★速報★
 
7月19日、ベトナム政府は、アニマルズアジアと協力して、違法に運営されている胆汁農場から、熊1,000頭以上を救出することと、施設を閉鎖する契約に署名&発表しました。
 
 
 
 
2020年までには、胆汁処方を完全に終了することに合意しています。
これは、需要の大幅な減少と、胆汁の不法市場の終結に向かうと予想されます。
 
 
ベトナムでは、胆汁採取は違法であるにもかかわらず、法の抜け道を使って熊たちの胆汁採取が行われてきました。
 
 
 
 
今回の歴史的合意では、事実上、違法な胆汁農場を閉鎖することになり、それにより違法な飼育をしている熊たちを保持できないことになります。
ベトナムで、胆汁採取目的の熊の飼育を決定的に終わらせることにつながると考えられます。
 
アニマルズアジアには、これらの胆汁農場の閉鎖と救出に向けて、また残された熊たちが過ごせる新たなサンクチュアリの建設、それによる莫大な資金など、次の課題があります。
大規模な企画になるため、ベトナム政府や多くのNGO、動物福祉団体の支持が必要となります。
 
けれども、これが胆汁農場から熊を助けることができる、大きな大きな歴史的一歩であることには違いありません!
 
これからも皆様からの応援とともに、私も日本からできることを頑張ってゆきます!
 
 
写真 アニマルズアジアのホームページより
 
いつもサポートをありがとうございます!
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る