BLOG中毒

テーマ:
月が替わったので Blogタイトルを変更してみました。はじめは黙々と スペイン語の勉強Blogにするつもりだったのですが マヤ オタク度合いが強くなったので ・・頭の三角はピラミッドをイメージしてます。ふふふ 10月もがんばるぞぉ!とこれで気合が入った・・・しかしです。

Wadaさんが Blog中毒についてBlogで書かれていましたが それを読んで ANNAは慢性Blog中毒症(intoxicacion de Blog)だ認定されてしまいました。処方せんください・・・・。

おいおい、とりあえず そんなことばかりではなく このBlogをはじめた初心を振り返れ!(って1週間くらいでもう振り返らなければ忘れるのかよっ)志は高く!
ということで 西検(スペイン語検定)を受けてみようかなぁとか思い立ちました。
そのことは生扉ANNAの本家Como Esta  ANNA Blogで本日宣言してしまいました。言ってしまったからには 頑張らねばなりません。でも読者の皆様とも仲良くしたいので これからもよろしくね
AD
昨日に引き続き テオティワカン!遺跡の一番北にある一番重要なピラミデがこの「月のピラミッド(Piramide de la Luna)」

ここに登るとこの遺跡全体を見渡せます。画像左下。見えてるのは昨日紹介した「太陽のピラミッド」です。クリックすると微妙に少し大きな画像が・・微妙ですが・・。
さてこの月のピラミッド・・・高さ自体は46mなので太陽のピラミッドには及びませんが 標高で言うとほぼ頂上は同じ高さなのです。多分登るのは こっちのほうが怖いかな・・・踏み面がね・・小さいねん。ちなみに登っている写真(右上)はANNAの旦那(DANNA)です。登るのは4つ足のぼりが基本(笑)あとね・・・頂上の階段・・・ないねん(爆)・・瓦礫登ります。降りるのがこわいっちゅーねん!でも ここは のぼらなあきません!絶対感動できるから。DANNAは高所恐怖症をここで克服いたしました。(修行でつか?)

頂上に登って 悠久の風に吹かれておりますと 私の持っているビデオカメラに興味を持った3人の子供たちとおしゃべり。今日のスペイン語は その子供が私に聞いた質問です。
?Cuanto tiempo tiene vivir aqui?
クアント ティエンポ ティエネ ビビル アキィ?
どのくらい ここに すんでるのぉ?

住んじゃいないんだけどね・・・。住んでたらもっとしゃべれるんだけどねスペイン語・・・。
Cuanto tiempo=How long time
tieneは tener(持つ)の2人称単数現在なので あなたは 持っている
vivirは 住む・生きる という動詞の原形です。
Aquiは ここ!っていうこと。

Aqui?は便利です。「ここでええの?」 と念押しができますので 旅では必須の単語だと思います。
AD
メキシコ&グァテマラ旅行の話に乗せて ついでにスペイン語も勉強しちゃう ANNA Blogでございます。

今日はメキシコシティーから バスで(60km)いける 「Teotihuacan テオティワカン」(BC200-AD700)です。この遺跡はマヤ文明の遺跡と勘違いされている人がいますが 違います。またメキシコシティーに栄えた アステカ文明とも違います。マヤ文明が発祥する遥か以前に作られた遺跡なのです。

ちなみに なめてはいけないほど広いです(約20平方km)主要なケッツァルコアトルのピラミッドから 月のピラミッドまでの距離は4キロ、その間階段をあがったり下がったり・・。建造物がでかいので近そうに見えるが いくら歩いてもたどり着かない。そして暑い!
暑さ&4キロ・・・・。そんな言うほどでもないじゃん。って思うでしょ。でもねここはね・・・標高が約2200mの場所なんですよ。酸素は平地の2/3です。少し歩いただけでも妙に息が切れます。

写真はこの遺跡で一番大きなピラミデ・・・というより・・・。世界で3番目に高い太陽のピラミッド(Piramide del Sol ピラミデ デル ソル)高さ65メートルです。ちなみに 世界で登ることが許されている一番高いピラミデであります。そういえば先日 小泉首相が郵政民営化をこのピラミデの上で叫んでましたね。

