強ければいいってもんじゃありません。

テーマ:

かた


こんばんは。

かげ整体院の鹿毛です。

いきなりですが、

肩こり

といえば、まずどんな対応をされますか?

容易に思いつくのが、

押す、揉む、叩く

ではないでしょうか?

特にお子さんを持つ親御さんであれば、そのお子さんから、肩を押してもらったり、揉んでもらったり、叩いてもらうのはとても気持ちよく、なによりうれしいですね。

日ごろの疲れも忘れてしまいます。


子供くらいの力で短時間される分は問題ないのですが、
これが、かなりの力で長時間というこ
とになると勝手が違ってきます。


筋肉を強く刺激してほしいという気持ちはわかるのですが、それをしてしまえば、その時はいいですが、必ず再発します。

再発どころか以前よりも硬くなります。

硬くなれば今までの刺激では物足りなくなり、より強い刺激を求めるようになります。

それを繰り返すうちに筋の質が変化します。

表現する言葉として適切ではないかもしれませんが、

しなだれてきます。

筋肉が筋肉としての働きをしなくなります。

また、この時点で感じる肩コリと最初に感じていた肩コリでは全く状態は違っており、改善のスピードはかなり遅くなります。


肩こりという状態は結果です。

必ずその結果には原因があります。

その原因は人によって様々です。

その原因を把握するかしないかで日常の肩こりへの対応は全く違うものになります。


原因を把握して、改善させたい方は御相談下さいね。


********************

 

■かげ整体院(併設:かげ○接骨院) 
TEL : 090-5949-3759


■筑後市の腰痛・スポーツ障害専門の”かげ整体院”

■整体院 フェイスブックページはこちらから 

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから 


***************