犬の「自宅火葬」と、「フォトブック」☆ | 柴犬と猫と庭 あるぷすダイアリー
新型コロナウイルスに関する情報について

柴犬と猫と庭 あるぷすダイアリー

18歳 認知症ワンと、野良歴9年のニャァと、ガーデニングにいそしむ、主婦の日記☆

ワンが旅立ってしまって、2週間がたちました。

相変わらずの喪失感と違和感で、落ち着かない毎日を送っています。

いろんな方に励まされて、少しづつ精神的に回復していると思います。

皆さんには、感謝。。

 

 

今回は、ちょっと書いておきたいと思って。

長くなるかもしれませんので、スルーしてくださって大丈夫です(*ノωノ)

(旦那君の愚痴も書いてますので、余計に。)

 

 

◆ワンの火葬について。

 

ワンが死んでしまって、夜が明けて。

どうしたもんだろうと途方にくれました。

もうずーーーっと前に面倒みていた、旦那の実家の別のワンは。

広大な旦那の土地の一角に、盛大穴を深く掘って埋めました。

(もちろん可愛がってましたし、大事にしてましたが・・・その頃はそれが普通って感じで。)

もう15年ほど前です。

 

今回は我が子の様に、ずっと一緒にいたので・・・

とてもそんな埋めてしまうとか、到底できず。

旦那は、近くの焼き場にお願いしたら良いんじゃない?との事。

 

私はネットでちょっと検索してみて。

「ペット葬式110番」??的なところへ電話してみました。

 

 

とても丁寧に対応してくださって、「お子様のご冥福を・・・」とおっしゃってくださって。

「あぁ。。。子供って言うてくれるのかぁ。。」と妙に感慨深い気持ちになりました。

 

話を聞いてみると、「自宅火葬」が出来るとの事。

火葬車が自宅へ来てくれて、自宅又は自宅近くの静かな場所で。

 

衝撃でしたが、「それは良い!!」と思いました。

今はそんな事になってるんだなぁ~~~と感動さえ覚えました。

 

 

旦那君にその旨を伝えると。

「そんなの絶対アカン!! 近所の目もあるのに!!」と猛反対。

なんかもう・・・・・

 

悲しみが一気に噴き出して。

 

「なんでワンが死んだの?!あんたが代わりに死ねば良かったのに!!!!」

 

と、朝から大泣き。

言っちゃいけない言葉だったのですが、本音が出ちゃいました。

売り言葉に買い言葉だと思いたいですね。。

 

結局、「あんたの居ない時にするから、あんたにはもう関係ない!!!」って言い捨てて。

 

そのまま自宅火葬をお願いしました。

 

 

 

 

以前に旦那君が約束をやぶって、飲みに出かけて朝まで帰ってこなかった日に徴収した5万円。

この5万円で火葬してもらうことに。

 

・火葬は33,000円税別。

・火葬の時に一緒に入れる花たち 5,000円。

・来てくれた方への謝礼 10,000円。

 

 

 

火葬当日まで2日ほどあったので、その間ワンを抱っこして過ごしたり。

しばらくお腹は温かかったので、そのぬくもりを堪能したり。

お別れは十分できたと思いますが。

 

来てくれた火葬の方が、とても良い方で。

うちのワンを撫でながら、1時間ほどいろんな話をしてくださいました。

そのおかげで、号泣して取り乱す事もなく。

 

ワンの体を蒸しタオルで拭いて。

いろんな部位の毛をカットして、ガラス瓶に入れて。

 

 

ワンを静かな気持ちで見送る事ができました。

 

 

 

火葬車は、グランドハイエースくらいの車に。

火葬中は煙も出ないし、静かで、全然ご近所さんは気づかなかったぐらいです。

黒い煙が出るのかな?って思ってましたが、まったくそんな事もなく。

1時間ほどで、すっかり骨になってしまいました。

 

火葬後は、骨を拾い・・・頭、喉ぼとけ、その他。

骨壺、骨壺袋に入れて。

無事に火葬は終わりました。

 

 

結局旦那は、仕事をその時間だけ引き上げて、火葬に参加し。

自分が想像してたのと全然違ったみたいで、大変満足気味でした。

 

きっと飲み屋さんとかで、火葬の事を自慢げに話すんだろうな・・・と容易に想像ができます。

 

 

私の勧める事は、毎回全否定なのに。

想定外に良かったら、自分のお手柄みたいにみんなに話す。

ちっせー人だわ本当。

(って、思っちゃいます。)

 

まぁ・・・参加しただけでも良しとした方がいいのかな。。

 

想像以上にとても自宅火葬が良かったので、みんなにお勧めしています。

値段が高い!って思われる方も結構いらっしゃいますが。

自分の家族ですから・・・33,000円。。高いか安いか。

私は安いと思いました。

でも、みなさんそれぞれいろんな考えをお持ちですからね。

 

 

 

 

 

 

◆ワンのフォトブックが届きました。

 

「しまうまプリント」が人気の様ですが。

私は画質を考えて、別の会社にしました。

 

もうね・・・・写真を100枚選ぶのに、号泣ww

選び終える頃には、顔がボロボロww

 

 

 

追加ページも合わせて、大体8000円ほどでした。

でも、届いたブックは大満足!

 

数ページだけ親バカで載せさせてくださいね。

彼女の弔いに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ていただいて、ありがとうございました。。

いっぱい思い出あったね。。

いつかきっと会えると信じて!!

私が旅立つ時は、必ず迎えに来てもらいます( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

私よりも、ワンをずっと恋しく思ってるひとが居ました。

家中のワンの匂いを探し回っています。

この日は、ずーーーーっと上を見続けていました。

ワンが見えてたのかな?

 

旅だって調度一週間ほどで、急に家中を探すようになったので・・・

一週間で居なくなったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

この1年半、放ったらかしのお庭。

それでも、ビオラは頑張って健気に咲いてくれています。

やっぱり、植物って癒される。。。。

 

 

 

いずれ、犬の譲渡会を覗いてみようと思っています。

まだまだ先ですが・・・・・。

 

 

 

 

 

◆おまけの毛

 

 

以前実家の母が「ワンの車椅子」の代金を送ってきてくれまして。

「その時のお礼に、リースを作って!」って言われましたので(笑)

 

ご希望は、「玄関を明るくしてくれるリース」でしたが。

 

 

 

 

 

多少は希望に添えたでしょうかね?

こう見ると・・・・・やっぱり利き手の方に、花が集中してる気がします。

気をつけないと。。

 

皆様、良い一日を。

 

 

 

 


人気ブログランキング