自由に空想画〜ももやまあんじゅの絵ブログ
  • 31May
    • 5月を最後にの画像

      5月を最後に

      ↑3年前の小満に描いた絵緊急宣言の2020年5月も最後、気がつけば早くも1年の半分近く!ようやく宣言から解放されたはいいが第2波の懸念とか・・けど、流行ウイルスというのは第2波・第3波はもう、歴代の出来事から見ても仕方ないようである。必要以上に神経質になり過ぎてもウイルスより経済で死にかねない状況がむしろキケンなくらいもうこれは、ウイルスとうまく付き合っていくしかないのでしょう世界の状況を考えれば・・日本など全くもって問題ないくらいな数値!またいろんな不満は所々あれど、それでもこの感染者が最も多い東京は暮らすには充分、不便しない都市である。ましてや、わたくしの住む地域界隈ではコンビニやスーパー、ドラッグストアが競合するくらいあるのにこの数週間の間で、やっと!やっと!トイレットペーパー類を見かけるようになった。4月くらいまでは、どこを覗いても、ぱったりとマスクどころかトイレットペーパーがなく、笑えないくらい困ったのだもう不思議でしょうがない。ウイルスがやってくる前までは散々、いっぱいあったのに・・人間て愚かなもので、充分家にあるのに買う、不安に駆られると買う、ないと思うと求めたくなりやっと見つけると買いたくなる、そういう生き物なのだろな・・けど、そんな慌てなくても完全に都市封鎖にならない限りはちゃんと流通は動いているわけで、おかしなデマなどとるに足りないそして世のために頑張ってる人たちへの応援メッセージもわるくはないが本当にそう心から思うなら、余計なことは言わずそれこそ匿名で現金で寄付してあげる方がよほど有効ではないのかあるいは、何らかの形でお手伝いするとか。言うだけなら簡単なもので、やってる方はそれを言われたところで・・本当に嬉しいものなのだろか・・?むしろ、この状況下で職を失ったり営業停止を余儀なくされたり母子家庭で休校の対応に悩まされたりそういった人たちにこそ本当に救いが必要なのかもしれない。仕事を失う事ほどコワイものはなく何であれ働ける状況があるというのはとても良い事である。それを考えたら・・もしか最悪、身の振りを考えなきゃならないかも?と懸念していた私めのリモートワークを与えてくれた職場や、また個人的にお仕事をくださった某企業様へとてもとても感謝でしかないそして私めで唯一できる事は・・一生懸命に仕事をする事で恩返しするよりほかない。おかげ様でこの期間にも、また新しいスキル開拓ができたのはある意味良い機会でもあったのだこれぞ!アフターコロナの展望またまたこれからの時代、生活面でも仕事面でもよりIT力が必須になることはITに何とか乗っかってる私めなぞがいうまでもないですが特にテレワークに向いた職業であればこの際、IT的なことをハナから毛嫌いしていたら世の潜りになってしまうね近い未来・・あるいはわたくしが生きている間、オフィスという場所が要らなくなってしまう?がために、あらゆる業界事情がガラッと変わる可能性も秘めているかと思われる。ともすると、東京に人が集中することなどなくなるかもしれない。黄金時代を過ぎたテレビに代わって、一家に一台PCを国が推奨する時代がいつ来てもおかしくない・・(と、個人的な予測)先進国といわれるわが日本も良くもわるくもアナログ的なやり方は残っているけど休校中の子供の勉強用にiPodを配る国もあることを考えると・・いつまでも昭和平成な感覚では時代遅れな日本になってしまうわね。2020年という年って、キリも良いけど新たなスタートをきる年でもあるのかな5月31日にももやまあんじゅ

  • 20May
    • 小満の日にの画像

      小満の日に

      このところの気温や湿度も影響しているのか、明らかに感染者数が減っている・・!やっぱりウイルスというのは、高温や湿気に弱いというから・・これからの季節、期待できるかも逆に言えば、カラダを冷やさなければ、それに加えて水分をちゃんと補給していれば、体調も崩しにくいというのも分かる!外に人が出始めてることに、懸念の声もあるけれど・・むしろ、今の新緑の季節こそ、ちゃんと人さえ避ければ外へ思いっきり出るべしと思うのだ。そう、できるだけ太陽を浴びさせた方が身体にいいに違いない何かの研究でも、紫外線がウイルスを不活性化させると注目されているくらいだから・・・なまじ、デタラメではないと思われる。ずっと家にこもりっぱなしというのはやっぱり良くない。。これは何も、子供ちゃんだけに限らず、大人でもそうだと思う。ずっと家にいると・・イライラしてくるものだ。これって、家族住まいなら、なおさらではないか?と思ってしまいます。。地元の公園などに、人がいっぱいいるとかやたらニュースで騒いでいたらしい?けど・・散歩や適度な運動はべつに禁止ではないはずだし、マジメすぎてステイホームを守るがゆえにイライラを人にぶつける方が、かえって本末転倒ではないかな。そして私めのリモートワークといえば、これは自宅ワークもそうだけれどやはり意識して外へ出ないと・・ずっとPCにかかりきりになりがちである。ヘタすると、延々と時間を使ってしまうわこの己れに、節制力というキーワードがこと走ります。。良くいえば、わたくし制作物が好きなので、今でいう働き方改革というものを思いっきり気にもかけず・・ある程度納得するところまでやらないと不完全燃焼を起こしてしまい、ご飯も食べる気にすらならなくなってしまう。。たぶん、絵を描いたり物作りをする人とかは特に、その傾向はあるんじゃないかな・・と思われます。わたくしは東京で生まれ育っていますがまた東京というのは、年々、ちょっと外に出れば刺激もたくさん・・刺激や誘惑もあるから街に出てしまうわけで、自粛生活には元来向かない街なのかもしれないしなら自然がいっぱいの街であれば、目につく刺激も少ないから家にこもりっきりになれるかというと・・やっぱりわたくしは自然や空を求めて愛する緑たちを求めて外へ出たくなってしまうのだから、もうどこに居ようがあまり行動は変わらない?ような気がいたします。。それでも!ちょっと集中してやらなくてはならない時、ウズウズと頭を悩ましてしまう時は・・・昔のドリフが最高大好きだった志村けん氏がいなくなってしまってとっても寂しいけれど・・このドリフの番組があったからこその、不安や悩みをかき消してくれた子供時代(と、世代がバレますが)今あらためてドリフシリーズ観ると、やっぱり自然と心が晴れてしまうくらい楽しくて面白いものねえこういう時期だからこそ、子供よりもむしろ大人だからこそお笑いの世界が必要なんだと思う。。これからまた大変な世の中にも、笑って乗りきっていきたいものですね!小満の日にももやまあんじゅ