まぁ 登ってみそ ちなみに 酸素が薄いので 10段登るたびに 息が上がります ゆっくり登るのがコツです。結構こわいよん・・下を見ずに頂上まで上がってくださいね。世界を征服した気分になれます。しかし 降りるのいやだぞぉ。絶対落ちている人はいると思うよ。落ちたら死ぬんだろね。降りる時はこのように オシリをずりずりして 降りると安全!勇気がある人は立って降りてね。そのうち地球に向かってどうすれば垂直に立てるのか だんだんわかんなくなって めまいがしますよ(爆)

おお、解説が多くなったわい。 では最後に今日のスペイン語。
この遺跡を見物して メキシコシティーに戻る時にバス停を探したんですけど・・はっきりいって絶対聞かなきゃわかんない場所でした。目印はないというに等しい・・ていうか こんなのではわからんわい!。

では聞きましょう。
Quiero ir a mexico city! キエロ イル ア メヒコ シティ
わたしゃー メキシコシティーにいきたいんじゃが

?Donde esta la parada de autobus?
ドンデ エスタ ラ パラダ デ アウトブス?

どこにバス乗り場があるんじゃい?

Quiero ir a~(キエロ イル ア)は 絶対覚えていきましょう。これはI want to go「私は~へ行きたい」という意味です。Quiero comer (私は食べたい) という感じにQuieroの後に動詞原形をおくだけで使えます。

あと ?Donde esta?も絶対覚えましょう。どこにあるの?という意味です。
?Donde esta el ban~o ?ドンデスタ エル バーニョといえば トイレの場所を教えてくれます(笑)

la parada de autobus は バス乗り場です。
旅事情などの質問はコメント欄にじゃんじゃん 入れてね 答えます。
AD
スペイン語は



とかあるんですが 「n~」と打つしかないですね。ちょっとずれる・・。
あと「!」のひっくり返ったのは アルファベットの「i」で対処するとか・・でも「?」はひっくり返せないので このままかな・・・アクセント記号はあきらめるしかないです。

ということで 今後このように表記しますので よろしくおねがいいたします。
メキシコシティーは大きな湖を埋め立てられて作られた町なので おそろしい地盤なんです。そんなおかげでその上の建物はどんどんひずんでいくわけです。

写真のビルを見てみてください・・・壁が 波打ってます。すごい・・こんな風になるんですかぁ 壁は硬いものなのに・・なんでこんなに うにゃうにゃになれるのでしょう。おそろしや・・・・。このような崩壊カウントダウン建築物は多いですねメキシコは。日本ではかんがえられません。

泊まったホテルはかなり メキシコの中ではいいホテルだったのですが(日本のHISから予約をいれたし) そのひずみによって 部屋の角の壁に近寄ると なんと 隣の部屋が見えます。ひえーー間仕切りかべがぁ・・・・。昨日に続き ケ ススト!

さて 本日のスペイン語ですが・・・こんな部屋に出会ったら こういいましょう。
?Podria cambiarme la habitacion?
部屋を取り替えてもらえますか?
ポドリア カンビアルメ ラ アビタシオン

もちろん Podria(ポドリア) の代わりに Puede(プエデ)を使ってもOK。Podriaは同じpoder(英語で言うところのCAN)ですが 可能形に活用していますのでPuedeより丁寧な言い方になります。
cambiarme=cambiar + me は 私に変える の意味です。
最近 アメブロの方などと 外国語表記等をきっかけにお話しますが 結論は

1.スペイン語の特別表記文字はIEでは表示できなくて ネスケならOK 
2.特殊文字を使ってもタイプしても特殊文字表記は表示できない。
3.リンクタグを挿入すると 謎のタグを書く。

いやーー前途多難ですね・・・。ANNAはサイバーエージェントのアリ地獄につかまっているアホルダーなので・・・がんばれぇーーーアメブロと書いてみるが・・。やっぱりHTMLが禁止というのは いかがなもんでしょうか・・・。

とりあえず いろんなコメントをくれたり いろいろ調べて書いてくれた方に トラックバックいたしますぅ。もしよければ 「トラバ返し」してくれるとうれしいです。こちらのBlogからもそちらに相互アクセスできるので.
Hola! Buenos dias!(オラ・ブエノス ディアス)はぁーい こんにちわ!

