腰のホネ不安定様の症状

テーマ:

こんにちは。

 

 

 

筑後市のかげ○接骨院・整体院です。

 

 

 

来週は暖かくなりそうですね。
春が待ち遠しい。

 

 

 

さて、早速ですが、腰椎不安定症ってご存知ですか?

 

 

 

 

簡単にいうと、腰のホネがぐらぐらということ。(まんまや。。。)
この状態は慢性腰痛になりやすいです。

 

 

 

 

イメージはこんな感じ。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

 

 

 

診断等をされたことがない方でも
当院に腰の痛みでこられた患者さんの中には
腰椎不安定様の状態が見られる方がいます。

 

 

 

 

こうなるとなかなか通常の施術、調整という形ではむずかしい。
患者さん自身こまかい動きをしてもらいながら、
特定のこまかい筋肉に刺激をあたえていくことが必要になってきます。

 

 

 

 

 

上記画像にもありますが、

腰の筋肉は異常なほど緊張しています。

それに対して、まかりまちがっても強揉みの

マッサージはしないようにしてください。

不安定が増します。

その緊張は、身体を守ってくれている証拠です。

 

(そう考えると自分の体って健気で愛くるしいですよね。)

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ不安定様ってどんな状態なんでしょうか?

以下に、二つ。

・腰の左右にある筋肉が異様に緊張している。
・うつ伏せで寝た際に腰のホネを軽く押すと変な柔らかさがある。

 

 

 

 

 

正直、自覚しにくい。。。
自覚するものとして、しいて言えば、慢性的な腰の痛みぐらいでしょうか。。。

 

 

 

 

 

先日来られた腰痛の女性患者さん。
その方も上記のような感じの方でした。

 

 

 

 

日常生活での姿勢について聞いてみました。、
すると仕事であぐらをかくことがあるということがわかりました。

 

 

 

 

”あぐら”

 

 

 

 

不安定症様の方にはかなり負担となる姿勢です。

 

 

 

 

 

腰のホネは5個積み木状に重なっていますが、それらが
不安定なだけに前後に、あっちゃこっちゃになります。

 

 

 

 

また、あぐらの姿勢は骨盤を考えると
特に、腰のホネの3番目以下に負担がかかってしまいます。

 

 

 

 

 

あぐらの姿勢は本来、骨盤が丸くなりやすい姿勢だけど
体(腰の部分)の声として

 

 

 

「丸くなったらやばいよ、やばいよ!」

 

 

 

 

と腰のホネが丸くなって負担をかけないように
防御してくれているともいえます。

 

 

 

 

 

なので、患者さんにはあぐらは控えるようにお願いしました。
(あくまでこの方の場合です。あぐらをしないほうがよい理由は、ほかにもありますが
ここでは割愛。)

 

 

 

 

 

ストレッチなどでは、よくあぐらをかく姿勢をとることが
ありますが、もし、腰のホネの状態が不安定様の状態であれば、
腰の痛みの原因になりかねません。

 

 

 

 

 

ましてや、現在進行形で痛みを感じてるのであれば、
そのストレッチ姿勢をとることが逆に
痛みを維持させている、もしくは悪化させていることもあります。

 

 

 

 

 

腰椎不安定症、または
不安定状態はかなり厄介です。
なので、上記のようにならないために
取り入れることを選択していくことが必要です。

 

 

 

 

 

そして、うまく改善させていくために、
まずは、ご自身の身体がどうなっているのか?
を把握することが、これまたとても重要です。

 

 

********************

 

 ■かげ整体院(併設:かげ○接骨院) 

TEL : 090-5949-3759

 

■筑後市の腰痛・スポーツ障害専門の”かげ整体院”

■整体院 フェイスブックページはこちらから 

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから 

*******************