  • 07May
    • 2020の立夏の画像

      2020の立夏

      このご時世ではあれど、かまわず今年も新緑が青々と気持ちいいですね実は今の時期・・本来なら、恒例の区民ギャラリーでの展覧会を開催していたはずだったのですが、あいにく予定通りにいかず。(9月に延期予定です)でもこんな体験も・・長い目で見て、たぶんわたくしの人生の中で(何歳まで生きれるかは神のみぞ知るですが)後に“こんな事もあったな〜”と語れればそれはそれで記念すべき2020年になるのかもしれません。かれこれ、おかげさまで、今年で6回目の個展になるわけですが・・「昨年までは、予定通りにいっていたのに、今年は流行ウイルスが原因で予定通りにいかなかった!」という事も、ある意味なかなか体験できる事ではないわけで。緊急宣言が出る前の、まだ街に普通に人が出歩いてた時期・・ご年配二人連れの会話がふと耳に入ってしまったことがあって、“こういう、流行ウイルスというのはいつの時代でもよくあることだよ。。戦争さえなければ、いいんだよ。。”と。おそらく、戦争を体験された方だったのかもしれない・・たしかに戦争を考えれば、今でいう、不便になった自粛モードは何とか乗りきれるのだと・・!そして、仕方ないけど区民ギャラリーのある美術館も5月末まであえなく休館・・けど、わたくしの中で、耳を疑ってしまったのが、ニュースで騒がれている“パ◯◯コ屋”の営業・・しかも、東京都内でもそうしたお店があったようで真っ先に生活に直結しない美術館は休業要請なのに(ましてや、わたしめの個展など、人がパラ・・パラ・・な程度なのに)もろ環境が3密&生活的に必須ではないパ◯◯コ屋がなぜ営業を許されるんだ!と思ってしまったのは、わたくしだけだろか・・???と、モヤモヤしていたら・・やはり、そこは小池さんがちゃんと働いてくれましたちゃんと、しかるべき対処を取られたようで・・ホッとした東京都民の区民の小さな一人のわたくしであります。。(さすが!やっぱり小池さんなかなか力ある・・)(ここで、別に政治系ネタを言うつもりはありませんが・・そろそろ我が日本も、女性トップリーダーが誕生したって良いかとわたくしは思います)そんな心情はともかく・・本来予定してたGW期間中に開催する個展案内用に描いた“立夏”をテーマにした絵を。せめてもの、ここでアップすれば、せっかく描いたこの作品ちゃんも報われるかなと立夏といえば、こどもの日だけれど・・そういえば学校が休校になってから、朝がちょっとしんみりしてしまった。通常の朝なら、集団登校する子供ちゃんたちが外でワイキャイ、元気な声を発してるのが聞こえてきて、自然に“朝だな”と身体に活気を感じてたのに、今はそれがすっかりなくなってしまった。。子供ちゃんの存在はスゴイね!大人だけの世界だと、どうしても静かになってしまうけど、あの活気ある声で、元気がもらえるのだから休校中の子供が外で遊んでるとか、クレームする世の大人もいるようだけれど・・一番犠牲を払っているのは学校へ行かれない子供たちなのかもしれない。またそのうち、この東京でも元気な朝の時間が戻ってくるといいなと思う。がんばれ!子供ちゃんたちGWの最中に。ももやまあんじゅ

  • 25Apr
    • 想定外の春の画像

      想定外の春

      (↑3年前の銀座 この時は・・今の状況があるとは予想だになかった)とうとうわたくしの職場も、全リモートワークになった。おそらく都心も緊急解除される?であろう5月末までは、この状態が続きそうである・・元来わたくしは職業上、自宅ワークは慣れっこなので、別に違和感はないのだけれど、何が違うかというと・・時間を職場で管理されるか、自分で管理するか、だけである。ただ、難点?といえば、自宅ワークだと、よほど急を要してる案件ではない限りついダラっとしてしまうのよね・・気をつけないと・・1. ついお菓子を食べてしまう。2. 外見に気をつけなくなる(けど、ノーファンデは肌に良し!)3. 運動不足になる。周りの目が気にならなすぎも、コワイものでそれでも、人がわんさかいる中で仕事するよりも、落ち着いた環境でやる方が、断然わたしめには合ってはいるかも。なんだかこう・・特別に朝型系とか早起きが好きなわけではないのに、登る朝日を迎えながら、何がしかのワークをするのがとても心地いい今でこそ、3密は厳禁!といわれているけれど、そもそもわたしめは、人が密集していたり、建物に窓がなかったり部屋に食べ物の匂いが充満していたり換気の良くない密封空間が嫌いである。。それは職場であろうと家であろうと人との至近距離を取ろうとはいうけれど、例えば、隣の席同士が近いような飲食店なんか元々好んでは入らない・・ましてや、よその人との近距離で食事など、人の多い東京では仕方ない場合はあれど、本来なら論外・・満員電車なぞ、最も嫌だわ・・お部屋だって、一日一回は空気の入れ換えは必要というでしょう・・?これは、家を綺麗に保つだけでなくて健康上にも関係してくることなわけで・・通常の風邪だって、部屋の閉めっきりは良くなく、ちゃんと窓を開けて空気入れ換えた方がいいと聞くものねこのご時世ながら、3密NGはある意味、これからのいい社会生活習慣につながっていくといいな・・とも思う。それとあらゆる建物で、ハンドドライヤーが禁止になっている・・けど、そもそも、それを頼りにしている人って、ハンカチ持って出かけないのかな?と疑問。いい大人なら、ハンカチと時計はしっかり持たないとね?やっぱり、特に男性で、仕事がしっかり出来る人は、ちゃんとハンカチと時計を身につけているように見てとれるそしてようやく慣れてきた?マスク習慣は・・どのみち、ノーファンデなら、ちょこっと買い物に出るには顔を隠してくれるから都合いいじゃない?わたくしはこれからハンカチをマスクに活用しようかと考えているのだけど・・このマスクも、使い捨て買うよりも、いっそのこと・・ファッションの一部として取り入れてしまうのもおしゃれでイイかも!そういえば叶姉妹が、スカーフをマスクとして素敵に活用していたのはさすが!とっても良いアイデアだなといっそ、アパレルメーカーも今のご時世を逆手にとっておしゃれマスク開発して売ってしまえばいいのにね?わたくし個人的に、流行になるといいなと思っているのは・・よく、イスラム系の女性が身につけているような頭にサリーをかぶる方法!あれは髪の毛を汚したくない時にはいいなと思っていて・・それをスカーフでうまく頭に巻き付けられたらおしゃれかなと思うけど、目立っちゃうかな?この厄介なウイルスが収束される頃には、世の常識や習慣や仕事のやり方や価値観がガラッと変わっていそうで・・それはそれで面白い展開になりそうな予感ももやまあんじゅ

