札幌ヨガスタジオ BLUESTAR トータルボディケアトレーナーのAnnaです


親知らずを抜き、鎮痛剤を飲み続けて2週間が経ちましたショボーン
少しづつ緩和してきてはいるものの、激しい運動や逆立ち系は痛くて出来ませんドクロ


痛みの辛さと白い薬の誘惑に負け、悪いと分かっていながらも飲み続けておりますが、一つだけ言える悪い効果は、


寒いおばけくん

とにかく体が冷えやすいもやもや
代謝が下がっているような気がしてなりません。
大した運動が出来てないからか、薬のせいか、筋肉が落ちましたチーン


筋トレや自己練習に気持ちが入らないと言うよりも筋肉が落ちたから腰が重いのですガーン


そう、筋肉が落ちるのは物凄く早く、筋肉がつくのは物凄く時間がかかります。

プロのダンサーやスポーツ選手は週7で運動をしますバレエサーフィンテニス野球サッカーゴルフ

毎日運動する人を、「意識高いな〜」なんて思うでしょ?

本人たちからすると筋肉を維持、または筋力をUPさせることが命です。

または筋肉が一瞬で落ちるという不安ショボーン

または筋トレにより得られる快感照れ

運動することで分泌されやすくなる

アドレナリンやセロトニン

鬱や発達障害にとって大切な鍵となります。


現代の日本人に多い、隠れアスペルガー
身近にこんな人いませんか?


・コミュニケーションが異常に苦手 

・教えられた事は出来るが応用がきかない

・興味のない事が全然出来ない

・興味あることに異常に熱心

・冗談が通じずすぐ傷ついてしまう

・学校または会社で浮いた存在

ただ変わってるわけではないんです。
周りに理解があれば幸いなのですが、発達障害でもあり軽度であると気づかれません。

今回のコラムはアスペルガー症候群とヨガについて書きました。
是非ご覧くださいお願い


この記事からセロトニン分泌がいかに大切かがお分かりいたらだけると思います。


ホルモンの分泌がその人の性格を変えますポーン


ニヤニヤいつも笑顔でポジティブ

チーンいつも不安で悲しそう

真顔いつも否定的でネガティヴ

ムキーいつもイライラ怒りっぽい


もちろん遺伝や環境により性格は生涯にわたり変わり続けます。
遺伝と環境を外して考えると、生活習慣によるホルモン分泌が大きく性格を左右させます。


注意運動不足→ネガティヴ

注意糖質過多→イライラ

注意夜型生活→不安や悲しみ

注意栄養失調→やる気喪失


どの状態もセロトニンが分泌されることなく、ストレスホルモンが過多になりやすい。
過度なダイエットもまた、性格を変えてしまいます。しっかり栄養を取り、運動することで減量を目指すこと!
食事制限だけはダイエットと言いません!!


ハート規則正しい生活

ハート栄養バランスが整った食事

ハート汗をかくくらいの運動

ハート午前の太陽の光を浴びること


それだけで満足感を得られやすいセロトニンが分泌されやすくなり、穏やかな性格になります。

幸せなはずなのに幸福感を得られないショボーン
そんな方はまず生活習慣を見直すことから始めましょう拍手

{507D4E90-5553-4493-A804-0E4C912255D3}

東京の友人から送られてきた桜🌸の写真。
札幌はこれからです♫
セロトニン分泌にはモッテコイですから、開花したら午前のうちに是非散歩をウインク

****************

流れ星札幌ヨガスタジオBLUESTAR流れ星

星アロマリラックスヨガ 
星アドバンスヨガ
星ヴィーナストレーニング(バレエ+ヨガ)
星Fat Burn (フィットネス+ヨガ)
星パーソナルトレーニング
星整体・美容矯正
星出張ヨガ・トレーニング・整体矯正

札幌市西区発寒6条9丁目
東西線地下鉄宮の沢駅より徒歩2分
駐車場完備、キッズOKママ歓迎


ハートご予約&お問い合わせ
TEL:050-3559-4073
MAIL:contact@studio-bluestar.jp
札幌ヨガスタジオ専用LINEID:@wvl6958s