小屋のようなものがあります。

明治時代に宿場が廃止されたあと、建物は養蚕に使われていたそうです。

海野宿自体が宿場町→養蚕と主要産業を時代にそって変わってます。今は小さな静かな町だけど、昔は流行っていたんだろうなあ。



資料館はゆっくり見ても30分くらいで終了~
歴史年表があってそれをじっくり読むのが面白かったです。


海野格子かなあ。



この屋根の家はいつのものだろう?
どっしりしっかりしていて、強そうw

蔵のようなもの。

これは比較的新しいのかな?
詳しくないのでてきとーです。
通りの建物全てで何年頃の建築かがわかるといいのに。



街道沿いには泊まれるお宿もあるそうです。

帰りは田中駅まで歩きます!


位置関係はこの資料館のチラシが分かりやすいかも。

右方向が田中駅。


電車の本数が少ないので、お茶する時間がありそう。


「どこに行こうかな~」とGoogle Mapのブックマークで検討しつつ向かいました


ランニングランニングランニングランニングランニング