  • 20Mar
    • 春分の日にの画像

      春分の日に

      久しぶりのブログ投稿です。1年前の今頃は・・まさか世の中がこんな厄介なウイルスに大騒ぎしている状況とは予想だにもなくそして昨年中はありがたくも本業で忙しくバタバタで、あっという間に年末、新年を迎え・・すっかりマスク生活にも慣れた?三昧です。しかしそんなウイルスどもに振り回されてる場合じゃないわたくし、来る今年のGWにはおかげさま恒例の展覧会を控えているわけで今やせっせと作品を制作中であります。相変わらず、本業と絵の活動のバランスを何とかどうにか取りながら?体力とも戦いながら躍起になっている毎日それにしても、このマスク生活、電車に乗る時は必須にもちゃんと付けていますが(もう8割以上の人は付けてる)もしや、眉毛以外は化粧する必要なし?とも考えがよぎりつつ・・(→どうせマスクにファンデが付くのでね)うんとお若い女子でもあるまいし、やはり仕事に出向く時は一応最低限の化粧はしているのであります・・けれど、色リップはすっかり付けなくなりました・・(↑上記の理由にて)そして、わたくしの絵にも時々登場する銀座ですが、この銀座の街も、今やすっかり中国人の団体観光客の姿を全く見なくなって・・・ポツリポツリと個人行動?の中国人もいる感じもあるけれど(多分、仕事で在日の人がほとんどかも?)この数年の間、ずっとワイワイした感じに慣れただけになんかさみしいような、これが本来の風景のような・・その一方で・・欧米人の個人の観光客もわりとちらほら・・一番びっくりしたのは、彼等もちゃんとマスクをして歩いている!だって、欧米では、マスクはほとんどしないのだとか?けれど進歩ですわね、ちゃんと、日本の空気を読んでいますそうかと思うと、今度は意外にも、昼間の時間帯に、銀座へお買い物に来るご婦人がわりといるいる・・もしや、街は空いているだろうから・・という考えで、ここぞとばかりに足を運んでいるのかも・・?とまあ、私めも同じ考えで、ここぞとばかり、江ノ島までちょっくら足を運んでみました人がいなくてガラガラだなんて、とんでもない!学生さんが多いけど、人がわんさかいるいる・・でも何となく、ちょっと雰囲気が落ち着いてるな・・と思ったら、中国人の観光客がいない?からかも。。ちょっと前までは、もっとガヤガヤしてたけど、日本人て、おとなしいのかな。けど、世界の状況を考えたら、日本はかなり平和なんじゃないかと思える。。たしかに学校は休校にはなっても、仕事人は通常通り、電車に乗って仕事に行くし(ただ、サービス業に関わらず、2月からすでにオフィスでもマスクは業務命令、可能な限りテレワークや時間差通勤は実行、電車内やオフィスはどこか一箇所の窓を開けて密閉はタブー)おそらく、たとえ体裁だとしても、これらを実行しないと、世間から叩かれたくない国民性がある意味・・それで安心を得て買い物だ旅行だ仕事だと行動の自由を作り出している?ともいえる・・けれど、学校が休みだなんて、学校がキライな子にとっては良いかもしれない退屈で外へ遊びに行くのは好ましいとは思えないけれど学校側もちゃんと、非常事態ということを自覚させて、何か宿題出せばいいのに・・仮にわたくしが学生なら、家に居ろうものならここぞとお勉強するけどな、英語とか、読書とか(→と、いい大人の時分だから言えるけど、たぶん、わたくしの小中高生時代であったら・・勉強しないかも)あとは、ピアノの練習とか、楽器を弾く人ならここぞと練習たくさんできるし、わたしめのように絵を描くのが好きならたっぷり時間があるじゃない〜と思う。他にも、文を書く、詩を書く、今時の小中高生ならたぶん進んでいるから、Webサイト制作やアプリ開発、プログラミング・・興味次第だけれど出来そうなこといろいろあるいい大人になっちゃうと、仕事と両立しなくてはならないからわたしめみたいに慢性睡眠不足になってしまいますぞというわけで、今夜もいそいそと制作に勤しむ予定であります・・春分の日にももやまあんじゅ

  • 08Jun
    • 今年も夏の大祓月の画像

      今年も夏の大祓月

      つい最近、2019年を明けた!と思っていたら・・もう夏の大祓月6月=水無月という梅雨の期間は雨マークばかりで・・わたくしにいたってはムシムシとした感じがニガテなのだけど実は、とても大事な時期ではないかと思う。タネを蒔く芒種の月でもあるし、前半期の大祓、衣替え、整理整頓、雨なら屋内でお勉強するチャンスでもあるし、そして夏至を境に時間調整も切り替わり・・・もっともっと暑い時期を迎える前に、やるべきこといっぱいですぞ。。これから本格的な夏を楽しむために、今こそ色々な雑ごとを片付けておくとのちに気分が楽なのかもしれない(実はまだ革ジャンが!早くしまわなくちゃ)もちろん、恒例の大掃除も欠かさずに少しづつやっていこうかと!大掃除といえば・・・つい最近、とある好青年の過去エピがとても興味深かったその「好」が付く青年は、(歳の頃はわたしめよりだいぶお若い?と見受けられるが)何しろ、第一印象がとても良く、人として好感度が高い、いわゆる人柄良し!という感じで・・(↑たとえ若くても、稀にこういうタイプのお人って存在しますね)その爽やか好青年から「前は掃除の仕事をしていた」というお話をたまたま聞く機会があった。わたくしその時、勘が働いて・・「もしかすると・・ただの掃除じゃなくて・・曰くついた場所を綺麗にすることもあったとか」と聞いてみると・・想像を絶するような現場の過去エピをあたかも武勇伝げな感じもなく、さらっとお話されていた・・!(リアルな表現は・・一応、このブログポリシーにそぐわないので割愛しますが)(けど最近、注目の漫画でも、そういう裏系?の内容のものがあるしやっぱり興味深くて、つい立ち読み)聞くと、空気が入らないくらいの「完全防備」で仕事に入るのだとか(猛暑なんかサイアクでしょうに・・)仕事が終わったら、その日来ていた服を捨てるくらいの感じらしい。。。そのくらい、場の空気が凄まじすぎるようですね・・しかも、ケンサツが終わってすぐさま「お掃除お願いします」と普通に言われるのだとか。。。そんな壮絶すぎる仕事体験が逆に、心までをもクリーンにしてくれちゃった部分もあったのかも?とわたしめは想像しますがけど、綺麗に掃除したり整理整頓すると気持ちがスカッとするものだし・・心に影響は出てくるのかもしれないトイレ掃除が運気アップといわれるのも、人が触れたがらない所を綺麗にする=心が洗われてくるということなのでしょうね。ましてや曰く付いた所だなんて・・・積極的にやろうという人は・・おそらくいないでしょう?けど、それをちゃんと彼はこなされていたからこそ・・道理で人間オーラが良いなと感じたのはそこかな?と思ったわたくしでありました。。考えてみれば・・どれだけ元気な人間でもいつかは終盤を迎える時があるわけでそれがどういう状況下でファイナルするかは自分でもわからないし、誰にでも、誰かに後始末をしてもらうことになるわけで・・自然界の動物たちと同じこと・・と考えれば、決して不自然なものではないということでしょう。。これからの時代、すでに世の中ニュースにもあるようにこういう事が増えていくのだろうな・・さてと、今月の大祓に向けてがんばろっとももやまあんじゅ

