捻挫の女の子への対応 

テーマ:
こんにちわ。

かげ整体院の鹿毛です。

先日、となりのとなりの地域まで出張施術をしました。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  

捻挫


年齢
: 14歳

性別: 女の子

主訴: 左足首の外側の痛み → 腰部の違和感

原因: サンダル歩行中に内側に捻る(捻挫)

今までの経過: 受傷後、近隣の医療機関を受診。
        骨には異常なく、捻挫と診断。
        リハビリと投薬で対応するも、痛みが減らないとのことで
        当院に問い合わせあり。


概況: 部活でバレーボールをしている。
    
     人数が少ない。顧問の先生からのプレッシャーなどで練習を休めない状態とのこと。


    お母さん自体も練習を休ませたいが、親子ともども仕方なく参加している状態。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


受傷後、2週間経過しているが、痛みが減らず歩くだけで痛みが出ている状態でした。

患部は特に熱感、腫れは見られませんでしたが、決して表情豊かとはいえない彼女も足首を内側に捻ると即、痛みを訴え明らかにきつそうな表情。

靭帯等の損傷も考えられるので、再度、別の医療機関で精査することを頭の片隅にいれていただいた上で、施術を行っていきました。


左脚の各個所の圧痛点や、動きの少ない部分及び、骨盤周りの調整を実施。

状態の確認では歩行、ジャンプ、スクワット動作などなど

動作時の痛みは、足首、腰部ともにないものの、座位にて、自身で足首を動かすと多少痛むとのことでしたので伸縮性のテーピングで軽く固定を行いました。


練習の継続について、1週間だけ休むようにお母さんと本人にお話したものの、あまりいい表情をされなかったので、この際なので、今無理することの今後へのリスクを伝えました。
バレーボール選手としてもですが、一女性として生活していくことに対して諸問題がでてくる可能性についてもお伝えし、納得してもらいました。

この患者さまは、顧問の先生に事情を説明し、やっとで休みをいただくことができたそうです。
(嫌味をいわれたそうですが、、、)

選手である場合チーム事情などで休めないという今回のようなケースの患者さまを過去にも何名も診させていただきました。


選手のケガの状況をリアルに伝えるためにチームに出向き、指導者の方と直接お話させていただいたこともありました。

子供は劇的な自然治癒力が備わっています。
とはいえ、以前にも書いていましたが、痛みの有無と身体の中の状態は必ずイコールではありません。

適切な期間をあけて適切な対応をしておかないと、後々の運動自体のパフォーマンス、ひいては日常生活に支障をきたします。


ネットの普及などにより情報を得る機会がある今日でも今回のような捻挫をはじめとして、現場では非常に軽視されるケースがまだまだ多いです。

しかし、捻挫は長期的視野でみた場合とてもとても厄介です。

ある意味では骨折よりもです。

100歩引いて、「チーム事情でどうしても、」ということになっても、周りの大人がこのことを理解している上で練習に参加させるのと、そうでないのとでは選手への対処に雲泥の差があります。

今回の顧問の先生の嫌味はもとより初期の段階での対応も当然違ったはず。(怒)

今回のような捻挫に限らず、怪我への知識や意識を少ーしでも持ち、どう迅速に対応すべきかを、まわりの大人が把握しておくことはとても意味のあることだと思います。

女の子は3日後に、2回目の施術を院で行いました。

痛みは感じないということでしたが、あと数日は部活での練習は避け、自宅での軽めの運動から再開すること、ストレッチを2種類することを約束しその日は施術を終了しました。

一時的な関わりは嫌なので定期的に関わっていきます。(女の子が許すなら・・・)


********************

 

■かげ整体院(併設:かげ○接骨院) 
TEL : 090-5949-3759


■筑後市の腰痛・スポーツ障害専門の”かげ整体院”

■整体院 フェイスブックページはこちらから 

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらから 


*******************