『動物からの最期のメッセージを受け取る』

 

 

 

伴侶動物が亡くなった後に

セッションをお申込みになる方が多いです。

そして多くの方が同じ質問をされます。

 

 

 

『亡くなる直前、あの子は私をじっと見つめてました。

何か言いたいことがあったんだと思います。

何を私に伝えたかったのでしょうか?

 

 

 

その最期の伴侶動物からのメッセージを

亡くなる前に受け取れていたら...

 

 

 

飼い主さんのその子(伴侶動物)に対する

後悔の気持ちも軽くなったでしょう。

 

 

 

そして、動物もまた、飼い主さんへ気持ちを伝えたことで

スムーズに肉体を離れることができるのです。

 

 

 

亡くなる前夜のくぅちゃん。

瞬きもせずに私をじっと見つめ続けていました。

 


 

 

 

ハワイ在住アニマルコミュニケーター

Shioriです。

 

 

 

私が全身全霊で愛したくぅちゃん犬

旅立った7カ月前...

 

 

 

くぅちゃんの魂が肉体を離れる2日前から

とにかく、どこにいても、私をずっと

見つめてくれていました。



 

 

 

 

Shiori、もう僕は逝くね。

すっごく大満足なくぅ犬としての一生だったよ。

Shioriという魂を軌道に乗せるという、

大仕事をやり遂げた。

自分と魂のパートナーであるShioriを心から誇りに思う。

なんの悔いも後悔もない。

こんなに達成感を感じられて僕は幸せだよ

いい犬生だった。

心から満足している。

僕は次の使命の為に肉体を離れるよ。

やり残したことは何もない。』

 

 

 

くぅちゃん犬は、

Shioriという魂のとてつもない大きな軌道修正を

あの小さな身体で一生をかけて成し遂げた満足感で

微笑みながら肉体を離れていきました。

 

 

 

そんなメッセージをくぅから受け取り続けていた私は、

くぅに対して、

『尊敬』『尊重』『感謝』の念しかありませんでした。

 

 

 

 

だから、素直に、心の底から、

 

『くぅちゃん。すごく頑張ったね。

本当にありがとう。

大仕事やり遂げたね。

お疲れ様。

もう、この辛い肉体から離れてもいいよ。

 

と、送り出してあげることができました。

 

 

 

「逝かないで!」と飼い主さんが引き留めると

動物たちは頑張って、飼い主さんの為に

その辛い肉体に留まろうとする子がいます。

 

 

 

動物からの最期のメッセージを受け取ることで

その子への尊重の想いが飼い主さんの中に生まれます。

 

 

 

辛い肉体から『解放』してあげること。

 

これも飼い主さんの役目だと、

私は思います。

 

 

 

 

 

*********************

 

ふんわりウイングShiori著『いぬと話す ねこと話す 生きものの気持ちがわかる本』

右矢印Amazonでのご購入はこちら

 

image

 

 

ふんわりウイングLINE@のお友達登録右矢印 こちら 

 

 

ふんわりウイングホームページ右矢印 こちら

********************