いのちを守る森の防潮堤 | あんくら島田のブログ

あんくら島田のブログ

『安心して暮らせる島田を作る市民の会』
私たちは静岡県島田市での「震災がれき広域処理」への疑問から活動を始めた年齢や立場・市内か市外かなどの「枠」にこだわらない個人有志の集まりです。


テーマ:



↑ご協力有難うございます☆-( ^-゚)v



週末、岩手と宮城に行ってきました。


『子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク』の和田さんが編集する雑誌、
ママ・レボ6月号のがれき問題、第3の案の取材に同行させていただきました。

私と和田さんは、予定より少し早く現地入りし、仙台市に立ち寄って、
「いのちを守る森の防潮堤推進東北協議会」会長の日置道隆さんにお会いして、
お話をうかがってきました。
日置さんは輪王寺のご住職です。





こちらは瓦礫の広域処理に代わる案として、
3月あたりから新聞等を賑わすようになってきました。

ですが実際は昨年4月には既に環境省に提案されていたそうです。
関係者のご努力と、いろんな政治的なせめぎあいのもと、

やっと表に出てきたという感じでしょうか。

お話を伺ってみてこの案は、
そもそも、この震災以降のアイデアと言うものではなく、
地震国、津波国である島国日本の自然と風土と文化に合ったものとして

長く研究が進められてきたものであることがよく分かりました。

頂いた資料を紹介します。
私達はこの翌日翌々日と、東北でお会いする方々にこの計画を紹介して回りました。

安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ
安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ
安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ
安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ

$安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ
安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ
安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ
$安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ





↑ご協力有難うございます☆-( ^-゚)v

ankurashimadaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