  • 27May
    • いつもの場所の画像

      いつもの場所

      ふとひとり さえずり癒し 新緑にふと、ひとり静かにゆっくり深呼吸したい時があるそして時間が許せばいつもの場所を訪れる誰にもジャマされずガヤガヤ音もなくただ小鳥ちゃんの鳴き声が心地よく聞こえてくるだけアタマを休めたり空っぽにしてリラックスするには最高な場所!緑ってなぜこうも癒されるんだろう刺激感のない色だからストレスにはならず、きっと人間にとってみれば空気のように自然に受け入れている色なのかもしれないあって普通なんだけどなくなっては困る色。。それだけに、緑色を綺麗に表現するってすごく難しい!画材でもすっごく綺麗な緑色というのはなかなかあまりないんじゃないかと思う。。印刷すれば緑色はくすむし、緑の風景の写真を撮ってもなかなか明るく撮れてくれない・・実はとても難しい色なんだと思うけど緑の実物を見るのが一番イイのかも真夏日が近づいてくるにつれ今の、この緑が一番豊かな時期が一年のうちで最高にイイ!雨に濡れた緑もまたなぜか、綺麗に映るのもこの自然色の素晴らしいところけど、数年前に比べて葉っぱの数が減ったような気もする。。気温が上昇しているからなのか木も傷みやすいのかな・・これが、本当の真夏になると、木陰の分量がもっと減ってきて本来なら(数年前なら)涼しいはずが暑くてあまり居られなくなるくらい。。う・・・ん、このままさらに数年後はどうなっているんだろう。。思い出すと、絵を続けて描き始めて2年目くらいの時も、いつもの場所というタイトルでココと同じシチュエーションで描いた絵がある。(↑上は2010年作)これを描いた当初も、色々あってものすごく忙しくて・・ホッと一息ついた頃に描いたと思う。時を経て、描き方がまただいぶ?違っている感じがそして来年もきっと、同じタイトルで、同じシチュエーションで描くかもしれない・・その年その時の、状況とか気分で変わるのだろうけど今の自分より少しでも進歩しているといいな・・きっと一年後をお楽しみに。ももやまあんじゅ

  • 20May
    • 芸術家は年齢不詳?の画像

      芸術家は年齢不詳?

      新緑の令和元年を迎えた個展から少し一息・・展示をしていると、色々な方々が観に来られる。お散歩がてらひょっこり立ち寄ってくださったり、やはりご自身で絵を描かれる方もけっこういらっしゃったり・・・ご感想を伺いながら会話をするのもなかなか楽しい中でも、R80・R90の方々が人間的にとても興味を惹かれる作品作りだけでなくいろんな人生体験をしてこられたのか人間として悟りの境地に入られてる?だから、肩に力も入ってなく気取ってもいなくフラットで・・けどその実、作品や展示力はさすがに腕が良く観る目が鋭いという感じがお話からうかがえる。やっぱり・・身や時間やお金を削ってよそ様のふんどし相撲に頼ることなくご自身で培ってこられた人というのは、いろんな意味で強いのかもきっと、精神力や生活力も強いのでしょう。一見からは、とてもそのご年齢には見えず、ヨタヨタと歩いておられず背筋を伸ばしていらっしゃる!年齢なんぞ吹っ飛ばして?作品作りにエネルギーを注いでおられるのかむしろいい意味で年齢不詳・・まだまだなわたくしめはとてもお勉強になります。。たとえスモールな作品でも、絵を描くというのはなかなかエネルギーを使うので・・わたくしも日常は職業人なので、またこれが、仕事もこなしながら生活もしていきながら作品を創っていくというのはけっこう大変・・!というより、年々、体力が大変になっていくものでけど、R80・R90の人でもエネルギッシュに活動されているお方をお目にかかると・・わたしめもまだまだ頑張らにゃー!という所存であります。。しかし、R80まで生きられるという保証も自信もありませんが・・人間必ずや、明日も大丈夫という保証は誰にもないものね・・そう、何が起こるかわからない。。そして時間も過ぎれば早く・・はたまた、あっという間に次の展示会を頭に入れていかなきゃ意外とサイクルはすぐ回ってくるもので作品創り=生きること?これをずっとやり続けるのはとても幸せなことなのかもしれないももやまあんじゅ

