{EE199B1B-39F2-4DB1-8E8C-903F14BFD4F9}  

皆様いつも有難うございます。
猫エイズキャリアで口が痛くて、時折ステロイド注射をされながら、寂しく母屋二階で暮らしているキジトラ雌チャッピーを今日引き取りました。
H28.5.27、他の猫たちと共に本庄市からの保護でした。

 これまでチャッピーのスポンサー様や御支援者様には大変お世話になりました。本当に有難うございました。  チャッピーは、まだ一応元気ですがこのまま寂しく母屋二階で仲良し猫もいない孤独な上に自分を除け者にしている猫グループに気を遣いながらの生活はストレスから本格的な発症寸前だと感じていました。これまで猫エイズや猫白血病キャリアの猫達をシェルターから多く引き取り飼い猫として、そして見送ってきましたので、チャッピーに残された時間はこのままではあまりない事がずっと気がかりでした。シェルターには同じように時限爆弾のように、発症したら坂道を転がるように死に至ってしまう猫も常に複数匹抱えています。チャッピーだけを引き取って済む話ではありませんが、チャッピーは周りから孤立していて、身の置き所がなさそうにうなだれていましたので、チャッピーを引き取りました。 
画像は到着時ですが、今は大変嬉しそうにレンチンした鳥ひき肉を食べています。そぼろにしようと冷蔵庫にあったのですが、チャッピーには食べやすかったようで大興奮でした。
 
チャッピーみたいに可愛い仔猫達におされて、存在していることも認知されていない猫が他にもいます。 
同じく母屋二階のジャガー、さすらい、も大変残念ながらこのままでは今年どころか来年も、そのまた来年もシェルターで暮らしてる可能性大です。
 
さすらい↓
 


ジャガー↓ 

 


この問題を少しでも解決できたらと、
今週中に完成予定の猫チャートを皆様と共有できたらと願っています!柴田