ランキングなんか気にしないんだけどでも Blogの一番上に ランクダウンのアイコンが出ると凹むので なんか力が入ります。

さてANNAは両生類は嫌いです、苦手です。そんな私がメキシコ(Mexico メヒコ)旅行で見たのは こいつ・・ 
はじめはあまりにもの大きさに置物だと思っていたのですが、どうも動いているようなので初めてそれが野生のイグアナ(iguana)だと気がつき 思いっきりぞっとしました。しかし慣れるというのはおそろしいもので巨大な数百のイグアナが自分の横を歩いたり横切ったりすると妙にかわいいと思えるようになりました。
皆さんも メキシコに行く機会があったら イグアナちゃんとお友達になってくださいね。

さて今日のスペイン語ですが おどろいた!という表現を・・

Que susto!(ケ ススト!)  ひょえ!びっくりした!!! 
Estoy sorprendido(エストイ ソルブレンディド) 私は驚いています。


Estoy はEstar(Be動詞)の一人称単数現在です。スペイン語は英語と違って主語を省略するので 動詞が活用します。ややこしいですね。 Estoy=I am ってことです。ちなみに Estas=You are  Esta=he is  Estamos=We are  って感じになります。

もし皆さんも イグアナと遭遇したときは このように表現してください(爆)

イグアナをもっと見たい人は イグアナを飼っている人のBLOGにGO!
チダモトオとオトモダチ
まじで すごすぎ・・・・でも 愛嬌あるね・・・
接続詞!ってタイトルつけちゃうと ぎゃーーー!!文法!!!って感じでしょ。接続詞は並列する語句を結ぶ時に使います。

例えば カフェテリア(cafeteria)オレンジジュース(zumo de naranja)コーヒー(cafe)を注文するとしましょう。

Un zumo de naranja y un cafe porfavor
ウン スモ デ ナランハ イ ウン カフェ ポルファボール。

と 言えばよしです!
ちなみにスペインではジュースのことを「zumoスモ」というようですが 中南米では「jugoフゴ」といいます。私は 「jugo」の方が聞きなれているので そっちを使っていますが・・・・。

では 接続詞をまとめてみました。

A y B   A イB  (AとB)
A o B   AオB  (AかB)
A,pero B A,ペロB (A、でもB)
si A,B  シーA,B (もしAなら、Bだ)

先日 イタリア語の本を購入しました。え?なんで スペイン語じゃないの?

実はスペイン語とイタリア語はすごく似ているという話なので どんなかんじなのか興味がでまして 本を買いました。結構楽しんで読めます。
こういっては何ですが イタリア語はスペイン語を訛らせた感じです。まぁどっちが標準で どっちが訛っているのかわかんないのですが スペイン語は語感がはっきりしているので イタリア語の方が訛っているように思えるのかもしれない。

例えば 「私はANNAです!」というのを例にすると
スペイン語 Yo soy ANNA(ジョー ソイ アンナ)
イタリア語 Io sono ANNA(イオ ソノ アンナ)

って感じ 似てるでしょ 
イタリアに旅行したとき 数字なんかはスペイン語とすごく似ているので不自由しなかったし 単語が発音の違いだけで似ているものが多いので先方が話している内容も大体理解できた。(しゃべれないが)
てなかんじで 英語の次にスペイン語を覚えれば イタリアでも役立ちます。もう少し頑張ればポルトガル語なんかも習得できるかも・・・。そう考えると 世界のほとんどの国に旅行しても不自由はないですよね。
スペイン語を勉強する人がもっといてもいいのにと 思うのですが なぜか 書店に行くと英語の次に本が多いのは フランス語だったりします。どうしてフランス語なんだろう・・・・汎用性低いのに・・・。
グァテマラを訪れた時、海沿いのリビングストーンという町で一泊しました。今日は その時に泊まった 思い出深いホテルを紹介。
対岸にホテルがあると聞き小船にのせられ 落ちてきそうなえげつない数の星の下を進んでいきますが 対岸にはなんの明かりもありません。ホテルに着いたというのですが、いったいどこに? 連れて行かれた場所はこのマヤ住居風ロッジ。基本的に床はありません。屋根と壁があるだけ。。お水シャワーの床も地面です。ロッジの周りはペリカンだらけ!笑えました。インパクトありすぎです。しかし もう一度泊まってみたいホテルでもあります。おばちゃんの作る朝ごはんはおいしかったし・・。

ホテルはスペイン語でHotel(オテル)。民宿のような安いお宿のことはPosada(ポサダ)といいます。
5つ星Cinco estrellas(シンコ エステレジャス)でなければ 中南米のホテルには シャワーducha(ドゥチャ)のみ お湯Agua caliente(アグア カリアンテ)が出たらいいホテルとほめてあげましょう。