  • 11May
    • ディスプレイの画像

      ディスプレイ

      今回の個展で5回めの展示をしたわたくしですが・・・この展示方法・・ディスプレイというのが、考える過程は楽しいのだけどこれがまた、なかなか難しい!初めて個展をやった時は、なんせ設計力が足りなくて実際に様子を見ながらどうにかこうにか展示をしたものの・・やっぱり何かが変・・・そして予想外にも、展示というのは時間がかかるもので・・電車が遅れるのと一緒で遅れても大丈夫な時間を見込んでおくくらいの作業計算も必要になってくる。。(実情は、わたくしはもっとゆるいですが)だって、某有名な華道家のお方のブログもいつも拝見しているけれど、「完徹」とかよく書かれているのを見るとやはり納得・・!(大変そう)わたくしの場合、規模は小さいですがそれでも実際は、展示作業にかかること2時間を少し過ぎるくらい・・・基本的に、日常の管理も含めて自分で責任取れる範ちゅうでやるようにしている。(結構な現実主義)初めての苦い経験以来、さすがに反省して「これはちゃんと設計して、当日作業しやすいように下準備もしないと!」と考えて・・2回目以降からは、メーター計測・絵の並べ方・メリハリ・作業の順番などしっかり下準備をして取り組むようになった。(下準備もまた時間がかかるのだけど案の定・・下準備もギリギリになって火がついて、前日は完徹になってしまった)今回は、作品は総勢78点!日頃は構えずに、お気楽スタイルで絵を描くわたくし、やはりどうしても絵そのものがスモールなので・・絵の点数が少なくても寂しいし、かといって多すぎても観る人が疲れるし、なかなか、数も難しい・・!「絵がスモールだから数で勝負!」みたいなスタイルで150点くらいを展示したこともあったけれど、あまりに多すぎた・・(今にして思えば)そんなこんなで、まだまだツタナイ展示&勉強中ではありますがそれでも、楽しく観ていただいたお方・・ありがとうございました。この区民ギャラリーで展示をすると、ご自身でも個展などをたくさん経験してこられた先輩方もいらっしゃることがあるのですが、とてもためになるご感想をいただいたり・・そういう意味でも個展開催は勉強になります。。(ありがとうございます)中には「1点1点じっくり観るよりも、全体を眺めて雰囲気を楽しむのがいいね」とのうれしいご感想もベテランのお方でも、「展示はなかなか難しい!」と仰っていたくらいだから・・何事もひとっ飛びではいかないわけですねそして引き続き・・来年の区民ギャラリー個展(未定&予定)でももう一歩進化した展示を目指して、また皆様に元気でお会いできますように。ももやまあんじゅ

  • 07May
    • ご観覧ありがとうございましたの画像

      ご観覧ありがとうございました

      「ももやまあんじゅの絵ギャラリー」をご観覧いただきありがとうございました。今年は、奇遇にも平成から令和へと移り変わるタイミングで・・いい記念でもあったように思います。毎年、古い作品(2009)から新作(2019)まで時系列で展示しているのですが・・↑2009「冬至“ゆず湯”」↑2019「立春」(20数年来のおつきあいの知人は、これらを押してました)今回は総勢78点を展示しまして・・(ぎりぎり多い数)よくよくご観になられた方は描き方が少しづつ変化してきていることにお気づきになられたかとさすがに10年描いていると、だんだん変わっていくものですね。けれども、特に描き始めの頃の作品は、やっぱりわたくしにとってとても感慨深いものがあります。そして、描き続けるにつれ「描かなきゃー!」と追い討ちをたてるかのように描いたものは、なんとなく薄っぺら〜い作品になってしまったり・・実は家にも・・駄作はいっぱい今回も、わたしめにとってお気に入りの作品たちを中心に抜粋して、昨年よりもさらに20点減らして展示してみました。(来年はもっと減らすかも?展示もなかなか難しい・・・)そんなこんな毎年悩みながらですが、ももやまあんじゅワールドを楽しんでいただきありがとうございました!番犬してた本人が描いてると明かすと・・初めてご覧になられたお方はびっくりされるのですが・・けど、そんなギャップ体験?も個展ならではの楽しみ方でありますまた、観にきていただいたお方とお話させていただいたり、いろんなご感想をいただいたり、とても楽しいひと時でした。まだまだ作品&展示にも課題はいっぱい・・精進しながら楽しく創作して来年もチャレンジします!また区民ギャラリーで元気でお会いできますように。。感謝をこめて。ももやまあんじゅ

  • 05May
    • ラスト1日・・ももやまあんじゅの絵ギャラリーの画像

      ラスト1日・・ももやまあんじゅの絵ギャラリー

      おかげさまで、ももやまあんじゅの絵ギャラリーは何とか順調です。以前大変お世話になった職場のお方が子供ちゃんを連れて足を運んでくださったり、昨年初めてわたしめの展示をご覧になられた方がまたいらしてくださったり・・(この場をかりてありがとうございます!)晴れた砧公園には、すでにお散歩やジョギングしている人、遊び場でワイワイしてる子供ちゃんたちで、ほのぼの爽やかな光景ですよ。ただ今、世田谷美術館の企画展では、「ある編集者のユートピア」をされているようですね。わたくしはまだ見てませんが・・けど、このユーモラスなロゴがとても粋!そしていつもの場所に今日もたどり着く・・・緑の中を歩いて行けるから気持ちイイせっかく紙が余ってるからと・・日替わり看板にしてみました紙の折れ跡をごまかすために、あえてシワ加工をもうすぐ芒種(ぼうしゅ)の季節ですね。穀物の種をまく6月前半の時期この連休の最後には立夏ですが・・夏にちなんだ作品たちを中心に抜粋して展示しておりますよ。さて、残すところあと1日!本日、5日(日)17:00まで、わたくし本人が番犬をしておりますよ。(たまに番犬が入れ替わってる場合もありかも?)ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。「ももやまあんじゅの絵ギャラリー」2019年5月5日(日)まで開催中!世田谷美術館 区民ギャラリーB10:00〜18:00(最終日の5日は17:00迄)※ご観覧は無料ですももやまあんじゅ

