クラッとしたら。

テーマ:

 

こんばんは。

 

かげ○接骨院・整体院の鹿毛です。

 

先日、ある患者さんから

 

「バレーをしている中学生の娘のことなんですが、最近、

 

時々立ちくらみがするらしいんです。

 

どうしてでしょうか?」

 

という相談を受けました。

 

 

あくまで推測の域ではありますが、

 

運動性貧血の説明をさせていただきました。

 

最近は様々なスポーツ競技で活躍する女性が増えてきました。

 

運動強度の高い環境で頑張っている小学生の女の子もよく見かけるようになりました。

 

なので、スポーツをしている女の子をもつ親御さんには是非、

 

運動性貧血について知っておいてもらいたいと思います。

 

貧血とはそもそも、血液中の赤血球数、ヘモグロビン濃度が低下した状態です。

 

そのヘモグロビンとは、ヘム(鉄)とグロビン(たんぱく質)というものが

 

結合したもので、役割としては、酸素とひっついて肺から身体全体へ

 

その酸素を運ぶ役割を担っています。

 

なので貧血状態とは、

 

各組織への酸素運搬能力が減るという状態

 

のことになります。

 

症状としては、

 

倦怠感、疲れやすい、耳鳴り、筋力低下、顔色が悪い、白っぽいなど

 

単体、または複数に出る場合があります。

 

原因としては、

 

・多量の発汗

 

・足底部への継続的な強い衝撃(運動中)

 

・腸管の吸収不良

 

・血尿、血便による体外出血(長距離走など)

 

・摂取不足(ダイエットなど)

 

などヘモグロビンの材料となる鉄分が不足することによる

 

鉄欠乏性貧血のケースが多いです。

 

特に、生理中であれば、なお貧血状態に拍車をかけると考えてもおかしくないです。

 

対応としては、やはり、食事の見直しは必須です。

 

・肉、魚などの動物性たんぱく質やレバー、小魚、ほうれん草、ひじき、

貝類など鉄分の多い食べ物を摂る。

 

・タンニンが含まれる飲み物(緑茶、紅茶、コーヒーなど)を食後に飲まない。

 

・ビタミンCを一緒に摂る。

 

これだけでも、十分な予防になると思います。

 

しかし、もし、症状が落ち着かなかったり、気になる場合は別の病気が潜んでいるケースもありますので、なるべく早めに医療機関に行かれることをお勧めいたします。

 

是非、参考にされてください。

 

ちなみに、男でもなりますので、予防のための食事を心がけてくださいね。

 


********************

 

■かげ整体院(併設:かげ○接骨院) 
TEL : 090-5949-3759


■筑後市の腰痛・スポーツ障害専門の”かげ整体院”

■整体院 フェイスブックページはこちらから 

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから 


*******************