  • 03May
    • 新緑の砧公園と絵ギャラリーの画像

      新緑の砧公園と絵ギャラリー

      今年のGWは、天気の急変が多くて、ザーっと勢いよく雨が降ったかと思えば気持ち良い晴天になったり🌈そんな天候だけれど雨上がりの新緑も綺麗でイイ感じ!わたしめの絵ギャラリーを開催している世田谷美術館区民ギャラリーの窓からは↑こんな素敵なお外の風景もやっぱりこの時期を選んでよかった・・・!桜もイイけど緑もね↑手作りの看板・・・ちょっと紙の跡がついているのはご愛嬌さては3日目を迎えた絵ギャラリー(個展)ですが、古くからの知人が揃って遥々来てくださいました。(ありがとうございました)やっぱりわたくしの性分?性格的なものをご存知だからこそ・・・絵の見方も、わたしめ&作品を初めてご覧になるお方ともまたちがった視線なわけで、「わたくしの個性」が出ている作品かどうかもわかるご様子だから面白い!↑2010年作品「夏の雨」わたくしの作品は、特に作品が古く遡るほどペールトーンやブルー系が多いのだけれどそこが性分の分岐点?知人の一人はこのあたりの作品を好いてくれてるようでしたが、↑2018年作品「戊戌の夏」知人のもう一人はこの作品をお気に入りなようでした。こちらの方が、わたくしらしさを感じ取っているのかも・・・?実はこの作品、昨年の絵ギャラリーのために描いたもので・・ご自由にお持ちいただくポスカを入り口に置いてるのですが、わりと受けがいいようですさてさて、絵ギャラリーも後半あと3日・・・!お天気も良さそうだし、個展をやるのはエネルギー使うけれど何といってもこの新緑豊かな砧公園に行くのがとても楽しみで・・わたくしはとってもテンション上がりますまだまだ5日(日)17:00まで、わたくし本人が番犬をしておりますよ。(たまに番犬が入れ替わってる場合もありかも?)ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。「ももやまあんじゅの絵ギャラリー」2019年5月5日(日)まで開催中!世田谷美術館 区民ギャラリーB10:00〜18:00(最終日は17:00迄)※ご観覧は無料ですももやまあんじゅ

  • 02May
    • 新元号にも絵ギャラリーの画像

      新元号にも絵ギャラリー

      世の中は新元号の祝福モードですね。わたくしはおかげさまで、平成最後の日でもある自身の個展初日に無事にスタートを迎えて、本日新元号では2日目の出動でした🌈早くもご観覧いただいた方、また事前に案内ポスカを手に取られて足を運んでくださった方や、1年前に区民ギャラリーでお話しさせていただいた方もわたしめを思い出していらしてくださったり・・ありがとうございました。この新しい時代の始まりに、わたくしの生きがいの絵に関わることができるというのも、とても幸運な感じがいたします・・・!思えば平成の始まりは、まだまだ私めは学生だったのですから・・将来の道・・それは「絵や創作に関連した仕事に就くこと」と、小学生の時から漠然と心に思い描いていて、グラフィックデザイン科の学校へと進んでいく頃でありました。今でこそ、MacやWin・スマホは普通だけれども、当時はまだアナログ時代だったわけで・・文字を作るレタリングというものがちゃんと存在していたのですちょうどデジタルへと切り替わりそうなタイミングでもあったし、ましてやSNSどころか携帯電話やインターネットさえ普及していなかった・・!それから○○年・・・(→わたしめの年代はご想像におまかせ)平成中に、様々な社会人体験&紆余曲折・・等々本当にいろんなことがありましたっけ。。そんなことをしみじみ思いながらも・・今日、とっても嬉しい再会がありました!2年前、この区民ギャラリーで個展をやった時に、お隣のスペースで油絵の展示をされていたお方がご夫婦揃っていらしてくださり・・・とてもお元気そうで本当に感激そう、あれは2017年のGW・・・歳月は本当に早いもので、おたがいに、この2年の間に色々あった出来事やら近況報告など話題に盛り上がり楽しい再会となりましたわたしめのためにお留守番を申し出てくださり色々なお気遣いをいただいて・・この場をかりてありがとうございます!また元気でお会いできますように。。そして、区民ギャラリーでのご展示復活も楽しみにしています。さては、お天気も後半はなかなか良さそうで、新緑なる砧公園はますますオアシスムードですよ5日(日)17:00まで、わたくし本人が番犬をしております。ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。「ももやまあんじゅの絵ギャラリー」2019年5月5日(日)まで開催中!世田谷美術館 区民ギャラリーB10:00〜18:00(最終日は17:00迄)※ご観覧は無料ですももやまあんじゅ

  • 29Apr
    • ももやまあんじゅの絵ギャラリー2019の画像

      ももやまあんじゅの絵ギャラリー2019

      いよいよ明日4/30から「ももやまあんじゅの絵ギャラリー2019」のお知らせ今年もおかげさまで緑豊かなスポット「砧公園」内にある「世田谷美術館 区民ギャラリー」にて恒例の個展(第5回)を開催します2019年4月30日(火)〜5月5日(日)世田谷美術館 区民ギャラリーB10:00〜18:00(初日は12:00〜/最終日は17:00迄)※ご観覧は無料です歳月は早いもので・・・今年でいよいよ第5回目の地元美術館での個展を迎えます。今回は余裕を持って準備しよう・・とは思いつつなんだかんだとバタバタし結局はギリギリの準備になってしまいましたちょっとは慣れたのもあるけれどやっぱり、ああしようこうしようと色々迷うこの途中経過も楽しい作品の展示ということは、何といってもディスプレイ力=設計力!最初からお膳立てされる展示じゃなく何もかも自分でやらなきゃならないという大変だけどとてもためになるもの。完全を目指そうとしても、ひとっ飛びでは無理があるものだし・・毎年毎年、試行錯誤を重ねながら(正確に言えばちょっと失敗したかなもあり)なんとかどうにか今回は、また昨年と少し改善をして・・設計を立てている所存であります。。。でもそんなことも楽しいそう、不完全でいいのだ!完全は、ある意味物事の終わりをいうし不完全だから未来があるというもの🌈今年も楽しくやってまいります!明日の初日はどうも雨のようですが・・この連休にもお時間ありましたらぜひ、遊びにいらしてくださいませ。ももやまあんじゅ

  • 10Apr
    • 夜桜の画像

      夜桜

      今年の目黒川夜桜も、かなり賑わっていた!毎年、というより年々、この桜の時期には人出が増えているこの界隈も、今年は昨年よりもっと人が多かったような・・・?だいぶ外国人観光客が増えてきた・・!ガイドブックに載っているのかな?都心に近いし、足を運びやすい上に情緒あふれる雰囲気を楽しめるスポットという感じで人気が出るのでしょうね。やっぱり、なんといってもこの川面なのかな。ピンクの提灯が照らす夜の妖艶な感じが人(わたしめも)の心をそそるのでしょう・・昼間の桜もいい感じだけど、ここは夜がイイ!さすがに中目黒駅周辺から、人出を見込まれてか警備対策が強化されてるし、お巡りさんも忙しそう。。案の定、わたしめももれなく橋の上からの写真撮りをする人で人だかりにお巡りさんの呼びかけもそっちのけで写真撮りに夢中になってしまうのも人情というもの数年前は、川沿いにシートを敷いて宴会している人たちも見かけたけれど、この1,2年あたりからはそれも禁止・・そのかわり、敷地内屋台が活発になってきた!そんな人で盛り上がった目黒川の桜も、もうそろそろ葉桜に・・来年は、もっとすごいことになりそう。。今年もおかげさまで・・来るGWに緑豊かなスポット「砧公園」内にある「世田谷美術館 区民ギャラリー」にて恒例の個展(第5回)を開催しますよ★ももやまあんじゅの絵ギャラリー★2019年4月30日(火)〜5月5日(日)世田谷美術館 区民ギャラリー10:00〜18:00(初日は12:00〜/最終日は17:00迄)ソメイヨシノが散り始め新緑を迎える頃にて。ももやまあんじゅ

  • 14Mar
    • 河津桜も満開!の画像

      河津桜も満開!

      桃色の 和ますひと時 我忘れ  毎春お楽しみの河津桜が満開ピーク!いつもながら、桜をテーマにした絵を描きたくなってしまうほど、この桃色の花びらには毎年心を和ませてくれるしかしなんてこった!もう3月の中旬!思うように物事が進んでない・・けれど、まだ月の半分もある。なんでこう、年々歳を重ねるにつれて歳月を早く感じてしまうのだろう・・・これにはある説によると、人間て、経験を積んでくると感動がなくなってくるからともいわれる。。たしかに!慣れがあると、そこに安心してしまうし、未知なものに飛びつくにも恐怖心が出てきてああでもないこうでもない・・などと色々考えすぎてしまうし、だんだん腰が重くなってくるというジレンマに陥ってしまう。。でも、最近気がついた!例えば何かある物事に取りかかろうと思っている時、それをやれないでいることの宙ぶらりんな状態が一番しんどいということを・・!べつにそんな自分を責める必要もないけれども時間×気力×体力のコントロールって自分しかできないからね。。そう、誰のせいにもできないのだ。だから人様のことをとやかく言ったり悪口など言ってる暇もないもので・・それ以前に、そんな時間というか自分のエネルギーがもったいないというもの。もしそんな状態だとしたら、それは危険・・悪い意味で心が暇な証拠なのだろうと思う。それで、もしも、やりたいことややろうやろうと思っているものがあるとしたら、ちょっとでもいいから着手してしまうと不思議と気持ちが少し落ち着く・・それを毎日ちょっとでも動かして習慣にしてしまうと、意外となんてことはないものでわたしめの場合なんか、やりたいことがたくさんあるはいいが一日の中の限られた時間内であれもこれもはできないし・・若かりしお年頃時代に比べてカラダが気持ちに追いついていかないしで、そこらへんがとても大変なのだけれど一つ一つ、やっていくしかないのよね。。どう見積もっても、人生100年時代などわたしめは論外なので・・来年・・数年後・・どんな状態になっているかも人間というのはわからないもので今でさえカラダが気力が・・といってるのに数年後の体力で新しいことに着手!なんて、自信もない。。少しでも、体力があるうちにやりたいこと×やれることをやっていこうと思う。もちろん、楽しみながらね今年もおかげさまで・・来るGWに緑豊かなスポット「砧公園」内にある「世田谷美術館 区民ギャラリー」にて恒例の個展(第5回)を開催しますよ★ももやまあんじゅの絵ギャラリー★2019年4月30日(火)〜5月5日(日)世田谷美術館 区民ギャラリー10:00〜18:00(初日は12:00〜/最終日は17:00迄)↑ヤバイ!準備しなくちゃ河津桜が満開のピークにて。ももやまあんじゅ

  • 22Feb
    • 春も近づき・・の画像

      春も近づき・・

      春あけぼの 時の目覚める 光る陽に立春を明けてから、だいぶ日が長くなった!寒い時の朝起きは未だ得意ではないけど日の出がついに6時半をきったし少しは起きやすくなるかな。。そしてやっぱり、この時期にはお日様の絵を描きたくなる2年前にもお日様を思いっきり描いてるが、年ごとに自分の描き方も変わるから面白い↑2017年作(おそろし・・あれから2年とは!)春が近づいているとはいえども・・寒い時期こそ、どれだけ忙しくてもお日様の光を一日にたとえ数分でもちゃんとあやかりたいもの。日光シャワーを浴びて、日頃の疲れやストレスをスッキリとね太陽を思いっきり浴びれるのは、やっぱり今のうち。これが夏になれば・・炎天下になりうるわけで。特に現代の夏の温度では。。さては今年の夏はどうなるんだか。(まだ早い?)紫外線対策も大事だけれど人間にはやっぱり太陽が必要なんだと思う。ずっと影に潜めていたとしたら・・・たぶん、心もカラダもバランスが取れなくなってしまうようそういえば人生100年時代とか言われているけれどあれは果たしてどうなんだろう?と思ってしまう。医療がどれだけ進んではいても・・健康を維持できるくらいのよっぽど良質な環境とお金(生活費+治療費)がないと、無理なんではないかと。。東京に住んでいては、きっと難しいでしょう・・だってあれだけの、人、人、人・・・押し押しな満員電車に交通量・・変な規則や、あれダメこれダメの息も詰まるルール・・ちょっと一息つけるような空気感もなくほら急げ急げ!スピード命!な世の中・・休むことがまるで悪かのような固定観念・・いくらペースマイペースなわたくしでも気がつかないうちに、これらに飲み込まれてしまっているという。。ある意味、自分でわざわざそれを作り出してしまっているところもあるかもね少なくとも、私めなら100年という数字よりも、生きていられるうちにどう楽しく生きぬいていくかに重点を置きたいな・・と思う。なので、あまり未来を知りすぎるより、自分の寿命を気にすることより、何をもって?勝ち組とか負け組なんて言っているより、歳月を早く感じるようになってしまったお年頃にも一日現在を大事にしていきたいもの。そう、好きなことを楽しみながら・・今年もおかげさまで・・日頃のせわしさから解放されるスポット「砧公園」内にある世田谷美術館区民ギャラリーにて恒例の個展を開催しますよ★ももやまあんじゅの絵ギャラリー★2019年4月30日(火)〜5月5日(日)世田谷美術館区民ギャラリー10:00〜18:00(初日は12:00〜/最終日は17:00迄)梅の花が満開近くの初春にて。ももやまあんじゅ

  • 20Jan
    • 大寒の画像

      大寒

      空に見る 寒風のどかな 思い出に今年もまた大寒がやってきた。昨年夏の猛暑とは真反対にもどっちがいいかと思うと・・・寒さもなかなか堪える。。けれど極寒な晴天ほど、晴れた青空がものすごく綺麗なのもたしかこの時期に絵を描こうとすると、やっぱり空が青々しくなってしまう1月になると、スタンダードにもちゃんと凧揚げしてる家族連れの光景もちらほら・・なんかのどかでイイ感じ!そういえば子供の頃は、凧揚げをするために、学校や家族で駒沢公園に行った。砧公園にも行ったかな。思い出した!学校の行事で凧揚げ大会があって、グループごとに自分たちの手作り凧を飛ばすのだが・・作った凧がどうも重過ぎて?全然凧が上に上がってくれなかった覚えがちゃんと科学的に作らないとダメねその頃からの、同じグループだった友人は、私めの恒例の区民ギャラリー展覧会にもうれしいことに何回か足を運んでくれて、子供時代の自我?を見ているからか、私の絵の感じと、本来の私?とどうもギャップ感があったようで私めが、もっと激しい?絵を描くのかと想像していたらしい・・笑でもあながち、否定もできないかも・・?笑見た目通りなのか、それとも全然イメージが違うのか、それは、その人その人の見方次第・・といったところかも?正解というのはないのでしょうね、きっと。そう、どれもわたくし1月の寒い日にて。ももやまあんじゅ

  • 04Jan
    • あけましておめでとうございますの画像

      あけましておめでとうございます

      時過ぎし つながり星へ 新年に  あけましておめでとうございます気まぐれブログ気味になってしまってますが・・それでも昨年中は、時々訪問してくださりありがとうございました。また、あの猛暑にも恒例の展覧会に足を運んでくださった方・・下北沢でポストカードをご購入いただいた方、陰ながら私めの作品を楽しく見守ってくださっている方、本当に感謝します。そして今年も、早速マイペースながら作品をいそいそと創作しております。当初は、冬至をイメージして天体の月と太陽で制作していたつもりが、なんだかんだと時間が過ぎていき・・・クリスマスに年末、あっという間に年明けということで、祝福の絵で決まりそう、視点は世界、地球から?特にこの年末年始あたりは、どの暦であろうと平成最後であろうと時間は繋がっているわけだから・・今年の年始は、いつもなら氏神様など地元の境内を巡るつもりでいたのだけれど・・その過ごし方のパターンを変えてみた!なぜか急に思い立って、海を見に行ってまいりましたなぜなら昨年の年始は・・地元の境内も人がたくさん来るはいいが、律儀に?並んで一組づつお参りしていてすごく時間がかかり・・寒い中、結構な待ち時間を費やしてお参りする羽目になり夕方近くなってしまってのんびりがたたって?夕方近くの年始のお参りそして仕事のことがどこか頭から抜けきれず・・やっぱりあまりよろしくない・・・昨年はそんな思いをしてしまったので今年はスカッと気分を変えて、壮大な海の風景を見てすっっきりここは江ノ島意外にも、予想より寒くなくて、むしろ波も穏やかで心地いい!また海って、心のザワザワ感を洗い出してくれるらしい。たしかに何だか気分が一掃された感じがある波のリズムが人間の呼吸と合っているからなのか本来の自然の原型?だからなのか潮風が身を清めてくれる?のか・・とにかくいつの間にかスッキリする!そうそう、いつも同じパターンは惰性になるからガラっと変えないと。。思いきってよかった思わぬ、富士山も見えた!見知らぬ誰かが、「真っ正面は富士山」と言われていてやっと、あの山が「富士山だ」と気づいた私めですがだって、晴れて遠くの山々が見えるはいいがどれが富士山かよくわからずあまりの壮大な富士山は気付きにくくて日本人に生まれて、よかった悩んだ時は、海ですよ!そんな今年の始まりでしたが本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。引き続き、コツコツと作品を創作していきつつ精進してまいります。さてはどんな作品が生まれてくるか・・温かく見守っていただけたらうれしいです。そしてちょっと早いですがお知らせも!今年もおかげさまで恒例の世田谷美術館区民ギャラリーにて個展を開催します。★2019年4月30日(火)〜5月5日(日)世田谷美術館区民ギャラリー10:00〜18:00(初日は12:00〜/最終日は17:00迄)世の中は変動していきつつありますが今年もいい一年でありますようにももやまあんじゅ

  • 16Dec
    • 大雪?の画像

      大雪?

      大雪の 木の葉に思う 風邪だより急激に寒くなった!雪が降ってもおかしくないくらいの気温・・節気では、12月7日あたりから冬至までを大雪(たいせつ)というけれどまさにこのことかも・・?紅葉もそろそろ散り始めてるし、黄緑〜オレンジのキレイな葉っぱたちももうお終いかなつい最近、私めは1年以上の更新を破ってめずらしく?風邪を引いた。軽く喉から来て、またたく間に熱が38.5度・・さすがに歩けばフラフラなわけで・・悪寒もするし、病院に行けるどころではないけれどこの風邪を、せっかくならゆっくりと寝て休む時間ととることにして薬には一切頼らずに温かく休養してみた。ちゃんと治すには、これが一番と聞くけど本当にそう。時々、紅茶+ウイスキーを飲んだりして・・度数の強いお酒は殺菌作用があるからねいい大人が、こんな自然治癒で早く治るものなのか?と思いつつも、ちょっと実験。けれど、風邪を引く=熱が出るというのは、カラダ的にはとてもいい現象なのだ。なぜなら熱は、ウイルスを殺すために出しているから、むしろカラダは風邪菌と戦ってくれてるはず。だからすぐに解熱剤を飲むのは本来は不自然なのかも?風邪を引く=入浴NGも、よほど高熱ではない限りはOK!という説もある。そして、熱のピークを少し過ぎたあたりで、思いきって入浴でさっぱり・・・!それが悪くなるどころか、予想外?に熱が少し下がった!そのあたりから、少しづつ回復の兆しが思っている以上に、カラダの自然治癒力や免疫力ってスバラシイ!という結論にあながち、自分の体もいくらオトシゴロと言えども・・バカにできないもの。でもこれも、日頃からの自己管理も大事だったりするかも。前に居た職場で、毎日カップ麺男子がいたのだが・・彼はしょっ中、体調を崩しては休んでいた。。まだ若いのに、仕事もなかなかできるのに、もったいないなあ・・と思って見ていた。。やっぱり基本の衣・食・住はとても大事なわけね。だからデキる男子よ、お酒はそこそこに、もっと質のイイ食事をしよう!そして私めのように風邪にはウイスキーねももやまあんじゅ